祝福全般

人生を楽に生きるコツ。【2ヶ月で心を軽くする僕の方法も公開】

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

楽に生きるために必要なこと
外からの評価に反発を感じてしまうあなたが注意すべきこと
気持ちが重くなった時に、1~2ヶ月で心を軽くする僕の方法
失敗することで、あなたが本当に恐れているもの
他人の人生で自分を評価することが無意味な理由

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約10分です

『楽する人生』と、『楽しい人生』は違う。

『楽する』という表現を否定的なニュアンスで、以前に書いた記事があります。

(その記事はコチラ⇒人生の達人だけが知っている。楽しい時期、辛い時期の過ごし方

人はどうしても楽する方向に傾きやすいものです。

それが一概に悪いことではないことは、僕も承知しています。

楽するという表現に、どこか『辛さから逃げる』ようなイメージを僕の中で払拭できないので、出来るだけこの表現は使わないようにしているだけです。

でも・・・、

責任を負い過ぎる。
荷物を抱えすぎる。

僕のように、適当に生きることができない人もとても多いんですよね(^-^;

そのような人たちに大切なのは、この楽になる生き方を求めてみることだと思います。

簡単に荷物を捨てることの出来ない真面目なあなたへ。

あなたに必要なのは、重々しく人生を生きることではなく力を抜いて楽になることです。

リラックスすることです♪

この記事を読み終えた時のあなたが、軽々とステップを踏むように生きていく準備が出来ることを目標として、記事を書いていきますね!

人生が楽になる生き方がある

不思議ですが、適当に生きているような僕でも災難が続いてやってくるように感じる時期もあるんですよね。

一度や二度の災難ではないんです。

気持ちが弱っている時期に、「これでもかっ!」というように色々なことが同時に襲ってくるような災難です。

家庭不和や、金銭的なピンチ、健康の問題、仕事上でのトラブル・・・

「来るなら一つ一つ順番に来てくれよ。同時に来るなよ同時に!]

どうしてもイライラして、気持ちも重たくなってしまうものです。

でも多分ですけど・・、

そんな時こそ、僕と言う人格が一番効率よく鍛えられているんだとも思えるんです。

辛いので早く過ぎ去って欲しいという気持ちも、もちろん強く持っています。

ただ、無駄な時期でもないという気持ちもあるんです。

そんな特別な時期には、新しい考え方で対抗する必要があるんですよね。

これまでにない災難には、今まで持っていなかったような新しい考え方を武器とするのです。

そんな僕にとっての新しい考え方、新しい武器。

それが、いつの間にか背負っていた荷物を認識して、捨てていく。

荷物に執着することなく、サラリと捨てて身軽になる。

そんな考え方だったんです。

その為には・・、

どんな荷物を抱えてしまっているのか?

それを知ることが必要ですよね。

世間の判断とのギャップに苦しむ人たち

世間の評価と自己評価とのギャップに重苦しさを感じている方は多いと思います。

このギャップは、自分が思っている程に周りが自分を評価してくれないといったことだけではありません。

人から褒められる、期待されるという辛さもあるものなんですよね。

あいつはデキる奴だから。
あいつに仕事を頼めば間違いない。
さすが、いつも高得点を取る優秀な生徒だね。

そんな評価を得られると嬉しいはずなのに、本人は苦しくなってくることも少なくないことなんです。

「あなたたちが思っている程、自分はすごくないから。」

期待を裏切りたくないという気持ちから、自分の中で無理をし始めてくるようになってくるんです。

若い頃の恋の悩みと似ていますね(^.^)

ギャップによる苦しさは、恋の終わりの原因に・・・ ⇒ 本気の恋愛のススメ。一度きりの人生を彩る、あなただけの贈り物

「いっそのこと、デキないやつというレッテルを貼って欲しい。」

そんな思いになることすらあります。

デキない人と思われれば、うまくやった時には必要以上に褒められる。

うまくいかなくても、それが当たり前という『楽な立ち位置』を確保できます。

自分ではもっとできると思っているのに、世間の評価は冷たい。

そのギャップによる苦しみもありますが、本来の自分以上の評価を得られることで苦しみが大きくなってしまうこともあるんです。

どちらにしても、自己評価と客観的な評価とのギャップが苦しみを生んでいるんですね。

ただ反発するだけでは見えてこない大切なこと

外からの評価と自己評価とのギャップ。

その最初の壁にぶつかったのは僕の場合、中学生の頃でした。

同じ校区の生徒と一緒になりたくないという理由から、自宅から遠い塾に通っていたのですがそこでは『勉強のできる人』みたいなレッテルを貼られていたんですよね。

それがとても苦しかったんです。

先生からの問いにも答えないといけないし、「わかりません」も言いづらかったので塾の前には予習も欠かさなかった記憶があります。

しばらくして、両親の離婚や経済事情で塾をやめることになったのですが・・・、

両親の離婚や転校は辛いものではありましたが、周りの評価に感じていた重苦しさから楽になれた一面もあったんですよね。

 

