やり直し

借金からの人生やり直し。人生の達人だけが知っているお金の性格

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

お金の使い方をマスターすることは・・
借金に苦しみやすい人の特徴
富に好かれるエネルギー、富に嫌われるエネルギー
お金は、成功や幸せと似た共通点を持っている
与えるという言葉を誤解してはいけない!

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約10分です

 

人生には『無気力』、『つまらない』などのメンタルの悩みもあれば、リアルな悩みもつきものです。

代表的な悩みと言えば、お金のことではないでしょうか。

ズバリ借金です。

今の僕も、無借金というわけではありません。

住宅ローンもまだまだ残っていますし、小さなところでは携帯も分割で支払っていますね(^-^;

もう完済はすんでいますが、大学の奨学金の返済も30代になるまで続いていたと記憶しています。

今は、住宅ローンの繰り上げ返済を出来るだけ早い段階で終わらせようと奮闘しているところです(^.^)

僕は個人的に、借金をするのは好きな方ではありません。やむを得ず借りるのが必要な時も、出来るだけ早く終わらせたいと思うタイプです。誰だってそうかもしれませんね(笑)

でも世の中、借金に対する抵抗が全くと言っていいほどない方もおられます。

それこそ僕は、高校生だった期間3年にわたって身近にそのタイプを見てきました。

借金への抵抗が全くないタイプの人間です。

勘のいい読者さんならもうおわかりでしょうが、僕の父親でした(-_-;)

もちろん事業や仕事上においては、必要不可欠な借り入れもあることはわかります。
でも、個人の家計において借金を重ねてしまうのは良い傾向ではありませんよね。

借金から解放されるための実務的な方法については、他のサイトの専門家にお任せしたいと思います。

専門家でない僕が、いい加減なアドバイスをするわけにもいけませんから。

今回の記事では借金に苦しみやすい方の特徴と、お金に対する考えを書いていきたいと思います。

お金の事って、奥が深くて難しいですね。

でもお金の使い方をマスターすることは、豊かな人生をおくることととても近いものがあると僕は思っています。

一度きりの人生、幸せな人生と豊かな人生、もちろん金銭的な豊かさも兼ね添えた人生をおくりたいですよね♪

そんな人生は、僕の目標でもあります。

夢ではなく、目標です♪

借金に苦しみやすい人の特徴

他に少し触れている記事もありますが、僕の両親は自分が中学生の頃に離婚しています。

その後色々な事情があって、僕が高校に入学するタイミングで父親と二人で暮らすことになりました。

自営業をしていた父の会社が傾いたことが、離婚の大きな原因だったと思います。

その頃にはもう多くの借金を抱えていたのでしょう。

まぁ、変わった人でしたね。
自分の親ではあるのですが、そう思います(-“-)

父とはもう20年くらい音信不通のままです。
どこで何をしているのか今ではわかる手段もないような状態です。

あの頃と中味が変わっていないままであれば、おそらく今でも借金を抱えながらの生活をしているのだろうと想像しますね。

今は父に対する憎悪の念などは全くありません。

ただ、彼の生き方については反面教師としている面が多いことも事実ではあります。

僕自身、その父親の血が流れていることは避けられない事実なので、どこかで似たような傾向が自分にもあるのではと、正直ビビっているのです(汗)

借金に追われ、お金に追われ続けていた父の姿をみて、絶対に父のようにはなりたくないと思っています。

平気で借金を続けてきた父を見ながら、高校時代に僕なりに感じていたことはたくさんありました。

借金をしてしまう人って、それなりに特徴がやっぱりあるんですよね。

過去の栄光を忘れられない

自営業の社長として小さな会社を経営していた父でしたので、それなりに裕福だった時期もありました。

僕が中学に入学する頃までですね。

随分後になって知ったことではありますが、母親に内緒でマンションを購入していたこともあったみたいです。

そんな話を聞くと、調子に乗り過ぎてお金を遊びに使い過ぎていたんだなと容易に想像できます。

実際、すぐに調子に乗るタイプでした。

そのようなタイプなので、会社を失った後も定職に長く就くことがありませんでした。

定職に就くことが出来なかったと言った方が正しいかもしれません。

いつも何かの人脈を利用して、形だけの名刺だけ持ったどこかの社員であったり、ブローカーのようなことばかりしていたんだと思います。

一攫千金を狙うようなことばかりに首を突っ込んでいました。

高校時代は、学費を毎月学校に納めていたのですが、その学費も

「面倒だからまとめて払っとく。」
とドカッと僕に渡すような感じだったのです(^-^;

