祝福全般

人生に期待しないメリットを超える行動目標。結果に期待しない!

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

僕が学生から社会人になるまで、期待とのギャップに苦しんだ理由
期待という表現を深掘りすると見えてくる人の欲求とは?
見返りを求めた期待によって、待っている結果
過度な期待よりも、信頼の方が幸せになれる理由
期待をかけるべきものもある。それは・・・、

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約9分です

期待を裏切られるのは辛いことです。

期待をかけていた我が子、生徒、部下・・・

どのようなケースであれ、描いていた期待と現実とのギャップが大きければ失望してしまうのも当たり前といえば当たり前でしょう。

そもそも、人生って期待通りにいくことの方が稀であるはずです。

期待通りにいかないのが人生なんです。

何もかも思い通りにいかないのが、私たちの人生ですよね。

どうして人生は思い通りにいかないのか?日本一分かりやすく説明します思い通りにいかない人生に疲れてしまっているあなたへ。そんなあなたに知って欲しいことは、思い通りにいく人生の方が少ないということです。そして、思い通りにいかない人生の方が実は私たちは幸せな人生を送ることができるのです。その理由をこの記事で説明していきます。...

そうなると、絶対に出てくる考え方が

『何も期待しない』

という考え方です。

期待するから裏切られる。そして辛い思いをする。

だったら、もう何にも期待しないほうがいい。

期待をしない人生。

あなたはどう思いますか?

期待によって生まれる人生の苦しみ

僕自身のことを振り返ってみても、未来への期待によって

「あれっ?どうして?期待していたことと現実はこんなにも違うものなのか?」

と、理想と現実とのギャップによって苦しみを感じていたことばかりです。

自分が勝手に抱いていた期待によって、何か裏切られたような気持ちになっていたんですね。

裏切られたという気持ちと、現実は甘くないという気持ち。

そのような軽い絶望感です。

でもその気持ちをよくよく探ってみると・・・、

おそらく現在に満足できなくて、理想の未来ばかりを期待していた僕の心境が根っこにあったような気がするのです。

いつかは良くなる。

今は苦しいけど、未来はきっと明るい。

そんな気持ちをずっと持ち続けながら、日々を過ごしていたのです。

そして約束のその将来が現在となった時もまた、

「未来はきっと明るい・・・」

そんな滑稽なサイクルを繰り返してしまっていたんですよね。

大人の世界は楽しくて自由だと期待していた少年時代

大人の世界への憧れ。

今からもう35年以上も前の話しなんですけど、いまだに覚えている少年時代の記憶です。

小学生の頃に、海へキャンプに行った頃のことでした。

自営業を営んでいた父親は、社員として働いていた人たちとのキャンプを計画していました。それに僕も連れて行ってくれことになったんです。

細かいところはもうすっかりと忘れてしまっているのですが、お酒を飲んだり海で泳いだり、楽しそうに過ごしていた大人の人たちを見ながら、

「あぁ、大人になったらこんな楽しく仕事ができるんだな。」

そんな期待を抱いていた気持ちをハッキリと覚えています。

もちろん学校には友人はいましたし、普通に通学してはいました。

それでも、宿題や塾、先生からの「廊下を走るな」といった細かな叱責。

色々な縛りを小学生なりに感じていたんですよね。

「大人になったら、こんな窮屈な学校から解放されて、こんな風に笑いながら過ごせるようになるのか♪いいな、大人の世界って。」

そうして10年の時間が過ぎ、大人になった時・・。

大人の世界の厳しさを目の当たりにし、期待が見事に裏切られるのです(笑)

「あの楽しそうな姿は、多くの面のほんの1つに過ぎなかったんだ。」

「あの笑顔の裏には、愚痴や嫉妬、色々な感情がきっとあったんだろうな・・」

あの頃描いていた期待とは大きく離れた現実。

打ちのめされそうな毎日でした(^-^;

人生が楽しくない社会人のあなたに伝えたい。思いを現実化するコツ社会人になって自由な時間が少なくなり、出会いの場もなく、仕事に縛られて人生が楽しくないと感じてしまう方は本当に多いです。社会人は人生で大切なメインの時期であること、人生を楽しむために必要な考え方のシフト、そして望む人生の引き寄せのコツについて書いていきます。...

自由を満喫できると期待していた大学生への憧れ

「大学生になったら、自由な時間はいくらでもあるよ。」

親や塾の先生からそう聞かされていた僕は、大学生への憧れを強く持っていました。

集団行動が苦手だった僕は、中学、高校とずっと窮屈な気持ちをどこかで抱えながら過ごしていたんですよね。

我慢の3年間。
そしてまた我慢の高校3年間。

そのように感じていた中学・高校生活だったんです。
(参考⇒人生がつまらない高校生たちへ。新しいモノサシの世界へご招待!

