祝福全般

悔いのない人生に欠かせない新しい視点!2つの視点が必要なワケ

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

「満足している。今死んでも後悔は無い」と言う人も実は・・
『今日が人生最後の日』という視点に欠けているもう一つの視点
たとえ途中で力尽きても後悔のない人たちとは?
最も安定した、人生の幸せを満喫できる道とは?
悔いのない人生に『成し遂げた実績』は必要なのか?

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約8分です

僕の人生、後悔だらけでした(汗)

もう終わった過去、取り戻せない時間のはずなのに・・、いくつになっても

「あぁ・・、なんであの時・・!」

なんて後悔の気持ちが生々しく蘇ってくることがあるのです(^-^;
一人で車を運転している時間なんかに多いですね。

悔いや後悔といった気持ちは、想像以上の長期間にわたって私たちを苦しめるものなんですね。『想像以上』と書きましたが、『必要以上』と言うべきでしょうか。

下の記事に書いている通り、ほんのちょっと前まで小学生の頃の出来事が後悔の念となって僕を苦しめていましたからね(^^;

ちなみにもう50代が目の前にある年代です・・

人生のやり直し方。正しい順番を知るだけで見えてくる突破口人生のやり直し方を考える時、大切なことはあなたの心の中にあるブレーキの正体を知ることです。取り掛かるべき順番があるのですが、最初の段階を無視してしまう方が多いことも事実。人生をやり直したいという、あなたの意志が無駄にならないためのヒントをお伝えできればと思います。...

今現在のことでもない出来事なのに、それを思い描いてしまうことでリアルな感情が蘇ってしまうんですよね。

後悔の念は、僕が考えていた以上に長い時間をかけて苦しみの原因となっていたんです・・

当たり前のことですが、誰しも『悔いのない人生』をおくりたいという気持ちを持っているはずです。

ただ一方では、目の前のことに気を奪われながら日々を過ごしているのも本当のところだと思うんですよね。

そうであっても・・・、そんな日々の積み重ねがいつの日か・・。

僕もそうですが、このブログにたどり着いたあなたも薄々と気付いているはずです。

ある日突然、

「あれっ、私の人生これで良かったのかな・・」

そんな疑問と対峙しないといけない日が必ずやって来るのです。

いつか終わりが来るという視点だけでは不十分だった

「満足していますね。いい人生だと思います。今死んでも後悔はないですね。」

『プロフェッショナル(仕事の流儀)』という番組が僕は好きで観ることが多いのですが、その中である人が言っていた言葉です。

有名な漫画家の方でした。

そのようなことを迷いなく言っていた姿を見て、心底羨ましさを感じましたね。

でもスパッとそう言い切った漫画家の方であっても、日々の仕事の中では迷いとの格闘です。だからこそ、後悔の無い人生だと言い切れるのでしょうね(^-^;

満足できない自分の絵と締め切りの時間、色々な葛藤の中で日々過ごしながら、人生に後悔は無いときっぱりと言い切っているのです。

彼のような人生こそが最高の人生だと、僕なんかは思うんですよね。

悔いを残さない人生に必要なものって何だろう??

そんな疑問を感じて、本やネットに答えを求める人は多いと思います。僕もその一人でしたから・・。

そのような方たちが必ずといっていいほど、目にする言葉。

万人が決して避けることのできない出来事を引き合いに出して、後悔のない人生を考える材料となる言葉がありますよね。

後悔しない人生を考える時に決まって出される一つのモノサシ。

それが、『死』です。

死という終わり。決して避けれれない人生の最期

いつまでも続くことのない人生。

可能性としては低いとしても、僕の人生が明日終わることだって絶対に無いとは言い切れないわけです。

だからこそ・・、

明日と言う日を迎えることがたとえできないとしても、悔いを残すことのない今日を考えよう。

今日何をすべきかを考えて、実行しよう。

そのような視点ですね。

健康的な毎日を普通に過ごせている人たち。
そんな人たちが、日々の生活で死を意識して過ごすことなんてことはそんなにはないとは思います。

そんなこと考える暇があれば、今目の前に抱えているこの問題を解決したい。

どちらかと言えば、そちらの方が多いのではないでしょうか。

そんな毎日に一石を投じるかのように、『死』というものを投げかけて私たちに考えさせてくれるのです。

誰も避けることのできない、万人が100%経験することになる道です。

明日終わるかもしれない、あなたの人生。

「だとしたら今日はどのように生きたい?」
「大切な人に何を伝えたい?どういった気持ちで眠りにつきたい?」

そのような気持ちを時々は思い出して、豊かな人生を築く。

大切な視点だと思います。

明日終わらない保証はないという視点

明日、終わるかもしれないこの人生。

明日で終わるとわかっていたら、今日残された数時間をどのように使うだろう?