塾の世界では優等生であった一方で、普段通っている中学校ではそうではありませんでした。

おしゃべりの、ちょい悪生徒みたいな感じです。

何となくテストでは点は取るけれど、決して優等生と言った感じではなかったんです。

ただ、この学校でも僕は何か苦しさを感じていました。

周りの生徒たちに合わせて生きて、無理をしているいるような感覚を消しきれなかったんだと思います。

その後の僕は、勉強も全くしなくなり引っ越しや転校が重なって成績は急降下していきます・・(^-^;

僕の例をお話ししましたが、ご両親が学校の先生をされていた同級生も同じような苦しさを感じていだろうなぁと思う人はいました。

親が先生をされている友人も何人かいましたが、極端に勉強をしないタイプの人も実際にいたんです。

親が先生だから、普通は勉強の出来そうな子どもに育ちそうですよね。

そんな方が多いことは確かですが、極端に反発するようなタイプの人もいることは事実です。

僕やその先生の息子が感じていたのも、きっとギャップによる窮屈さだったんでしょう。

反発するような態度を見せることは、自分を守ろうとしている表現の1つであると言えるかもしれないのです。

目指すべき内と外とのバランス

ただし反発するには、相対する相手が必要です。

反発する対象なり相手が必要なんですよね。

悩みや負担に感じていることもそうですが、反発する気持ちも全てはその対象があるから感じるものなんです。

逆の意味で、依存しているのではないか?

反発する対象を常に求めて依存してしまっていないか?

悩みを常に抱える対象を探すことが習慣になってしまっていないか?

反発ばかりしていて、あなたの本当の欲求が見えなくなってしまっていないか?

僕は、感謝の気持ちが豊かな人生には欠かすことの出来ない大切なものだと思っています。

だから、感謝の対象を探し続けています。

  • 普通に朝目覚めることができたこと
  • 今朝も太陽の光を浴びることができること
  • 朝一に飲む水が美味しかったこと・・・

反発する対象をサーチしようとすればそれも可能ですが、僕は感謝できる対象を探す方に向けることを選択したんです。

それが、僕自身の心も喜んでくれることだと確信しているんですよね。

もし今あなたが重荷を抱えてしまって、窮屈な苦しみを感じているのだとしたら・・。

「解放して欲しい。私の心をこの荷物から解放して欲しい!」

そう叫んでいるあなたの声に耳を傾けていないのかもしれません。

いや、あなたも薄々気付いているのではないでしょうか?

色々な難しい事情は確かにあるでしょう。
だからこそ、悩まれているはずなんです。

まずは、素直なあなた自身を探ることから始めてみませんか?

重苦しい状況を変えることが出来るか、出来ないかは今は別の問題です。

素直な自分の気持ちだけでも知ってあげようとしてみてください。

まずは素直なあなた自身の気持ちを優先させることが大切なんですよね。

そしてその解放されたあなた自身の成長が、周りの人たちの何らかの利益に繋がることがあれば言うことない理想の状況です。

完璧なバランスと言ってもいい状態を目指したいわけです。

弾むボールのように

内と外との完璧なバランスが理想的なことは言うまでもありませんが、僕も気持ちが重くなってしまうことはしょっちゅうあります(汗)

生きることは修行みたいなものなので、もうこれは仕方のないことなんですね。

そんな難しい状況のなかで得られるバランスこそが、価値のあるものだと思うのです。

あなたの力でつかむ、最高のバランスです。

気持ちが重くなった時・・、

僕が心に描くのはバスケットボールです。

空気のたっぷり入ったバスケットボールが、元気よく何度も弾んでいる姿です。

ズドーンと重く感じてしまっている心を軽くするために、外を歩きながらこのボールをイメージします。

歩くステップに合わせて、心の中で弾むバスケットボールです(笑)