もちろん、金欠になることもあります。

そのような感じでしたので、僕は毎月のお小遣いを多めにもらっていました。

「今の高校生はこれが普通だから。これで床屋や文房具、学食も全てやりくりするから。」
と色々と言いながら、3万円もらっていました。

もちろん、余ります(^.^)

そんな額、よほど無駄遣いしない限り使い切ることは無いと思います。

僕としては、金欠になった時の為に蓄えておく必要があると思っていたのです。

幸か不幸か、その不安はある時点で的中しました。

学費も払えなくなり、生活費もままならない期間がかなり続いた期間が生じてしまいます。その時に役立ってくれたのが、蓄えていたそのお小遣いでした。

言うまでもなく、父には内緒でしたけどね。
間違いなく、貸してくれと無心されたでしょうから。

その頃の父は、もう借金に何の抵抗も感じることのないようになっていました。

いかに稼ぐかではなく、いかに借りるか。

どうすれば借りることが出来るのか。

そればかりを考えるような人になっていたように思います。

そして、一時的にお金が入った時にすぐに散財してしまうのです。

自尊心を払うことが出来ずに、過去の栄光を捨てることが出来なかったのでしょう。

『奪う』、『使う』、『借りる』心理に支配されている

富に好かれるには、富を生み出すエネルギーが必要です。

富を生み出すとは、人に喜ばれることをすること。
人に与えること。
人の悩みを軽減することです。

そのような傾向を持った人のところに、富もやって来るのです。

磁石のように引かれあうのでしょうね。

ところが、その頃の父は人から奪うことばかりにフォーカスしていました。

借りたら勝ちというマインド。ハッキリ言えば、富に嫌われてしまうマインドですね。

仮に手元にお金が入って来ることがあっても、すぐに散財してしまう。

過去の栄光から抜け出せないからです。

完全に自分を客観的に判断出来ていないようでした。

「借りることばかり考えてないで、稼ぐことを考えたら?」
そのように言うこともあったのですが、伝わることはありませんでしたね。

本人が心から理解出来なければ、どうしようもないところです。

『与える』という心理とは逆のものです。

『奪う』、『使う』、『借りる』方向にばかり意識が行っていました。

楽して簡単に儲けたいと思っている

誰からお金を借りることが出来るか?
どこがお金を出してくれるか?

借りることばかり考えるというのは、要は楽して儲けたいと思っているのです。

楽して儲けたいというマインドを持っている人の目に映る情報は、楽な儲け話ばかりですよね。

率直に言えば、騙されやすい人ということです。

時間をかけて、コツコツとやっていくことに耐えられなかったのだろうと思います。

確かに当時の父から、コツコツ努力なんて姿は想像できませんでしたね。

そして、高校生だった僕が強く感じていたことは、父に集まって来る人たち。

人間関係です。

人間関係は如実にその人を映すということをハッキリと表していました。

同じような人ばかりが父の周りに集まっていたのです。

奪うマインドを持った人ばかりです。
何か価値のあるものを与えて、報酬を得ようという発想の無い方ばかりです。

『類は友を呼ぶ』ですね。

一攫千金の話しにばかり目が行ってしまい、

「その為の軍資金としてどこから借りて調達しようか?」
みたいな話をずっとしていました。

よく考えたら、自分ってすごい環境で高校時代をすごしたんだなぁ・・(^-^;

当時住んでいたアパートに、訪ねてきていたそんな方々が帰った後よく父が言っていました。

「あいつらは、使い物にならんなぁ。口だけで実行力がない。」

「いや、自分もその彼らと同じ種類の人間だと思うよ。」

そのように言ったこともありましたが、本人はそれに気づいていない様子でした。

どういう訳か、自分だけは違う種類の人間だと思っていたようでした。

今の人間関係は自分の鏡とはよく言ったものです。

これは、今の自分にも教訓として強く言い聞かせていることです。

会社の愚痴仲間に入りそうになる自分がいまだに存在しているからです。

前向きな人に、愚痴を漏らす方はいませんからね。

お金に好かれる人になるには

自分の父のことを反面教師とはいえ、かなりディスってしまいましたね(-_-;)