言うまでもなく本当に大切なことの為に精一杯、使うことでしょう。

大切な人への別れの言葉。
ずっと照れくさくて言えなかった家族への言葉。
健康を考え、ずっと我慢してきた食べ物だってあるかもしれません。

仕事の方はどうですか?
ビジネス上の人間関係で、やり残したことはありますか?

大切なこと。
些末なこと・・。

何気なく行っている日々のタスクの振り分けを今、あなたは行っているのではないでしょうか?

普通であれば何気なくゴロゴロしながら過ごすこの1日。
そんな日が、特別な一日になることは言うまでもありません。

限りある人生。
明日終わろうとも、後悔の無い生き方。

今日はどのように過ごす?

普段は意識することのない些細なことだけど、実はとても大切だったこと。
当たり前のようにいてくれていた、家族やペット。

明日からはもう会えなくなる・・。

本当に大切なものを再認識させてくれる、一つの大切な視点だと心から思います。

でも・・・、

正直なところ、僕はずっと心の奥でどこか完全に納得しきれない部分も感じていたのです。

「これだけでは、何かが足りないような気がする・・」

そんな気持ちだったんですよね。

『日々これ最後』の毎日が続いたとしたら

人生と後悔というテーマを考え、本やネットから情報を得ようとする時・・・。

十中八九は『限りある人生の時間』を強調していることでしょう。

もちろん僕もそのことについては、全く異論のないことを既に言いました。

どうでもいいような日常の中に、絶対に手放すべきでない大切なことが混じっているものなんですよね。

でも・・・、

明日終わる人生であれば・・、

少ない時間の中で出来る限りのことをやろうとするでしょう。

具体的には、気持ちを伝えるという行為です。
関わって頂いた全ての人たちに感謝の言葉を伝えるという行為です。

でもそれだけでは何かが足りない・・。

一日二日では終わることのない、大きな事を成し遂げたい。
自分の人生を使って、何か一つの作品をつくりたい。

それは、明日人生が終わるようではとても達成の出来ないもの。

そういった気持ちもまた、事実として僕の中に存在しているのです。

「そういったことに対する心残りってないのかなぁ?」

と疑問に思っていたんですよね。

いつまでも終わりのない人生があったとしたら

人生は有限だから価値のあるもの。

これは確かなことだと思いますし、このことについての記事も既に書いています。

人生とは何か?崖っぷちの時に浮かぶヒント。人生は奇跡の贈り物大きなテーマですが、「人生とは何か?」という問いへの答えを見つける為に書いた記事です。あまりに大きなテーマなので、答えも無数にあるはずです。そうであっても、原則を求めていくとその答えの数も限りなく限られてくるはずです。人生への問いの根源を掴むことは難しいことですが、一つのヒントを提供できればと思います。...

