楽しくない

20代、人生が楽しくないと感じていた自分に伝えたい大切なこと

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

20代で楽しくない人生を感じている人がハマりやすい罠
「これを知っていれば、もっと充実した20代だったのに」と僕が今思うこと
結果を焦る気持ちを鎮めるべき理由
刺激よりも、単調さに価値がある理由とは?
人生が変わってきていることを意識でき始める時とは?

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約5分です

エア
エア
やりたいことで食べていけるほど、世の中甘くない。特に社会人になりたての20代の頃は、楽しくない気持ちに襲われやすいと思います。
20代読者さん
20代読者さん
人生の中でも一番元気があるこの時期に楽しみたいのに、お金がない・・。人生が楽しくないんです。
リトルエア
リトルエア
確かに20代は、会社でも使い走りや雑用ばかりで耐えることが多かったよね。
エア
エア
そうです(笑)単純に刺激を求めたり、無駄づかいすることで解決できるような「楽しくない」感情ではありませんでした。
リトルエア
リトルエア
ジワジワとくる楽しさ。希望を持ち続けられる楽しさ。その答えを求めると、今も昔もこの先も変わらない原則にたどり着くんだよ。

 

もうすぐで50代になる僕からしたら、20代という若さは羨ましくて仕方がないものです(笑)

僕の年齢だと、普通に考えればもう残りの人生の時間の方が短くなっている地点ですからね。

 

そんな立ち位置なので、20代というと

『力を持て余した、エネルギッシュで疲れ知らずの20代』

とすぐに考えてしまうものなんですよね(^-^;

 

でも、振り返って自分が若かった頃のことをよぉ~く思い出すと、

【疲れ知らずの20代】

とは程遠い状態でした。

 

若いので、それなりの夢や希望と言ったものを持っていたのは本当です。

でもそんな夢も、社会に出ると一瞬で砕かれてしまったんですよね(汗)

若さだけで、人生が楽しいと感じられるほど世の中は甘いものじゃありませんでした。

 

ただ・・、

この年齢になって、20代だった頃の『若さの価値』をしみじみと感じることがあることもまた事実なんです。

 

当時の僕には気付けなかった、『若さの価値』をあなたは今持っています。

 

ただこうしたことは僕が40代後半という年齢に達しているからこそ、言えることでもあるので・・、

これから書いていくことは、もしかしたら人生が楽しくないと感じているあなたに、すぐに響くような内容ではないかもしれません。

 

目の前の刺激。

楽しくない今の生活から瞬時に抜け出せる方法。

 

そのようなことを期待されているのなら、おそらくそのお気持ちにお応えすることは難しいでしょう。

 

かつての僕も、色々な刺激によって退屈な毎日を忘れようとしていました。

そして、一時的にその試みも成功したかのように思えた時間もありました。

 

でもこの年齢になって、振り返ることで見えてくる真実ってあるものなんですよね。

20代も、人生のほんの一部にすぎません。

それでも大切な時期であることに、変わりはありません。

 

楽しく充実した日々を実現させながら、人生にとっても貴重な経験となってくれる20代の過ごしかた。

そうしたヒントをこの記事で、20代のあなたにお伝えできれば僕も幸せです。

理想と現実とのギャップで楽しくないと感じていた20代

ハッキリ言って、楽しくない20代でした(笑)

全てが楽しくないとは言いませんし、無駄な20代だったとも言いません。

 

むしろ、貴重な経験を得ることができた20代だったんですけど、『楽しくない』時期が無かったとは言えないんですよね。

 

20代といえば、多くの人は社会人として初めて職に就くことになるはずです。

僕も最初は、理想に燃えた20代でした。

 

ギラギラしたエネルギッシュな成年とはまた違ってはいましたが・・・、

妄想と呼んでもいい「理想」のようなものは、うっすらと持ってはいたんですよね。

元来は、プラス思考の持ち主ですから(笑)

 

とはいえ現実は、壁の薄い学生アパートの一室に住みながら

「お金欲しいなぁ。」

と思いながら過ごしていた20代前半だったんです。

 

それでも、夢を捨てるにはまだ若すぎる20代。

 

「自分は色々な環境に苦しんでいるけど、絶対に逆転できる。」

「まだまだ先は長い。苦労を乗り越える人にだけ成功がくるはずだ。」

 

そんな気持ちも持ち続け、将来への『信頼』も心の片隅に持ち続けていたんです。

 

