とは

人生とは暇つぶし?思考の先に浮かんできた、とびきりすごい発見

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

人生を舞台とすれば、あなたのすべきことは?
人生を上手くやろう、上手く操作しようとする気持ちにある罠とは?
マインドフルネスが人生に役立ってくれる理由
一番成果を出せる、力が充実した状態とは?
人生は苦しいのか?楽しいのか?混乱してしまう原因

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約9分です

 

『人生を暇つぶしの時間』という考え方があることを知ったのは、実はそんなに昔のことではありません。

このブログでも一度、『人生暇つぶし』についての記事を書いています。

人生暇つぶし vs 人生意味がある、あなたはどちらの哲学派?人生は暇つぶしに過ぎないものという哲学を持っている方がおられるみたいです。人生は暇であるものだから、何かをして気を紛らわせようということなのでしょう。でも、何かに没頭している人にとってそれはもはや『暇つぶし』ではなく、意味のあるものであるはずです。...

 

それこそ暇な時間に(笑)、ネットをポチポチっとしていた時に偶然『人生暇つぶし』という表現と出会ったのです。

正直な気持ちを言ってしまえば、最初は

「自分とは相容れない考え方かな・・・」
と思ってしまいました(^-^;

僕は『人生は意味があるもの』と考えている人間なんです。

論理的に証明するほどの知性はありませんが、人生が無意味なものだとはどうしても思いたくないんですよね。

少なくとも、

『たとえ人生が意味のないものであっても、意味を与えることはできる』
と信じているのです。

そんなことから、何となく人生を軽んじているような表現だなと言う印象を持っていたのですが・・・。

最近は、この『人生暇つぶし』という考え方にも共感できる部分が多くあると思い始めています(^.^)

力を込めすぎると上手くいかない人生

人生って大切で貴重であるものであるという考えは変わりません。

だからと言って、あまりに構えすぎてしまうと良くない影響を私たちに与えてしまうことも実際あるんですよね。

責任感の強い方や、自分に厳しい性格の方にとっては、

『気楽に考えて、力を入れずに取り組む』
という考えを知ることで上手くいくことも多くあります。

『瞑想』とか『マインドフルネス』というものがありますよね。

僕もここ1年くらいですが、少しだけハマってしまっているのです(^.^)

15分程度の時間で毎日というわけでもありませんが、とてもリラックスできてス~ッと深く落ち着けることがわかるのですよ♪

あれって、要は『力の抜き方』を教えてくれているものなんだと自分流に理解しています♪

最適な力の抜き方を知ることで、最高の力を発揮できるようになるのかなぁと思えるのです。

禅問答のような煙に巻く表現になってしまいましたが、力を入れすぎると上手くいかないことが多いことは事実ですよね。

人生を暇つぶしと考えることによって、肩ひじ張らずに毎日を過ごすことができます。

そうすれば、自分の力を最大限に発揮できることもあると思えるのです。

「マインドフルネスって、どうやるのかなぁ。面倒くさそうだなぁ・・。」

と思った方は、こちらの教材がおススメですよ。価格は安いのですが、内容はこちらで十分です。

僕もこれで知った内容しか、瞑想については知りませんから。

演技の指導から学んだこと

もう高校生になった僕の娘が唯一続けている習い事が、ミュージカル教室です(^^♪

4歳の頃から、地元のグループに入って歌やダンス、演技を楽しそうに練習してきています。

指導して下さっている方は、今は引退されていますが昔女優をされていた方です。

普段は楽しく和気あいあいとした雰囲気で練習しているのですが、公演前や発表会の前になると空気が張りつめてきて、『本気モード』に入っていきます。

僕も娘が小学生の頃までは練習を見学させて頂いていました。

その練習を見ているだけで、僕自身が色々な気づきを得ることが出来たからです(^.^)

さすが演技で食べてきた方のお言葉だけに、『刺さる表現』が随所に出てきます。

特に本番前はそれが多いので、見学するのが好きでした。今は娘が成長して、「練習は見に来ないで」と言われちゃうのですが(^-^;

  • 「その涙は〇〇ちゃん(娘の名)の涙であって、□□(役の名)の涙ではありません。」
  • 「そこは涙を流すところ?自分の感情で演じてはダメ。□□(役の名)はグッとこらえようしているんじゃないの?」

自分の感情をただ表現するということでは、演技としてはダメなことでもあるのか。

自分本位で感情を垂れ流しても、観ている方は冷めてしまっているのかもしれない。

そんなことを考えさせてくれる、楽しい時間でもあったのです。

もし僕の人生の舞台を観てくれている観客の方がいるとしたら・・。

私は『エア』という主役を演じている。
演技を監督しているのは『エア』の潜在意識である本物の自分。

僕は、『エア』という役を上手く演じていることが出来ているだろうか?

