やり直し

人生やり直しの第一歩。30歳からのこれからに必要な工夫とは?

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

20代と30代で一番の違いと感じるところ
30代が他の年代とは違う大きな特徴は?
30代でブラック企業にいた自分が得た教訓
30代の自分を振り返り反省していること
30代の特徴を短く説明すると・・

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約7分です

 

つい先日、『人生をやり直したい20代』の方々を思いながら、記事を書いたばかりです。

20代、人生やり直しの秘訣。知っておくべき兆候と変化への覚悟人生をやり直したいと願う20代の方々にとって有益となりそうな内容を書いています。人生をやり直す時に目の前に表れるハードルや、人生に変化が起こっている時の兆候を紹介しながら、『人生やり直し』への心構えについて書いていきます。...

 

今回は少し一休みして、
「少し違った視点からのテーマで何か書いてみようかなぁ。」
と考えていたのですが・・・。

僕の中で、

「この勢いで30代まで進んで書いていきなさい。」
という声が聞こえるので、引き続き30代の方々に向けて書き進めてみたいと思います(^^♪

日本では20歳で成人となりますので、現代では20歳が大人への仲間入りという一つの区切りがありますよね。

ゴルフが好きな僕は、昔のプロゴルファーの動画を暇な時に見たりするのですが・・、

つい最近、有名な青木功さんの当時のプレー姿を見たときに、あまりの落ち着いた雰囲気に驚いてしまいました。

彼が40代半ばの頃のプレーしている姿を拝見していると、どう見ても今の僕よりずっと風格があるからです(^-^;

今の僕の年齢と同じ頃の姿なのに、自分とは比較にならない程の安定感と風格を感じてしまいました・・・

やっぱり、成長のスピードって人それぞれなんですね(汗)

30歳になって感じた変化

おそらく、今と昔の時間の進み方が違ってきているのだと思います。

同じ40代であっても、昔の方のそれと今の40代とでは何だか成熟度とか落ち着きのある風格が違っていることを感じるからです(^-^;

僕だけが感じている錯覚かもしれませんけど・・・。

でもこのことは、『年齢だけで一括りにすることは難しい』ということを教えてくれます。人にはそれぞれの時間の流れを持っているからです。

あなたにはあなたの時間があり、僕には僕の時間の流れを持っているということです。

新常識!人生をやり直したいあなたへ。年齢は忘れてください新しいことを始めようとしたり、人生をやり直したいと思った時に、ブレーキとなってしまうのが年齢です。ですが、年齢を理由に事を始めることを止めてしまうことは無意味なことなのです。人生のやり直しに年齢を考える必要が無い理由を書いています。...

 

そのことを前提として、30代という年代の方々に向けて書きたいと思っていますが、読者さんによっては多少のズレを感じられることもあるはずです。

ですから、気楽に読み進めて下さいね♪

僕が30代になって感じ始めたことは、一言でいうと『自立心』という言葉がぴったりだと思っています。

20代と30代で一番違うなぁと感じるところが、この『自立心』ということでした。

経済的な自立を意識し始める

20代は、言っても少し前までは学生だった年代です。

教室でノートを取りながら、テスト前には教授の講義を書いたノートのコピーのやり取りを学生たちの間でしていた頃です(;^ω^)

そうして卒業後は、就職して社会人1年生から始まることになります。

大学では一番上の4回生。
同じ大学生でも1回生とは天と地ほどの差がある立場です。

それでも、社会人になるとコピーの取り方一つで怒られたりするので、『逆戻り』するような感覚を感じる方も多いかと思います。

それが30代になると、そのような細かいことで怒られたりする経験は一通り済んでいる段階となります(^.^)

『社会人初心者』という気持ちはとうの昔に捨て去っている年代です。

そんな30代で感じ始めることは、『自分は完全に自立している年代に入った』という感覚です。

経済的にも精神的にも、『自分の足で自分の人生を歩き始める』自覚が固まって来る年代となるのです。

僕の場合ですと既に結婚していましたので、

「どこかで親や親戚を頼りにしてしまう気持ちを捨てないと・・・」
そのように薄っすらと感じていました。

もちろん実際に援助を受けるようなことは20代からなかったのですが、心理的な依存も捨てる必要があると強く感じたのが30代に入った頃です。

実際は収入も少なく、まだまだ先の危うい立場ではありましたけど・・・(^-^;