まぁ、一時期の間だけであっても『お金を味方につけていた』時期があったことも事実ではあります。

お金には、人の気持ちが強く宿っているものだと僕は思っています。

良いエネルギーも悪いエネルギーも、お金にはとても強い力が宿っているものです。

あくまでも迷信の一つとして、お話しますね。

物事は考え方一つでどうにでもなるものですから。

随分前に僕が、住宅営業をしていた頃のことです。

住宅の購入には、大きなお金が動きます。
多くの方にとっては、一生に一度の大きな買い物ですよね。

そのために頭金をコツコツと貯めているという方も多くいます。

大きな買い物なので、お金が一気に出ていってしまう時です。

その時になぜか、ちょっと体調を崩したり、車に異常が出たりなど小さなトラブルが続いたりすることがあったりするのです。

あくまで迷信です。関連はありませんので、ご安心下さい。

お金には人の気持ちがこもっています。
大切な思いで貯めてきたものです。

そんなパワーが込められたものが一気に出ていくのです。

実際、『お金が出ていくから、色々と注意しようね』とお話される施主様は少なくありませんでした。

これを防ぐには、出ていくものではなく入って来るものにフォーカスしていくことだと個人的には考えています。

「ようこそ我が家。これから宜しく。」
手元に入って来るものに、感謝する気持ちです。

まぁこのように言っても、お金を貯めればいいというわけではないところがお金の難しいところです。限度を超えて貯める方向に行くと、よどみが生まれるからです(^^;

お金については、多くの達人が世の中にはいらっしゃいます。
僕も信頼できるお師匠さんたちから日々学んでいる立場です。

僕のような取るに足らない超小さな成功者が、お金について語る資格は無いことは承知しております。

これから書いていくことは、釈迦に説法と思われることも多いかもしれません。

ですが、僕なりに大切にしている考えです。

『お金に好かれる』方法について書かせて頂きますね。

明治の文豪、幸田露伴の教え

多くのセミナーや、お師匠さんからの教えを通して僕が学んできたなかで一つ間違いないと考えている富についての考え方があります。

それが、

『分福』、『植福』、『惜福』という3つの考えです。

この教えはとても参考になる、原理原則の部分であると思っています。

言葉は堅苦しく感じますが、要は

  • 『分福』⇒富をおすそ分けすること
  • 『惜福』⇒収入の一部を貯蓄すること、無駄遣いしないこと
  • 『植福』⇒富の投資。将来増えて戻ってきてくれることを期待すること

簡単でしょ(^^♪

自分で稼いだ富の一部を家族や大切な友人へ『おすそ分け』することで、人に与える喜びを肌で感じることが出来ます。

自分で稼いだ富の一部を貯蓄し続けることで、毎月資産として少しずつあなたの富が増えてくれます。

そしてコツコツと継続させていくことの威力を知ることが出来ます。

自分で稼いだ富の一部を投資することで、富の使い方を学ぶことが出来ます。

ただ支払うだけではありません。

「お友達をたくさん連れて戻ってきてね。」
という気持ちで、一時的なお別れを告げるのです。

お金には、多くの人の気持ちが詰まっています。

お金の使い方をマスターすることは、自己管理をマスターするということです。

正しく稼ぎ、正しく使うことは一生のテーマだと言ってもいいと思います。

僕もこのテーマを大切に、残りの人生を生きていきたいと思っています(^^♪

お金を稼ぐことは善である!

社会に出て少し意外だったのは、『お金を稼ぐことが悪である』と考えている方が一定数いることを知ったことでした。

お金を儲けるとか、利益を求めることを卑しいと思っているみたいなのです。

僕が少しの期間、勤めていた会社の社長もそのようなタイプでした。

2代目の社長ですが、職人タイプの方でしたね。

「別に、会社が儲ける為に働くわけではない。自分は最低限の生活さえ出来ればいい。最低限の仕事が入ってくればそれでいい。」

そのように考えている方でした。

思うことはその方の自由であり、権利です。
他人様の考え方をコントロールすることは出来ません。

ただ避けることの出来ない事実は、あなたの考え方があなたの人生をコントロールするということです。

お金を稼ぐことが悪いこと、卑しいことと考えている人がお金に好かれることは絶対にありません。

お金だって、自分を大切にしてくれるところに行きたいはずです。

こちらが嫌っているのに、好き好んでやって来る理由がないのです。

お金を儲けることが悪いことと言う人に対しての僕の正直な感想は、

「どうして中立的な見方が出来ないのだろう?」
ということです。

ある意味、思考停止ではないかなと思っています。

正しい人が正しくお金を稼ぎ、正しく使う。

これが悪いことであるはずがありません。

お金は正しく使うことも出来ますし、悪く使うことも出来ます。

お金が人を悪くすることはありません。

正しく稼ぐことで多くの人たちに希望を与え、正しく使うことで多くの方を救うこともできるものなのです。

お金を人間だと思うこと!

