変える

なんであの旅行が僕の人生を変える経験となったのか?小さな物語

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

『旅行』が直接、僕の人生を変えてはいないけれど・・
学生時代のアメリカバス旅行。3度行ったが、2度の記憶しかなかった理由
一人旅で得られるメリットとは?
人生を変える経験を得るために欠かせないもの

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約5分です

 

旅は人生を変えるきっかけを与えてくれます。

もちろん人それぞれだとは思いますけど、地元から離れて旅に出ることで多くの発見があることは事実です。

旅先が海外であれば、刺激の度合いは国内よりも大きいでしょう。

『旅』と『旅行』という言葉には、何かニュアンスの違いを感じてしまいます。

正式な定義はどうであれ、『旅行』という言葉からは全てが計画された旅であるようなイメージですね。

一方で『旅』と言うと、自由気ままな放浪といったイメージ(^.^)

人生を変えるほどのキッカケを求めるのであれば、やはり『旅』であると僕は思います。

その『旅と人生』の関係については、別の記事で書いています♬

旅のススメ。人生を変える旅を経験した僕のリアルなストーリー私の経験を踏まえて、『旅が人生を変える』ということを書いています。学生時代に3度経験した、アメリカバス旅行が私の進路を大きく変えていきました。多くの出会いと刺激。旅は人生を変えます。旅に限らず、人生の選択に迷っている方へパワフルな記事となってくれると思います。...

今日は、僕が『旅』への憧れを強くすることとなった一つの『旅行』について書いていきます。

幸運にも小学生の頃に、僕は初の海外旅行の機会に恵まれました。

事前にきちんと予定の組まれた普通の旅行でしたが、小学生の僕には十分すぎる新鮮な経験となってくれたのです。

小学6年生の頃に初めての海外旅行

僕の初めての海外旅行は、ハワイでした(^.^)

といっても家族での旅行ではなく、親から行かされていた塾の先生の引率で行ったものです。

塾で同じクラスだった人たちと、15人位での旅行でした。

余談ですが、僕が中学2年生の頃に両親が離婚してしまいます。
自営業をしていた父親の仕事の調子が悪くなってしまい、倒産してしまったことが原因でした。

その後、『経済的に厳しい環境を余儀なくされて、離婚に至る』という良くあるパターンです。

人生やり直しのはずだった離婚。お子さまをお忘れではないですか?離婚協議中にあるご家庭の子供たちへの影響はどんなものでしょう?離婚して人生をやり直したいという思いも大切ですが、子供へ与える影響も考えてあげて頂きたいと思っています。私の経験を基にして、両親が離婚の話し合いをしている時の子供の気持ちを掴むヒントになればと、この記事を書きました。...

 

だから今考えると、その頃に行くことの出来たハワイは僕にとって貴重な海外経験となってくれました。

残り少ない黄金期だった少年時代の最後を、鮮やかに彩ってくれた旅行となってくれたからです。

おとなしかった僕は、もちろん英語なんて話せるはずもなく、塾の先生が話していた英語を聞きながら子供心にも、

「すごいなぁ~。あんな言葉の意味がわかるなんて。」
と驚いたものでした。

異文化への好奇心が芽生える

もちろん、全ての経験が強烈で新鮮でした♪

まずドル紙幣で買い物が出来ることの驚き。

日本のように、『お客様と店員さん』といった上下関係のような雰囲気は一切感じません。

店員さんもお客さんも対等の雰囲気で会話している姿に当時の僕の目には映っていました。

なんとも、不思議な気持ちでワクワクしていた感情を覚えています。

こうして言葉にしてしまうと、大したことないと感じてしまうでしょうね(^-^;

でも子供心には、朝から寝る寸前まで全てが驚きと好奇心で一杯の4泊6日でした。

お店に並んでいる、コーラの大きさ。
通りを歩いている、白人の体の大きさ。
“Thank you” と勇気を出して言った時のうれしさ。

ホテルのプールで泳いだ時の、水深の深さに友人たちと驚き、
そこで泳いでいた同じくらいの子どもたちと仲良くなったりして♪

そして日本に帰ってから、母親が出してくれたお味噌汁の美味しさ(^.^)

