やり直し

40代後半で人生をやり直している僕から!新しい扉へようこそ♪

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

40代になり、人生の焦りを感じ始めて気付いたこと
自分の人生を生きるとは?
人生をやり直したいと思った時、まず最初にすべきこと
40代になり、トラブル続きとなった僕が考えたこと
40代のあなたが、人生やり直しの行動の時に注意したいこと
人生の岐路で、成功の可否を占う基準

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約10分です

 

100年とも言われる私たちの人生。

その中で40代という年代がどの程度の意味を成すものであるのかは、今の僕にははっきりとはわかりません(^-^;

ただ40半ばを過ぎている現役40代の僕からみると・・・、

この年代は一つの大きな出来事が待っている年代であるように思えるんですよね。

僕自身の現在進行中の40代を振り返ってみても・・、

  • 病院知らずの自分が入院をしたこと
  • 夫婦関係に危機的な亀裂が生じたこと
  • 娘との関係も悪化したこと
  • 経済的に苦しんだこと
  • 25年飲み続けてきたお酒をやめたこと

1つどころではないですね(^-^;

色々なことが、『これでもかっ!』というほどやって来ました。

そのような外的な環境の変化と一緒に、自分自身の残りの人生についても考えてしまう時期なのかなぁと思うのは僕だけでしょうか?

これまでの自分の人生を振り返って、

「今の延長で人生の最期に後悔することはないかなぁ」
と漠然と考え始めるようになったのです。

自分にやり残していることはないだろうか?

本当はやりたいのに、自分の中に抑え込んでしまっているものはないだろうか?

そのようなことを考えることが多くなる年代なのではないかなと思えるのです。

遅咲きの人生の素晴らしさ

40代は言うまでもなく、体力的には完全に下降線に入っている時期です。

記憶力や頭の回転にしても、どうしても30代の頃よりも落ちていることを感じているのではないでしょうか。

人生にアップダウンがあるとしたら、20~30代からピークが欲しい。

気力も体力も一番充実している時期に成功できないと、人生楽しめない。

そんな風に僕は思っていました(汗)

年齢を重ねてしまってから成功(経済的な成功)したところで、

「人生そんなに楽しめないでしょ。」
と考えていたのです。

40代にもなって、子どもが欲しいというものを買ってあげられなかったり・・、

親に心配されるような自分がとても情けなくて、本当に情けない気持ちにもなりましたね。

 

きっとこれを読まれている方も、何らかの共通点を感じておられるからこの記事にたどり着いたのではないでしょうか。

『何とかしないといけない』という強い気持ち。

そして、

『今さらどれだけ頑張れるのか?リスクもあるし・・』
という不安とが入り混じった気持ちをきっと抱かれているのだと思います。

いつも人より遅かった自分の歩み

僕自身のことを考えてみると、全てにおいての経験が普通の人より遅かったことが特徴の一つかなと思えます。

就職、彼女が出来た年、車、タバコやお酒・・・(^-^;

人生で経験する色々なことが、いつも人より遅れていました。

社会人となっても、周りから聞く年収と自分のそれを比較して愕然としていたものです(笑)

そして僕のことですが、若くしてIT関係の波に乗って成功した弟の存在がありました。

20代で既に多くの収入を得ていた彼です。

サラリーマンを何十年と続けて、そこから更に恵まれた方々と引けを取らない程の額です。

羨まししさや嫉妬という感情は当然出てきますよね(^-^;