不思議ですが、これを続けていくうちに1~2ヶ月後には状況にも変化が訪れてきてくれるんですよね。

本当に心が弾むような環境に変わってくれることが多いから、世の中不思議です♪

捨てることで軽みが増す生き方

旅慣れた人は、荷物が少ない。

よく言われることです。

旅慣れた人ほど、多くの荷物をバッグに詰めることはありません。

あれもこれもバッグに詰め込み過ぎると、肝心の旅が不自由になってしまうからです。

これって、普段の仕事にも同じようなことが言えるんですよね。

営業カバンの中味は定期的に整理して、極力シンプルにしていた方が気持ちも軽くなります。

カバンが重たいと、何だか気持ちにまでその重さが伝染してしまうものなんです。

少なくとも僕の中では、デキる営業マンでカバンの重たい人のイメージはないですね(笑)

荷物が軽いと機動力が増すのは、肉体だけではなくて心にも同じようなことが言えるんですよね。

心の荷物とは、今持っているものへの執着です。

今は持っていなくても、どうしても欲しくて忘れられない気持ちです。

これを手放すわけにはいかないから、あっちにも動けない。
こっちにも動けない。

苦しい・・・

となってしまっているんですよね。

でもそれって、本当に手放せないものなんですか?

手放すと、あなたの人生に大きなダメージを受けてしまうものですか?

僕の母は僕が小さい頃、異常とも思えるほどの教育熱心な人でした。

そんな母でしたが父親との離婚の時期を境に、僕に向けられた教育への熱は急速に冷めたようで、パタッ何も言わなくなりました。

でも僕は普通に大学まで通うことが出来て、今は人並みの生活をおくれています♪

今の会社に入社したばかりの頃は売上への思いが強くて、いつも心が休まる時がありませんでした。

売上を達成しても、「翌月はどうしよう・・」と心配ばかりだったんです。

正月休みにも、今年の売上は・・・なんて気持ちが重くなってしまうことも普通でしたね(汗)

ところが、

「もういいや。出世なんてしなくても自分で稼ぐ力をつければいいじゃないか。」

そうして売上への執着を捨ててしまっても、会社内での変化は特にありません。

売り上げも何となくついてきています。

更に成績の良い他の営業マンもいますが、僕の心は平静そのものです(笑)

貪欲に追い求めていたものを手放しても、僕の人生は特にダメージは受けていません。

それどころか、余計なストレスから解消されて身軽になっているんです。

そのこだわり、本当に手放せないもの? ↓

「辛い、助けて・・」そんな時こそ立ち戻るべき人生の5つの原則誰かの助けが必要と感じるほどに、人生が辛い時も人にはあるものです。信頼できる方に「助けて」の一言が言える方であればまだいいのですが、一人抱え込んでしまう方も少なくありません。そうなると更に人生が辛いと感じてしまうもの。人生が辛い時に私が考えてきたことを中心に、乗り越える方法を考えてみます。...

失敗を極度に恐れる理由

心が抱えやすい重い荷物の一つに『失敗への恐怖』というものがあります。

何かをやりたいけど、失敗はしたくない。
失敗はしたくないから、行動したくてもできない。

結局、現状のまま過ごし続けてしまう・・。

そんなパターンです。

この失敗への恐怖も捨てるべき荷物の一つです。

ここで更に深堀りして頂きたいのは、あなた自身が本当に恐れているのは失敗そのものではないということです。

失敗を恐れていることに間違いはないかもしれません。

でもそれ以上に、失敗した時にあなたに向けられる周りの視線を恐れていることが多いんですよね。

自分だけにしかわからない失敗であれば、それ程の抵抗は感じないはずです。

他人から、

「あいつは失敗した。それみろ、言った通りじゃないか。」

と、そんな視線が嫌なものなんですよね。

自分が可愛いという気持ちの一つの表れでもあります。

でも、失敗は成功するために必ず必要なものです。

どんな成功者だって、失敗を必ず経験してきているはずです。

だから、失敗したくないというこだわりも捨てるべきものです。

他人からどんな視線を向けられようと、自分を強固に信じることで防衛力をつけなければいけません。

あなた自身が、他人の全てを知りようがないのと同じです。

あなたの失敗に好奇心の視線を向ける周りの人たちも、あなたが失敗から得る大切な教訓までは見ることができないのです。

失敗によって得られるものと、失敗によって受ける小さな屈辱。

それらを天秤にかけると、どちらを選ぶべきか答えは明白です。

得られるものの方が圧倒的に多いのは、失敗を恐れずに行動し続けることです。

成功者は、失敗を恐れない ↓

「人生いらない」絶望の時でも、未来の成功者の思考はここが違う人生なんてもういらない。絶望、諦めに近い感情に襲われることは誰にでもあります。それは、他人の人生よりも自分の人生の方が過酷だと感じてしまうからです。ただ同じように絶望を感じながらも幸せを掴む人は確実にいます。あなたの苦境から解放されるヒントと、見えない部分を知ることの大切さを書いていきます。...