「大学に入れば自由だ。自分の好きに過ごすことが出来る。もう何にも縛られないぞ♪」

そんな期待を何年も膨らませながら過ごしてきたのに・・・

実際に始まった、一人暮らしの大学生活はそれは退屈な日々の連続でした(笑)

時間があっても、お金もなければ、一緒に過ごす友人もいるわけではなく、時間を持て余す日々だったんです。

「これがずっと夢見ていた大学生活なのか?」

何かのサークルにも所属していなかった僕は、そんな親しい友人もいるわけでもなく、学生アパートで一人過ごすことが多かったんですよね。

大学生になれば全てが解放されると思って、ずっと我慢しながら過ごしてきたのに・・・

描いていた期待とのギャップは大きかったです。

「楽しくない大学生」その疑問を大切に!浮かび上がる人生のヒント感性の鋭い方であれば、自由で楽しいはずの大学生活に疑問を感じることがあるかもしれません。楽しくないと感じてしまうのです。そのように感じるあなたの感性は間違っていません。あなた自身であなたの人生を楽しくするという、課題を与えられているのです。自分自身の経験を紹介しながら、充実した学生生活を送るヒントを紹介します。...

当たり前のように期待していた未来像とのギャップに苦しむ

どうして僕は、期待とのギャップにこうして苦しむことになったのでしょうか?

いつも、

「未来がくればきっと楽しくなる。自由になれる。」

そう期待しながら今を過ごし続けてきた僕でした。

そして約束の未来がやってきた時もまた、

「この先きっと、描いている未来がやってくる。だからもう少し辛抱しよう。」

そんな風に過ごしながら、目の前のニンジン(決して食べることのできないニンジン)を追いかけ続ける日々だったんです。

今の中に楽しみを見つけようとせずに、理想の未来ばかり期待していたんです。

そしてその未来がやってきた時、現実の今の中に期待とのギャップを感じながら再び理想の未来を期待してしまっていたんですね・・。

期待という言葉を借りた執着

『期待』という言葉は便利な表現です。

「君の為に」という印象を与えながら、実は自分の奥にある別の心理を巧みに隠せる便利な表現なんです。

『理想』・『夢』・『目標』、こういった言葉に僕が感じるのは【自助努力】の部分です。

『自分で行動を起こして、そしてゴールにたどり着きたい』

という自助努力、セルフヘルプの精神をその裏に感じるんですよね。

でも『期待』という言葉からは、ちょっと微妙な別の要素を僕的には感じてしまいます。

それは何か、

偶然を期待しているとか、
思わぬ幸運を期待している、
自分以外の他の人が、何か自分に都合の良いことを起こしてくれる・・

そういった、他力の部分を期待しているような印象を感じるのです。

  • 「僕が今、人生に期待していることは、自分で立ち上がって実現できるものなのか?」
  • 「それとも、自分以外の別の力に頼らないとどうにもならないことなのか?」

この辺りを掘り下げていくことが大切なんですよね。

しっかりと自分自身を知って、納得することが大事なんです。

ここを間違えてしまうと、裏切られたという誤った感情に支配される結果を待つだけの未来となってしまいます。

我が子への期待という言葉の裏にあった親のエゴ

お子さまを持つ親なら、誰でも同じような傾向はあるとは思うのですが・・。

僕には、4歳の頃からミュージカルクラスに通っている高校生の娘がいます。

幼い頃は、彼女に期待をかけながら妻と一緒に歌やダンスを一生懸命アドバイスしていました。(歌もダンスも親の方は全くダメなんですけど(^-^;)

「〇〇ちゃんは才能があるから。やればできるんだよ!」
「先生も、期待しているよ。がっかりさせないでね。」

色々な言葉をかけながら発表会でうまくやって欲しいと、子どもへ期待を大きくかけていくのです。

子どもの方は、そんな事もわからず自由に練習して、飽きてしまうと親の言葉はもう耳に入りません。

「もう、〇〇ちゃんにはがっかりした。失望した。好きなことして、遊んできなさい。練習なんてもうしなくていいから。」

そんな突き放すような言葉を娘に吐きながら、実は練習に戻ってくれることを期待しているんですよね(^-^;

親が勝手に期待をかけて、そして娘が親を裏切ったと勝手に僕が受け取っていたんです。

「僕は娘を縛り付けているんだろうか?」

「力づくでも練習させた方が、娘の為にはいいんじゃないか?」

「今は嫌がっても、きっと成長したら良かったと理解してくれるんじゃないか?」

「練習が続かないのも娘の才能の限界かもしれない。出来ないことを強要するのは、お互いに不幸なのかもしれない・・」

色々な思いが交錯してきます。

どれか一つだけが正しい答えとも思えない、親の葛藤です(汗)

