やり直し

後悔しない人生やり直し。どうして彼は大学時代の悔いがないのか?

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

学生時代の心残りに「読書をもっと・・」と思う理由
時間のある学生時代に絶対しておきたいこと
後悔を残さない学生生活のために
学生時代の後悔を残さない最強の方法とは?

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約6分です

 

大学を卒業してもう20年以上が経過しています。

決して有名大学ではありませんが、もうこの年になると学歴で不自由を感じることはありませんね。

  • 有名大学を出ていたとしたら・・・「やっぱりいい大学を出ていると、仕事も出来るんだなぁ。」(仕事が出来る方の場合)⇒「勉強頑張っていい大学出ても、あれじゃぁねぇ。」(仕事が出来ない方の場合)
  • 名の知れていない大学出の場合(僕の場合)・・・

    ⇒「社会人としての実力と、大学の程度は関係ないんだね。」(仕事が出来る方の場合)⇒「もうどうしようもないね。(大学の話題すらならなし)」(仕事が出来ない方の場合)

こんな感じでしょうか(^-^;

決してひがんでいるわけではありませんが、いい大学を出て有利なのは就職活動の期間と入社してせいぜい2~3年位の期間だと思います。

むしろ、社会人としての仕事能力が低ければ名門大学出の学歴が邪魔になると感じることすらあるでしょう。

ただ、試験勉強の能力と仕事能力には多くの関連があると僕は思っています。

高校、大学と勉強に励んでこられた方は、おおよそ仕事能力も高い方が多いと感じるのが正直なところですね。

でも社会人になってからも、勉強することはたくさんあります。

学生時代の勉学だけで、その後数十年続く社会人としての競争に通用すると考えてしまうのは、ちょっと甘すぎる考えです。

 

40代後半の今の僕の心境はこんなものですが、それでも

「大学生の頃に、こんなことしてれば良かったかなぁ」
と感じることも無いことはありません。

まだまだ社会人としてこれからのあなたへ、少しでも参考になれば私も嬉しいです(^.^)

高校までとは異質の最後の学生生活

高校までは、やるべき勉強内容をキチンと与えられてきたはずです。与えられた教科書を多く覚えられた方が、いい大学へ入れる仕組みですよね。

大学へ入ると教科書はありますが、『何を勉強するか』は学生自身である程度決めることができます。

講義を受けたい教授も、自分で選ぶことが出来るようになります。
大学に入ると、自分で決めることの出来る範囲が格段に広がるんですよね。

日本の大学生であれば、

「これから遊べるぞぉ~」
とワクワクしていた方もいるはずです。

僕もそうでした(^-^;

ご存じの方も多いでしょうが、ここはアメリカの大学とは大きく違う点ですよね。

僕は語学留学で少しだけカリフォルニアにいたことがあったのですが・・、

向こうではトイレの中やバス待ちの間ですら、本を開いて必死で勉強している学生がたくさんいましたから。

自由な時間が多い4年間

大学の4年間は、圧倒的に自由な時間が増えます。夏休みは2ヶ月。春休みも2ヶ月。

その時間をバイトに費やすのも自由。恋愛に使うのも自由。
僕は、お酒を覚えてしまいました(*_*;

普通の社会人であれば、これ程の自由な時間を満喫できることはないでしょう。
定年後まではもう無理でしょうね。

本当に貴重な時間です。

4年生最後の夏休みは僕も、

「もうこれが最後か・・・」
と長期休暇を得ることも出来なくなるこれからの人生を思いながら、覚悟を固めようとしていました。

社会人になって、生きていけるだろうか?

