祝福全般

人生の喜びを再発見。喜びの隠れ家は誰でも知ってる意外な場所に

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

人生の喜びを考える時に、外してはならない2つの視点
心からの喜びを感じる事柄の特徴とは?
あなたの人生に大切で喜びを与えるものほど・・・
バス釣り好きの友人から学んだ人生の極意
人生の喜びを得る人の共通した心構え

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約7分です

 

人生には悲しみもあれば、苦しみもたくさんあります。

それと同じように、喜びも多くあるはずです。

これについては、今読んで頂いているあなたも同意いただけると思います。

ただ、『喜びや悲しみ』という言葉の頭に、『人生の』という言葉がつくと少し複雑になってしまうんですよね。

というのは『人生の』という言葉がつくことによって、時間やお金が関係してくるものだからです。

他の記事で書いていますが、僕は、

【人生 ≒ 時間 ≒ お金】

と思っているんですよね。

(このことは、↓の記事でより詳しく触れています♪)

新常識!人生をやり直したいあなたへ。年齢は忘れてください新しいことを始めようとしたり、人生をやり直したいと思った時に、ブレーキとなってしまうのが年齢です。ですが、年齢を理由に事を始めることを止めてしまうことは無意味なことなのです。人生のやり直しに年齢を考える必要が無い理由を書いています。...
全然遅くない50代からの人生やり直し。新しい工夫で最短距離を!結論から言うと、50代からでも人生のやり直しは可能です。その理由は、『時間の秘密』にあります。人生と時間の関係を知れば、いくつからでも人生のやり直しは可能であることがわかるはずです。ただ、若い年代よりも難しい面があることも事実。そのハンデを補う方法をお伝えします。...

この記事では長々とこのことについて述べることはしませんけど、少し複雑になると言った理由。

それは・・、

喜びと思っていたものが時間の経過によって、実は無駄な時間だったと後で気付くことがあるからです。

時間の経過によって、評価が変わってしまうことがよくあるんですよね。

悲しみと思っていたものが、実は貴重な学びの材料で本当の幸せを教えてくれたものだった。

そんなケースもたくさんあります。

だから、

『人生の喜び。本当の喜びとな何か?』

ということについて考えるとき、時間の経過についても考えていかないと答えが間違ってしまうこともあるんですよね。

 

【欠かせない視点】人生と生活の違い

僕は学生時代の頃、遠藤周作氏の小説が大好きでした。

学生時代に休学して語学留学をした期間があったのですが、その時に覚えた英語も遠藤周作氏の英訳本を購入して覚えたくらいです。

彼のエッセイや小説の中で、彼がよく書いていたことは、

『人生と生活』は根本的に異なるもの。

ということでした。

彼の小説の中では、随所にそのような表現を散りばめています。

  • 日々の生活だけを追求してそれを積み重ねた結果の人生が、必ずしも喜びにあふれるものとなるとは限らない。
  • 人生の豊かさを追求する生き方が、日々の生活を楽しくするのかと言うとそれは必ずしも一致するものではない。
  • 日々の退屈な生活が、人生までをも退屈にするものであるとは限らない。

そのようなことを述べていました。

若い頃の自分にこの表現は強く印象を受け、50代に入ろうとしている今でも何ら違和感を感じることなく、この考え方を受け入れられているのです。

『楽』な生活の積み重ねの結末

このことについては表現こそ違いますが、同じ意味の内容を言っている方はたくさんいます。

僕のブログの記事ですと、こちらの記事に『楽な人生』『楽しい人生』という表現を使ってこの違いを書いています。

人生の達人だけが知っている。楽しい時期、辛い時期の過ごし方「人生で一番楽しい時期は?」との問いに、ほとんどの方が過去のどこかの時期を考えます。未来でもなければ今でもない。ですが可能ならば、今を楽しく生きたいものです。そして、人生の最終局面で「全てが楽しかった」と言いたい・・。そのようになるための生き方、考え方を書いています。...