「人生が楽しくない」時におススメしたい本を1冊だけ厳選人生が楽しくないと感じる時におススメできる本はなんだろう?1冊だけを厳選しておススメするとしたら?そう考えて、選んだ1冊をこの記事でご紹介します。愛の深さを感じて、強さと知恵も得られて、しかも気楽に読める1冊です。...

善い人が豊かになれば、社会も良くなる

随分前のことですが、『清貧の思想』というものが随分前に流行ったことがありました。

『清く貧しく美しく』ってやつですね(^.^)

確かに貧しくとも、心清らかに生きることは可能です。

でも、豊かに稼ぎながら心清らかに生きることだって可能です。

僧侶のようにお布施を受けながら、お金の闇の部分から離れて過ごす人生を選ぶ聖職者たちも一定数はこの社会には必要であるとは思います。

でもそのような方々であっても、商売の中で生きている方々からの富によって生活が支えられていることも事実であるはずです。

もちろん聖職者の方々は、受けるお布施以上の価値を僕たちに与えて下さっているのかもしれませんけど。

僕の価値観としては、正しく稼いで正しく豊かになる方に魅力を感じます。

このブログだって、読者さんたちには豊かになって頂きたいと思いながら書いています。

類は友を呼ぶと言いますから、このブログの読者さんたちはきっと、将来もっと豊かになりますよ(^^♪

正しい人がお金を持つことによって、世の中に更なる善を増幅できることが出来るはずです。

そんなパワフルな考えを持っていたいと思うのです。

お金は直接追うべきではないもの

『お金』『成功』『幸せ』というものには一つの共通点があります。

それは、直接追いかけると逃げていってしまう種類のものであることです。

世の中の大切なものや、重要なものほどこの性質が隠れているように僕には思えます。

人生の目的だって、直接その答えを求めてもわからないものです。

目の前の大切なことに取り組んでいる時に、オマケのように気付かせてくれたりするものなんです。

同じように、お金も直接追いかけてしまうと間違った方向へ行ってしまいやすいのです。

子犬ちゃんが自分の尻尾を追いかけまわしているような姿です(^-^;

いつまでも捕まえることが出来ずに、動き続けている姿ですね。

そんなことしなくても、既に自分が持っているものなのに・・・

ただやるべきことをするだけ。
ただ前に進むだけ。

それだけで、尻尾もついてきてくれるものなのです。

『幸せ』や『お金』は後からついてくる種類のもの

『きっと、うまくいく』という映画をご存じですか?

唯一僕が見たことのあるインド映画です。

ちょっと長い映画ですが、とても面白い傑作です。ぜひ一度ご覧になってみて下さい。

この映画を観ると、『幸せ』や本当の『成功』って後からついてくるものであることがよく理解できます。

いつでも最優先すべきは、自分の生き方であることを教えてくれる映画です(^^♪

競争社会で苦しむ人たちの中で、自分らしく生きる主人公が本当の豊かな人生とは何かを教えてくれる映画でした。

借金に苦しんでいる人達って、必ずと言っていいほどお金を追いかけています。

そしてお金に追われ続けています。

いつも足りない足りないと感じながら、どうやって手っ取り早くお金を手に入れようかと考えているのです。

簡単に手に入れたいと思う心はスキだらけです。

うまい話に飛びつきやすくなり、更にお金を失ってしまうパターンですね。

豊かな人には余裕があります。

うまい話に飛びつくような焦りはありません。
そのような人が更に豊かになっていきます。

だから今たとえ金銭的に豊かでなくても、歯を食いしばって豊かな気持ちで過ごすことが大切なんです。

豊かな気持ちで、今できることを追い求めることです。

自分らしく生きていくということです。

立場によるお金への考え方・・↓

やり直しの舞台は仕事から人生へ。いい人生だから、いい仕事が叶う人生をやり直したいと思った時に、まずすべきことは仕事を見直してみることです。すぐに転職とかではなく、まずは今の仕事に改善点は無いのかと問いかけてみると新しい発見もあります。結果、人生をやり直すきっかけがやって来ることがあります。自分磨きをする人に助けの手が伸びてくることを書いています。...