と不安に感じていた時期でもあります。

自己責任の4年間

どのような時間の使い方をするのも、本人次第。
高校生までには、得られなかった環境です。

そして社会人になってからは、これほど自由になる自分の時間を得ることはもう無くなります。

自分の為だけに使える、自分の時間。
自己責任が大きくなる4年間と言ってもいいと思います。

この4年間をどう使うかが、その後の人生にも大きく影響されていくのです。

僕は大学生当時に、そのことに十分気付けませんでした。

「あのときほど、自分の時間がたっぷりと使えた期間はなかったな。」
と後になってその貴重さを惜しく感じることになってしまったのです。

大学時代への心残り

こうして幸せな人生を歩んでいる今、

『大学の時に成し得なかった、強烈な後悔』と呼べるものはもう無い

というのが正直なところです。

でも、『これをしてれば、もう少し楽だったんじゃないかなぁ』と感じるものはいくつかあります。

あの頃もう少しここを頑張っていれば、今やろうとしているこの仕事だってもっと楽に出来たはずなのに・・・

そういうことって、結構あるんですよね。

年齢を重ねるに従って、どなたも同じようなことを感じる時はあるのではないでしょうか。

【心残り1】疎かにした就職活動

4年生の時に僕は、皆と同じような就職活動をすることはありませんでした。

何というか、自分の全てを賭ける何かが欲しかったのですが、それは普通の就職活動からは得られないような気がしていたからです。

でもそのような類の探し物は、どこかに落ちているようなものではなかったのです。

そこにあるものを自分で『発見』する必要があったことを後になって知りました。

そんなこともあって、まともな就職活動をすることはありませんでした。代わりにしていたことは、TOEICで高得点を取るための勉強です。

就職活動をしっかりとしてそれなりの会社に勤めていれば、若いうちに少しは蓄えも出来たんじゃないかなぁと思うことは度々ありました(^-^;

と、このように書きはしましたが・・・

実際のところ、それほど強い後悔ではありません。
これはこれで、良い経験にもなっていますので。

ブラック企業に勤めていた頃に、しっかりと土日の休日を満喫している方々をみて『羨ましい』と感じることがあったことも事実なので、一応『心残り』の一つとして書かせて頂きました。

【心残り2】読書への後悔

本は読んでいましたが、もっと色々な分野の本を読んでいれば良かったなぁと感じます。

社会人となり、営業として仕事を重ねながらそのように思うことが多くありました。話題の引き出しが少ないと、やっぱり不利ですから・・・。

飲みの席でのお客様との時間も、仕事の話ばかりするわけにはいけません。
『仕事の話しか出来ない人間は退屈な人』だという印象を与えかねないからです。

色々な経験によって、人としての幅を広げることは可能です。でもそれって、時間が必要なんですよね。

経験を積むことが難しい若い時には、本がそれをカバーしてくれます。
もっと色々な本を読んでいればよかったと思いますね。

特に今の僕の状況では、よく感じることです(^^♪

僕の人生では全く予想していなかった『ブログ』を今こうして書いていますから。

このように文章を書いている毎日だと、余計に多くの書籍に触れていれば良かったなぁと心底思います。

あの頃に、

「この先のあなたは、このようになるから今のうちに準備してた方がいいよ。」
なんてことがわかっていれば、絶対に色々な本を読んでいたでしょうね。

将来の自分にどんな扉が開くかわからないからこそ、何に対して時間を投資するのかは一つの賭けみたいなものです。

ただ読書への時間の投資は、どのような方であっても無駄になることはないでしょう。

【心残り3】英語やパソコン関係の資格

履歴書に書ける程度のTOEICのスコアは卒業前に取ることは出来ましたが、もっと余裕を持って取得出来ていればまた違っていたと思います。

そしてPC関係の方も使いこなせるようになっていれば、社会人になって苦労する必要はなかったかなと思いますね。

エクセルも満足に使えないまま卒業しましたので、就職後にとても苦労しました。

今なら1時間程度で仕上げる書類も、詳しい方に質問しながら1日かけて作成するようなことをしていましたので(^-^;

幸いその時代は、まだPCを使えない人が多かったので助かりましたけど・・・。

大学時代に経験して良かったと思えること

学生時代にもっとやっておけば良かったと40代の私が思うことを、書いてきました。

一方で、『思い切ってあの頃にやっておいて本当に良かった』と思えることもあります。

もちろんこのブログの材料にもなってくれていますし、色々な場面で役に立ってくれてきたからです。

将来、何が役に立ってくれるかはわからない。

でもあなたの心が本当に欲していることであれば、絶対に経験しておくべきだと強くアドバイスさせて頂きます。

  • 目の前にある欲求。
  • そして、すぐに役に立ちそうにないけど何だか自分がしたいと欲していること。

両者を選ぶ時が来た時は、迷わず後者の方を選んで欲しいですね。

役に立つかどうかはわからない。でも自分が経験すべきだと思っている。

その為にバイトで貯めた貯金が必要だけど、車を買えば彼女とドライブにだって行ける・・・

どちらを選ぶべきか?

とても難しい選択ですよね。本当によくわかります。

でも僕からの答えは、車をきっぱりと諦めるべきという選択の方になります。
かなりの確信を持って、このように言いたいと思います。

あなたの奥底からの声に従うべきです。

海外への一人旅

学生時代に、3度のアメリカバス旅行を経験しています。うち2回は、夏の長期休暇を利用して一人で気ままに旅してきました。

この経験が無ければ、僕の学生生活は本当に空虚なものとなってしまっていたはずです。

自分の中で、『何が何でも絶対に旅をしたい』と強く思っていたので、経験が無いということはあり得なかったことだとは思いますけどね(^^♪

旅のススメ。人生を変える旅を経験した僕のリアルなストーリー私の経験を踏まえて、『旅が人生を変える』ということを書いています。学生時代に3度経験した、アメリカバス旅行が私の進路を大きく変えていきました。多くの出会いと刺激。旅は人生を変えます。旅に限らず、人生の選択に迷っている方へパワフルな記事となってくれると思います。...