 

この場合、『楽な人生』とは言い方を変えると『簡単に手に入る楽しみ』と言い換えることができます。

『お酒を飲んで、乾杯!』といったことや、少し奮発して豪華なレストランに行ったりすることですね。

お金を支払う対価として、手に入りやすいものです。

『映える』という表現もありますが、華やかで周りから羨ましさを感じられるようなことが多いですね。

もちろん、普段の生活ではこのようなことを僕も「楽しかったね。」と言ったりします。

このブログでは、表現を使い分けますが普段の生活ではそこまでお堅くしているわけではありません(笑)

でも、やはり明らかな違いは確実にあります。

『楽』ではなく『楽しい』ことって、その過程においては地味なことが多いんです。

映えることのない毎日ですが、ある日その積み重ねを確認して、

「なんて素晴らしい人生なんだ」
と心から湧き上がる感情を得られるものです。

地味にみえるもの。
それは、日々の地味な仕事であったり、ルーティンであったりします。

時には、

「ストイックだね。そんな退屈な生活、考えられない。」

と周りからはみられるものです。

やっている本人は決して、そんな風に感じてはいないのですが。

本当に退屈であれば、決して継続しないでしょうから。

語学留学時代に嫌だった質問

「週末は何をして過ごしましたか?」

月曜日に登校すると、決まって聞かれたこの質問が僕は嫌でしたね。

学生時代に、カリフォルニアに語学留学のため少しの期間住んでいた頃のお話しです。

英語を覚える為の学校ですから、もちろん大切なコミュニケーションの一つではあったのですが・・・。

これと言って、面白い回答が出来るような過ごし方をしていなかったんです(汗)

最初は色々と観光地を巡ったりしていましたが、3週間もすると普通の生活になじんできます。

部屋で本読んで、テイクアウトのピザを買いに行って適当にビール飲みながら終わる休日です(^-^;

これと言って『映える』話がなかったんですよね。

僕自身はとても楽しくて充実した日を過ごせてはいたのですが・・。

英語もどんどん吸収できていることを感じていましたし、自分的には満足はしていたんです。

そして・・、

あれから20年以上が経過している今、思い出すあの時期のこと。

それは色々な派手な瞬間よりも、部屋で悶々としていた時間の方です。

楽しくて、喜びを感じていた時間でした。

絶対に持っておきたい人生の土台となるもの

人生の本当の喜びを知るために欠かすことのできないもの。

それは、あなたの確固たる人生観です。

あなたがどんな人生観を持っているか?

その土台があって、はじめて喜びを知ることができるものなんです。

人生観という土台です。

この土台は、『楽な時間』ばかり求めてきた経験からは得られるものではありません。

あっ、誤解される表現をし続けていますので申し上げておきますが、僕は楽な時間が無意味であるとは全く思っていません。

お酒を飲んだり、ビーチでゆっくりと寝そべりながら楽しく過ごす。

そんな時間も大切なものです。

修行僧のような日々だけの連続もまた味気ないものだと僕は思っています。

両方必要であって、お互いが生かされる関係です。

ただ、人ってどうしてもお金を払って軽く手に入る楽な時間の方を求めがちなんですよね。

一方で、人生観という土台は努力や毎日のルーティンといった経験によって築かれるものなんです。

一見退屈に思えるこの経験があなたの底力となって、あなた特有の雰囲気をつくってくれるものなのでしょう。

ルーティン化した毎日の力については、こちらの記事に書いています ↓

人生が楽しくない30代の方へお届けします。効果的な二つの視点人生が楽しくないと感じてしまっている30代の方の為に、30代という年代の特徴と20代との違い。そして大切な人生の30代を楽しく過ごすための方法を紹介しています。30代に限らず全世代の方にとっても、きっとご参考頂ける内容にも触れています。...

求めるものではない?人生の喜び

ハワイが好きな僕は、こうして記事を書いている時もよく現地の動画を流しています。

どれも同じような動画なんですが、その日の気分によって感じ方も違ってくるんですよね。

「はぁ~、行きたいなぁ。でも家族全員が休みを取れる日はまだまだ先かぁ・・」

そんな気持ちになる時もあります。

そんな時って、苦しくて重たい感情に支配されてしまいます。

でも調子がいい時なんかは、

「あぁ、本当に向こうに行っている気持ちになれている。楽しいなぁ。癒される・・」

そんな風に感じながら、幸せを感じます。

外目からは、カチャカチャとパソコンの前で作業している同じ姿です(笑)