私たちが持っている『時間』と言う資源は無限ではありません。

小石のように、どこにでも転がっているようなものでもなく、いつでも手に入るようなものでもない。

だからこそ後悔するような資源の使い方はすべきではないことは事実ですよね。

ただここでもう一つ、別の視点も実はあるのです。

この視点を得ることで、僕は人生の見え方がまたガラリと変わってきました。

その視点とは・・・

「もしこの先、永遠に生きられるとしたら自分はどんなことを成し遂げたいだろう?」

というものです。

永遠の命というと大げさですが、あと50年、あと70年生きていられるとしたら・・・

といった年数でも結構です。

まだまだ、自分に与えられた時間は残っている。

そのように考えると、本当に色々な可能性が残されていることを感じます。

要するに・・・、

明日終わるかもしれないという前提で考える、いつものスタンダードな視点に加えて、

まだまだ人生は長い。
持ち時間はまだたっぷりとある。

そんな視点だって、あってもいいはずなんです。

どちらか一方だけの視点だけでは、偏ってしまいます。

両方の視点から人生を観察してみる。

そうすることで、後悔しない人生へのヒントが得られると思ったんですよね。

一つの終わりが次の始まりという人生観

終わりがやって来たとしても、それは全ての終わりではなく次の始まりに過ぎない・・。

それは、植物を考えるとイメージしやすいものですよね。

芽が吹き、花が咲いて、葉が散ることがあっても、再び同じ木から芽が吹いてきます。

枝葉に咲く花は時期が来れば散っていく運命にあるでしょう。
でもその幹はまだまだ存在し続けます。

一本の木はこれからもずっと生き続けるのです。

私のこの花びらは明日散ってしまうだろう。

だから後悔しないように今日やるべきことをやってしまおう。

と言う視点と・・、

もうすぐ全ての花びらが散っていく。
次はもっと多くの花を咲かせよう。
そして更に枝葉を大きく広げて更に大きく成長していこう。

そんな視点もあり得るということです。

『いつまでも続く人生』という前提での悔いとは?

まだまだ、私の人生はこの先50年はある。

いや、思い切って70年として残りの時間を見積もってみよう。

そうすると、人生の花を何度咲かせるチャンスがあるだろうか?
どのくらいまで、多くの花たちを咲かせることができるだろうか?

今日から先の人生を長く想定することで、自分への可能性が一気に広がってきます。

これは、今日限りの命という視点からは決して得られなかったものであるはずです。

「まだまだ私には多くの時間がある。」

このように考えた時、恐れるべきはずっと先にある結果の方にあります。

いくら先のこととはいえ、人生の終わりは必ずやって来るからです。

長い時間を過ごした後に、自分の人生を振り返った時・・・

「えっ?自分の人生っていったい何だったんだ??」
「楽しい時間を求めて、毎日を過ごしてきたはずだ。」
「それなのに、自分が今感じているこの寂しさはいったい何なんだ・・」

「自分は何を成し遂げたんだ?」

そのような悔いを残してしまうことも十分にあり得ると言うことです。

事を成すために必要な長期的な視点

  • 明日終わる人生を考えた時のやるべきこと。
  • 永遠に時間があるという前提でのやるべきこと。

この二つは、明らかに異なる種類のものです。

「明日全てが終わるのであれば、もう何もいらない。」

そのような気持ちになることも自然なことです。

今まで一緒に過ごしてきた大切な人への感謝。
自分が今までの人生で掴んだ、大切な教訓はあるだろうか?
愛する家族へ伝え続けて欲しい、教訓は何だろうか?