「なんだかんだ言っても、結局は成功できるはずだ。」

「お金に苦労することのない、穏やかな人生が30代~40代には実現できるだろう。」

 

そんな根拠の無い理想を持つことができたのも、20代という若さの特権だったのかもしれません。

楽しくない20代の現実。過酷な労働環境

そんなおとぎ話のような理想は、いとも簡単に崩れ去ってしまいます(^-^;

社会人デューした就職時に、いきなり試練はやってきました。

今で言うと、完全なブラック企業です。

 

残業、休日出勤は当たり前。(もちろん手当なし。ブラックですから(笑))

 

初日 : 「あぁ、今日は遅くなったなぁ~。」

二日目: 「疲れた~。週末まで体力残さなきゃ。」

三日目: 「あれ?もしかして、これ普通?日付変わる直前まで毎日働くの?」

四日目: 「体もたない・・・」

 

と、最初の1週間で心が砕けそうになってしまいました(笑)

 

今こうして、ゆったりとして気持ちで振り返ることができるから、そんな時期も肯定することはできます。

でも当時の僕からしたら、本当に挫折の連続だったんですよね。

 

得られたものも多くあったことも、確かなことではありますが・・・、

職場環境だけを考えてみると、納得のいかないことばかりでした。

 

水を得た魚のように職場で仕事をバンバンこなしている。

休日には、彼女と過ごして疲れた体を癒す。

朝のコーヒーから1日が始まり、その日の仕事にしっかりと備える。

 

当たり前にやって来ると信じていたそんな日常は、どこにもありませんでした。

 

手取り20万円にも満たない給料で、家賃やその他の固定費を計算してやりくりする毎日。

「今日は何時に帰れるのかなぁ?」

と朝の出社時から考えながら、夜遅くまで働いていた日々だったのです。

楽しくない気持ちを強くさせた、同年代との比較

理想のハードルを高く設定し過ぎていたことで、打ちのめされていた20代。

 

それと同時に、同世代の他の職場の方との比較にも苦しんでいました。

別の会社に勤めている、同じ年代の人たち方が羨ましく見えていたんです。

 

大企業に勤めていた取引先の同世代の人たち。

残業手当があって、福利厚生もしっかりしている会社。

そんな会社に勤めている人たちと、僕がいた環境をどうしても比較してしまうのです。

 

そして惨めな気持ちになってしまっていたんですよね。

 

「この人と僕の能力の差なんて微々たるもの。なんて世の中不公平なんだ。」

「アフターファイブで、飲み?羨ましいねぇ。」

「仕事後に飲みなんて行ってたら、日付がすぐに変わってしまうよ。」

 

自分の置かれている環境をうらやみ、会社への不満も大きくなっていました。

 

「もしかしたら僕の20代は、こんな不満を感じるだけで終わってしまうのか・・?」

何とも言えない恐怖感に襲われることもあったくらいです。

年とって成功しても楽しくないという思い込み

また20代だった僕は、40~50代という年代への偏見も持ってしまっていました。

 

率直に言うと、

「40歳、50歳になって成功したところで、もう楽しめないでしょ。」

そんな風に思っていたのです。

 

「体力的に一番恵まれて一番楽しめる時に、なぜお金がないんだ!」

「年取って体も環境も自由にならない年齢になってから、経済的に恵まれても意味ないじゃないか。」

 

そんな気持ちが焦りを生んでいたんですよね(汗)

 

50代に迫っている今の僕であれば断言できるのですが、これは完全に間違った思い込みです。

本当にもし叶うなら、あの頃の自分に強く言ってあげたいですね。

 

「それ、完全に間違ってるよ。いくつになっても、人生は楽しめる!」

「幸せに年齢は関係ない。むしろ限界はないんだ。」

「心構え次第。マインドが全てを決めるよ!」

 

「結果を焦らないで。絶対に成功できるから。」

声を大にして、耳のそばで大きく言ってやりたいくらいです(笑)

 

当時の僕は、時間への焦りという罠によって苦しんでいました。

結果ばかりを焦っていたんですよね。

 

【挫折への道を歩む】典型的なパターンに、見事にはまってしまっていたのです。

 

焦る必要なんてどこにもありません。

結果が得られなくても、日々を楽しむことはできるからです。

焦ることなく大きく構えて、目の前のことに意識を向けてみてください。

 