苦しくなるのも自分
癒された気持ちになるのも自分

どちらを選択するかの違いだけです。

宝探しゲームのようなものですね。
人生の喜び探しのゲームです。

その喜びは・・・、

どこかに隠れているものではなく、ある条件によって選択するものなんです。

大切なものほど・・・、にある共通点

幸せや、喜び、大切なものほど、直接求めても手に入らないものという共通点があります。

お金だってそういう一面を持っています。

直接求めるより、お客様が喜ぶサービスを求めていく時に、オマケのようにお金が入ってくることを実感していた時期を僕も経験しています。今でもそうですけどね(^^♪

目に見えるお金ですら、そんな性質を含んでいるのです。

大切なものは目に見えない。

論理だてて説明することは出来ませんが、これも本当のことだと僕は思っています。

目に見えない幸せや、人生の喜び。

それらも大切なものであるからこそ、直接求めるものではないのです。

また直接求めている限りは、決して手に入らないものなんです。

喜びって何だろう?喜びが欲しい。

そんな風に考えている間は、それを感じることは難しいでしょう。

人生の喜びは、毎日の地味なルーティンの積み重ねによって時々顔を出してくれるものだからです。

絵描きの方であれば、絵を描く毎日の生活

豆腐屋さんの店主であれば、朝早くから豆腐をつくる毎日

お花屋さんであれば、雑草を抜いたり水を与えたりしてお花を育てる日々

そのような、ぱっと見は地味な日々のなかでこそ人生の喜びを感じることができるものなんです。

「あなたは何者だったの?」

人生の最期にそう問われた時に、答えることができる内容。

それは、そのような日々の毎日であるはずです。

バス釣りが趣味の友人から学んだこと

僕の友人にバス釣りが趣味の方がいます。

趣味というより、もうプロと言ってもいいくらいの人です。

その人が教えてくれたバス釣りのコツが、僕の印象に強く残っています。本人は何気ない気持ちで軽く言っていたものだと思うのですが・・

【自分を釣り人と思わずに、魚になったつもりになる】

ということらしいのです(笑)

ルアーを投げる時も、魚が思わずパクッと食いつきたくなるような投げ方を心掛ける。

自分が魚だったら、あの場所にじっと隠れて変な船が過ぎ去るまで動かずにいようとするはずだ。

そんなことを考えられる時が調子のいい時なんだと言ってました。

自分は釣り人 vs 相手は獲物

お互いが対立するような立ち位置ではなく、

『自分も魚。相手も魚。』
そんな視点なんですね。

人生の喜びも、それに似たようなものだと思いませんか?

喜びを釣り上げようとしても、逃げられるだけです。

喜びの方が良ってきたくなるような、日々を過ごすことの方が大切な視点なんだと思います。

【断言】人生の喜びとは『感動』のこと

一言で言ってしまえば、『感動』です。

感動できるような人生こそが、本当の喜びのある人生です。

人生の終わりが近付いた時に、自分の一生を振り映画のように鑑賞した時・・。

感動出来るような物語になってくれるだろうか?

僕の人生の物語は、感動を与えられるような作品になってくれるだろうか?

今日1日は、感動できる人生に繋がってくれる時間だっただろうか?

既に話したように、人生という視点からみた日々の生活は地味で華やかさに欠けるものです。

その1日だけをみると、お世辞にも楽しいとは感じることは出来ないことだってあります。

でもそんな地味な1日すら楽しく感じられるとしたら・・・
楽しみながら歩き続けることができるとしたら。

地味な毎日も楽しめて、感動できる人生も実現できるとしたらこれはもう最高の人生と言ってもいいでしょ?

変えられない人生はない

日々の生活も、もちろん大切なものです。

生きる為のハリと言うか、スパイスのような働きをしてくれるものなんですよね。

ただしパンチの利いた日々の連続が、人生の物語を感動させる作品に仕上げることとは限らない。

これも今まで書いてきた通りです。

日々の生活においても、時々は『全体像』を把握する視点も必要なんですよね。

全体を把握して、細部を責める。

何だか受験生へのアドバイスのようですが、人生にも同じような戦術が使えそうですね(笑)

自分の人生をどのように完結させたいのか?

もちろん明確なイメージを描くことは難しいことだと思います。僕だって自分の最期をクリアにイメージすることはまだできません・・

でも、ぼんやりと思考してみるだけでも、新たな視点をあなたの中に入れる良い習慣となってくれます

全体と細部。

両方の視点を持つことで、人生は本当に変わります。

喜びの本質にある共通点

喜び溢れる人生のためには、ここが欠けてはダメだという共通点があります。

それは受け身ではなく、能動的・主体的な姿勢です。

自分の人生だから、自分でつくりあげるという主体的な姿勢が必要なんです。

「お金払うから、面白いこと持ってきて~」
「何か面白いことして、笑わせて~」

そんなマインドでは、本当の楽しみを得ることはできないものなんですよね。

自分で行動する。
自分で努力する。
そして時間に耐える。

そんな人に与えられるご褒美が、喜び溢れる人生なんです。

自分の人生を自分でつくり上げる。
その行為自体が喜びそのものなんです。

そこに気付けたとき、日々の生活と人生が一致した最高の状態を経験することができます。

僕も自分の人生の時間をできるだけ、そんな状態に保ちたいと願っているのです。

生活と人生の一致。

理想の状態ですよね。

マインド論に疑問を感じているあなたへ

僕が時々紹介している『引き寄せの法則』ってありますよね。

もちろん僕も習慣として使っているものですが、その効果に疑問を感じる人も結構おられます。

確かに効果があるかどうかすぐに判別できるものではありません。

「そんなことやる暇があるなら、目の前の作業に没頭した方がよほどゴールに近づける。」

そのように思われることも十分に理解できるのです。実は僕自身も、そのように思っていた一人ですからね(^-^;

