つまらない

孤独だから人生がつまらない?どうして孤独が人生を変えるのか?

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

友人がいない孤独なあなたが向けるべき意識
孤独を感じさせない友人を得る為にまず大切なこと
孤独であることが悪くない理由
孤独から逃げないことで得られるもの

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約6分です

 

『孤独』という言葉に、ネガティブな印象を持たれている方は多いみたいですね。

その証拠に『孤独』という言葉を検索してみると、
「いかにして、孤独な状況から抜け出すか?」
といった方法論が書かれた記事がズラッと出てきます。

一人でいることが辛い。
一人でいることはつまらないこと。

そのように感じて、悩まれている方が多いということなのだと思います。

そのような方々をどうこう言うつもりは決してありません。

ですが正直なところ、僕にとってはとても意外なことでもありました(・_・;)

『孤独』であるということに、これほど多くの方が悩まれているとは想像もしていなかったからです。

僕なんて40数年の人生を振り返ってみても、『孤独だった期間』の方がずっと長かったような気がします(^^♪

そんな自分であっても、『孤独』からの脱却など考えたことがなかったんですよね。

むしろ、そちらの方が心地よかった感すらあります。

今回の記事は、『孤独に悩まれている方』へのエアからのメッセージです。

『孤独』というものに対して、全く悪いイメージを持っていない僕からのアドバイスとなります(^.^)

「孤独を悲しむ理由なんてどこにもなかったんだ。」

そのように感じて頂くことが出来るかもしれません♪

孤独だからつまらない?

『孤独』にも2種類あります。

一つは、多くの友人や仲間と接していたいのにそれが叶わない方。
二つ目は、友人たちとの頻繁な接触に積極的になれず一人の時間を大切にされている方。

言い換えると、

  • 『友人が欲しいと思っているのに出来ない』タイプと、
  • 『自分で望んで一人になるタイプ』です。

まず、『友人が欲しいけど出来ない』とお悩みの方。

まわりくどい表現が出来ずに申し訳ありませんが、まずは【ご自身を顧みる】必要があると思います(^-^;

ご自身が友人や仲間が欲しいと思われていて、それが叶わないということは高い確率であなた自身に何らかの原因があるからです。

  • 例えば、あなたが傷つきやすくウジウジした印象を与えてしまっている場合。

⇒ 暗い雰囲気を浴びて影響を受けたくないと思い、あなたに近付きたくないと思う人は多いでしょうね・・・

  • あるいは、攻撃的で自己主張の強い方。

⇒ あなたに近づくと「何だか傷つけられそうで、近寄りたくない。」と、そのように思われているのかもしれません。

孤独から脱出したい人たち

ちょっと耳の痛いお話だと、感じてしまう読者さんもおられるかもしれませんね(^-^;