これは決して負け惜しみで言うわけではないのですが・・・、

20代で結果を得られる人生でなくて良かったとすら、今は思っています。

 

遅咲きの人生だからこそ感じることのできるの素晴らしさが、人生にはあることを知ったからです♪

【楽しくない気持ちを吹き飛ばす】充実した20代のために

「若いのだから、なんだってできるはず!」

人生の先輩からそのように言われても、当時の僕には響いてきませんでした。

 

「何でも出来ると言われても、短期間で仕事辞めたら履歴書に傷がつくし・・」

「諦めずに続けていれば、こんな仕事でも面白くなる日がくるのかなぁ?いやいや・・・」

 

そんな迷いを完全に振り払うことは、できなかったんですよね。

 

他人は、あなたの人生の責任を取ることはありません。

そんな気持ちは、既に持っていたんですよね。

 

もちろん信頼できる先生や、先輩から学ぶことは大切です。

でも最終判断はあなたが行うべきものなんです。

あなたの人生の主人公は、あなたなのですから。

 

当時の僕は、このことを知ってから人生が変わり始めていることを感じました。

少しずつ、少しずつですけど確実に変化は起こっていました。

 

【自分で決断して、自分で行動する】

【自分を見つめる時間をつくり、自分の本当の欲求を探る】

 

このようなマインドを持つことで、人生が変わっていくことを実感し始めたんです。

 

「このことを心底理解できていれば、自分はもっと充実した20代を過ごせたのに」

と感じるんですよね。

【大切な心構え①】経験は宝、失敗も感謝すべき宝

どのような経験も、あなたの心構え次第で宝へとなってくれます。

「人生が楽しくない」と過ごしている20代の今この時間だって、宝の時間でもあるのです。

その時間の中に、宝が隠れているんですよね。

 

ただ一つだけ難点があるとすれば・・、

その宝をいつ実感できるのかが、今の時点では明確ではないということだけです。

 

5年後かもしれませんし、20年後かもしれません。

あなただけの人生の時間があるので、この部分は人それぞれなんですよね。

 

それでも、たとえ何十年という時間が経過してしまっても、その時に知る宝はあなたにとって、間違いなくかけがいのないものとなってくれます。

 

もちろん、失敗の経験も宝です。

 

若さの一番の武器は、『試行錯誤』が許される年代であることです。

失敗の経験も宝になる以上、真の意味で人生には成功しかないんですよね。

全ての経験は、あなたの宝へ変えることができるのです。

 

ポイントは、『あなたが決断して、あなた自身の責任だと言い切れる』行動であるということだけ。

ご自分の決断で人生を歩んでいる人は、「楽しくない」という気持ちとは無縁の人なんです。

【大切な心構え②】結果への焦りは禁物

宝を実感できるのが、いつになるかはわからない。

今すぐかもしれないし、数十年後のことになるのかもしれない。

 

そうであれば、『すぐに結果が欲しい』と焦る気持ちを捨てなければなりません。

結果なんて、数十年後にやって来ることもザラですから。

 

本当に楽しめるものは、途中経過の方なんです。

 

この真実を本当にあなたに知って頂きたいですね。

これ、気休めでも何でもなく僕の本当の気持ちです。

 

僕には、3つ下の弟がいます。

彼は若くから、世間一般のモノサシで言えば『成功者』と言ってもいい立場を手に入れました。

それはそれは、嫉妬しましたよ(汗)

 

「運だけはいいよな。そういえば、ガキの頃からアイス買うとあいつだけ当たりが多かったし・・」(笑)

 

そうした焦りや嫉妬を乗り越えることが出来たのは、突き詰めると僕が

『自分の人生を愛せた』

からです。

 

「生き急がなくてよかった。」

「今この時が、過去の全ての経験が宝となって集約してくれている。」

 

そのように感じながら、今を幸せに過ごせているんですよね。

 

『結果』の先にもあなたの人生は続きます。

その意味で、全てが『過程』であるとも言うことが出来るのです。

どうか、結果に焦る気持ちを鎮めてあげて下さい。

泰然とした心境を目指してください。

 

※参考 ⇒ 結果だけを求めない生き方とは・・人生の最後を考えてみる

20代の自分に戻って伝えたいこと

周りの人が皆、車を持っているから自分も欲しい。

周りの人は、彼氏彼女と青春を謳歌している。

だから自分も・・・

 