観客の方々は、この舞台を楽しんで観てくれているだろうか?

そんな妄想を楽しんだりしているのです(^-^;

感情を込めるというけれど

『台本を本当に理解できていれば、自分に酔った演技は出来ない』

とその先生は言われるのです。

「演技の世界もとても深いものなんだな。」
練習を見ながら、いつも好奇心を刺激されていました。

セリフをしゃべる時に、『感情を込める』という言葉をよく聞きます。

でもこの感情って、内側から湧き出て生まれてくるものなんですよね。

外から込めるとか、何か人工的に手を加えるようなものではないのです。

演技以外の作業や仕事でも、『気持ちを込めて』とか、『感情を入れて』とかいう表現を何気なく使ったりすることはあります。

ですが本当は、演じている役の中から生まれてくる感情のままに表現することが大切であるのかもしれません(^^♪

「我ながら、今日の演技は上手く出来たなぁ。」
と悦に入っている日は、たいてい上手く出来ていないことの方が多いらしいです。

「あの人のセリフは素晴らしかった。あの時のあの表現は見事だった。」
そのように、周りを観察出来るような見方ができたときが本当に上手く演技が出来ているものらしいです。

これを聞いて僕が感じたのは、『力を抜く』ことの大切さだったんです。

上手くやりたいという気持ちが強すぎると、力を加えたり、何か外から操作しようとしてしまいます。

力んでしまうんですよね。

可能な限り自然に、感情のままに人生も生きていきたい。

『しょせんは暇つぶし。力を抜いて自分らしくいこうよ。』
そんなメッセージにも受け取れますよね♪

力の抜き方を学ぶ

無理して感情を込めようとしない。

自分の思うままに演じるのではなくて、役の感情をそのまま演じること。

そのようなことから、僕は『力を抜く』技術を磨くことも大切なんだと思ったのです。

一生懸命歯を食いしばってとか、地を這うように前に進むとか、そういったことばかりが能ではないということなんです。

正しい力の抜き方を身につけることで、持っている力を更に発揮できることを知りました。ただ、この力の抜き方が難しいのですけど・・・

完全に脱力してしまってもダメで、力を入れすぎてもダメ。

上手くやろうと意識すると、力が入り過ぎてしまう。

どうでもいいやと極端に投げやりになってしまうと、本当にゴミのような舞台になってしまう・・・

その加減が難しいので、この部分は今でも自分自身の課題でもあります。

力が生まれてくる感覚を大事にしたいですね。しつこいかもしれませんが、この感覚を体感するためにマインドフルネスってオススメですよ♪

内側から力が生まれてくる感覚。

矛盾しているようですが、力を抜いた時にそのような感覚が出てきてくれることが多いのです。

人生も、構えてばかりいればいいってわけでもないのですね。

時には暇つぶしの感覚で楽しんで過ごすことも必要なんだなと思えます。

楽しさと苦しさのバランス

人生を充実させるために絶対に欠かせないものが、『バランス感覚』なのだと知ることができました。

決して一方にかたよらないバランス感覚です。
熱すぎるとこともなく、冷たすぎることもない、真ん中の道です。

これは決して個性のない選択という意味ではありません。

一番成果の出せる、力の充実した状態を目指すということです。

バランス感覚を持って真ん中の道を歩むことが出来ている時が、力を最大限に発揮できている時なのです。

その為のコツとして僕が心掛けていることは、『境界線をあいまいにしていく』という考え方です。

『熱さ』と『冷たさ』の境界線を曖昧にする。

『力を抜くこと』と『力を入れる』境界線を曖昧にする。

両者の世界を分けている線をどんどん自分の中で曖昧にしていくのです。

熱くもあり冷たくもある境界。力を抜き、込めている境界。

くっきりと隔てていた境界線を曖昧にして、広くなった綱を綱渡りしていくイメージですね。

そうしたイメージを持つことで、自分の中の矛盾を解決しています。

「その矛盾とは具体的にはどのようなものなの?」
きっとそのように感じられることと思います。

それでは、境界線を曖昧にすべき二つの矛盾例を書いていきますね♪

暇つぶしの人生は楽しめる

「人生は暇つぶしの余暇だ」

そのように考えることで、肩に背負ったプレッシャーや責任感から解放されます。

人生を堅苦しく考える必要がなくなるからです。

自由を感じる度合いが大きくなって、自分を縛っているものが無くなっているような気持ちになれます。

人生はしょせん暇つぶしだから、失敗も成功も大きな意味はありません。大切なのは、楽しめたかどうかです。

たとえ失敗しても、次の暇つぶしに入っていくだけです。そして楽しみ続けるということですね。

楽しくなければ、人生じゃない。

一度きりの人生で、何を好き好んで苦しまなければいけないのか?