総合的な成長を一番感じられる年代

30代は社会人としての成長を一番感じることの出来る年代です。

この点においては、20代や40代とも違ってダントツで際立つ年代であると思います。

20代はまだ、仕事を覚え経験を積むことに多くの時間が必要な時です。

それが30代になると会社の方も、

「そろそろ大事な仕事を任せてやってみよう。」
という気持ちになってくる頃になってきます。

もちろん実践の現場以外であっても、セミナーや会合など多くの方と接することで人としての幅も広げていくことが出来る貴重な時期です。

脂が一番のって、ぐんぐんと成長を感じることの出来る時期が一般的な30代です。
(実際にこの時期の恩恵を受けるのは、40代になってからという方も多いのですが・・・)

30代の方々へーーー。

中学生や高校生の頃への後悔を感じたことはありますか?

「あの頃、もっと勉強していればよかった・・・。」
と後悔を感じることはありませんか?

僕は感じていました。若い頃もっと勉強して、いい大学入っていれば良かったと。
でもその頃は時すでに遅しですよね。

人生をやり直したいあなたへ。誰も教えてくれなかった勉強の本質学生の頃もっと勉強していればよかった。人生をやり直したい。そんな気持ちは誰でも持つもので、特別な気持ちではありません。でも、社会人になってからの勉強は学生の頃とは違った良さがあります。いくつになっても、勉強して人生はやり直せることを書いています。...

 

社会人としての『伸び盛り』は、30代の今です。

今この時に、努力したことはストレートに自分の力として吸収されます。そして40代に入って直接役に立つことばかりです。

この時期に手を抜いてしまったり、エネルギーを温存しようと考えたりしてしまうと、『学生の頃の勉強』に感じた後悔と似たような感情を将来抱くことになりかねません。

自分自身の成長の為に、多くのエネルギーを使うべき年代が30代であるとも言えるでしょうね。

是非、自分の成長を楽しみながら過ごして頂きたいです(^_^)/

仕事への意識と新たな挑戦

ただ僕の場合は、30代に入っても『仕事への愚痴』を消すことは出来ませんでした(*_*;

別の記事でも何度か触れていることですが、結構なブラック企業に勤めていたので毎日疲れを感じていたことも事実です。

『一生勤めるところではないかな』
という意識はいつも持っていました。

この時に具体的な『行動』を起こして前向きに動いていれば、また違った人生になっていたとは思うのですが、当時の僕は愚痴だけは一人前でズルズルと勤め続けていたのです(-_-;)

もちろん、そのブラック企業の全てが悪かったとは言いません。
海外出張の経験を多く頂いたことなどは、今でも感謝の気持ちです。

その頃の経験から得ている一つの教訓は、

『愚痴や不満ばかりを言い続けている毎日からは、進歩は絶対に得られない』

ということです。

不平不満や批評することによって、上からの視点に立てているような『歪んだ優越感』であれば少しは得られるかもしれませんが・・・。

同じ会社で40代・50代の方々であっても、自分の勤めている会社の愚痴ばかり言っている人っていますよね?

そのような方々をみてどのように思われますか?

30代のあなたであれば賛同頂けることだとは思いますが、

「そんな人にはなりたくないな。」
と感じませんか?

僕には出来なかったことなので恐縮ですが、是非あなたには30代のうちにこの『愚痴や不平不満』からの誘惑を断ち切って欲しいと願います。

40代になった時に後輩から魅力的な姿に映るあなたとなるために、超えるべき必要な壁であるからです。

無理だと思っていた営業への異動

仕事上で起こった大きな変化は、営業部への異動でした。

人見知りが強く、本当に親しくなった友人との間でしか多くを語らなかった僕は、営業への選択肢を考えたことはなかったのです。

海外から仕入れを担当し、それを営業の方々に売って頂く。

そのような仕事をしていましたが、

「営業を経験してみろ。もしかしたら、やれるかもしれんぞ。」
と当時の社長から進言され、頑張ってみますと返答したのです。

今思えば、その社長には本当に感謝しなければいけないと思っています。
(当時は反発して、辞表を出してしまいました。でも本当に色々とお世話になったと今は感じています・・・)