何者かもわからない、縁のない遠くの人の話しであれば、

「すごい人も世の中いるもんだなぁ。」
とスルーできるのですけど・・・。

相手は人生の途中まで同じ屋根の下で暮らしていた弟です。

能力だってそんなに極端な差があるとも思えない・・。

若さも体力も充実している時期に、経済的な成功が重なっている姿を見ながらとても苦しく感じてしまっていました。

羨ましかったのです。

若くして成功した人も順風満帆ではない

他人の人生をうらやんでばかりの自分でしたが、その頃の自分は決定的な事実を一つ見逃していました。

それは・・・、

【人生の悩みは万人にやって来る、そして幸せも万人におとずれている】

という事実です。

他人の人生ばかりを羨ましく思い、その人の悩みや悲しみには少しも目を向けていなかったのです。

自分の人生をうらやみ、幸せに目を向けることができていなかったのです。

以前の僕には、物事を観察する力が圧倒的に不足していました。

洞察力が圧倒的に足りていなかったのです。

弟は弟で大学卒業後に進路に迷い、専門学校への道を考えていました。

裕福な家庭ではなかったので、自分の貯蓄と相談しながらのことです。

「全ての貯金を使ってでも、IT関係の勉強をすべきかどうか・・・」

そのように迷った時期があったみたいです。

そうして貯金を全てなげうって、学校に通うことを選びました。

その後、縁あって入社した会社。
その会社の経営状況がしばらくして傾いてきたらしいのです。

「この先は、お前が責任者となってやってみるか?」
そんな流れで代表を勤めることになったのがキッカケみたいでした。

今の僕には、ハッキリとわかります。

サラリーマンとして毎月確実な収入が得られる立場がどれ程ありがたいことなのかを。

雇われの身である限り、決してわからない経営者の不安もあるのです。

そういう意味では、今は雇われの身である僕も、実はハッキリとは分かっていないのかもしれません(汗)

傍目からは裕福で余裕のある生活にみえても、実際に経営されている方はいつも不安を抱えているものです。

若くして成功した人であればなおさら。

『栄枯盛衰』は世の中の原則であることを優秀な彼らが知らないはずはありません。

「社長の経営戦略って、甘いよね。いつも何となく真似事みたいなスタイルだから。」

「上層部のコンセンサスが取れていない、いつものパターンか。方針がコロコロ変わるから、やってられないよ。」

そんな社員の愚痴だって、薄々と気付いているはずです。

そんなことは承知の上で、生き残るための経営をいつも考えているのが会社の代表なのです。

上は下の気持ちがわからない。
下も上の気持ちなんてわかっていないのです。

自分の人生を生きていることが自信の基盤

他人の大変さや苦しみが少しでも理解できるようになると、自分の人生も公平に見ることが出来るようになります。

自分の人生は苦しみばかり。

他人の人生は楽しみばかり。

そのような偏った色眼鏡を外すことが出来た時、

自分の人生も『まんざら悪くないよね』

と思えるようになるのです。

それが、『自分の人生を生きる』ということです。
『自分の人生を愛する』と言い換えることもできます。

自分の人生、自分を肯定出来るようになったときに得られるものは、自分への信頼と自信です。

遅咲きの人生も素晴らしい。

今の僕は心からそう思えます。

人生のピークが終盤に来るって、素晴らしいじゃないか!

一番恵まれた気持ちで、人生の終盤を過ごすことが出来るのだから♪

僕には、僕の人生しか歩むことが出来ません。
あなたが歩めるのは、あなたの人生だけです。

あなた自身を肯定して、愛してあげて下さい。
そこからいよいよ、人生のやり直しが始まります。

折り返し地点からの、大仕事ですよ♪

行き急ぐ必要はなかった・・↓

人生が楽しくないと感じ始めた40代になって考えたこと40代は、人生の一つの節目だと思います。大方のことは一通り経験してきている。そしてこれから先の人生も大体の予想はついてしまう。新しい挑戦も簡単に出来る年齢ではない、楽しくない。40代に入り人生が楽しくないと感じている方が、見逃してしまっている視点をお伝えします。...

40代で人生をやり直せる人、やり直せない人

一つの会社に勤められている方であれば、40代といえば勤続年数も20年以上となっている方も少なくないでしょう。

途中入社の僕であっても、もう勤続15年までもうすぐといったところです。

そこまでくれば、さすがに自分が勤めている会社でのこの先のポストも見え始めてくる頃でしょう。

組織にもよるでしょうが、飛び級なんてそんなにあるものではありませんからね。

「いいポストはいつでも用意している。」
そんなことを言われ続けられながら、もう何年ここにいるのだろう・・・?