「既に成功者になったつもりで、振る舞え」

なんて言われても、朝起きて乗りたくもない満員電車に乗るためにせかせかと準備している現実とは大きなギャップがあるわけです・・。

そんな毎日を過ごしているのに、悠然とした成功者のような振る舞いをしていても、ただの痛い人に映ってしまうのは目に見えています(笑)

全体と細部。

ここでも、この両方の視点が大切なことを教えてくれます。

遠いゴールを描いたところで、気が萎えてしまう。

「そんなはるか上をみて『夢見る夢子ちゃん』になるよりも、視点を足元に移して今日の1段を登っていくことの方が大切だ」

そのように言われている人も、実は全体的な視点を必ず持っているものなんです。

そして方向修正しながら今日の1段を着実に登って行っているものなんです。

僕のように、全体像を重視するかのように言っている人間だって、実は今日1日の地味な一歩をとても大切にしているのです。

どちらか一方を否定するというよりも、包み込むもう一つの視点はないかな?

ぜひぜひ、そのように考えてみてください。

実際におススメしているこちらの教材では、演技のコツについてもしっかりと説明されています。

成功者のように振る舞うことなんて、自然に出来ない方が当たり前だからです。

細かい内容まではどうしてもお伝え出来ないのが歯がゆいのですが、『完全に思い込む必要は無い』ということだけは、お伝えしておきます。

 

自分の人生を創りあげていくつもりで

後から振り返って、

「本当に楽しかったなぁ。充実していた日々だったなぁ。」

そんな風に感じる日々は、確かにスパイスの利いた瞬間であることも事実です。

初の海外出張の瞬間。
海外の友人に誘われたパーティーで感じる新鮮な体験。
母国語の異なる人たちと楽しんだスキー・・

そんな瞬間を確かに思い出すのですが、必ずセットとして付いてくる記憶はそんな日々を実現させてくれた下積みの時期です。

目立たず、地味。
地中で根を広げているだけの期間。

自分にしかわからないそんな期間を必ず思い出すものなんです。

そうした経験こそ、時間が経てば経つほどに、いぶし銀のような味わいを添えてくれるものなんですよね。

本当に喜びを感じる時は、消費している時ではないということです。

「お金払うから、美味しいもの運んできて」
と言ってむしゃむしゃと食べている時ではないんです。

もちろん、そういった瞬間も大切なものであることは既に書いた通りですが・・。

本当の喜びを感じる時は、何かを生産している時。
何かを与えて、誰かが喜んでくれいている人生。

そういったものなんですよね。

そういったことに感動する性質が備わっているのが私たちなんだと思っています。

もうこれは、人生観、価値観の世界なので押し付けできるものでもないのですが・・

自分の娘や妻に、もうこれ以上苦労をかけたくない。

いつまでも親から心配される自分は嫌だ。

家族に安心と豊かさを与えられる存在になる!

そんな気持ちが、僕の原動力となって実際に実現できているという事実もあるわけです。

自分がどうこうというよりも、誰かに喜んで欲しいという気持ちですね。

そして結果として、自分の人生を日々創りあげているという実感を得られる。

もちろん、大きな喜びも♪

おそらく僕の人生の最期もこのままいけば、きっとそれなりの物語にはなってくれるはずです。

あなたの人生の喜びのために、この記事が少しでも参考になることができたら僕も最高にうれしいです。

 

まとめ

人生の喜びを考える時に、外してはならない2つの視点
『人生』と『生活』は異なるということ

心からの喜びを感じる事柄の特徴とは?
その日々、過程では地味に見えることが多い

あなたの人生に大切で喜びを与えるものほど・・・
直接求めても手に入らないもの。目に見えないもの

バス釣り好きの友人から学んだ人生の極意
釣り人vs獲物という対立関係ではなく、自分を魚だと思う

人生の喜びを得る人の共通した心構え
自分の人生は自分でつくりあげるという心構え

 

TOPに戻る

 

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。