楽しくない人生をおくってしまうということは、人生を失敗したということと同義だ。

だから楽しもう。人生に意味など無いのだから。

人生は暇つぶしと考えることで、肩の力を抜くことが出来るのです。

ゲーム感覚で人生を楽しむことも出来るでしょうね。

プロになると楽しめなくなると言ったイチロー

超一流プレーヤーだったイチローさんは、彼の語録の中で

「プロになると、野球を楽しめなくなる。野球が楽しいと言っているうちは、まだ本当のプロではない。」

そのような内容のことを言っています。

僕のような人間にその真意は測りかねるものはあるのですが、おそらくプロになることの厳しさを表現しているのだと思います。

アマチュア選手のように、ただ純粋に野球を楽しむことは出来ない。

プレーを見ている観客に喜ばれるような選手である必要もあるから、ということもあるのかもしれません。

結果を出せるプレーヤー。
楽しませることの出来るプレーヤー。

自分だけが楽しめばいいという、アマチュアの世界とは違う。

プロは、楽しませないといけない。
だから、プロになると野球を楽しめなくなる。

自分以外のことも考えないといけない。それがプロだから。

あくまで推測ですが、そのようなことを言っているのだと思います。

イチローさんの説く、プロとアマの違いとは? ↓

趣味を超える本気の趣味とは?つまらない人生を一気に解決しようつまらない人生を変えようとして、趣味を探す方もいると思います。でも時間をかけて探した趣味であっても、人生がつまらないまま変化を得られない方も多くいます。趣味は探すものではありません。人生を楽しくさせる趣味について書いています。...

線引きよりも大切なもの

暇つぶしと考えて、気楽に自由に楽しく取り組む。

プロになる厳しさは、楽しさを失うことにある。

そのように考えると、一体どちらが正しい見解なのか?
あるべき姿なのか?

そんな疑問を感じてしまうことも無理はありません。

  • 『楽しさ』と『苦しさ』
  • 『仕事』と『遊び』

そのようなことを完全に区別して線引きしてしまうから、混乱してしまうものなのです。

結局、両者とも同じものであると理解できたらいいんです。

楽しみも苦しみも実は同じくくりの中にあるもの。
仕事も遊びも実は同じようなものであること。

そのように理解すれば、人生暇つぶしという考え方も、イチローさんのような考え方も理解できるようになります。

コインの裏表のように、同じものを違う表現で言っているだけなのです。

人生は楽しいのか?それとも苦しいものなのか?
真実を求めることは、楽しさを失ってしまうことなのか?

これもバランス感覚ですね。

極端に走らず、両者の境界線を限りなく曖昧にしていくのです。

仕事と遊びの境界を曖昧にして、『仕事しているのに何だか遊んでる』ような道。

『苦しんでいるはずなのに、何だか楽しくもある』そんな道。

そのような真ん中の道をバランスを取りながら歩むことが、人生成功の最大の秘訣なのではないかと思えるのです。

単純に物事を線引きして別個のものとして考えることよりも、一歩進んだ大切な考え方だと思います。

遊びと仕事の境界線が無くなるような生き方ですね♪

仕事も遊びのようにこなして、遊びも仕事なのかよくわからないという領域です。

暇つぶしも意味を求めることも人生の一部

どちらの考え方も人生の一部であり、正しい答えなのです。

どちらかを捨てることも、どちらか一方だけを拾うことも出来ません。

どちらも同じものだからです。

同じものなのに、別個のものだと思ってしまうから混乱してしまうのです。

暇つぶしと考える時期があってもいいし、人生の意味を求めて苦しむ時期だって必要なものであります。

どちらか一つだけが正解と言うことではありません。

おそらく、あのように言ったイチローさんだって、野球が大好きだったと僕は思います。楽しめない野球が大好きだったと思うのです。

また、『人生暇つぶしと』考えることで全てから解放され自由になれるのかというと、そうとも言い切れません。

自由だけを求めるのは、危険な一面もあるからです。

制限の中にある自由というバランスを忘れた時に、その罠は待ち構えています。

力を抜くことで増える自由感覚

どうせ人生は意味のない暇つぶしなんだから、好きなように自由に生きてやろう。

そして思いっきり楽しんでやろう。

肩の力の抜いた生き方を知ることで、自由である感覚がとても増してくると思います。

  • 自分がやろうと思ったことが実行に移せる自由。 
  • 暇つぶしの人生に、深い意味など考える必要はない。 
  • 誰に強要されることのない、自分だけの自由な生き方。 

そんな心地よい響きに魅力を感じて、人生暇つぶしという考えを受け入れているのかもしれません。

でも・・・、

制限のない自由を求め過ぎることは、危険なことでもあることを知る必要もあります。やはり、バランスは必要なのです。

見方によっては、この世の中ってとても不便なものです。

欲しいものがあっても、簡単には手に入りません。働いて、報酬を得て、貯金をしてそしてやっと手に入れられます。

自由に生きたいのに、自由にならないことが実際にはたくさんあるのですね。

自由だけのモノサシに頼る危険性

自由が許されていない世界。

それは、どのようなものなのでしょうか?