定年直前になるまで、そんな『やるやる詐欺』みたいなことにのってしまうのか(笑)

そんな不安を感じている40代の方もきっといるでしょうね(^-^;

昇進前提として考えることが出来るの人あればまだマシです。

降格することだって十分にあり得る世界ですからね(汗)
何か一つのミスで、収入をガクンと落としてしまう晩年なんて・・・

そんな不安も当然持っているはずです。

加えて、若い年代の方も次々と入って来るでしょう。

エネルギー溢れる彼らと同じ土俵で働き続けることへの限界も感じてしまう人もいるかもしれません。

30代のうちはまだ、

「もう少し頑張ればもしかすると・・・」
という将来への淡い期待も持っていられます。

でも40代になっても、そんな30代から大して変わっていない環境を目にしたとき、淡い期待をいつまでも持ち続けることは出来ないと感じるのです。

ただ・・・、そこは40代。

色々な葛藤も当然あることでしょう。

人生の先が見える同年代たちの反応の違い

もちろん今の立ち位置で、そのまま人生を歩んでいく。

前進していく。

その決断も素晴らしいものです。

むしろそのように結論される方のほうが、多数派であると思います。

ただこの記事にたどり着いたあなたは、おそらくそのように思えないのですよね?

大切なことは今までのご自身の歩みを振り返り、自分自身を正しく評価してみることです。

それを行ったうえで、これからの道を決断することだと思います。

あまり大きな声では言えないのですが・・・、

現状を変えたいと願いつつ、何の行動も起こせない人があまりにも多いように僕には思えます。

僕の職場でもそんな人ばかり。

愚痴だけはもっともらしく言っているのですが、そこで終結しているのですね。

そこから先の一歩がないのです。

現状に満足できないのであれば、今の状況に感謝できる面に目を向ける。
そして今の道を進む決断をする。

そうでなければ、違う道を模索していくか。

どちらかしかないはずです。

ズルズルと決断を先送りにしたり、決断そのものから避けて愚痴ばかりでそこから進まないままだと・・、すぐに50代になってしまいます。

時間は容赦なく過ぎていますからね。

50代にはまた違った人生の課題と向き合いたいとは思いませんか?

同じ課題を抱えたまま、いつまでも引きずっていきたくはないと僕は思います。

家族・子育て・年齢、多くの壁

20代、30代の人生やり直しとは難易度が格段に違うことも事実です。

40代になると多くの方は背負っているものが増えているでしょうから。

自分だけの人生ではなくなってくるんですよね。

家族だって路頭に迷わせるわけにはいきません。
子どもにも学校へは、何も気にすることなく通わせてあげたいです。

そして年齢の壁ですね。

40代になると転職による成功の確率はガクンと下がるでしょう。

ヘッドハンティングされるような人材であれば、現在の組織で既に優遇されている人材であるはずです。

40代以降の転職には、相当慎重になるべきだと思います。

転職見込み先のリサーチもそうですが、何より自分自身への評価が正しいのかという部分を見誤ると大変なことになってしまいます。

僕の知人にも実際にいます。転職に失敗している人が。

その方は僕より少し年上ですが、まだ40代。
最近小さな会社に転職しました。

前職はそれなりの規模の会社で、部長職だった方です。

そこの職場では、色々と気苦労が多かったと言っていました。

部下や、外注先の方たちが言うことを聞いてくれなくて・・・といった内容でしたね。

そのような経緯から、同等の年収を保証されて規模の小さな会社に転職をしたのです。

ところが・・・、

全く仕事が出来ないというレッテルを貼られてしまうまでに、それ程の時間はかかりませんでした。

前の会社の方から、その方の評判をチラッと聞く機会があったのですが・・・

「あまり記憶にないのですが、とにかくいつも喋っていました。」
「う~ん、客先でいつも何か喋っていた印象くらいしか・・・」

飲み事や喋りが仕事だったのでしょう(^-^;

