やり直し

常識への逆襲!人生のやり直しはできる!年齢は関係ない

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

人生の下降線は、どんな時に始まるのか?
人生をやり直すために大切な『行動』とは?
なぜ人生のやり直しに年齢は関係ないのか?
『目標』よりも大切なこととは?

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約7分です

 

「人生をやり直したい」という気持ちに年齢は関係ありません。

10代の頃もそのように感じていましたし、40代半ばを過ぎた今でも「やり直すぞ!」といった気持ちを持っています。

もちろん、10代の頃に感じた『やり直したい』という気持ちと今のそれとは質が異なります。同じだったら、ちょっと気持ち悪いですよね(^-^;

10代の『やり直したい』という気持ちは、例えば定期試験の結果であったり異性との関係です。そういったことを『やり直したい』といったケースが多かったですね。

だから若い年代での『やり直し』は、『再チャレンジ』と言い換えることも出来るかもしれません。

一方、ある程度の年齢の方が『人生をやり直す』と決意するときは事情が違います。

もちろん、先程いった『再チャレンジ』のケースもありますが・・・、

【過去を全て清算して、真っ白な画用紙に再び絵を描いてやろう】

といった種類の『人生やり直し』となってくるのです。

この記事では、【真っ白な紙に再び絵を描く】やり直しについて書いていきますね!

(10代~20代の世代のやり直しについては、こちら↓の記事をお読みください♪)

20代、人生やり直しの秘訣。知っておくべき兆候と変化への覚悟人生をやり直したいと願う20代の方々にとって有益となりそうな内容を書いています。人生をやり直す時に目の前に表れるハードルや、人生に変化が起こっている時の兆候を紹介しながら、『人生やり直し』への心構えについて書いていきます。...

人生をやり直したいと思うとき

ある程度の年齢に達したときに、『人生をやり直したい』と思う時。

それは、今の自分の延長がどのような未来になっていくかをある程度見通せる段階。
そんな時に生じてくる気持ちです。

私の場合であれば、今の職場ですね(^-^;
勤めてもう13年が過ぎています。

会社の組織の性格もほぼ掴めていると言ってもいいでしょう。

「このまま勤めて普通にいけばこんなルートを通るだろうな。」
「自分がこの組織で行けるところは、この位までかな。」

といった部分が見えてくる段階に既に入っているんですよね。

もちろん、人生どう転ぶかはわかりません。
ただ、通常だったらここまでだろうといったところはもう見えてきます。

「いいのかな?自分の人生このままで。」
「今から10年後、20年後、定年する時に後悔しないかな?」
「若い頃に想像していた40代の自分と、今の現実は随分違うよね(悲)」

なんてことを考える時期に入って来るのですね。

自分の過去への後悔

「今の現状がこんな風なのは、あの時の選択が間違っていたからだ。」
と、自分自身の過去を振り返り始めることもよくあります。

私なんてこれを人に話すと苦笑いされるのですが・・・、

小学生の頃のことまで、未だに『後悔している』と感じることが実はあるのです(汗)
御存知でない方の為に申し上げると、私もう四捨五入すると50歳のオッサンです(^-^;

小6の頃のソフトボール大会で、なぜ全力で投げなかったのだろう?
小6の陸上大会、最後まで全力で走ればバトンミスしなかったのに・・

少し年齢が進み・・・、

  • あの時、もう少し思慮深く就職活動してればもっと福利厚生のキチンとした会社に入れていただろう・・・
  • 公務員を目指していた方が良かったのだろうか?

未だにそんなことを感じる瞬間が本当にあるのですよ。
過去の苦い経験や迷いを完全に拭い去れていない証拠ですね。

また、自分の人生の分岐点での選択が正しかったのか今でも確信が持てていないことの表れであるとも言えます。

現状への不満がある

そういった、自分の過去に対する後悔の念。
分かれ道の前に立った時に、自分が選んだ道への疑問。

そんな感情が生まれてくる理由は、一つです。

『現状に満足できていない』
これだけなんですよね。

人生をやり直したい。今からでもやり直しできるのか?