1週間にも満たない期間だったのに、和食の美味しさを痛感したのでした。

高校生になり強くなる海外への憧れ

今思えば、その小学生の頃の旅行はとても貴重な経験でした。

僕の感情を大いに刺激し、海外への憧れのキッカケとなってくれた経験であることが後になってわかったからです。

その時の初めての海外旅行が、僕の人生の変化を起こすための全ての始まりだったんですよね。

その後すぐに中学へと上がった時には、海外旅行など夢のまた夢の環境で生活することになってしまいます。

だから、行ける時に行っておいて良かったなと言った気持ちですね(^.^)

両親の離婚後、弟と一緒に母親との生活を選択することになりました。でも高校入学する時には、色々な事情もあり僕だけ父親と生活することになったのです。

父親との暮らしは一長一短はありましたが、僕にとってとてもラッキーだったのは高校生の間にハワイへ再度旅行できる機会があったことです。

このように書くと、裕福な環境を想像してしまうかもしれませんが実際は真逆ですよ(^-^;

貯金もろくにせず、一発屋のように時々入って来る『お金』が発生したときにパーッと行ったような旅行でした。エコノミークラスで、出来るだけ予算を抑えての旅行です。

それでも私にとって、その経験が貴重なものとなってくれました。

父との生活のエピソードはこちらに・・↓

借金からの人生やり直し。人生の達人だけが知っているお金の性格借金に苦しみ、お金をうらやんでしまう人は多くいます。人生のやり直しには、借金問題を解決することが必要です。お金に苦しんだ私の父を反面教師として紹介しながら、豊かになるための考え方を書いていきます。...

自由と平等という言葉

僕の意識のどこかで、

「自分は、親族や血のつながりのようなものとは縁が薄い人生なんだろうな。」
と薄っすらと感じている部分は確かにありました。

確固たる根拠は何もありませんでしたが、両親や親族を巻き込んだ争いを見てきた僕はなんとなくそのようなことを感じていたのです。

「親との繋がりとか、家系のルーツとかいったことは自分にはあまり縁がないだろう。僕自身の人生を生きなきゃいけないな。」

まだまだ若い高校生でしたが、そんなことをうっすらと感じていたんですよね。

そして、未来はどんなことでも出来るだろうと思い込んでいたのです(^-^;

誰も知らないところで思い切り自分を解放させたいという気持ちも持っていました。

そんな欲求を満たすことが出来るのは、海外での暮らしが一番だということもどこかでずっと感じていましたね。

高校生の頃に観た映画、『スタンドバイミー』でその憧れは一層強くなるばかりです。

「あぁ、自由になりたい!」
そんな気持ちをずっと抱えていたのです。

理屈抜きに心をつかむ!人生を変える映画【洋画】を5つだけ厳選テレビと映画は全く違います。良い映画はいつまでも心に残り、人生を変えるほどの力もあります。私の独断ですが、人生を変えるほどの力を持っていると思っている洋画を5つ厳選して紹介します。...

ワイルドな父との暮らし

父親は、自分が言うのは何ですが『変わった人』でしたね(^-^;
(ちなみに、20年以上も音信不通の状態となっています・・)

ちゃんとした職に就くような人ではありませんでした。何というかブローカーのようなことをしていたのでしょう。今の自分でもその辺のことはよくわかりません・・・。

全くお金が入らない時があったり、どこからか突然に稼いできたり・・・

そんな父親を見ながら、僕は

「大学に入るまで、どうにかこうにか生活出来たらいいか。それまでは何とか、この父と生活していこう。」

とどこかで利用しようとしているズルい部分がありました。

小遣いとして月3万円をもらったりしながら、それを少しずつ貯めていったのです。その3万円は高校生には多すぎるお金であるはずなのに、父親の方はよくその相場がわからなかったみたいです(^-^;

