楽しくない

20代、人生が楽しくないと感じていた自分に伝えたい大切なこと

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

20代でつまらない人生を感じている人がハマりやすい罠
「これを知っていれば、もっと充実した20代だったのに」と僕が今思うこと
結果を焦る気持ちを鎮めるべき理由
刺激よりも、単調さに価値がある理由とは?
人生が変わってきていることを意識でき始める時とは?

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約5分です

 

「20代なんてまだまだ先の人生の方が長いんだから、何でも出来るよ!」
「色んなことに挑戦しなよ!」

もう40代半ばを過ぎた僕からしたら、20代という若さは羨ましくて仕方がありません(笑)

僕の年齢だと、普通に考えればもう残りの人生の時間の方が短くなっている地点です。

そんな立ち位置なので、20代というと
『力を持て余したエネルギッシュな恵まれ過ぎた年代』
だとすぐに考えてしまうものなんです(^-^;

でも、よぉ~く振り返って自分が若かった頃のことを思い出すと、【疲れ知らずの20代】とは程遠い状態でした。

もちろん、先ほど言った気持ちも本心ですよ♪

この年齢になって、改めて20代だった頃の『若さの価値』をしみじみと感じることがあります。

当時の自分には気付くことの出来なかった、『その時だけの若さの価値』をあなたは今持っているのです。

汗だくになってジョギングしている20代と思われる人。
本屋さんで、難しそうな書籍が並んでいる一角に立ち目的の本を探している学生。

そのような人たちを見ると、

「あぁ、たぶんあの人は今持っている若さの価値を十分にわかっていないのだろうな。」
余計なお世話ですが、そのように感じながら羨ましく思ってしまったりするのです(^-^;

でもそんなことって、今の私が40代後半という年齢に達しているから言えることなんですよね。

実際に『20代という年代を生きている』あなたが求めているアドバイスではないと思います。

そんな若者たちが知りたいことは、今言ったような【若さの価値】のお話しではありません。

日々奮闘しながら、悩み苦しんでいるというのが実際のところだと思うのです。

かつての僕がそうであったように。

理想と現実とのギャップに苦しんだ20代

今必死で、僕の20代の記憶を探っているのですけど・・・(笑)、

理想に燃えた20代だったと言ってもいいかもしれません。

そういうと、ギラギラしたエネルギッシュな成年とのイメージを持たれてしまうかもしれませんが、ちょっと違いますね(^-^;

活発なアウトドア派とは真逆のようなタイプだった僕です。

でも妄想と呼んでもいい「理想」のようなものは、うっすらと持ってはいたんですよね。
元来は、プラス思考の持ち主です。

現実は、壁の薄い学生アパートの一室に住みながら
「お金欲しいなぁ。」
と思っていた20代前半。

悩みに包まれた日々ではありましたが、一方では自分の未来への理想も抱いていたのです。(今思うと、その理想はあまりに抽象的すぎてはいましたけど・・・)

「自分は色々な環境に苦しんでいるけど、絶対に逆転できる。」
「まだまだ先は長い。苦労を乗り越える人にだけ成功がくるはずだ。」

そんな感じで、自分の将来への『信頼』を心の片隅に持っていました。

「なんだかんだ言っても、結局は成功できるはずだ。」

「お金に苦労することなく、自分に最適な環境が見つかり、傲慢になることなく、
そして穏やかに生きていこう。」

そんな詩の世界にしか存在しないような、メルヘンチックな未来がやって来るものとただ信じていたようなところがありました(笑)

仕事が楽しくなかった

そんなおとぎ話のような理想は、いとも簡単に崩れ去ってしまいます(^-^;

社会人デューした就職時に、いきなり試練はやってきました。

今で言うと、完全なブラック企業です。
残業、休日出勤は当たり前。(もちろん手当なし。ブラックですから(笑))

初日 : 「あぁ、今日は遅くなったなぁ~。」
二日目: 「疲れた~。週末まで体力残さなきゃ。」
三日目: 「あれ?もしかして、これ普通?日付変わる直前まで毎日働くの?」
四日目: 「体もたない・・・」

と、最初の1週間がこんな具合で始まりました(笑)

もちろん悪い事ばかりではありませんでしたけど・・・。

僕が望んでいた、海外出張の機会を与えられたこと。
営業なんて自分には無理だと決めつけていた固定観念を崩してくれ、意外な道を拓いてくれたこと・・・etc

確かに、得られたものも多くありましたが・・・、

振り返って職場環境だけを考えてみると、納得のいかないことも多かったですね(汗)