そんなことを考えているということは、
『自分の現状が満足のいくものではない』
とご自身で思われていることをまずは認めなければなりません。

そこから、人生のやり直しが始まるのです。
再び、真っ白な画用紙に絵を描く時が来るのです。

大丈夫(^.^)
ご自身の過去への後悔が無いなんて方のほうが、超少数派です。

「一片の悔いなし!」
と言い切れる方は、既に白い用紙に絵を描いている方に違いありません。
或いは、相当鈍感な方であるかのどちらかでしょうね。

更に発展したいという気持ちが隠れている

後悔の念に襲われることは、普通のことです。

過去にそんなに大きな失敗をしていないような方。
大きな失敗をしてしまった方。

どちらの場合であっても、後悔の念に同じように襲われることがあるのです。

それは、裏を返せばあなたが
『これからの自分の人生を輝かせたい。更に発展させていきたい』
という気持ちが隠れていることを示しています。

向上心があり、今よりももっと幸せになれる可能性のある方なのです。

人生をやり直せない人

人生をやり直せない人は、良い言い方をすれば
「今に満足出来ている。」「今が幸せです。」
とスパッと言い切れるような方です。

やり直す必要の無い方ですね。

ただ、「自分は幸せだから、やり直す必要は感じない。」という方であっても実は一つ落とし穴があることに気付かなければなりません。

例えば、今の私は幸せです(^^♪

本当ですよ。
現状にも満足していますし、もっと素晴らしい未来が欲しいとも思っています。

こんな幸せで満たされている自分(笑)ですが、私も実は
『人生をやり直したい』
と思っている口なのです(^.^)

なぜか?

人は変化し続ける必要があることを知っているからです。
【現状を維持したい】と思った時が、【衰退の始まり】であるということです。

先程も言ったように、『もっともっと輝かせたい』という気持ちがあるからです(^^♪

失敗を恐れている人

「失敗して、今より悲惨になりたくないから。」(本当はやり直したいのに‥)

そのように考えて、行動に移せない人は多くいます。
リスクを考えてしまい、現状のままでいいやと思ってしまうのですね。

そのような方に知って頂きたいのは、挑戦する人にとって本当の意味での『失敗』など無いということです。

そして、何もかも思い通りに事を進めてきた人など存在しないという事実です。

もしあなたが、「なにかに挑戦したい、人生やり直したい」という気持ちを持っているならば、『失敗』ではなく『後悔するか否か』のモノサシで判断するべきです。

失敗は誰でも経験する貴重な宝。
失敗はあなたに、「成功しない方法」を教えてくれた一つの貴重な教訓。

でも、『後悔』への原因に対して過去に戻って修正することは出来ません。

あなたが40代であれば、50代になったときに。
あなたが50代であれば、60代になったときに『後悔』しない判断なのか?

そのように考えてみて下さい。
その時にあなたの心から聴こえてくる答えに従うだけです。

考えてばかりいる

考えてばかりいても、物事は進むことはありません。
もちろん、思考することは全ての始まりです。

でも大切なのは、そこからの一歩。具体的な一歩です。

「人生をやり直したい!」
と考えて、次に起こす行動はどのようなものでしょうか?

『人生をやり直す』ための本を買って勉強ですか?
『人生をやり直す』ための情報取集をネットで行いますか?
『人生をやり直す』ためのアドバイスをお師匠さんへ求めますか?

このような行動パターンの罠に、以前の私は完全にハマってしまっていました(・_・;)

行動こそが大切。成功者は行動しながら考える。

あなた独自の具体的な行動を起こしながら、本を読めばいいのです。
やり直すための新しい行動習慣を起こしながら、情報収集するのです。
実際の行動を起こしながら、お師匠さんへアドバイスを求めるのです。

試験に合格するために、「勉強のやり方を勉強する」ようなことは避けるべきですね。
ただ、勉強という行動を起こす。

行動を起こしながら、勉強法をつかんでいくのです。

人生をやり直す方法

1ラウンドで終わらないところが、人生の素晴らしいところですよね(^.^)
10ラウンドまで劣勢であっても、最終ラウンドで逆転可能なのが人生です。

あなたが、50歳であろうが60歳であろうが、それ以上であってもラウンドが残っている以上、逆転は可能です。

年齢なんて関係ありません。

時間の流れは、人それぞれ違うということを信じてみて下さい。
私には私の、あなたにはあなたの時間の流れがあるのです。

だから、年齢に関係なくあなたが「やり直したい!」と思った時がその時です。
そのチャンスを逃さないことです。

自分の過去を振り返り肯定する

成功者は、失敗した過去すら美しく見るものです。

カンニングしてテストの点をあげた恥ずかしい過去。
兄弟や他人との比較に苦しんで逃げてきた過去。
全力でぶつかることを避けてきた過去。
(全部私の過去です(^-^;)