今持っている全てを与えようとする。

僕であれば、そこに行きつくことでしょう。

でも・・・、

まだまだ多くの資源が残されていると考えた場合は違います。

今日という日は、レンガ一個を積み重ねる1日へと変わります。そしてこの先ずっと、レンガを積み上げていくのです。

やがて見えてくる、大きな成果を人生の作品とするために。

たとえ志半ばで力尽きたとしても、きっと悔いは残さないでしょう。

途中とはいえ、あなたがそれまでに積み上げてきた痕跡があるからです。

「この痕跡がある限り、きっとこの仕事を受け継いでくれる人も現れてくれるだろう。」

そんな希望を描けるからです。

そのような方にとって、悔いを残す人生という言葉は縁のないものであるはずです。たとえ予定より短い人生だったとしても・・。

むしろ何も積み上げることなく、残された時間の少なさを感じながら振り返る人生。

そちらの方が恐れるべき、悔いを残す生き方であると思えます。

悔いのない人生は真ん中の道にある

今日終わるという視点と、永遠に続くという視点。

お互いに全く逆の視点ではありますが、共通点もあるんですよね。

それは、生きていくということです。

  • 時間はたっぷりとあるから、夢を描く。
  • 明日命が終わるかもしれないから、今日やるべきことをただやっていく。

いずれの視点でも生きていくという行為には変わりはないわけです。

ただ生きていくと言っても、

「時間はたっぷりとあるから、夢を描くよりも楽して過ごそう。」
「明日命が終わるかもしれないから、食べたいもの食べて好き勝手して終わりを待っていよう。」

そのようなことだと、きっと悔いを残す人生になってしまうでしょう。

明日、命が尽きるかもしれないという気持ちで今日を過ごすという視点だけでは、やはり不十分なんです。

永遠に続く命という視点だけであっても、また不十分です。

  • 今死んでも後悔はないかな。
  • まだまだやるべきことが山ほどある。

この二つの視点は決して反発しあうものではありません。

大きく包み込むことで、あなた自身の中で共存できるものなんです。

『休む時間』と『動く時間』も実は共存している

ゆっくりと休む時間も必要。
忙しく動く時間も必要だということですね。

休む時は、完全に休む。
そして、動く時はただひたすら動く。

これは僕が常に心掛けているマインドです。

希望を実現するための必須のマインドだと僕は思っています。

でも実は、もう一つの答えも確かに存在するのです。

休みながら動く。
動きながら休む。

これも事実なんですよね。

僕はどちらかと言うと、気持ちの上では両者を分離していますが実は動きながら休んでいる面もあるのです。

行動そのものに変わりはありません。
ただ、表現の仕方が全く逆なので戸惑う方もいることは事実ですね。

本当に無駄な時間は、仕事の中にある。

とよく言われます。これも本当のことです。

無駄な時間は、暇な時ではなく仕事をしている最中の時間に存在しているものなんですよね。

思い描いた通りの人生を手に入れる人たちの秘密は、この部分に隠れています。

今日一日を大切に生きることは、長い人生を大切にすること。
長い人生の視点から物事に取り組むことは、あなたの一日を充実させることでもあるのです。

ここでも、共存という考えが出てきますね。

『考える時間』と『行動する時間』については、↓ をどうぞ♪

人生やり直した人、やり直せなかった人。ちょっとした違いとは?人生のやり直しには大きな労力が必要です。やり直しの必要性を感じながらも、諦める人も残念ながらいます。物事をやり抜く人には、一見矛盾するような2つの視点を両立させています。本記事では、やり直しできた人とできない人の違い、そして大切な視点についてお伝えします。...

両極端の中にある本当の幸せ

どちらの考えを取るかというよりも、両端にある答えの真ん中が一番の王道だということです。

どちらも正しい答えの一部ではあるのですが、一歩一歩少しだけ比重を変えながら一番安定した道を歩むことで本当の安心感が得られる。

それこそが、悔いのない人生を歩む最適の道だと思えます。

どちらが正しいとか、どちらが自分らしいとかといった選択の問題ではありません。

どちらもあなたが取るべき道で、切り離すことのできない道なんです。

その時その時のベストの選択と決断を行う。
遠くの目的地を見失うことなく、今日という小さな一日を終える。

短期的な視点と長期的な視点。

比重のかかり方は日々違っても、どちらか片方を完全に捨てるということではありません。

両方の視点を持つことで、一番幸せな真ん中の道を歩んでいけるものなんです。

バランスの取れた道について・・↓

人生とは暇つぶし?思考の先に浮かんできた、とびきりすごい発見『人生とは暇つぶし』という考え方を当初は受け入れることが出来なかった私。でもよくよく考えを深めていくと、この考え方が自由を与えてくれること。そしてバランス感覚の大切さを教えてくれました。人生を大きく好転させるためのヒントがこの記事には書かれています。...

悔いのない人生とは、自己完成への永遠の道

悔いを残さない人生を歩む方法は、両サイドからの視点の操縦法をマスターすること。

それが、現時点での僕の結論です。

鳥の目と虫の目。

両方の視点で過ごす習慣を身につけることで、あなたはとても価値ある心の財産を手にしたことになります。

どのようなことがあっても、道に迷うことなく正しい方向に進んでいけるからです。

何を成し遂げたか?

重要なのはそこではありません。

もちろん、誰が見ても華々しい結果を残すことは魅力的なものです。

でももっと大切なのは、自己の中の心の操縦法を体得して暴走を制御しながら人生を完結させることです。

このことを僕は信じて疑いません。

自己を制御する。そして力強く成長していく。

春がやって来るたびに、満開の花を咲かせる桜の木のように。

そのような人生こそが、決して悔いを残さない人生であると言えるのではないでしょうか。

結果はオマケです。

悔いを残さない人生とは、真の自己完成への道でもあるのです。

 

まとめ

「満足している。今死んでも後悔は無い」と言う人も実は・・
日々の生活では、葛藤しながら試行錯誤しているもの

『今日が人生最後の日』という視点に欠けているもう一つの視点
人生が永遠だったら?まだまだ何十年も時間が残されているとしたら?

たとえ途中で力尽きても後悔のない人たちとは?
それまで積み上げてきた確かな痕跡がある。そんな人生

最も安定した、人生の幸せを満喫できる道とは?
両極端の中にある、真ん中の道

悔いのない人生に『成し遂げた実績』は必要なのか?
大切なのは『何を成した』よりも、どう自分を制御しコントロールしてきたか?そして力強く進んできたか?

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。