「心配するな!その焦りすら、君の宝となるから。」

「人との比較で苦しむのも貴重な宝。でもそれで腐ってしまったらもう食えなくなるよ。」

「自分の人生を生きなさい。自分だけの人生に、誇りを持ちなさい。」

 

そんなことで苦しんでいた20代の頃の自分に、言ってあげたいアドバイスです。

 

20代という年代で、人生が楽しくないと感じてしまっているあなたへ。

 

そのような人に僕が強く伝えたいことは、

「あなたの人生をもっと信頼して欲しい。」

ということです。

 

あなたの人生は、あなたに幸せになって欲しいと願っているのです。

 

あなたに幸せになって欲しいから、そのような『苦しみや悩み』という調味料を与えてくれているんです。

 

ダラダラと張りの無い毎日を過ごしてしまっている人には、決して与えられない調味料です。

 

あなたが人生楽しくないと感じているのは、『人生を楽しみたい』という感情が根っこにあるということなんですよね。

それって素晴らしいことなんです。

楽しくないからといって、刺激を求めすぎない

「単調な毎日だからつまらない。毎日に刺激を取り入れてみよう。」

そのようなアドバイスを目にすることもあるかもしれません。

 

確かに正しい一面を持ってはいますが、同時に落とし穴もあるように僕には思えます。

その落とし穴とは、『際限のない罠』です。

 

刺激そのものが目的になってしまうと、大切なことを見失いやすいものです。

激辛カレーを次々に求めても、感覚が麻痺して何も感じれなく時が必ずやって来るもの。

 

むしろ単調な日々にこそ、『人生の楽しみ』が隠れているのです。

 

日々の習慣。

一見退屈に思えるような、毎日の習慣です。

 

人生は、習慣の連続でつくられます。

 

経験すれば忘却の彼方へ去っていくような習慣ではありません。

そうではなく、資産となってくれる習慣を手にするべきです。

そのような『習慣』を得るには、あなたが何をしたいのかがわかっていることが必要です。

 

学生時代に描いていた夢はありますか?

世間の常識など忘れて、本当にあなたが好きなことは?

今の仕事から、「やらされている」ことではなく「あなたが生み出せる価値」はありますか?

 

是非、そのようなことを考える時間をつくってあげてみて下さい。

マラソンランナーのつもりで

若い頃は、短距離走の方が好きだった僕ですが・・、

今では、人生ってマラソンみたいなものだと思うようになっています。

 

目の前の結果に一喜一憂せずに、走り続けるマラソンです。

最終的に成功したかどうかは、ゴールまでわかりません。

 

いや、ゴールしても成功したかどうかは、すぐにはわからないことも人生ではめずらしくありません。

 

歴史に名の残る偉人などは、暫く時間が経って評価される人もたくさんいますよね。

20代で、今後の全てが決まってしまうわけではありません。

かといって、コース横で寝転んでばかりいても良いわけではありません。

 

「自分が本当に走りたい人生のコースは、どのようなものだろう?」

あなた自身に問いかけながら、走り続けるのが人生。

そのようなものだと思っています。

夢を描くことができたら人生は変わる

自分で夢を描き、目標が出来るところから『人生が変わってきている』ことを感じ始めます。

 

「人生がつまらない。楽しくない。」

そう思っていた原因は、実は目標も未来へのビジョンも無かったことだったと気付くことでしょう。

 

あなたの人生をどのようにしたいのか?

数十年後のビジョンが難しければ、1年後・半年後の自分の理想でも大丈夫です。

 

ゴールを設定することは、避けることの出来ない課題です。

夢を描く、志を持つと言ってもいいでしょう。

 

自分が得意なことは何だろう?

人より少しでも優れた長所は?

その長所で、他人が喜んでくれるような事は出来ないだろうか?

 

そのような問いかけを自分自身にしてみて下さい。

 

あなた自身への問いかけを行う際には、潜在意識へのアクセスはどんな感覚なのか?アクセス攻略へのカギが参考になると思います。

潜在意識へのアクセスはどんな感覚なのか?アクセス攻略へのカギ潜在意識へのアクセスに興味のある理由は、あなたが何か人生で望んでいることがあるからだと思います。不思議ですが、潜在意識はアクセスしようとしている間は、アクセスできないものなんです。潜在意識からのメッセージを受け取りやすい状態と、僕が良くやっている方法を一つ紹介します。...