ただ、その3万円も毎月は入らないことも自分ではわかっていました。
こんな父親だから、あてにできないことくらいはわかっていたのです。

だから、手に入った時にしっかりと貯めておかないと大変なことになると思い、自分自身を守るためにも、もらえる時にもらっておこうという気持ちでもありました。

案の定、高校卒業の頃になるとお金が入らない月がどんどん多くなってしまいます。

僕が貯めていることを知ると絶対に無心されることはわかっていたので、こっそりと使いながら過ごしていた高校生活でした。

英語だけは勉強していた高校生

そのような環境で過ごした高校生活が、まともに勉強することもなく(;^_^A

だらしない生徒ではありましたが、英語だけは勉強を熱心にしていた生徒でした。

いつかは、海外に行きたいという気持ちがずっとあったからです。

経済的にも自由になりたい気持ちも強く、親からも解放されたいという気持ちが強かったのです。

小学校、高校生に行ったハワイの経験が、アメリカへの憧れを強くしていきました。

映画を観ては、

「いいなぁ~、自由の国か・・・。」
「なんのしがらみもなく、偏見もなく、実力さえあれば叶うアメリカンドリーム。」

そんな憧れを胸に抱いていました。

今から考えると、アメリカのいい面だけしか見えていなかったのですね(^-^;
でもその憧れが、私の中の海外への好奇心を益々強くして心の中で育っていたのです。

大学生になり叶えた夢

お金にだらしのない父親ではありましたが、母親はその対極でした(^-^;

母が私と弟の教育費としての蓄えをしてくれていたおかげで、大学へ進学することが叶ったのです。

奨学金の方も利用させて頂いてはいましたが、大学に入ると自分も

「やっと大学生になれた!もう縛られないぞ~♪」
と、当初はそんな解放感を楽しんだものです。

とはいっても、すぐに経済的な限界に直面しながら退屈な毎日を過ごすような学生生活へと入ることになるのですが”(-“”-)”

「楽しくない大学生」その疑問を大切に!浮かび上がる人生のヒント感性の鋭い方であれば、自由で楽しいはずの大学生活に疑問を感じることがあるかもしれません。楽しくないと感じてしまうのです。そのように感じるあなたの感性は間違っていません。あなた自身であなたの人生を楽しくするという、課題を与えられているのです。自分自身の経験を紹介しながら、充実した学生生活を送るヒントを紹介します。...

学生ではありましたが、既にお酒も覚えていた僕です(^-^;

週末になるとビールとレンタルしてきたビデオで映画を楽しみながら過ごすような学生になっていました。

小さな画面の中に広がる、広大な大地。その中を走るアメ車。

全てがカッコよく映っていて憧れは益々強くなってきてきます♪

2ヶ月ほどの長期間の休みが取ることが出来る、大学生の夏。
その休暇を利用して、自由な旅を経験したいとの思いは強くなっていたのです。

数度のアメリカバス旅行

そうして、学生時代にアメリカ大陸バス旅行を実現させました。

ちょっと自分でも驚いた小さなことですが、過去の記事で【2度のアメリカバス旅行】として書いてしまっている記事があります。

人生を変える経験を探すのはもうやめよう!平凡のウラにある秘密どんな方でも、人生の旅路でその方の人生を変えるような経験をされるものです。その経験は、人によって異なります。大切なことは、「人生を変える経験がどのようなものなのか?」ということを知ることではありません。では、どこに目を向ければよいのでしょうか?答えはこの記事の中にあります。...

 

すみません、間違っていました“(-“”-)”

正確に思い出すと、3度のバス旅行をしていました。

もう20年以上前のことで記憶が薄れていることもあるのですが、最初の1回目のバス旅行が記憶の中で薄くなってしまっていたのです。

正直、忘れてしまっていました。なぜか???

