やり直し

「人生やり直しは何歳まで?」の答えと、やり直しのプロセスとは

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

人生をやり直すべき時の転機の表れ方
やり直したい気持ちから行動にうつすまでの最後の関門
ついに行動を起こしてから、その後直面すること
苦難の時期を耐え、ついに新しい景色を手に入れたとき
人生のやり直しが完了したとき

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約9分です

 

「人生をやり直したい。」

僕もそのように思っていた時期を何度か経験しています。つい最近もありました汗

『やり直す』という表現は適当ではないかもしれません。

『新しいことに挑戦』するとか、『違う道を歩む』決意をするといったことと同義としてここでは捉えることにしますね。

その時にまず気になるのが『年齢』という方は多いのではないでしょうか。

僕なんかは、特に人よりも遅いペースで人生が進んでいるタイプです(^-^;

だから年齢のことが気になってしまうことが多かったんですよね。

人が10代で経験するようなことを僕は20代で・・・、全てにおいてそんな感じでしたから(^-^;

ただ結論から言うと、人生のやり直しに年齢なんて関係ありません。

このことについての記事は既に書いていますので、興味のある方はぜひ後でお読みください♬

 

新常識!人生をやり直したいあなたへ。年齢は忘れてください新しいことを始めようとしたり、人生をやり直したいと思った時に、ブレーキとなってしまうのが年齢です。ですが、年齢を理由に事を始めることを止めてしまうことは無意味なことなのです。人生のやり直しに年齢を考える必要が無い理由を書いています。...

 

常識への逆襲!人生のやり直しはできる!年齢は関係ない断言します。年齢に関係なく、人生にやり直しは出来ます。ところが、年齢や失敗への恐怖から現状を維持する選択をされる方が多くいます。人生をやり直そうと決意した時に考えることは失敗ではなく、別のモノサシです。年齢に関係なく人生をやり直すための考え方をお伝えします。...

 

上の記事を読んで頂ければ、『人生のやり直し』は何歳からでも可能。
先延ばしこそ禁物。

やり直したいと思った時がその時。

そのようなことがご理解頂けると思います。もう答えが出ちゃってますね(^-^;

『人生の転機』とか、『やり直したい』と思わせるような大きな出来事って、全ての方の人生に用意されているような気がするのです。

本当の成長とか、本当の幸せを知るために必要な材料としての『恵みの転機』と言ってもいいと思います。

人生の大きな転機、やり直しの機会とはどういった形でやって来るのか?

今日はそれについて書いていきますね。

受験生の方や、何かに挑戦されている方、試練の中で苦しい思いをされている社会人のあなた・・・そういった方たちに読んで頂きたい内容です(^.^)