水を得た魚のように職場で仕事をバンバンこなして、休日には疲れた体を癒す。
朝のコーヒーから休日の1日が始まり、翌週からの仕事にしっかりと備える。

当たり前にやって来ると信じていたそんな日常は、どこにもありませんでした。

手取り20万円にも満たない給料で、家賃やその他の固定費を計算してやりくりする毎日。

「今日は何時に帰れるのかなぁ?」
と朝の出社時から考えながら、夜遅くまで働いていた日々だったのです。

同年代との比較に苦しむ

確かに、メルヘンチックな社会人としての理想像を描き過ぎていた僕も悪かったのかもしれませんね。

自分で上げ過ぎていたハードルと現実とのギャップに見事に打ちのめされてしまったからです。(でも理想を抱いていたこと自体は、今の年齢になって活きています。後悔はしていませんよ)

それと同時に、同世代の他の職場の方との比較にも苦しんでいました。

取引先の同じ年代の方が羨ましく見えていました。

残業手当があって、福利厚生もしっかりしている会社。
そんな会社に勤めている同世代の人と自分を比べてしまっていたんですよね。

そして、惨めな気持ちになってしまっていたんです。

「この人と自分の能力の差なんて微々たるもの。なんて世の中不公平なんだ。」
「アフターファイブで、飲み?こっちは、仕事後に飲みなんか行ったら倒れちゃうよ。」

自分の置かれている環境をうらやんだものです。

年とって成功しても面白さは無いだろうという思い込み

また20代だった僕は、40~50代という年代への偏見も持ってしまっていました。

率直に言うと、
「40歳、50歳になって成功したところで、もう楽しめないでしょ。」
そんな風に思っていたのです。

妻と高校生の娘のいる今の僕からすれば、それは完全に間違った思い込みでしたね(^-^;

もし叶うなら、あの頃の自分に強く言ってあげたいです。100%の自信を持って。

「それ、間違ってるよぉ~。いくつになっても、人生は楽しめるものだよ!」
「心構え次第。マインドが全てを決めるよ!」

当時の僕は、時間への焦りを持ってしまっていたのです。
そして、その焦りによって苦しんでいました。

「若い頃に楽しめなければ、年取ったらもう無理だ。」
「仕事や家族に縛られる前に、早くお金持ちになりたい。」

結果ばかりを焦っていました。

【挫折への道を歩む】典型的なパターンに、見事にはまってしまっていたのです。

これは決して負け惜しみで言うわけではないのですが・・・、

20代で結果を得られる人生でなくて良かったとすら、今では思っています。遅咲きの人生だって素晴らしいことを実感しているからです♪

40代後半で人生をやり直している僕から!新しい扉へようこそ♪40代に人生の方向を変えるような出来事を経験する方は多いようです。私もそうでした。40代になって、人生をやり直したいと思うようになったのです。第二の人生を目指している今、とても人生を楽しめています♪40代で人生のやり直しを考えている方への熱いメッセージです。...

充実した20代を過ごすために

「若いのだから、なんだってできるはず!」
上の世代からのそんな言葉に、無責任さを感じることだってあるかもしれませんね。

当時の僕もそうだったから、よくわかります。
そのように言われても、あまり響いてこなかったからです。

「何でも出来ると言われても、すぐに仕事辞めたら履歴書に傷がつくし・・」
「諦めずに続けていれば、こんな仕事でも面白くなる日がくるのかなぁ?いやいや・・・」

そんな迷いを完全に振り払うことは、他人のアドバイスからは得られません。

他人はあなたの人生の責任を取らないからです。

信頼できる先生や、先輩から学ぶことは大切。
でも、最終判断は【あなたの人生の主人公】であるあなたが決めるべきものなんです。

実は僕も、このことを知ってから少しずつですが人生が変わり始めていることを感じました。

【自分で決断して、自分で行動する】
【自分を見つめる時間をつくり、自分の本当の欲求を探る】

こういったマインドを持つことで、人生が変わっていくことを実感し始めたんです。

「このことを20代の頃にもっと実感しておきたかった。」
今の僕の正直な気持ちです。

「このことを心底理解できていれば、自分はもっと充実した20代を過ごせたのに」
と感じるんですよね。(いくつになっても維持すべき心構えなので、後悔はしていません)