それが通用する組織に留まっていた方が良かったのにと、客観的にはすぐにわかってしまうことですよね。

本人からすれば、周りの人たちが言う事を聞いてくれない理由を外の何かに求めていたのだと思います。

自分に原因があるとは思えなかったのでしょう。

「期待している成果が得られない時は、来年からの給与を見直す必要がありますので。」

と今の会社から言われているみたいです。

リスクも大きいということを知る必要がありますね。

40代は第二の人生スタート適齢期

リスクはもちろんありますが、人生のやり直しへの思いが『ふつふつと湧き上がっている』方にとっては、40代は最適な年代であることも事実です。

50代、60代になってから『人生やり直したい』と思うよりも、40代でその思いを固めて行動を起こしていった方が良いに決まっています。

50代からは別の人生を歩むということです♪

人生100年時代です。お侍さんの時代の2倍の長さですよ。
その頃と比べると、二人分の人生を歩むことが出来る時代なのです。

生まれ変わりたいという気持ちが起こっても何ら不思議ではありません。

遠い昔にあきらめていたやりたいことに再び挑戦したいという気持ちが甦ることもあるでしょう。

40代になって突然起こってきた災難とも思えるようなこと。
病気や夫婦関係、職場でのトラブル・・・。

そういったことは全て、あなたの人生好転の為に必要な転換のキッカケとなってくれているのかもしれません。

決断には勇気が付きものです。

勇気の必要が無い決断など大した決断ではありません。

行動を起こすべきか否か。どちらの道を選ぶべきか。

50代になって他の選択肢に目移りすることなく没頭出来るようになるためには、40代の今が大切な時です。

ゆっくりと、一人の時間をつくって考えてみて下さい。

自分と向き合う方法、問いかけとは? ↓

『人生を変える100の質問』によって浮かび上がるあなたの原点人生を変える100の質問から学べることは、問いかけの重要さです。そしてその問いかけを誰に、どのように質問するかということを徹底的に考える必要があります。人生を好転させるには、好転させるための質問が必要です。どんな質問を誰に対して投げかけるのか?ぜひ、この記事を読んでみて下さい。...

人生をやり直したい40代の方へ

『色々なリスクはあるけど、それでも人生をやり直そう』

ここからは、そう決断された方の為に書いていきますね(^^♪

この記事のタイトルにもありますが、現在40代の僕は今『人生やり直し』の真っ最中でございます(笑)

決断には勇気が必要だとカッコイイことを書きましたが、実はこれ

『いいカッコがしたいエア』

からの少し大げさな表現でもあります(-“-)

やはり、リスクは最小限に抑えるべきです。

人生を好転させたとか、人生逆転された方の話を聞くと、『背水の陣』の状況に自分をもっていき必死で頑張った的なお話をよく耳にすることと思います。

確かに後から聞く分にはカッコよく聞こえるお話なので、伝える本人の方も誇らしげな気持ちになれる一面はきっとあるでしょう。

武勇伝としては最適の材料ですよね(^.^)

それでも、リスクヘッジはやはり行うべきです。

40代であれば特に、イチかバチかみたいな勝負はするべきではありません。

忍耐力も必要です。

いくら人生をやり直したいと一念発起しようとも、一瞬で物事を変えることは出来ません

少しずつ少しずつ、負担を少なくソフトランディングさせていくつもりで行動を起こすべきです。

少しずつ、静かに変化を・・

人生がつまらない40代の方へ。第二の人生の幕開けは今!40代で多くの方が、人生の転機となるような出来事を経験されるみたいです。人生がつまらないと感じている世代は様々。10代から60代の方までも、つまらないと感じている方はいるのです。豊かな人生を歩む為にはどこかで変わる必要があります。人生の転機を前に、私たちが取るべき行動を記事にしました。...

即効性を求めずに自分と向き合う

大胆な行動は必要ですが、衝動的にはならないことです。

現状を打破したいという気持ちが強すぎると、

『スマホを毎日数分チェックして、〇万円!』
なんていかにも怪しそうな話に目が行ってしまいがちです。

結果だけをすぐに求めてしまうところに、罠があるのです。

自分の人生を本当に変えたければ、『変化は育てていくもの』であることを知るべきです。(人生を変えるために、僕が選んだ教材の一つはこちら

お金で買えるものではないのです。

ノウハウや考え方であれば、お金で買うことは出来ます。

むしろ、そのような投資をケチるべきではありません。
新しい人生を得るために、新しい考え方を学ぶことは必要です。

そして、そこからが本当のスタートです。

考え方を学ぶ → 行動を起こす

→ 考え方が一つ深く腑に落ちる

→ 洗練された行動を起こす → 新しい発見がある

→ 行動を進化させる → 心構えが根付いてくる

→ 行動で更に加速させる → ・・・、

キリがないのでこの辺にしておきますけど(^-^;

水をあげながら育てていく種類の変化こそが、永続性のあるものだということです。

『一瞬で大逆転!』というふれこみばかりに目が行くようでは、ご自分の人生やり直したいという気持ちが本気なのか疑った方がいいでしょう。

あなたの深い本心からの気持ちであれば、本当の覚悟が出来ているはずですから。


農場の法則とは、長い目で見ること ↓

仕事嫌い、会社嫌いだった私が仕事を通して楽しい人生を掴んだ理由仕事が楽しくなれば、人生も楽しいはずです。でもいきなり楽しい仕事にありつけることは無いと思った方がいいでしょう。それは見つけるというよりも、育てていくものだからです。人生を楽しくするために、どのような考えを仕事に向けたらいいのかを紹介していきます。...