人生のやり直しを決意するまで

人生の転機は色々な形でやって来ます。

病気や家族の関係、人との出会い、仕事での成功や挫折・・・。

どんな形でやって来るかは人それぞれですが、共通することは当人がそのような出来事を引き寄せているということです。

意識的にしろ、無意識的にしろ・・、

あなた自身の「人生を変えたい、やり直したい」という気持ちが色々なキッカケとなる出来事を引き寄せているのです。

同じ出来事であっても、あなた自身が現状に満足しているのであればそれを『人生をやり直す』キッカケとして捉えることは決してないはずです。

「このままではダメだ。どこかで人生の進路を変更するべきだ。」

そのような気持ちをどこかで抑え込みながら日々を過ごしていたのかもしれません。

このままではダメだとかすかに感じつつ・・・

日々の生活に流されて何となく過ごし続けているのでしょう。

それでも、安全な日々を続けている中で時折聞こえてくる

『このままではダメだ』

という声。

大したことじゃない。
無視できるほどの小さな声だから。

そんな風にやりすごしながら、毎日を過ごしていければいいとお考えであるのかもしれません。

でも・・・、

それって、ただ抑え込んでいるだけで、決してなくなることはない気持ちなんです。

あなたに聞こえていないだけで、存在している気持ちなんです。

一滴一滴のしずくがたまり続けて、マグマのように噴火を待っている状態なのかもしれません。

そんなあなたの無意識の欲求が、『人生の転機』と言う形で表面化してくるのです。

あなたが引き寄せているものだと気付かれることもなく・・

定期的にやって来る人生の大改革の機会

人生をやり直したいと思う機会は、『不幸な出来事』として表れてくるケースが多いです。

一見すると『不幸な出来事』なのですが、実はチャンスなんですよね。

人生の進路を決定したり、大きな方向転換を強いられるようなことです。

そのような大仕事、なかなか重い腰が上がるものではありません。

やはり、現状を維持したい
リスクは避けたいという欲求も私たちにはありますから。

そんな安定への欲求を打ち負かすほどの出来事でも起こってくれないと、なかなか動けるものでもありません。

そんな私たちに半ば強制的に行動させようとして現れてくれる出来事が『人生の転機』であったりするわけです。

これって、不思議ですが10~12年位の周期でやって来ます。

僕自身、自分の過去を振り返って人生の分岐点と言えるような出来事をさかのぼると、大体12年ごとにやって来ているのです。

この12年という時間は、人によって様々かもしれませんね。

少なくとも、どなたにも『それまでの人生から大きく変化する』キッカケとなる出来事は、定期的にやって来るものだと僕は思います。

結婚を考える相手との出会いであったり、将来長い期間付き合うことになるような仕事上での出会いであったり・・・。

転職や、部署の移動、左遷などの挫折経験・・・、形は様々です。

また、病気知らずの健康体だったはずなのに、体調を大きく崩してしまうようなこともあったりします。

いずれにしても、そんなに頻繁に起こることではありません。

あなたに何かを気付かせよう、人生の方向転換をさせようとして起こってくれる出来事なのです。

そのチャンスをもし逃すようなことがあったら・・・、次のチャンスが訪れるのは12年後ということです。

胸の内からの衝動を感じ始める

僕の実例を言えば最近では、

  • 夫婦間の亀裂、娘との関係の悪化、別居。断酒。
  • その12年前は、退職と転職。独立の夢叶わず挫折感に打ちのめされる。
  • 更に12年前では、大学の休学。住み込みのバイト、そして語学留学。

これらの出来事が僕の人生では大きな分岐点であり、転機であり、やり直しの機会と言ってもいいものでした。

辛い時期でもあり、達成感を感じる時期でもありました。

そして自分自身の人格にも影響を受けるほどの大きなキッカケでした。

僕の場合のサイクルは12年ごとに大きな人生の方向修正が行われ、その後の12年間の生き方への基礎がつくられているのです。ここは何の根拠もないところなので、興味の無い方は読み飛ばして下さい(^.^)

大きなやり直しであっても、12年が経過すると何となくマンネリを感じてくるのでしょうか。

「このまま過ごしても大きな進歩や成長の喜びが得られない」

そのように判断するのかもしれません。

再び、大きなキッカケが表面化してくるのですね。

そんな時期、実は心の奥では何とも言えない衝動のようなものを感じているものなのです。(参考 ⇒ 衝動の源となっている、潜在意識。あなたの人生を大きく変える力のあるものです。

近い将来やって来る、大きな変化への武者震いのような感じですね。

長い時間、安定した人生を過ごすことが出来た。そろそろ次のステージへ上がらなければ堕落してしまうかもしれない。

新しいことに挑戦してみたい。
このままでは嫌だ、人生後悔したくない。
変化が必要だ。

そのような思いがだんだんと表面化してきます。

少しずつ溜まってきたマグマが噴火するタイミングを待つような、そんな予感です。

次々と襲ってきた不幸な顔をしたチャンス ↓

40代後半で人生をやり直している僕から!新しい扉へようこそ♪40代に人生の方向を変えるような出来事を経験する方は多いようです。私もそうでした。40代になって、人生をやり直したいと思うようになったのです。第二の人生を目指している今、とても人生を楽しめています♪40代で人生のやり直しを考えている方への熱いメッセージです。...

現実的な状況を考慮して決断する

病気や人間関係の変化など、何か強制的な出来事が起こらない限り、なかなか行動まで移せるものではありません。

確かに、失敗のリスクはあるものです。

何もせずに、嵐が過ぎるのをただ待つだけという選択肢もあります。
安定していた生活を手放してまで、行動を起こす価値はあるのか?

目標のレベルを一つ落とすべきではないだろうか?

