祝福全般

人生は有限。今この瞬間の幸せと、人生の成功を両立させるために

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

この世の避けられない苦しみから解放されるためには?
僕が不老不死を望まない理由
持っていないものを欲しがって苦しむよりも・・
『死』というものが天からの恵みだと感じたきっかけ
本当の成功者とは、自分の人生を生ききった人。そして・・

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約8分です

 

私たちの人生にはいつか終わりがやってきます。
当たり前のことですよね。

わかりきっていることなんですけど、普段から意識することは、まぁないと思います。

その理由の一つは、いつやって来るかわからないからでしょう。

明日くるかもしれないし、50年後、80年後のことかもしれない。

いつかは必ずやって来る人生の終わりであっても、そのタイミングはすぐ先のことなのかずっと先のことなのかわからないからです。

そんなこと考えるくらいなら、

「今日の晩御飯は何にしようか・・」
「お客さんに頼まれたこの書類を作成しなきゃ」

目の前のタスクを考える方が大切であり、優先すべきことでもあるように思えます。

私たちが100%の確率で人生の終わりを迎えることはわかっています。

でも忘れてはならない、もう一つの視点もあるのです。

それは・・・、

その日が来るまで生きていくという事実です。

そんな風に考えていくと、人生は有限だから生きていくこともできるものなんだと思えます。

避けられない苦しみを受け入れた時

全ての人達が持っている欲求。

それは、痛みや苦しみから逃れたいというものです。

毎日のお掃除やお片付けが面倒で苦痛だから、掃除機や食洗器が売れるわけです。

歩いて移動する時間と苦痛を小さくするために、車が発明されたとも言えますよね。

物事には避けることのできない苦しみはありますが、それによって創られるものもあるわけです。

一番有名な苦しみといえば、四苦といわれる4つの苦しみですよね。

『生老病死』の四苦です。

いくら苦しみから逃れたいという欲求を持っている私たちでも、この事実そのものを避けて通ることは不可能です。

苦しみを和らげる方法や考え方はあるにしても、そこから逃れることは決してできないものなんです。

そのような苦しみからは、抗うことなく受け入れる。
それも一つの手段です。

そうすることで、幸せな人生を歩いていくこともできるものなんです。

【生】苦しみの世界に生まれること

これから生まれてくる赤ちゃんたちは、この先多くの経験をしていくのでしょう。

色んな夢を抱いて切磋琢磨して、喜びを感じる経験を多くしていくはずです。

それと同時に、苦しみや悲しみもどこかで必ず経験することになる。
それも、避けることの出来ない事実です。

どんな環境に生まれても、全ての人は喜びの経験も悲しみの経験も必ず経験することになっています。

生まれてきた瞬間、終わりもやって来るという宿命を背負っている存在ですよね。

赤ちゃんを見る時、どこか『可哀想』というかすかな感情が生まれるのはそんなことを考える時です。

「あぁ、泣くことしか知らない純粋で綺麗なこの赤ちゃんも、学校に行って、社会人となって色々な経験をすることになるんだな・・・」

そんなことがチラッと思考の中に浮かんできたりします。

当然、その現実から逃げることはできません。

逃げることは出来ませんが、生まれてこれたからこそ幸せなことだって多く経験することができる。

これもまた確実なことです。

幸運な状況に目が向いてくれると、必ずしも生まれてくることは苦しみだけではないことがわかります。

この時代に生まれて良かった。

医療が発達している現代で良かった。

この国に生まれて良かった。

あなたに出会える、この時代に生まれてこれて良かった。

多くの感謝を発見できるのです。

【老】体が思うように動かなくなる苦しみ

50代、60代、70代と年を重ねながら、老いていく苦しみと直面することになります。

老いという現実からも、誰一人として逃れることはできません。

自分の体、自分の肉体なのに言うことを聞いてくれないのです。

コントロールできなくなるこの苦しみ。

自分のものと言い切れるのは、自分でコントロールできているものだ。

今はこの自分の肉体すら思うように動かすことができない。

もう自分のものではないんだ・・

自分の体すら、自分のものではない。
この変化を止めることはできない。

そのように時間の経過によって生じる変化(老)を受け入れた時、一つの思いが頭に浮かんできます。

「『老い』という現象があるから、僕たちは死への準備ができるのかもしれない。」

五体満足、肉体を自由に動かせるままの状態で、もし死を迎えるとしたら・・。

健康な状態のままで死がやって来るとしたら、どれ程の悔しさと恐怖を感じるだろうか?

少しずつ老いていき、この体が言うことをきかなくなってくる。

そんな現実を日々受け入れながら、やがてやって来る人生の最期への準備期間を与えてくれているのではないか?