親としての多くの思いが絡まって何が正しいのかわからない中、その中に1つあった確実な気持ちは親のエゴです。

娘を思いのままにコントロールして、そして周りの人からの称賛を得たい。

そして娘と一緒に喜んで、娘にもその喜びを知って欲しい。

いくらオブラートに包んだ表現をしようとも、人をコントロールしたいという親の気持ちがそこにあったんです。

期待という言葉を使った無意識にある一つの欲求

何かをコントロールしたい。

これは、人が持つ大きな共通した欲求であると僕は思っています。

男性も女性も、意識しているいないに関わらず、誰もが密かに持っている欲求であるものなんです。

環境をコントロールしたい。

あの人が思うように動いてくれるよう、コントロールしたい。

収入をコントロールしたい。

休日をコントロールしたい。

人生をコントロールしたい・・。

全てを思うままにコントロールしたいという欲求を持っているものなんですよね。

小さなころに親から読んでもらった、『北風と太陽』という物語があります。

強い風でコートを脱がそうとすると、必死でそのコートをつかむので脱がすことはできない。

太陽でポカポカと気温を上げることで、地上にいる人は自分から脱ぎたいと思いそしてコートを脱いだ・・。

そんな物語ではあるのですが・・・。

僕の場合は、『期待』という便利な表現を娘に使いながら、あたかも『太陽』のつもりになって娘をコントロールしようとしていたんですよね。

僕自身、そんな欲求に気付かないままコントロールしようとしていたんです。

表面的には、優しい言葉をかけています。

北風のような力づくでということではありません。

あたかも太陽になったかのようにポカポカと照らそうとしているつもりではあったのですが・・・。

実はその僕の根底には『娘を思うようにコントロールしたい』という欲求が隠されていたのかもしれない。

そんな可能性も決して否定できないと思ったんですよね。

期待の先に失望が待っているケース

コントロールしたい。

その欲求に気付かないまま、『期待』という言葉を使った先にあるものは失望です。

その期待が叶えられることは、ほぼないでしょう。

あったとしたら、その時は本当に感謝すべきです。
それはかけた期待によってではなく、当人の努力の結果だからです。

その期待の先に失望が待っているものと、そうでないもの。

その違いはズバリ、

【見返りを求めているかいないか?】

そこにあったんです。

自分が求めている結果を他人に求めている。

自分でコントロールできないものへの執着によって、苦しむことになるんですね。

娘がまだ赤ん坊の頃、僕は決して彼女に見返りを求めることはしていませんでした。

「もっと可愛く笑って。」
「もう寝て欲しい。」
「もっと静かに泣いて。」

そんな期待をかけることはあっても、見返りを求めてはいませんでした。

泣いても笑っても、鼻水を出していても全てが可愛かったから、僕の期待通りにならなくても幸せだったんです。

「あぁ、まだ眠たくないんだね。じゃあもう少し抱っこさせてよ。」

そのままでいてくれればいい。

そんな気持ちだったのが、いつの時点からか見返りを求める期待をかけてしまっていたんです。

それが結果的に、自分にも跳ね返って来ていたんですね。

人生に間違った期待をしない生き方

期待をしても裏切られるから、もう何も自分の人生には期待をしない。

わからないでもないですが、やっぱりそれは極端な選択であるような気がします。

王道は真ん中の安定した道にあるものです。

美しさも、幸せも、その中の道を歩むことで得られるものなんです。

期待にも正しい期待とそうでない期待があるんですよね。

その基準の1つが先ほどお話しした『見返り』の部分です。

欲しいのか、与えたいのか。

見返りを求める期待は他人にかけない。

僕はそんなマインドを基本としていますが、営業という仕事をしている一面も持っています。

そうすると、

「お客さんが僕にかけている期待はどんなものだろう?」

と考えることもやはりあります。

求めているものを与えられなければ、仕事とはいえませんからね。

自分の方からは過剰に求めることはしないが、相手が自分にかけている期待には最大限応えよう。

でもその期待に左右されて自分を失わないように注意はしよう。

そんなバランスは、絶対に必要なことなんですね。

人生の幸せを満喫できる真ん中の道については・・↓

悔いのない人生に欠かせない新しい視点!2つの視点が必要なワケ悔いのない人生を生きるためによく使われる例えが、「もし今日が人生最後のひだったら?」というものです。もちろんとても大切な視点なのですが、実はこれだけでは不十分なんです。どうしても必要なもう一つの視点とは?この二つの視点を併せ持つことで、あなたの人生は間違いなく変わっていくことでしょう。...