ただ、このようなことを書いただけで
「あっ、これは自分のことだ!ちょっと反省してみよう。」
と感じられる方は、とうの昔に『孤独』から解消されているはずです。

自分自身のことを知ることは、とても難しいものです。

他人のことはよく観察できても、いざ自分のことになると客観的な判断が難しくなってくるからです。

そして僕自身、このテーマで記事を書くことの難しさも正直感じています。
なぜなら、人は千差万別ですからね。

一言で『孤独』と言っても、その原因や種類もまた無数にあります。

「料理には塩が命だ!」
と有名な料理人が言っても、それは多くの答えの中の一つの正解でしかありません。

唐辛子を使った料理もあれば、砂糖メインのデザートだってあります。

懐石・フレンチ・中華・・・、同じカテゴリーの料理であってもその種類は数多くありますよね。

とてもとても、一括りにすることなんてできません。

でも・・・、

『孤独』を抱えている全ての人たちに共通して申し上げることができることがあります。

それは、【自分以外の人のことを考えてみる】という姿勢がとても大切なことであるということです。

突き詰めると、友人や仲間のいない『孤独』に悩まれる方は、自分のことで精一杯になっている人ばかりなんですよね。

これは、根暗で消極的な方から積極的で外交的な方にまで全ての人に言えることです。

相手からみて、
「この人といると楽しい、居心地がいい。」

そんな風に思ってもらえる人がどのような人なのかを考えてみることが大切です。

友達がいないから孤独である人

友人や仲間を望んでいるけど、恵まれない。
なかなか、気の合う人に巡り合うことが出来ない。縁がない。

そのように感じられている方は、是非

「相手はどのような人といれば、心地よく思うのかな?」
「あの人が喜んでくれるには、私はどうすればいいだろう?」

と自分自身に問いかけてみて下さい。

周りから人が遠ざかっていくタイプの人っていますよね。
そんな人たちは、ベクトルが自分自身に向いてしまっている人がとても多いように思えます。

自分が可愛くて仕方がないタイプです。

友人があなたの孤独を解消してくれることを期待する前に、あなたが友人の孤独を解消してあげようと意識変換するのです。

まずは、与えることです。

『与えるものが、与えられる』という法則は全てのものに当てはまります。

友達がいても人生つまらないと感じる人

「友人さえ出来れば自分は孤独から抜け出せる。」
と思っている人は注意が必要です。

必要以上に人に合わせてしまうことで、自分を疲れさせてしまうからです。

先程言った、『まずは与える』ということと矛盾して聞こえてしまうかもしれませんが、『自己確立』の方を優先させるべきタイプの人もいます。

社会の基準で生きて、人の基準で生きてしまうと最終的に苦しむのは自分自身なんです。

他人の趣味を自分の趣味と思ってしまう。
他人の好みを自分の好みと考えてしまう。

あなたの本心からの趣向であれば何ら問題はないのですが・・・、

『人の基準』で生きることによって、友人を得ようとする気持ちが隠れている場合は注意が必要です。

それでは一番大切なあなた自身がどこに行きたいのかが、わからなくなってしまうからです。

『自己確立』がしっかりと出来ているからこそ、『友人の立場となって』親身になれるものなのです。

友人の悲しみを自分の悲しみとして受け取る。
友人の喜びを心から祝福出来るようになる時。

心のつながりの出来る友人が必ず表れるでしょう。

そんな友人であれば、たとえ数少なくてもあなたに孤独を感じさせるようなことはありません。

孤独を楽しめる人

学生時代の僕は、一人旅が好きでした♬

2ヶ月弱の夏休みを利用してバックパックを背負い、アメリカのバス旅行を経験しています。

学生時代に、2度の一人旅を経験しています。2度とも、同じアメリカでした。

1ヶ月乗り放題のバスの利用券を購入して、行きたい場所へ向かうような旅行です。
一人での旅行でしたが、色々な方との出会いも楽しんでいました。

もう20年以上前のことですが、当時であっても日本人はどこにでも見ることが出来ました。

そうすると、異国の地なので声をかけられることも多かったのです。

「日本人の方ですか?」
「はい♪」
「よかったら、ダウンタウンまで一緒に行きませんか?」

そのようなパターンが多かったですね。
お互い初めての地なので、公共の交通機関を使うにも多少の不安があったからです。

気が合えば同じホテルに泊まり、数日一緒にその街の観光をしたりもしました。

でも長い期間を同じ人と旅行して過ごすのは、ちょっと厳しかったですね(^-^;

どうしても気を使ってしまい、行きたいところへ行けなかったり色々と不便を感じることもあったからです。

やっぱり、一人で物思いにふけりながら移動する方が好きでした(^.^)

旅のススメ。人生を変える旅を経験した僕のリアルなストーリー私の経験を踏まえて、『旅が人生を変える』ということを書いています。学生時代に3度経験した、アメリカバス旅行が私の進路を大きく変えていきました。多くの出会いと刺激。旅は人生を変えます。旅に限らず、人生の選択に迷っている方へパワフルな記事となってくれると思います。...

居心地の良い孤独

僕のようなタイプも決して少なくはないはずです。

決して他人を避けるつもりはないのですが、一人の時間を大切にしたい人です。

もちろん、友人たちとの時間も大切だとは思っています。
同じように、自分の時間も大切にしています。

だからこそ、他の人の時間もまた尊重できるのです。

自分の時間が大切だと思っているから、友人たちの時間もまた彼らにとっては大切なもの。それが、理解できるものなんですよね。

『孤独』であることは、決して悪いことではありません。

自分自身を知るための大切な時間なのです。
自分が本当にやりたいことを知り、力を蓄え、主体性を獲得する。

誰かとのわいわいがやがやとした時間からは得ることの出来ない、多くの発見がある時間が『孤独』なのです。

孤独との付き合い方を別の視点から書いた記事もあるので、ぜひ読んでみて下さい。夫婦間であっても孤独があることを書いちゃっています(^-^;

独身人生が楽しくない方へ。孤独との対面に学ぶ自分に誇れる生き方親しくしてきた友人たちが結婚して子どもができ、変化していく環境の中では、独身の身であればどうしても人生が楽しくないという気持ちになってしまうものです。特に『孤独』という不安に悩まされているのではないでしょうか。人生が楽しくないという独身の方へ、本記事では『孤独』について掘り下げてみます。...

孤独が僕を強くしてくれた

今は高校生の娘が、まだ小さな小学生だった頃のことです。

クラスでお友達が出来ないと、悩んでいる時期がありました。

明るくて、自分を抑えることのなかった娘です。
よく言えば伸び伸びと個性を存分に外に出していた娘。

遠足の日になっても、「誰とお弁当食べようか。」と妻に相談していた時もありました。
父として僕もそんな娘が不憫で仕方なかったのですが、僕は娘にこのように言ったのです。

「お友達がいないと言うことは、〇〇ちゃんは素晴らしい個性を持っている証拠だよ。類は友を呼ぶという言葉があるように、人は似たような者ばかりで集まる傾向があるんだ。」