次のステージに上がろうとするその気持ちが本物かどうかを確かめるかのように、色々な恐怖心が襲ってきます。

「もっと下の学校を目指すべきじゃない?」

「そんな無謀なこと、絶対にダメ。まだ子供だってこれからお金がかかるんだから。」

「老後の生活はどうなるの?会社勤めのままの方が、安心なのに。」

家族の反対もあるでしょう。

最後には、孤独な戦いとなるのです。

色々な意見が耳に入ってきますが、最後にはあなた一人の決断です。

あなたの人生なのですから。

思いから行動に移るまでの、最後のハードルとなるものです。

孤独だから人生がつまらない?どうして孤独が人生を変えるのか?孤独であることをネガティブに捉えている方がとても多く感じます。孤独であることが人生をつまらないと感じさせる原因と感じているのでしょう。でも実際は、孤独と感じているあなたは『成功者への資格』を持っているのかもしれません。その理由を書いていきます。...

人生のやり直しに取り掛かる時

どうしても変わりたい、やり直したいという欲求を抑えきれなくなった時、ついに行動に移すことになります。

色々な可能性を考え、リスクを考え、それを乗り越えたあなたがいよいよ実際の行動に入る時です。

考えすぎて、結局は行動に移すことが出来ない方もいます。
行動に移すタイミングを逃すこともあります。

考えてもわからないことは、取り合えず行動に移す。
これもまた、立派な決断です。

人生やり直しの選択は、簡単ではないということを既に覚悟されている段階です。
簡単にクリアできることではないから、簡単に決断も出来なかったのです。

行動に移すことによる困難、苦難も覚悟の上。

自分の人生。

後悔したくないという内側から湧き上がる気持ちは、何にもまして強いものがあります。

挑戦せずにはいられないのです。

予想以上に困難な状況に直面する

新しい道へ進むことを決めたその日から、生活がガラリと変わります。

今まで通りの生活習慣を継続することは出来なくなるからです。

1日の多くの時間をあなたの目標の実現の為に費やすことになるでしょう。

覚悟は出来ている。
簡単な道ではない。
1週間やそこらで簡単に達成するようなことでもない。

予算を与えて、部下に指示すれば勝手にやってくれる。

あとは、出来上がったものをちょこちょこっと、修正させればいいだけ。

そんな次元のものとは全く違う、孤独な作業です。

あなた自身の理想の未来のために、暫くの時間を捧げる必要があるのです。
長期戦も覚悟しなければならない。

それも事前に十分過ぎるほど理解していたはずです。

あらかじめ覚悟はしていた、変化への困難、産みの苦しみ。

それでも、辛さはやって来ます。
あらかじめ予想していたはずなのに、やはり辛くて孤独な戦いなのです。

その辛さ、苦しみは、あなたが事前に予想していたものよりもずっと大きなものであることが非常に多いものです。

残念ながら、諦めてしまう人も出てきます。

100人挑戦して、100人が成功することなんて世の中にありませんからね。

事前に予想していた苦難よりもより大きな困難、違う種類のハードルが目の前に表れてきます。

本当に報われるのか疑い始める

どの程度の苦難、どの程度の期間の努力の期間が続くのかは、人それぞれです。

一人一人の能力や、挑戦している内容によって異なってきます。

共通しているのは、あなたにとってのギリギリの範囲内での苦難、そして忍耐の期間を過ごすことが必要となるということです。

試しの期間を経ずして、望んだ結果は得られないということなんでしょうね。

1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月・・・。

長期戦を覚悟していたはずなのに、その忍耐の時期の途中で、疑いの気持ちが出てくることがあります。

忍耐の期間とは、結果が表面化してくれない期間のことです。

例えば英語学習であれば、最低でも3ヶ月は結果の出ない期間を耐える必要があります。

1日1日は必要な時間で無駄な時間では決してないのですが、1点の進歩も無いまま時間が過ぎていきます。

逆に、すぐに結果が出てくる時は注意が必要です。
単にヤマが当たっただけで、そこで安心してしまったりしてしまうからです。

ある時点を超えた時に突然結果が出て来てくれるものなのですが、それまでの期間を耐えられないことが多いのですね。

「本当にこのままやり続けて大丈夫だろうか?」
「お師匠さんの言うことを信じて、結局成果が出なかったら・・・、この時間は無駄だ。」
「別の先生のアドバイスを聞いてみようかな。塾を変えてみようか・・・」