期待よりも信頼を置く

自分の人生にも、他人の行動にも、何かに期待したいとき。

そんな時は、【期待】よりも【信頼】の方に重きを置くことにしています。

【期待】という言葉には、『結果』や『果実』までをも含んだものである印象を強く受けてしまうんですよね。

期待する結果が得られなければ、失望してしまう。

自分でコントロールできない範囲のものにまで望む結果を求めてしまうと、苦しみのもとになってしまうからです。

一方、【信頼】には『結果』への執着は感じません。

親が赤子に結果を求めないように、ただ見守って信頼している。

そんな感覚に近い感情です。

自分の人生に結果までを求めない。

もちろん目標をもってそこに全力を尽くすことがあります。
人生は挑戦の連続ですから。

 

『望む結果が得られなければ、失望して苦しむ』というのであれば、結果への期待は最初から持たない方が良いと思うんですよね。

でも信頼だけは絶対に捨てません。

自分への信頼、自分の人生への信頼です。

結果が得られても、そうでなくても自分の人生を信頼している。

自分が尽くしてきた尽力を信頼している。

『人事を尽くして天命を待つ』

人生への信頼を置けている人は、この言葉の意味を強く理解できると思います。

人生を輝かせる正しい期待とは

努力によって得られる結果は大切です。

社会に出ると、いくら本人が努力をしても周りから見えるのはその果実だけです。

美味しい果実を実らせることが出来なければ、

「一体、何のための木なの?」

と冷たい評価を与えられてしまう厳しさも確かにあるんですよね。

それでも、信頼を捨ててはいけません。

そして結果への期待は捨ててしまうことです。

期待するのなら、あなた自身の行動です。

今日1日、自分の人生の為にどんなことを実行しようか?

得たい結果の為に行う実際の行動だけに期待をかけるのです。

そしてその行動を達成できれば、あなたは期待に応えることができたということです。

食器洗い、早起き、庭の手入れ・・・

どんな些細なことでも、その行動だけに焦点を当てて期待をする。

食器が上手に洗えたとか、雑草をくまなく抜くことができたとか、そのような結果は次回の為の反省材料にするだけのことです。

人生を変えるのは、あなたの現実の行動だけです。

そのリアルな行動にこそ、期待をかけてあげてください。

グッド・ウィル・ハンティングに学ぶ信頼の尊さ

『グッド・ウィル・ハンティング』という映画をご存知ですか?

名作なので、きっと観られたことのある人は多いと思います。

本当に素晴らしい映画なので、いつかこのブログでもこの映画のレビュー記事を書きたいなと思っていたものです。

こうして人生と期待というテーマで記事を書きながら、この映画のことがずっと頭に浮かんでいました。

だからもう、ここで少し紹介しちゃいますね♪

マット・デイモン演じる主人公は、天才ですが癖のある性格の人です。

難解な公式をいとも簡単に解いていく反面、その才能を世の中の為にうまく使えないんですよね。

そこには彼の生い立ちにも原因はあるのですが、『傷つきたくない』という欲求があったんです。

傷つきたくないから、振られる前に彼女から去っていく。

傷つきたくないから、傷つけられる前に人を傷つける。

傷つきたくないから、自分の能力を出して人からの評価を受けようとしない。

そして結果的に、彼の持つ素晴らしい才能を棒に振っていたんです。

運命の恩師に出会うまでは・・・。

ここからは僕の解釈ですけど、

おそらく彼は振られて傷つくことを期待してしまっていて、そこから逃げていたんです。

才能に惹かれて近寄って来る人から傷つけられることを期待してしまって、遠ざかっていたんです。

そんな彼の前に表れた恩師は、彼を信頼しようと努めます。

何も期待することなく、彼を信頼するようになります。

そうして彼の心を覆っていた厚く固い氷が少しずつ溶けていくのです。

その氷が溶けた時。
そして裸の心が外に出された時。

大泣きに泣いて、全てを出し切る彼。

少しくらい傷ついても構わない。

大切なのはそこじゃない。

大切なのは、自分への信頼。
人生への信頼。
友人への信頼。

そして大切に思ってくれた彼女への信頼・・・。

あぁ、もう一回観たくなりました(笑)

まだ観たことのない方は、ぜひぜひ一度ご覧になって下さいね

 

まとめ

僕が学生から社会人になるまで、期待とのギャップに苦しんだ理由
今を我慢すれば楽しい未来が待っているという気持ちで、現在を犠牲にし続けていたから

期待という表現を深掘りすると見えてくる人の欲求とは?
何かを思うままにコントロールしたいという欲求

見返りを求めた期待によって、待っている結果
コントロールできないものへの執着によって苦しむ結果となる

過度な期待よりも、信頼の方が幸せになれる理由
信頼には、『結果』への執着を感じないから

期待をかけるべきものもある。それは・・・、
あなた自身の行動。結果ではなく、行動そのものに期待する

 

TOPに戻る

 

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。