プライドや顕示欲でないか、自己チェックする

結果をすぐに求めないと言っても、何十年も結果が出ないなんてことではありません(^.^)

種類にもよるでしょうが、1年くらいは頑張る期間があってもいいのではないのかなとは思います。

人生のやり直しに必要な作業を少しずつ積み重ねるだけです。

40代で人生をやり直したいという気持ちになるくらいですから、職場で感じている不安や不満があることも事実でしょう。

その理由が正当なものであるかどうかを厳しくチェックすることが何よりも大切です。

組織も馬鹿ではありませんからね。
有用でない人材には、それなりの待遇しかしないものです。

ちゃんとした生存本能が保たれている組織であれば、人材への正当な評価は欠かせないものだからです。

そんな組織の中での今の環境に、満足は出来ないと言うことですよね。
出来るだけ純粋に、自分自身を見つめて問いかけることです。

  • 単に逃げ出したいだけなのか? 
  • 怠け心を正当化したいだけなのでは? 
  • 努力が足りない自分を棚に上げて、今の状況を認めることが出来ないちっぽけなプライドが原因ではないのか?

物事を正しく見ることは、非常に大切なことです。

今の会社は会社で結構。

自分がいなくても、もちろん存続できるはずだ。
ただ今の自分にはもっと挑戦したいことがある。

これが最後のチャンスだから、寂しさもあるが別れを告げたい。

出来ることなら、前向きな動機が欲しいですね。

成功よりも感動・解放を求める

人生の岐路に立った時、何かに挑戦しようとする時にそれが成功する確率を占う基準が一つあるとすれば・・・、

それはあなた自身の気持ちにあります。

『もっと認められたいから』とか、『ご近所や親せきに恥ずかしいから』とか、ベクトルが自分自身にばかり行っている時は、注意が必要です。

一方、動機が自分以外の人へ向かっている時は成功する確率が高いのです。

  • 妻や子どもに苦労をかけ続けたから、これからは楽をして欲しい。 
  • 心配かけ続けてきた両親にも、人生を楽しんでほしい。 
  • 本当に自分が望んでいることが実現出来れば、もっと喜んでくれる人が増えそうだ。

そのような気持ちが先にあれば、人生のやり直しが成功する確率はとても高くなります。

理由はわかりませんが、そのようになっているのです。

結果だけを追いかけすぎる時には危険な罠が待っています。

成功そのものよりも、『感動』や『解放』を求めることがコツです。

  • 自分が変化していくことによって、感動を与えることが出来るだろうか? 
  • そして何より、自分の気持ちが解放される『すがすがしさ』を感じられる道だろうか?

得られる答えが『YES』であれば、あなたの『人生やり直し』は間違いなく楽しみながら進めていけるでしょう。

人生って楽しいものですよ(^^♪

今はまだ『さなぎ』になる前の段階かもしれませんが、大空を舞う日は必ずやってきます。

第二の人生を楽しんでいきましょうね♪♪

 

まとめ

40代になり、人生の焦りを感じ始めて気付いたこと
圧倒的な洞察力の不足。悩みも幸せも、万人にやって来ていることが見えてなかった

自分の人生を生きるとは?
「自分の人生も、まんざら悪くないよね」と肯定できること。自分の人生を愛すること

人生をやり直したいと思った時、まず最初にすべきこと
自分の歩みを正しく振り返り、評価すること

40代になり、トラブル続きとなった僕が考えたこと
自分の人生好転の為のキッカケを与えてくれている!

40代のあなたが、人生やり直しの行動の時に注意したいこと
結果を焦らない。衝動的な行動と大胆な行動は異なる

人生の岐路で、成功の可否を占う基準
意識のベクトルがどちらに向いているか?自分?それとも他人?

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。