結果だけにフォーカスしてしまい、焦りと疑いが襲ってくる時期です。

この時期は、理想の未来を描きながら結果を気にしないようにする工夫が必要な時です。

こうした迷いとの闘いも一つのパターンとして、やって来ます。

苦難の時期、7割から8割終了した時点でこの疑いの罠がやって来ることが多いです。

結果を焦らない気持ち・・↓

人生やり直した人、やり直せなかった人。ちょっとした違いとは?人生のやり直しには大きな労力が必要です。やり直しの必要性を感じながらも、諦める人も残念ながらいます。物事をやり抜く人には、一見矛盾するような2つの視点を両立させています。本記事では、やり直しできた人とできない人の違い、そして大切な視点についてお伝えします。...

一番深い暗闇の後で夜明けがやって来る

その疑いの時期を過ぎる直前の暗闇。

その時が最も暗い時であることを知ってください。

最も深い暗闇が明ける前に、疑いや迷いの気持ちを振り払うことが必要です。

ここを乗り越えたときに、あなたの太陽は登ってきます。

遥か向こうから少しずつ朝陽が見えてくるのです。
長い暗闇、トンネルを不安な気持ちで一人進んでいる時に遠くにみえる光です。

その最初に小さな光が見えた時の感動を忘れないでください(^^♪

小さな光ですが、疲れ切ったあなたの心と体を吹っ飛ばすような朝陽です。

その気持ち、高揚した感情はこの先あなたの人生に必要なものです。

後に続きたいと思う方々への生きたアドバイスもできるでしょう。

そこからはもう、トントン拍子ですよ♪

グングンと陽が昇り、あっという間に明るくなってきます。

生まれ変わりを現実のものとしたのです。

危険な時期を無事に乗り越えて、新しい人生を歩む道が目の前に広がっているはずです。

人生やり直しの完了。そして・・・

そうして到達した、人生の新しいステージ。

簡単には実現できなかった景色が、現実としてあなたの目の前に表れています。

長いさなぎの期間をじっと耐えながら、コツコツと孤独の中で『人生のやり直し』に向け、生活習慣までもガラリと変えながら過ごしてきた期間の成果ですね。

脱皮に成功して、空に飛び立つのを待っている蝶のような姿です(^^♪

新しい人生がこれから始まるのですね。

ここからが本当のスタートです。まだまだ先は長いのですから。

違う景色が見えてくることを楽しむ時期

変化は突然です。

反対していた家族からの理解も、この頃には既に得られているはずです。

「よかったねぇ。」
喜んでくれている家族の姿も現実のものです。

今まで苦労をかけてきた家族です。
苦難の時期を一緒に過ごしてきた家族です。

恩返しはこれからですね♪

陰口を叩いて喜んでいた周囲の方々の中には、面白いように手のひらをひっくり返してくる人たちも出てくることでしょう。

結果だけを見て、クルッと手のひらを返してきます。

あなた自身の目に見える全てが新しく映っていると思います。同じ景色が輝いて見えるはずです。

全ては、苦難の時期を耐え忍んできたあなたへのご褒美です。

希望を失わず、自助努力を放棄しなかったあなたへのご褒美です。

全てが楽しく感じられる時です。

調子に乗り過ぎて慢心してしまう罠さえ避けることが出来れば、長い期間にわたってこの恵みの時期を過ごすことになるでしょう。くれぐれも、調子に乗り過ぎて失敗しないように注意してくださいね(笑)

 

この瞬間の為に、今までの全てが必要だったのだ・・↓

あなたの人生も変えるかも!僕の人生に影響を与えた魔法の言葉言葉は、意識しているいないに関わらず私たちの人生に大きな影響を与えています。人生を変える力を持っているのが、言葉の力です。私の人生を変えた魔法の言葉を3つだけ厳選しました。あなたの人生にも、良い変化を与えてくれるキッカケとなることを願っています。...