「だから、〇〇ちゃんに今お友達がいないのは、似た人が周りにいないからだよ。唯一の個性を持っている証拠だよ。それを大切にすれば、将来絶対に大きな武器になるから。」

そのようなことを僕は伝えたんですよね。

クリスマスにサンタさんへのお願いを「お友達」と書いていることを知った時は胸が痛くなりましたけど・・・

今では親思いで、真っ直ぐに育ってくれている料理好きな女子高生です(^^)/
(↓↓高1の娘の手料理です。ちょっと自慢(^-^;)

孤独を経験している人は本当の強さがある方です。

その孤独から逃げずに自分をしっかりと見つめることで、心の通う本当の友人も表れてくるもの。

自信を持って、自分を愛してあげて下さい。

成功の前に孤独あり

自分の納得した人生を生きていけている人を僕は成功者だと思っています。

そして成功者の多くは、必ずと言っていいほど『孤独』の時期を経験しているものなんです。

言ってしまえば、『成功の前には孤独がある』のです。

孤独の期間は半年~1年くらいでしょうか。
人によってはもっと長い期間の『孤独』を経験する方もあるかもしれません。

でも、確信して言えることは
「あなたに耐えられない期間の孤独は決してあなたには降ってこない。」
ということです。

理由はわかりませんが、そういう風に世の中の仕組みが出来ているのです。

あなたがギリギリ耐えられるだけの『孤独の期間』が成功の前に与えられます。
それは、あなたが『成功者』となるための資格を与えられているということなのです。

孤独によって得られる安らぎ

『成功の前に孤独あり』と書きましたが、孤独である期間全てが辛いわけでもありません。

確かに、一人寂しくリビングで過ごす辛い夜もあるかもしれません。
仕事から戻っても、誰もいない部屋に戻ることに辛さを感じることもきっとあると思います。

そうであっても、一人でいるからこそ得られる安らぎのような感覚もあります。
好きな本、好きな音楽、好きな映画。

他人を集めてゲラゲラと笑う時間ではなく、自分と向き合いながら映画をみて感動する気持ちを発見したり・・・

本を読みながら出会う美しい言い回しに、心が洗われたりする時間です。

孤独でつまらないと感じているあなたも、必ずそのような安らぎを感じるチャンスがあります。

どうせ一人。あなたを笑う人は周りにいません。

であるなら、思い切って自分を解放させてあげてみて下さい。
好きなことをしながら、思い切り笑ったり泣いたりしてもいいではないですか。

自分の心の鎖を外してあげるのです。自分をいたわってあげるのです。

こちらの記事は、孤独と共に成長する生き方に触れていますよ♪

自分の人生、誰の責任?運に見放される人たちの残念な間違い「自分の人生は自分の責任だ」という考え方を受け入れた時、世の中の見え方が変わってきます。衝撃ともいえる視界の変化を感じられるはずです。そして、間違いなく安定した幸せな人生をおくるために欠かすことの出来ない考え方でもあります。さらにその先に待っている新たな気付きとは?...

孤独だからこそ理解できる寂しさ

そうした孤独の時期に、『友人とゲラゲラ笑う』ような時間に逃げ場を求めなかったあなたが得られるものは、深みのある人生観です。

あなた自身に深みが感じられるようになります。

そして、他人の寂しさや悲しみも理解できるようになります。

自分や他人の感情を敏感に感じることの出来るあなたは、仕事でも恋愛でも子育てでもあらゆるところでその感受性を活かすことができるようになるでしょう。

決して卑屈になることなく、孤独の時間を自己の向上心に向けていくことです。

無駄な時間なんて、何一つありませんから。

孤独の期間が人生を豊かにしてくれる

僕自身、妻と娘との長い別居生活を経験していた期間がありました(^-^;

深い『孤独』の時間でしたが、それでも仕事に出て出張する生活を普通に続けていました。

職場の同僚たちでも、そんな僕の環境に気付いた人はおそらくいなかったと思います。

そんな日々を過ごしながら、出張先でむかえたホテルでの朝、
「自分は本当に強くなってるなぁ。」
と感じた日があったことを思い出します。

一人孤独と向き合う時間こそ、自分を育て自分を更に深く知る『成功前の孤独』の時なのです。

孤独の期間が過ぎた時、次の段階は【他の人へ関心を向けること】です。

自分に向けていたベクトルを他人へ向ける。
他人が喜ぶこと、欲していることに関心を向けてみる。

そして、話題を合わせていく努力もしてみる。

そうして自分自身の心の幅を広げるように努めていると、本当の意味での自信を持つことが出来るようになってきます。

このように考えると、あなたが今経験している『孤独』の期間は一時的な宝の時期です。

あなたが成功への次の段階へ進むための、大切な時期なのです。

 

まとめ

友人がいない孤独なあなたが向けるべき意識
あなたが周りの人の孤独を解消しようとしてあげる

孤独を感じさせない友人を得る為にまず大切なこと
『自己確立』。これができてこそ、友人に親身になれる

孤独であることが悪くない理由
自分自身を知るための大切な時間となってくれるから

孤独から逃げないことで得られるもの
深みのある人生観。成功の前に孤独あり!

 

 

TOPに戻る

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。