最初は何もわからず、手探りでした。

同行して頂いていた上司の方と客先でのやり取りに圧倒され、

「自分には出来ないかも・・」
と不安ばかりではありましたが・・・。

こうして会社を変わっても、一人の営業社員として元気にやれています(^^♪

どこでどのような扉が開くのか、なかなかわからないものです♫

仕事での結果が欲しかった30代

「ここと、あそこの2件との取引が出来るようになったら、俺が何か奢ってあげるから。」
と当時の上司からそのように言われたことを覚えています。

当時勤めていた会社との取引のなかったお店です。
一言で言えば、難しい得意先だったんです。

お客様にも色々と癖のある方もおられるので、苦手意識を持った営業も多かったのです。

営業に配属された僕は、何か大きな岐路に立っている感じもしていました。

「ここで潰されてしまえばそれまでだが、成果を上げればもっと飛躍が出来る。」
そんな気持ちも持っていたんですよね。

周りの同僚や先輩たちも、僕が営業でどうなるか興味津々であることがわかっていたので、何が何でもという気持ちもありましたよ(^-^;

同行していた上司のように、多くの経験に裏打ちされたアドバイスをお客様へ提案することは到底出来るはずもありません。

「自分の武器は何だろう?」
「お客様の為になるような何かを、自分が提案することは出来るだろうか?」

そんな事ばかりを考えながらの、初めての一人での営業訪問でした。

当時の僕しか持っていなかったもの。

それは社長との海外出張への同行で、仕入れ先と直接やり取りした商談や現地での経験だけでした。

「痒い所に手が届くような営業さんしか、うちは来て頂かなくても結構ですよ。」
と言われたお店へ初訪問した時。

「前回専務が言われた、痒い所に手が届く営業と言われたことをずっと考えていました。でも自分にはこれしかないので、この提案しか出来ません。それだけを紹介させて下さい。」

と、輸入商品のサンプルを持参して拙い説明をしたのが初営業の記憶です(^-^;

懐かしい思い出ですね・・・♪

「それしか無いか・・。いいよ、いいよ。」
とポロッとその専務の口から出た言葉を聞いた時、『やった!』と思いましたね(^.^)

お店を出た時には汗でシャツがびっしょりと濡れていましたが、その後そのお客様とはとても良い関係を築くことが出来たのです(^.^)

消えなかった独立独歩の気持ち

営業としての実績も順調に上げていくことが出来るようになると、今度は同業他社の色々な情報が耳に入ってくるようになってきます。

事務所で仕事をしている時にはなかったことでした。

ライバル会社の営業や、メーカーの方とも面識が出来てその会社の待遇や条件が羨ましく思うことが多くなってきたのです。

典型的な『隣の芝は青い』状態です(^-^;

ここもまた、僕の反省すべきところです。

他人との比較で苦しんでいた自分は間違っていました。
あくまで、自分の価値観で物事を考えるべきだったと思っています。

どのような批判を受けようとも、どんなに隣の芝が青かろうと、周りの価値観に振り回されることさえなければ、なんてことはなかったはずです。

ただ一つ、僕が持ち続けていたものは『独立独歩』の精神です(^.^)

「いつかは雇われの身から卒業したい」
という気持ちだけは持ち続けていました。

それが、今の僕の人生に活かされています♪

40代に向けての準備を

30代は力が一番充実していて、成長のスピードも一番早い年代であると申しました。

だからこそ、30代は手抜きすることなくグイグイと伸びていくつもりで過ごすことが望ましいことだと私は思っています。

ただこの頑張りが、30代で収穫できるとは限らないところが忍耐のしどころですね。

30代の頑張りの果実を楽しめるのは、40代に入ってからということも決して少なくありません。

実際には40代に入ると、30代の頃のように体力も持ちませんし、小回りの利く動きもだんだんと難しくなってきます。

にも関わらず、実際に影響力を持てるようになるのは40代からということが多いのです。

人生がつまらない30代によくある間違い。ワンランク上の舞台へ!30代で人生がつまらないと感じる方は、安定した単調な毎日に『飽き』を感じてしまっている方が多いように思えます。実はこの安定した期間こそ、あなたが最大に活用すべき大切な一時期なのです。本当につまらない人生にならないように、30代の方の為にこの時期の過ごし方を提案します。...