操り人形のように、上から腕や足を結ばれて操作されるがままに動いている姿かもしれません。

肉体のみならず、心までも思うがままに操作されてそのままに感じている世界です。

そうしたことを考えると、自由があるからこそこの世の中に意味があるものだと言えるのだということが理解できます。

完全に自由が無い世界では、生きている意味はありません。

個性も何の意味もなしません。
もちろん人生に意味などあるはずもありません。

ただ・・・、

自由であるがゆえの危険性もあります。

例えて言えば、鎧を身にまとうことなく戦場に向かうようなものです。

ちょっとのことで、すぐに傷ついてしまうのです。

本来ならば、重たい鎧を脱ぎ捨てて身軽な体で飛び跳ねたいと思うはずです。でもこの世の中って、戦場のようなものなのです。

色々な顔を持った世界です。

自由を満喫できるからこそ、私たちは間違いを犯します。
失敗もします。

過ぎた欲を持ってしまい、相手も自分も傷つけてしまうこともあります。

そんな世界で生きているからこそ、正解となる答えを導くことの価値もまたあるのです。

全てを包み込むことで得られる最高のバランス

楽しさや苦しさ。

肩の力を抜いたり、全力で悲壮な姿をしながら没頭したり・・・。

自由を楽しんだり、不自由な中で学びを得たり・・・。

相対するようなこと全てが真実であり、また人生の一部にすぎません。

人生暇つぶしもまた、真実の一部にすぎません。

どちらか一方が不正解ではないということです。

どちらか一方しか選択できないとしたら、私たちはいつも極端な選択しか出来ないことになってしまいます。

『潜在意識』の働きが重要と言っていますが、『顕在意識』の方だって大切なのです。

夢も大切ですが、現実も大切です。

夢の世界にばかり入っていても、現実の世界で使い物にならなければ何のために生きるのでしょうか?

かといって、現実の世界だけを重んじるだけの人にどんな魅力があるのでしょう?

目に見えるほんの一部の世界だけが全てであるかのように、小さくまとまってしまう生き方に憧れを感じますか?

夢も現実も包み込んだ一つの世界が正しいものだと思います。

夢と現実の境界線をあいまいにしながら、バランスをとって自己実現させていくのです。

バランス感覚と言うと、綱渡りのような危うさをイメージしてしまうかもしれませんね。

ところが実際には、バランスをとればとるほど安定感が増してくるのです。

  • 楽しみ過ぎることもなく、苦しみ過ぎることのない、境界線があいまいとなった地点で取るバランス。
  • 夢を見過ぎることなく、現実にハマり過ぎることなく、境界線があいまいとなった地点で取るバランス。

それこそが安定した人生であり、充実した人生と言えるのではないでしょうか。

望みを叶え、自分が満足できる人生を実現させる考え方であるのではないでしょうか。

『人生は暇つぶし』
この一つの表現から、多くのことを学ぶことが出来ました(^^♪

バランス感覚を制する者が、人生をも制する者となれるのかもしれません。

 

人生の目的について。目的以外にもう一つ大切な軸・・↓

お答えします。学校では学べない人生の目的。目的、あるvsない?人生に目的はないのか?あるのか?持つべきなのか?結論は、目的はあるもの。でも求めるものではないと思っています。今のあなたに出来る全てを行動に移すことで、あなたに人生の目的が与えられるものなのです。目的を探すことよりももっと大切なことが、人生にはあります。...

 

まとめ

人生を舞台とすれば、あなたのすべきことは?
あなたという配役を全力で演じる。力を抜いて全力で

人生を上手くやろう、上手く操作しようとする気持ちにある罠とは?
力んでしまい、人生の自然の力を発揮できなくなる

マインドフルネスが人生に役立ってくれる理由
正しい力の抜き方を学べる。内側からの力を上手く使えるようになる

一番成果を出せる、力が充実した状態とは?
バランスの取れた位置。熱くなく、冷たくなく、一番バランスがとれた境界を歩く

人生は苦しいのか?楽しいのか?混乱してしまう原因
同じものなのに、別個のものと思ってしまうから。裏も表もコインはコイン

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。