夢を言葉にして、最初の行動を起こす

あなたのゴールが設定出来たら、次はそれを明確にすることです。

出来る限り具体的に、小学生にも理解できるように明確にするのです。

 

日本語以外の言葉を使えるようになって、海外を行き来する仕事に就きたい

人が住むお家を設計したい。多くの家族が住んで幸せになれるような家を設計したい

美味しいケーキが作れるようになりたい。誕生日に幸せを届けられるケーキを

 

出来るだけ簡単な言葉にすると、あなたの中にスッと入ってくれます。

 

20代のあなたには、試行錯誤が許されています。

どんな失敗でも、真の意味では成功しかないのです。

 

さっそく、はじめの小さな一歩を進めて下さい。

一番大変なのは、はじめの一歩です。

 

ローギアで進める最初の一歩は、エネルギーが一番必要な時ですが、この行動を起こせるかどうかが重要な分かれ道となります。

 

成功者はすぐに行動を起こします。

 

決まって、『今やる』人ばかりです。

大きな行動である必要はありません。

むしろ、最初は小さな行動であることが継続するコツです。

 

※参考 ⇒ 20代、人生やり直しの秘訣。知っておくべき兆候と変化への覚悟

20代は失うものが少ない貴重な時期

人生まだまだ、これから先の方がずっと長い20代のあなた。

20代は、『得るものは多く、失うものは少ない』貴重な時期です。

これこそが、若さの特権だと思います。

 

何か失うものってあります?

あなたが本当にしたいことが見つかって、目標を立てた時。

それに向かって、習慣を変えていく時に『失うもの』がありますか?

 

間違いなく、「人生が楽しい」と感じる充実感を得られます。

結果が全てではない。今が楽しい。

そんなマインドがあれば、遠回りせずに飛び級で人生の階段を登っていけることでしょう。

 

今この若い時期に、あなたの心が純粋に感じることを掴み取って下さい。

あなたが「感動をすること」や、「心地よさ」を感じる事柄に敏感になって下さい。

 

挑戦と行動を重ねていくうちに

「楽しくない人生って何?どんな人生が楽しくないの?」

と思える日がやって来るはずです。

 

あなただけの『人生完成への道』を進めていけますように。

 

 

まとめ

20代で楽しくない人生を感じている人がハマりやすい罠
若いうちに成功しなきゃ面白くないという誤解

「これを知っていれば、もっと充実した20代だったのに」と僕が今思うこと
自分で決断して、自分で行動する『自己責任マインド』

結果を焦る気持ちを鎮めるべき理由
『結果』の先にもあなたの人生は続くから

刺激よりも、単調さに価値がある理由とは?
刺激には際限のない罠がある。単調さには規律的な強さがある

人生が変わってきていることを意識でき始める時とは?
『目標』・『ゴール』を設定したとき

TOPに戻る

【P.S.】

楽しくない人生を変える、20代のあなたに必要なマインド。

  • 試行錯誤も宝物
  • 結果への焦りを捨てる
  • 習慣を積み重ね、小さな達成感を楽しむこと

20代をとっくに過ぎた僕ですら、このマインドで人生を変えてきました。

人生を変える為に、更に深掘りをしていきたいと覚悟しているあなたへ。

良かったら、僕のメルマガをぜひ読んでみて下さい!

ブログとはまた違う、簡潔なメッセージを毎日配信しています。

登録者だけが読むものなので、時にはブログには書けない内容も書いてしまっていますが・・

もう何にも縛られることなく、心を思い切り解放させてあげたい。

少しずつ明るい考え方をインストールして人生を切り拓いて欲しい。

あなたの望む人生を引き寄せるためのヒントを散りばめています。

※合わないと思ったら、すぐに解除もできますよ

続きはぜひ、メルマガでお会いしましょう♪

メルマガ登録はこの下のご案内からどうそ
↓ ↓ ↓

人生は変えられる

 

誰もが、

 

人生を豊かにしたい。

そして幸せな人生を送りたい。

 

そんな思いを持っていると思います。

 

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

 

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

 

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

 

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

 

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

 

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

 

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

 

僕自身が大切にしている、

自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

 

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

 

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

 

「いい文章、書くね。」

「時々、感動させるよね。」

 

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

 

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

 

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

 

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアに直接届く連絡先です

ブログの感想でも、お悩みでも何でもお気軽に♪

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。