40代になって変化すること

30代の時に目の前にあることを本気で取り組んだ人は、この先大きなリターンを受けることが出来ます。

組織の中で生きている方にとって、40代はある意味厳しい年代であるとも言えるでしょう。

というのは、この年代で更に伸びていく人とそうでない人とが振り分けられることになるからです。

50代になるともうおおよその結果が出てくるのですが、40代からその兆候を感じることになります。

これから更に上の肩書を得られそうな方と、もうここがピークかなという方との振り分けが始まってくるのです。

40代になったらもうチャンスがなくなるのかと言うと、完全にそうとも言い切れないところはもちろんあります。

でも30代でそのことを知っていれば、今がいかに大切な時期であるかを理解しやすいのではないでしょうか。

知っていると知らないとでは大違いです。

『40代になって、厳しい現実を目の当たりにすることになる』
そのことをあらかじめ知っておけば、その為の準備も出来るというものです♫

遠い視点と近い視点を使い分ける

力が一番充実している時期が30代です。実質、組織に一番貢献できるのがこの時期であることも多いでしょう。

この一番充実できる30代ですが、僕の場合まだ『天職』の意識を持てないままこの時期を過ごすことになります。

それでもこの時期に数々の研修や勉強を重ねていました。

多くはビジネスに関することですが、この時期に吸収した知識が40代になりとても助けてくれています。

もちろん40代になっても、学ぶべき新しい知識は必要ですが30代で学んだことがベースとなってくれているので、すんなりと入って来るのです(^.^)

長くなってしまったので、一言でまとめると・・・

力は充実してくるけど、結果がなかなか得られない忙しい時期が30代です。

人生のやり直しをしたいというあなたの気持ちも、空回りしている気持ちになってしまうかもしれません。

でも30代で頑張ったことは、必ず後で多くの収穫を得ることになります。
ただ、結果の出ない時期に頑張ることも苦痛であることもまた事実。

だから、将来の収穫を目指しながら今を楽しむ工夫が必要です。

目の前にニンジンがぶら下がったお馬さんのようになってはダメですよ(^-^;
ニンジンを食べながら、遠くを走っていくことです。

恵まれた今に感謝しながら、将来本当に欲しい物の為に走り続けるということです♪

時には目の前のニンジンを食べて楽しむことも大切。
そして、これから先の自分の為に走る続けることも忘れずに。

30代は、そのような上手な工夫が大切な年代です。
多くの学びを得て下さいね!(^^)!

 

30代のあなたの為に書いた記事もぜひあわせてお読みください。

「30代では遅すぎる」という幻想!人生やり直し成功へのカギ30代の方にとっても、人生のやり直しのタイミングはあるでしょう。人生やり直しは、別に30代特有のことではありません。40代になっても、50代になってもその機会はやって来ます。この記事では、30代のあなたにとって人生のやり直しの機会がやってきた時に心がけたいことを書いています。...

 

人生が楽しくない30代の方へお届けします。効果的な二つの視点人生が楽しくないと感じてしまっている30代の方の為に、30代という年代の特徴と20代との違い。そして大切な人生の30代を楽しく過ごすための方法を紹介しています。30代に限らず全世代の方にとっても、きっとご参考頂ける内容にも触れています。...

 

まとめ

20代と30代で一番の違いと感じるところ
『自立心』。自分の足で、自分の人生を歩いていく自覚

30代が他の年代とは違う大きな特徴は?
社会人として、一番成長していく時期。ここで手を抜いてはいけない

30代でブラック企業にいた自分が得た教訓
愚痴や不満の毎日からは、進歩は絶対にない

30代の自分を振り返り反省していること
他の会社の待遇が羨ましく感じていた。他人との比較で苦しんでいた

30代の特徴を短く説明すると・・
一番力は充実しているけど、果実を得るのはまだ少し先。空回りしているような気持ちに負けてはいけない

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。