注意したい偽物の自由

楽に生きるとは、自由であることです。

あなたを縛るものがなく、窮屈でないことです。

「だったら、やりたいことを思いっきりやってしまおう!」

そのようになると思うのですが、そこに一つの落とし穴があることに気付かなければなりません。

自由にも罠があるんですよね。

単純に、「これがやりたい!」と思っていることが、実はあなた自身を堕落させてしまうことも多いのです。

例えば食べすぎ(笑)

「美味しいものをたらふく食べたい。だから食べたいだけ食べてやろう!」

そうして自制心なく食べ続けた結果、健康にも外見的にも害を起こしてしまうことは容易に想像できます。

よくある落とし穴としては、異性の問題もそうですよね。

「好きだから、気持ちのままに!」

それを自由と勘違いしてしまって、相手が既婚者であっても構わずといった行動を取ってしまうと・・・。

大きな不幸を生産させてしまうだけです。

自由にも、抑制すべきものがあるんです。

抑制してコントロールしたその先に、本当の自由が見つかるものなんですね。

その見分け方は、長期的な視点で考えてみることです。

この自由を行使した時、

長期的に自分の人生を豊かにしてくれるものか?

それとも、短期的な満足感だけで、しっぺ返しがやってくる種類のものか?

そこをよく考えて、長期的な視点であなたを楽にしてくれる自由を選択することです。

その次に、短期的な満足感を得るための視点を両立させる道を考えていくのです。

日々の生活も、長い人生も、両方を貫く幸せを。

短期的な欲求を捨てることで、最高のバランスをゲットできることでしょう。

プロフェッショナルは、コントロールする力に長けている・・↓

人生に未来がないと苦しんでいるあなたに伝えたい。自由の意味を人生で感じる最も大きな苦しみの一つに、未来への絶望感があります。未来がないという思いにとらわれると、今という時間にも影響してしまいます。今も未来も貫く幸せ。その一本の道を歩むためには、本当の自由を手にする必要があります。自由を手にする秘訣を本記事でお伝えします。...

心が喜び楽になるには

バランスという言葉を多用してきていますね(^-^;

心を解放させて喜びを感じるには、重荷を一つ一つ捨てていくことが必要です。

その重荷とは、具体的には他人からの評価だとか、あなたの強いこだわり、失敗への恐怖などがあることを書いてきました。

これらの重荷を捨ててしまうことで、本来のあなたの心の奥底を覗くことができるのです。

同時に身軽になった感覚を楽しめるはずです。

  • 周りからの期待
  • 「しなければならない」といった責任感
  • 常識と呼ばれるモノサシ

これらによって、知らず知らず身にまとっていたぬいぐるみを脱ぎ捨てるようなものです。

そのぬいぐるみの中には、本当のあなたが存在しているはずなんです。

長い期間にわたってぬいぐるみを身にまとっていると、そのぬいぐるみが自分自身だと思い込んでしまう事すらあるものです。

重たくて動きにくいそのぬいぐるみを着た生活が、普通に感じてしまうのです。

楽に生きたい。
楽な生き方がしたい。

そんな風に感じている時、ぬいぐるみの中味がSOSを出している時でもあるんですよね。

言い方を変えれば、本来のあなたを自由にさせてあげるチャンスでもあるのです。

義務的な言葉をチェックする

何気なく口から出てくる言葉には、あなたの本心が隠れています。

その本心とは、必ずしもあなたの心を解放させるために望ましい考え方ではないものも多くあります。

「あぁ、庭の草むしりしなきゃいけないな・・。次の日曜日はゆっくりできなぁ。」

これ、実際に僕の口から出てきた言葉です(汗)

冬も終わって過ごしやすい季節が来てくれたのはいいのですが、庭の雑草も元気に顔を出してきているんです(汗)

「~しなきゃいけない」

そんな義務的な言葉が僕の口から出てきたんですよね。

この言葉には、僕の心の

「本当はしたくないけど、しなきゃいけない」

という気持ちが隠されているのでしょう。

だからと言って、

「あっ、そうか。したくないんだな。だったら、自分の心に従おう!」

とはならないので、注意して下さいね(笑)

大切なことは、僕がこの義務的な自分の言葉に気付いたというところなんです。

そこに気付けたから、そこから自分自身を制御してコントロールしていく工夫を始めることが出来るようになります。

  • この庭の草取りが終わったら、また綺麗な庭に戻るんだろうなぁ
  • 連休の朝から作業して、ひと汗流した後の休憩の時にキンキンに冷えたコーラは美味しいだろうなぁ
  • 休憩後も頑張って作業して、その後で庭でバーベキューを楽しむのもいいかな♪