試練の時期を懐かしく感じる

受験が終わった時の解放感って、すごいものがありますよね(^.^)

固い殻の中でコツコツと精進を続けていたあなたに与えられる、あの解放感です。

しばらくはその解放感の中で、大空を舞うような楽しみを感じながら過ごす毎日となるでしょう。

ところが、この楽しすぎる時間も永遠には続きません。

全ては諸行無常なんですね・・。

苦難の時期に終わりが来たように、この解放された楽しみの時間もまた終わりがやって来ます。

ハッキリ言ってしまえば、すぐに退屈してしまうようになるのです。

なぜなら人には特性として、その根本に勤勉や勤労を喜ぶ性質があるからです。

プールサイドでカクテルを飲んでいる時間も楽しいものですが、それが毎日続くとなると耐えられなくなってくるようになっているんですね。

プールで働いている方々を羨ましく思ったり、過去の苦しかった時期が懐かしく思えてきたりしてきます。

「あぁ、あそこで働いている人、飲み物を持って行ってお客様からお礼の言葉を受けている。何だか羨ましいなぁ。」

「あのガムシャラに過ごしていた孤独の時、自分で言うのも何だけど頑張ってたよな。何だか懐かしいな・・・」

そうして、次の挑戦が始まっていくのです。

次の挑戦と言っても、大改革と呼ばれるほどの大仕事ではありません。

あくまで今回たどり着いたステージをベースとして、そこから始まる新しい挑戦です。

次なる道を見つけることに失敗してしまった時、ぐうたら生活に落ちていってしまう危険性もそこにはあります。

『勤勉』や『勤労』に人の特性があるということです。その中に喜びを感じるように出来ているのです。

『人生を賭けて挑戦したい』と思えることを見つけることが必要です。

ここまで来ると、あなたの人生のやり直しは大成功と言ってもいいですね♪

やり直しなど必要無かったことを知る

「人生をやり直したいと考えたことはありますか?」

「自分は特にないなぁ。やりたい事全部やってきているからね(笑)」

「ですよね、〇〇さんはやり直したいなんて思ったことないでしょうね。」

そんな人生は、僕にとって理想ですし、多くの方にとってもそうではないでしょうか。

『やり直し』なんて必要のない人生を生きている方です。相当な天才型でしょうけどね。

僕のような凡人には、過去を悔やんだり後悔することも多いです。

だからこそ、定期的に人生の大掃除みたいな衝動に駆られるのだと思います。

でも全てを乗り越えて、その後のステージの違いを楽しみそして、退屈を感じ始める。

人生を賭けてやろうとすることが見つかったとき。

「結局、人生のやり直しなんて必要なかったんだな・・・。」

とそんなことを思う時があるのです。

僕の人生は失敗だらけ。後悔だらけ。

でもその代わりに『大きな方向修正をしたい』という自分の気持ちに嘘つくことなく、誠心誠意取り組んできた。

だから今があるんだ。

思えば、失敗も、後悔も、自分にとっては必要な経験だった。
やり直しと思ってやってきたけど、全てが自分には経験しなければいけないことだった。

「今の自分がすべきことって何だろう?」

常にそれを問いかけながら過ごしていくことが、自分らしく生きていく道なのかな。

「人生のやり直しって、自分にとっては必要の無い言葉かもしれない。」

「全て受け入れて、その時すべきことをやるだけだから。そして人生を楽しむだけだから。」

そのように感じるようになります。

全てが懐かしい記憶として、あなたの中に宝としていつまでも残ってくれる『黄金の記憶』となるのです。

今のあなたは黄金の時間を過ごしている・・↓

人生が辛い時期、デキる人の乗り越え方、考え方とは?人生が辛い時期は誰にでもやって来ます。レベルもタイミングも異なりますが、例外なく生きている全ての人が経験する辛い時期です。その乗り越え方を知るには、辛い時期の意味をまずは知ることが必要です。なぜ辛い時期が人生に与えられるのか?この記事を読み進めてみてください。...

 

まとめ

人生をやり直すべき時の転機の表れ方
不幸な顔をしてやってくる。病気、挫折・・、実はチャンスであることが多い

やり直したい気持ちから行動にうつすまでの最後の関門
孤独。孤独を乗り越える覚悟ができた時、行動にうつす

ついに行動を起こしてから、その後直面すること
予想以上の困難。達成への疑問、疲れ。決意と我慢が試される時

苦難の時期を耐え、ついに新しい景色を手に入れたとき
心の底からの喜びと、そして退屈さ。過去の奮闘を懐かしく思う気持ち

人生のやり直しが完了したとき
病気や挫折、苦難、幸せ。全てが必要な経験だったことを悟り、黄金の記憶としてあなたの心に残る

 

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。