そんな過去を一つ一つ振り返り、反省し肯定してあげます。
『反省』という表現は何か消極的で、自己卑下的なイメージを持たれるかもしれませんね。

でも私は、過去の反省という言葉をとても積極的なニュアンスで使っています。
これから先の未来を輝かせるために必要な、積極的な作業なのです。

『後悔』と『反省』の違いについては、こちらの記事をどうぞ↓

人生やり直した人、やり直せなかった人。ちょっとした違いとは?人生のやり直しには大きな労力が必要です。やり直しの必要性を感じながらも、諦める人も残念ながらいます。物事をやり抜く人には、一見矛盾するような2つの視点を両立させています。本記事では、やり直しできた人とできない人の違い、そして大切な視点についてお伝えします。...

自分の過去を振り返り、そして認めてあげることで白紙からのスタートが可能となります。

理想の未来を描く

次に『人生をやり直した』結果、あなたにどのような未来が訪れているのかを描きます。
難しく言いましたが、目標を立てるということです(^.^)

常識や、今までの経験にとらわれることなく素直に何でも描いてみることです。

「こんなこと不可能じゃないか?でも出来たらいいな。」
と思うことを紙に書いてみます。

大丈夫(^.^)

あなたが希望していることは、たとえわずかであってもそれがあなたの才能です。
白紙になったあなたは、どんな絵でも描けるはずです。

後悔しない道を選択していることが、すでにあなたが『人生をやり直せる』道へと足を踏み入れている証なのです。

目的を明確にする

なぜ、あなたがそれを達成したいのか?
あなたが今描いている理想の未来が現実になった時、あなたの「どのような目的」が満たされるのか?

それをいつでも答えられるようにしておくこと。
つまり、目的を常に明確にしておくこと。

ここが今日、私がこの記事で一番お伝えしたいところです(*^^)v

目標や夢を持つ方は大勢います。
でも、「なぜその夢なの?」に即答できる方は少ないのです。
(それに即答できる方が、近い未来に夢を形にされる方です)

例えば今の私は、本業ではなく現在手掛けている副業の方で生計を立てていきたいという夢を持っています(^.^)

そして、本業の収入の3倍は今の副業から得たいという目標を描いています。

その『目的』は、組織内の肩書や人間関係での窮屈さを避けたいからです。

自由なライフスタイルが欲しいのです。
自由でかつ、他人様に喜んで頂ける仕事を身に付けたいというクリアな目的があるからです。

これらの目的が達成出来るのであれば、上記の目標にはこだわりません。

目的の方は、あなたの深い価値観と関わってくるところです。
ゆっくりと考えて、コロコロと変えるべきものではありません。

一度、この目的を一人になった時にゆっくりと考えて、常にピカピカに磨いておくことが大切ですよ♪

行動を起こす

目的が明確になったところで、行動です!

コツは、大きな行動である必要はないということです。
小さな行動でもいいから、とにかく始めること。

私の場合で言えば、この始めたばかりのブログ。

最低でも、100記事は書いていかないと色々な方の悩み解決へお役に立てることは難しいよねぇ~と思っています。

100記事がゴールでなくて、もしかしたらそこからがスタートかもしれません(^-^;

でも現状では1記事書き上げるだけで、短くても5時間。
1日では終わらいことなんて当たり前です(汗)

100記事なんて来年のいつ頃よ?
そんなことを考えると挫折しそうなので、今は考えていません!
(先程言った目的の方はピカピカですよ)

今日は、1章だけでも下書きを終えよう。
今日は、楽しい気持ちで書くことを目標としよう。

そういう風に、小さな目標に細分化して行動しています。
そして、行動した自分を褒めることにしています。

目標を達成する為の、超有効な方法に興味がある方はコチラをお読みください(^^♪)

『夢を叶える引き寄せレボリューション』(岡野真)感想レビュー「今度こそあなたは変われる。夢を叶える引き寄せRevolution」を実際に使っている私からのレビュー記事です。特徴、難点、感じたことを正直に書いています。購入に迷われている方への参考として頂くために書きました。...