そんなことを想像しながら、

「自分は草取りがしたいんだ♪」

そんな風に考え方を持っていくんです。

やらなきゃいけないんじゃなくて、やりたい。

やり遂げたという、小さな満足感を得るためにやりたい。

綺麗になった庭を見て、自分の成果を実際に見ながら満足感を楽しみたい。

新しい自分の発見です(笑)

どんなことからであっても、自分の満足感を得るためのトレーニングができるのです。

こんなトレーニングの積み重ねが、義務感に追われる人生から解放させてくれる大きな力となってくれます。

自分の枠を知る努力を

自分のキャパを大きく超えてしまうような目標をもってしまう。

そのことが苦しみの原因となっていることも結構あることです。

実はここ、とっても大切で最も難しいところでもあるんです。

自己限定して、小さくまとまるな!

大きく夢を持て!

そんな美麗文句があるので、自分の限界を認めるという考え方に抵抗を感じるものなんですよね。

それでも、人には向き不向きがあります。

勉強好きな人に、「オリンピックの出場を諦めるな!」と言っても無理があるのは誰にでもわかることです。

自分には自分の畑があり、耕すべき領域があるものなんですよね。

そこを知ることも大切ことなんです。

決して自分の可能性を閉じるとか、小さくまとまるとかそういったことではありません。

誰よりも自分を深く知る事が出来て、その中で大きく成果を出そうとする姿勢のことなんです。

自分の使命はここまで。
自分で出来る最大の可能性はここまでか。

どこかでそれを認識することは、とても大切なところです。

そうして限界まで行ったところで、その先はまた考えていけばいいんです。

キャパを超えた分野への望みは捨てる。

ここでも、捨てることの大切さを学ぶことができるのですね。

無理をすべきところと、無理すべきでないところ

なんだか、寂しい考え方だな。大きな夢を持つべきじゃないなんて・・。

そんな風に思われるかもしれませんね。

ここは混乱しやすい難しいところなんですが、とても大切なところです。

『運命』と『宿命』の違いを考える時の難しさに近い感があるんですよね。

もし自分の未来が完全に決まっていれば、この世に生まれてきた意味がないと思いませんか?

僕はそう思います。

自分の努力や力量、持って生まれた才能を磨いて自分の人生を切り拓くことが出来る。

未来を変えることが出来るから、生きがいも出てくるものなんです。

でも、変えられないものも確かにあります。

  • 『運命』は変えられるもの
  • 『宿命』は変えられないもの

この違いです。

あなたがスイカだとしたら、メロンにはなれないんです。

ここが変えられない部分です。

それでもスイカとしてより瑞々しく、より糖分の高い、もっと美味しいスイカとなるための変化は可能です。

あなた自身の力で切り拓いていける部分にフォーカスすべきなんです。

「やっぱりメロンになりたい」

となってしまうと、そこに不要な苦しみを生んでしまいます。

スイカはスイカ。
より完成度の高いスイカを目指すことは可能です。

そこは多少の負荷をかけて無理をする時期もきっとあるでしょう。

努力は必ず報われるものです。

でもメロンになろうとする希望は捨てる必要があります。
そこは執着してはいけないところです。

この見極めが人生では難しいところですね。

他人との比較で惑わされたり、隣の芝が青く見えたりするからです。

無理をすべきところなのか?
無理せずに受け入れるべき部分なのか?

あなただけの、オリジナルの人生です。

あなた自身を知り、自分を愛してあげることです。
ご自身の特性を見極めて、磨いてあげて下さい。

長所を徹底的に伸ばして、短所を受け入れてやってください。
その短所だって、時代が変われば長所に変身してくれるときがきっときます。

軽くステップを踏むように、お互い過ごしていきましょ♪

そうすることで、楽に生きる術を学ぶことがきっとできるでしょう。

 

まとめ

楽に生きるために必要なこと
背負っている荷物を捨てて、身軽になること

外からの評価に反発を感じてしまうあなたが注意すべきこと
反発する対象を求めて依存してしまっていないか?自分軸は持っているか?

気持ちが重くなった時に、1~2ヶ月で心を軽くする僕の方法
空気がたっぷり入ったバスケットボールが心の中で軽く弾む様子を描き続ける

失敗することで、あなたが本当に恐れているもの
失敗した時の周りの視線。でもあなたが失敗から得られる大事な教訓まで、他人は見ることはできない

他人の人生で自分を評価することが無意味な理由
スイカはメロンにはなれないように、あなたはあなたの人生しか生きることが出来ないから

 

TOPに戻る

 

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。