経験は宝、失敗も宝

どのような経験も、あなたの心構え次第で宝へとなってくれます。

ただし、あなたの経験が宝になってくれるのがいつ頃になるのかまではわかりません。
5年後かもしれませんし、20年後かもしれません。

たとえ何十年という時間が経過してしまっても、その時得る宝はあなたにとってかけがいのないものとなってくれます。

今実際に人生が楽しくないと悩み、そしてこのブログを読んで下さっているこの経験もどこかで宝となってくれる可能性があるということです。

もちろん、失敗の経験も宝です。

若さの一番の武器は、『試行錯誤』が許される年代であることですから。
いくつ失敗しても、どんな失敗であっても、若いうちなら許されることは多いということです。

僕の年代で「転職に失敗した。」なんてことになったら大変です。
でも20代であれば、それもOK。

あなたの宝へ変えてあげればいいのです。

ポイントは、『自分で決断して、自分の責任と言い切れる』行動であることです。

そうである限りは、無駄な経験には決してならないでしょう。

結果への焦りは禁物

また、すぐに結果が欲しいと焦る気持ちを捨てることです。
結果なんて、数十年後にやって来ることもザラですから。

そんな途中経過こそ、本当に楽しめるもの。

この真実を本当にあなたに知って頂きたいです。
これ、気休めでも何でもなく僕の本当の気持ちです。

僕には、3つ下の弟がいます。
彼は若くから、世間一般のモノサシで言えば『成功者』と言ってもいい立場にいます。
それはそれは、嫉妬しましたよ(^-^;

「運だけはいいよな。そういえば、ガキの頃からアイス買うとあいつだけ当たりが多かったし・・」(笑)

そうした焦りや嫉妬を乗り越えることが出来たのは、突き詰めると僕が『自分の人生を愛せた』からです。

「生き急がなくてよかった。」
「今この時が、過去の全ての経験が宝となって集約してくれている。」

そのように感じながら、今を幸せに過ごせています(^.^)

『結果』の先にもあなたの人生は続きます。
その意味で、全てが『過程』であるとも言うことが出来るのです。

どうか、結果に焦る気持ちを鎮めてあげて下さい。泰然とした心境を目指してください。

↓の記事は、忍耐が人生の分岐点であることに触れています。よろしければお読みください♪

人生がつまらない30代によくある間違い。ワンランク上の舞台へ!30代で人生がつまらないと感じる方は、安定した単調な毎日に『飽き』を感じてしまっている方が多いように思えます。実はこの安定した期間こそ、あなたが最大に活用すべき大切な一時期なのです。本当につまらない人生にならないように、30代の方の為にこの時期の過ごし方を提案します。...

20代の自分へ戻って伝えたいこと

周りの人が皆、車を持っているから自分も欲しい。
周りの人が、彼氏彼女と青春を謳歌しているから自分も・・・

そのようなことで苦しんでいた自分に、ピシャリと言ってあげたいですね(^^♪

  • 「心配するな!その焦りすら、君の宝となるから。」
  • 「人との比較で苦しむのも貴重な宝。でもそれで腐ってしまったらもう食えなくなるよ。」
  • 「自分の人生を生きなさい。自分だけの人生に、誇りを持ちなさい。」

20代という年代で、人生が楽しくないと感じてしまっている方。

そのような方へ私が強く伝えたいことは、
「自分の人生をもっと信頼して欲しい。」
ということです。

あなたの人生は、あなたに幸せになって欲しいと願っているのです。

あなたに幸せになって欲しいから、そのような『苦しみや悩み』という調味料を与えてくれているんです。

ダラダラと張りの無い毎日を過ごしてしまっている人には決して得られない調味料です。

そして、若い20代だからある程度は仕方のないことなんですけど・・・、

あまりにも欲望や、快楽だけに目が行ってしまうと、
「何だかつまらない。」
という感情に支配されてしまいます。(僕がお酒に溺れて、「つまらない」と感じていたように)

もちろん欲望や快楽も生きる力となってくれるものなので、完全に否定はしてはいけませんけどね。

あなたが人生楽しくないと感じているのは、『人生を楽しみたい』という感情が根っこにあるからです。

それって素晴らしいことなんですよね。

であるなら、まずはあなたの今の行動を考えてみてはいかがでしょうか。

刺激を求めすぎない

「単調な毎日だからつまらない。毎日に刺激を取り入れてみよう。」
そのようなアドバイスを目にすることもあるかもしれません。

確かに正しい一面を持ってはいますが、同時に落とし穴もあるように僕には思えます。

その落とし穴とは、『際限のない罠』です。

刺激ばかりを求めて刺激そのものが目的になってしまうと、大切なことを見失ってしまいます。

激辛カレーを次々に求めても、感覚が麻痺して何も感じれなく時が必ずやって来るのです。

むしろ僕は、単調な日々にこそ『人生の楽しみ』が隠れていると思っています。
日々の習慣。一見退屈に思えるような、毎日の習慣です。

人生は、習慣の連続でつくられます。

経験すれば忘却の彼方へ去っていくような習慣ではありません。
そうではなく、資産となるような習慣を手にすべきです。

そのような『習慣』を得るには、あなたが何をしたいのかがわかっていることが必要です。

学生時代に描いていた夢はありますか?
世間の常識など忘れて、本当にあなたが好きなことは?
今の仕事で、「やらされている」ことではなく「自分が生み出せる価値」はありますか?