旅行と旅についての記事を書いていますので、是非読まれてみて下さいね♪

多くの出会いと、自分自身を見つめながらの旅は20年以上経った今でも思い出すことが出来ます。

この一つだけでも、僕にとっては学生時代を充実させてくれた経験となってくれました。

間違いなく、僕の人生での大きな出来事の一つとなっています。

2年間の休学

大学卒業に6年かかった僕です(^-^;

決して自慢ではありませんが、必要な単位は順調に取っていました。3年が終了した時点で、卒業に必要な単位はもう週1日の授業に出るだけで取れる段階にはありました。

その段階で、2年間休学をすることを決断したのです。

この決断に至るまでには、相当な迷いがありました。
当時の僕にとっては、とても大きな決断でしたね。

でも、どうしても語学留学がしたかったのです。

親のお金をあてにすることが出来る環境ではなかったので、1年をバイト、そして残りの1年をアメリカでの語学留学として過ごしました。

その結果、休学中の2年の期間で普通の学生生活では決して得ることの出来ない多くのことを経験することが出来ました。

そして多くの出会いも・・・。
(僕が実体験した神秘の出会いを書いた記事はこちら⇒恥ずかしかったのですが全て書いてしまいました(^-^;

2年後に大学に戻った時は、周りに知っている方も既にいませんでした。

浦島太郎のような気持ちで過ごした最後の1年。緩すぎる生活だなぁ~と感じながら過ごしていた卒業までの1年でした。

「楽しくない大学生」その疑問を大切に!浮かび上がる人生のヒント感性の鋭い方であれば、自由で楽しいはずの大学生活に疑問を感じることがあるかもしれません。楽しくないと感じてしまうのです。そのように感じるあなたの感性は間違っていません。あなた自身であなたの人生を楽しくするという、課題を与えられているのです。自分自身の経験を紹介しながら、充実した学生生活を送るヒントを紹介します。...

【結論】後悔は無し

心残りに思ったこと、やっておいて良かったことをこうして書いてきましたが、結論から言うと『一片の悔いなし』といったところです(;^ω^)

「心残りに思うことは何?」
とお題を与えられれば、それを探すことになるので何かしら出てきます。

同時に、やった良かったと思うことも探せばいくつか出てきます。

大切なのは、今をどう過ごしているかですね♪
そして未来志向で今を生きれているかです。

僕の学生時代がどのようなものであれ、40代の今こうして幸せを感じながら生きている以上、何ら後悔はないのです。

その時も今も同じですが、一つだけ心掛けているところは、

【人生には、各人絶対に外せないポイントがそれぞれの段階で必ずやって来る】

という根拠の無い信念です。

何歳でやって来るとか、そのような客観的な基準はありません。

でも、人生の途中であたかも『約束されていた』かのような、分かれ道・選択の機会が必ずやって来るのです。

それは、あなたが正解を絶対に選ぶべき大切なポイントになってきます。

その重要なポイントを見極めて、『そこは絶対に外さない』という信念のようなものを僕はどこかで持っています。

ちょっと抽象的で申し訳ないのですが・・・(*_*;

あなたの人生においても、きっとあなただけの問題集としてそれはやって来るはずです。

「あっ、これは自分が間違えられない重要な箇所だ。」
そのように考えて頂ければ、大きな失敗はないと思います。

若くて貴重な、今だけのこの時間。

色々なことを考え、試行錯誤しながらあなただけの課題を解いていって下さい。

その先には、明るい未来が必ず待っています。

ぜひ、こちらの記事もあわせてお読みください。

学歴社会への逆襲!社会人からでも全然遅くない人生のやり直し学歴が無いことでお悩みの方へ。「低学歴だから、人生をやり直したい。」信じがたいことかもしれませんが、有名大学の方であっても自分の頭の悪さに悩んでいる方は多くいます。一方で、低学歴であっても大きな業績を残した方はたくさんいます。その違いは何でしょうか?その答えをお伝えいたします。...

 

まとめ

学生時代の心残りに「読書をもっと・・」と思う理由
読書が『若さによる経験不足』をカバーしてくれるから

時間のある学生時代に絶対しておきたいこと
すぐに役に立ちそうでないことでも、あなたの心の底がしたいと叫んでいること

後悔を残さない学生生活のために
たった1つでいい。あなたにとって外せないポイント、「学生時代にこれをやった」と言えるものを必ず達成する

学生時代の後悔を残さない最強の方法とは?
今を充実させて活きること。今が輝いていれば、過去も素敵なものへと変化する

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。