 

人生をやり直そうとしたときに起こること

「人生をやり直そうとしてるけど、自分は上手く出来ているかな?」
と不安に感じる時には、是非これから書くことを参考にしてみて下さい。

やり直そうとしていることは、『あなたの長い人生』です。
インスタントラーメンのように、パッと完成してしまうような味気ないものではありません。

時には、長期戦も覚悟しなければいけない時もあるはずです。

でも、無駄な挑戦はこの世に一切ありません。
あなたの『人生を変えたい』という気持ちと行動は決して裏切ることはないでしょう。

人間関係が変わる

あなたが本当に人生をやり直せている時は、人間関係の変化がそれに表れてきます。
今まで仲良くやってきた方々と、少し疎遠になってしまうことがあるかもしれません。

今の私ですが、お酒を完全にやめてからもう1年が過ぎています。

最初は飲酒欲求がこみ上げてきて苦しかったので、居酒屋さんなどからは意識して遠ざかっていました。当然、飲み仲間との交流もパタッと無くなっちゃいましたよ(^-^;

「あれっ、何か自分の周りにいる人たちのタイプが変わっている。」
と、このようにあなたが感じるた時はあなたの人生に変化が起こっている時です。

『類は友を呼ぶ』というのは本当で、人生をやり直している時は人間関係にも変化がやってきます。

孤独に感じることがあっても、それは良い兆候なんだと思って頂いて大丈夫です。

むしろ人間関係に何の変化も見られない時には、
「自分の人生は本当にやり直せているだろうか?」
と疑ってみた方がよいでしょう。

習慣が変わる

不思議ですが、あなたの生活習慣にも変化がやってきます。

人生が上向きになっている時、理想の形でやり直せている時には、『規則正しい』生活習慣を身に付けられる方が多いです。

何かの目標を一気に達成しようと睡眠時間を削ったりして、一時的にストイックな時期も過ごすことになるかもしれません。

多少の無理を重ねるのは、ある程度仕方のないことですね。
受験生のライフスタイルも、ある程度の無理をしながらの生活であるはずです。

そうした少しの無理を重ねている生活であっても、生活の中味は規則正しくなっています。

私の場合は、そんな生活の方が楽しくなっています。
どんどん成長出来ていることが実感できて、楽しいのです。

人生が変わる

ここまで来れば、もはや『人生が変わる』ことは当たり前のような感覚になります。
変わらない方がおかしいと思うようになるでしょう。

あなた自身の行動から全てが始まります。
人生を『やり直せる』かどうかは、あなたの年齢ではなく行動にかかっています。

何も難しい行動ではありません。
小さな目標を立て、さほど難しくない行動を続けていくだけのことです。

私自身、そのように言い聞かせながら日々過ごしています(^.^)

さて突然ですが、あなたが『人生をやり直したい』その目的は何ですか?

答えるまでに、2秒かかると遅いですよ(^^♪
目的は常にピカピカに!

忘れないで下さいね(^.^)/~~~

最後に、人生やり直しと年齢の関係についての記事も紹介しておきますね。人生やり直しまでの一つのパターンを書いていますので、よろしければお読みください♪

「人生やり直しは何歳まで?」の答えと、やり直しのプロセスとは人生のやり直しに年齢が関係ないことは、既にいくつかの記事として書いています。今回の記事では、人生やり直し完了までのパターンとして多くの方が経験する道をお伝えします。目標に向かって精進されている全ての方が、困難を乗り越えようという気持ちになれるよう願いながら書きました。...

 

まとめ

人生の下降線は、どんな時に始まるのか?
現状を維持したいと思った時から

人生をやり直すために大切な『行動』とは?
具体的な一歩。勉強する為の勉強は×

なぜ人生のやり直しに年齢は関係ないのか?
時間の流れは人それぞれ違うから

『目標』よりも大切なこととは?
『目的』。これをいつもピカピカに!

 

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。