3度のバス旅行で、最初の旅行だけ異なっていたこと。
それは、最初の旅行は友人と一緒に行ったものだったのです。

友人と言ったバス旅行と、一人旅で自由気ままなバス旅行。

この違いは僕の中で、大きかったのかなと考えています。記憶に残っていなかったことがその証拠ですね(笑)

一人旅とそうでない違いは、自分にとっては大きなものだったと今思っています。

見て感じるもの。話して感じるもの。

そのような感情を自分でしっかりと認識することが、人と一緒である時は難しいからです。

友人との会話によって、自分自身の中味が見えなくなってしまうような・・・

そんな気がします。

『旅』が人生への大きな刺激に

人生を変える旅であれば、『一人旅』が有効だと断然そう思います。

全ての人とは言いませんが、一人で旅に出ようとする方はそもそも何らかの変化を求めているものです。

そして、求めているものは必ず得られるもの。

ポイントは、求めているものを出来るだけ自分の中で具体的にしていくことです。少しずつ『自分の中で具体的』になっていくという表現の方が適当かもしれません。

最初は、ぼんやりとしかイメージしか掴めないかものです。

それでも、
「自分を変えたい。変化を求めて人生も変えていきたい。」

そのように思っていれば、具体的な『やるべきこと』も明確になってくるのです。

語学留学へのきっかけ

大きなきっかけは、最後の3度目のバス旅行でした。
大学3回生で、あと1年で卒業という時期です。

「もう就職したら、二度とこのような旅行は出来ないだろう。」
「卒業を遅らせてでも、1年程の期間ここで過ごして英語を覚えたい。」
「そして、外国に行き来できるような仕事を見つけたい。」

そんなことを思うようになったのです。
一人旅の放浪の中で、そのような強い気持ちを持ち始めました。

そして帰国後に大学の休学手続きを行い、資金つくりの為に働くことにしたのです。

僕にとって、大きな一つの転換期です。

『旅行』から『旅』へ、そして人生が変わるきっかけ

大学時代に経験した『旅』によって、僕は人生の分かれ道に立つことになりました。
その分岐点で、普通のルートを選ぶことはしなかったのです。

大学を休学して、少し寄り道しようと決断したのでした。

そんな大きな変化の直接的なきっかけは『旅』によるものです。

それをもっと深堀りしていくと、小学生のころの『旅行』にそのルーツの源があったことを後になって知ることとなりました。

僕の場合、最初の『旅行』が僕の中の『海外への憧れ』を育ててくれるきっかけとなってくれたことは確かです。

小学生の頃のこの経験が、大学生になった僕を一人旅にに駆り立てることになったのです。

貧困生活を余儀なくされる直前の時期、小学生最後の年に行った初めての海外旅行が10年以上後の自分に影響していたことを知りました。

人生って『どこで』、『いつ』、『何が』影響してくるのか、わからないものですね(^.^)

↓↓ 僕の人生を大きく変えた旅の出会いと、美しい出会いの物語(本当のお話しです)
⇒ 紆余曲折の時期こそが人生の輝きとなってくれた僕のリアルな物語

紆余曲折の時期こそが人生の輝きとなってくれた僕のリアルな物語人生は紆余曲折。でも僕はどこかで、人生の出来事には偶然はないと信じているところがあります。紆余曲折の出来事が、あなたの人生を輝かせてくれるもの。本当の幸せを教えてくれるものだと思うのです。今回は僕が実際に経験してきた出来事をお伝えしながら、そのことをお伝えしたいと思います。...

 

まとめ

『旅行』が直接、僕の人生を変えてはいないけれど・・
その後に続く『一人旅』が僕の人生を変えた

学生時代のアメリカバス旅行。3度行ったが、2度の記憶しかなかった理由
忘れていた初回の旅行は、一人旅ではなかったから

一人旅で得られるメリットとは?
感動や感激。感情を自分でしっかりと認識できること

人生を変える経験を得るために欠かせないもの
驚きや好奇心、ワクワクといった感情。純粋な気持ち

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。