是非、そのようなことを考える時間をつくってあげてみて下さい。

こちらの記事は主婦の方の為に書いた記事ですが、『平凡さの中の宝探しが面白い』ことについて触れています。

主婦の人生が楽しくない?魅力あふれるママ、大切な宝に目を向けてこの記事を書くまで、主婦の方々の大変さを今ほど知ることは出来ませんでした。人生が楽しくないと感じてしまうのも無理は無いでしょう。でもそんな中でも、いやそんな中でこそ本当の喜びって見つかるものなのです。その理由を書いていきます。人生を楽しむ主婦へ、変身してください!...

マラソンランナーのつもりで

陸上競技であれば、短距離走は見ていて華やかで面白いですよね(^.^)
僕はどちらかと言えば、短距離走の方が好きでした。

でも、人生ってマラソンみたいなものだと思うようになっています。

目の前の結果に一喜一憂せずに、走り続けるマラソンです。

最終的に成功したかどうかは、ゴールまでわかりません。
いや、ゴールしてもすぐにはわからない方もおられます。

歴史に名の残る偉人などは、暫く時間が経って評価される方もたくさんですよね。

20代で、今後の全てが決まってしまうわけではありません。
かといって走ることなく、コース横で寝転んでばかりいても良いわけではありません。

「自分が本当に走りたい人生のコースはどのようなものだろう?」
自分に問いかけながら、走り続けるものだと思います。

夢を描く

自分で夢を描き、目標が出来るところから『人生が変わってきている』ことを感じ始めます。

「人生がつまらない。楽しくない。」
そう思っていた原因は、実は目標も未来へのビジョンも無かったことだったと気付くことでしょう。

自分が自分の人生をどのようにしたいのか?
数十年後のビジョンが難しければ、1年後・半年後の自分の理想でも大丈夫です。

ゴールを設定することは、避けることの出来ない課題です。
夢を描く、志を持つと言ってもいいでしょう。

自分が得意なことは何だろう?人より少しでも優れた長所は?
その長所で、他人が喜んでくれるような事は出来ないだろうか?

そのような問いかけを自分自身にしてみて下さい。

その夢を小学生にもわかるような言葉にする

自分のゴールが設定出来たら、次はそれを明確にすることです。

ぼんやりと、「こんな感じだったらいいなぁ~。」ではありません。
出来る限り具体的に、小学生にも理解できるように明確にするのです。

  • 日本語以外の言葉を使えるようになって、海外を行き来する仕事に就きたい
  • 人が住むお家を設計したい。多くの家族が住んで幸せになれるような家を設計したい
  • 美味しいケーキが作れるようになりたい。誕生日に幸せを届けられるケーキを

そんな感じで、出来るだけ簡単な言葉にすると自分の中にもスッと入ってくれます。

はじめの行動を起こす

さっそく、はじめの小さな一歩を進めて下さい。

一番大変なはじめの一歩です。

ローギアでエネルギーが一番必要な時ですが、この行動を起こせるかどうかが重要な分かれ道となります。

成功者はすぐに行動を起こします。
決まって、『今やる』方ばかりです。

大きな行動である必要はありません。
むしろマラソンですから、『小さな一歩』から始めるべきです。

(潜在意識に働きかけ、夢を叶えるためには?⇒コチラをお読みください♪

20代は失うものが少ない貴重な時期

人生まだまだこれから先の方がずっと長いのです(うらやましい…)

若いということは、『得るものは多く、失うものは少ない』貴重な時期です。
これこそが、若さの特権だと思います。

何か失うものってあります?

あなたが本当にしたいことが見つかって、目標を立てた時。
それに向かって、習慣が変わっていく時に『失うもの』がありますか?

間違いなく、「人生が楽しい」と感じる充実感を得られます。

結果が全てではない。今が楽しい。

そんなマインドがあれば、遠回りせずに飛び級で人生の階段を登っていけることでしょう。

今この若い時期に、あなたの心が純粋に感じることを掴み取ってみて下さい。
あなたが「感動をすること」や、「心地よさ」を感じる事柄に敏感になって下さい。

そして、挑戦と行動を重ねていくうちに
「楽しくない人生って何?どんな人生が楽しくないの?」
と思える日がやって来るはずです。

あなただけの『人生完成への道』を進めていけますように(^^)/

 

まとめ

20代でつまらない人生を感じている人がハマりやすい罠
若いうちに成功しなきゃ面白くないという誤解

「これを知っていれば、もっと充実した20代だったのに」と僕が今思うこと
自分で決断して、自分で行動する『自己責任マインド』

結果を焦る気持ちを鎮めるべき理由
『結果』の先にもあなたの人生は続くから

刺激よりも、単調さに価値がある理由とは?
刺激には際限のない罠がある。単調さには規律的な強さがある

人生が変わってきていることを意識でき始める時とは?
『目標』・『ゴール』を設定したとき

 

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。