『与える』という言葉にある誤解

『奪う』考え方は、貧しさを呼ぶ。
だから『与える』ことを覚えよう。

色々なところで聞く教えですね。

僕も大賛成です。

与えることで、さらに与えられるという法則が世の中にはあるからです。

でも一つ注意が必要なんですよね。

それは、この『与える』という言葉をあなたから『搾取』するために使う人もいるということです。

だからと言って搾取しようとする人に注意しすぎると、与えることが出来ない。

与えることが出来ないということは、豊かさへのブレーキとなる・・・。

ここはジレンマを感じるところではあります。

ここで知って頂きたいことは、『与える』ということにも2種類あるということです。

それは・・・、

  1. 嫌々ながら『与える』こと。
  2. 嬉しさを感じながら『与える』こと。

この2種類です。

今のあなたが与える余裕もない時に、人に与えなさいと言われても難しいことです。

もしあなたの心に惜しい気持ちがあったり、余裕がないのであれば、それはまだ『与える』時ではないということです。

でもあなたが進んで『与えたい』と思う時、それはあなたが更に豊かになれる時です。

与えることそのものに、喜びを感じられることが大切なのです。

これを与えたら、自分の生活が苦しくなってしまう・・・。
子どもがお腹をすかせてしまう。

そんな心境で『与える』ことをしてしまうと更に豊かさが逃げていくので注意してください。

ここは非常に難しいところで、収入が〇〇円以上の方は与える立場に行くべきといったモノサシがないのです。

あくまで大切なのはあなたの心境です。

そこを大切にして下さい。

人生を通しても習得は難しいお金の使い方

僕が尊敬する松下幸之助氏も言っていたはずです。

「お金を稼ぐことは簡単。でも使うことはとても難しい。」

そのようなことを言っていたと思います。

正しいお金の使い方をマスターすることは、おそらく一生を通しても難しい課題となることでしょう。一度マスターしたからと言っても、それを継続することがまた難しいのです(^-^;

  • 過去の自分へお金を使うこと ⇒ 借金 
  • 現在の自分へお金を使うこと ⇒ 消費 
  • 未来の自分へお金を使うこと ⇒ 投資

間違いのないお金の使い方は、自分への投資でしょう。

『植福』の精神が一番間違いのないお金の使い方です。
自分のお金を投資するとなれば、真剣の度合いも全然違ってきます。

『消費』については、全てが悪いということではありません。
気持ちを豊かにしてくれる消費もあるはずです。

与える為の消費もあるでしょう。

消費なのか浪費なのか?
それを見極める眼を持つことが必要ですよね。

コンビニで買う飲み物を節約するために、水筒を持ち歩く。

この持ち歩く手間と数百円の出費。
自分にとってどちらを選択すべきか?

このスーパーで買うお豆腐より、向こうのお店の方が安いみたい。

ここで買い物を続けるか、お店を変えるか?
時間的なコストを払うことに見合う価格差かな?

時間を買うという意識も大切なモノサシとして持っている必要もあるでしょう。

言うまでもなく、借金は限りなく減らすべきです。

松下幸之助氏の言われていた『無借金経営』が究極の理想であることは、間違いないことですから。

お金って、動いてくれて価値を発揮できるものなんですよね。

循環させることです。
循環してくれることで、私たちも豊かになれるのです。

そして、浪費は禁物。
循環が必要と言いながら、散財もダメ。

難しいですよね(^-^;

『サラリとした感情で、お金に対して粘着質にならないこと』
これが大切なところなんです。

お金には大きな力があります。

悪く利用しようと思えば、それが可能なパワーも持っているものです。

だからこそ、稼ぐ私たちがしっかりとした価値観を持っている必要があるのでしょう。

お金の正しい知識を学ぶことは、人生を学ぶことと同じようなものだと僕には思えるのです。

これからも、もっともっと豊かで幸せな人生を歩んでいきますよ(^^♪

発電型人生とは? ぜひ、あわせてお読みください。

60代からの生き方。一歩先の目標がつまらない人生を吹き飛ばす人生がつまらない60代の方々に知って頂きたいことは、夜には夜の楽しみ方があるということです。明るかった昼間の過去に戻ることはもうできません。でも暗闇を歩く、そんな年代だから有利な面もまたあります。本記事ではそんな60代の人生の楽しみ方を提案します。...

 

まとめ

お金の使い方をマスターすることは・・
豊かな人生をマスターすることと似ている。簡単ではないけれど・・

借金に苦しみやすい人の特徴
調子にのりやすく、結果を待てない。果実だけを欲しがるタイプ

富に好かれるエネルギー、富に嫌われるエネルギー
好かれるマインド→惜しんで与え、投資する。嫌われるマインド→奪う、楽して儲けたい

お金は、成功や幸せと似た共通点を持っている
直接追うと逃げてしまう性質

与えるという言葉を誤解してはいけない!
嫌々ながら犠牲の気持ちで与えるのは逆効果。必要なのは心の余裕を持って与えること

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。