そう考えると、老いという現象も一つの慈悲であるとも言えますよね。

60代からの生き方。一歩先の目標がつまらない人生を吹き飛ばす人生がつまらない60代の方々に知って頂きたいことは、夜には夜の楽しみ方があるということです。明るかった昼間の過去に戻ることはもうできません。でも暗闇を歩く、そんな年代だから有利な面もまたあります。本記事ではそんな60代の人生の楽しみ方を提案します。...

【病】健康が当たり前でないことを思い知る

病気。

体に辛さを感じている時ほど、自分を無力に感じることはありません。

僕は病院嫌いの健康体の持ち主ですが、厄年の頃に入院を経験しました。

自分で立ち上がりトイレに行くのも一苦労だったそのとき、家族のありがたさが身に染みましたね。

何の痛みも感じることなく、朝起きることができる。

そんな当たり前だと思っていた状態が、本当にありがたいことだったことに気付くわけです。

美味しく食事をとることができる。

夜はぐっすりと眠ることができる。

埃っぽく感じた時は、思い切りくしゃみができる。

普段は何とも思わないそんなことでも、一時的にも失ってみるとそのありがたさがわかります。

もう値段は気にしないから、この苦しみを取って欲しい。

そんな風に感じるようになるからです。

病気・・、楽しくない出来事に寄り添うことで見えてくる人生の宝病気になってしまうと、人生が楽しくないと感じてしまうでしょう。ただそれでも、病気になるからこそ気付かせてくれる大切なものも確かにあります。当たり前のように、至るところに転がっている『幸せ』のことです。この記事では、私の数少ない『病』の経験によって得られた喜びを紹介します。...

【死】人生は永遠ではない現実

そして極めつけは『死』です。

これこそ、どんなに想像しても未知の領域を超えることはできません。

「明日から目覚めないって、どんなものなんだろう?」

そんなことを考えても答えなんて出ませんよね。

ただ、もし私たちが『生』のまま『死』ぬことのない存在だとしたら・・

生まれてくる意味ってあるのでしょうか?
死の宿命を背負わない生に意味なんてあるのでしょうか?

死があるからこそ、自分の人生のゴールも設定しようとするものなんです。

死があるからこそ、生も老も病も、意味があるものになってくれるのだと僕は思います。

卒業する時がくることをわかっているから、学生生活だって充実させようと思うものです。

同じように、死という歴然とした終わりがあるからこそ、人生を豊かにさせたいと思うのではないでしょうか。

『はかなさ』の中に生きている私たち

改めて申し上げるまでもありませんが、全ての事は同じ状態で維持し続けることは絶対にないことです。

桜咲く並木道を「綺麗だなぁ~」と歩く愛犬との日々も毎年のことですが、それもあっと言う間に終わってしまいます。

「この美しい花たちをもっと見ていたいなぁ・・。」
と思いつつ、2週間も経てばすぐに葉桜になって寂しい気持ちになる。

それも毎年のことです。

そして次にやって来るのは、灼熱の季節。

季節の頂点。

解放感溢れる季節を満喫しながら、凋落の予感をどこかで感じるこの季節。

上り調子の人生を謳歌していた時期もまた、お盆が過ぎるとあっという間に過ぎていってしまいます。

そうして収穫の季節を迎え、やがてやって来る冬への緊張感を感じながら身支度を整えるのです。

環境は常に変わり続け、その変化に対応しながら私たちは過ごしていきます。

「好きな季節がずっと続いて欲しい」
そうどんなに願っても、それは無理な相談なわけです。

常夏の地域に行けばいいじゃないか。

そう思う方もいらっしゃるかもしれませんが、『全ては動き続けて変化し続けている』という事実を曲げることはできません。

地球だって自転しながら公転しているのです(笑)

多かれ少なかれ、全てのものは確実に変化しながら動いています。

永遠の若さを手に入れたとしたら

不老不死。

憧れをほんの一瞬だけ感じる言葉ではありますが、僕には必要ないものですね(^-^;

体が自由自在に動き、肌もプルプルの最高の状態。
そんな若さをいつまでも保っていられるとなれば、確かに魅力を感じるのですが・・・

50代手前の今、僕が感じることは『今には今の良さがある』ということなんですよね。

確かに体も頭の回転も昔と比べると落ちていることは感じます。
でもその時、また別の扉が開いてくれるものだということがわかってきたからです。

失いっぱなしとうことはないということも、この世の原理原則です。
何かを捨てることで、新しい何かを得ることができる。

若い頃の自分の顔をみて、

「若いなぁ。皺もシミもなくて、美男子じゃないか」

なんて思ってしまうことも正直あるのですが(笑)、その若さに留まりたいとは思うことはもうありません。

確かに、体型も体調も変化してきています。
同時に、心境の方もそれなりに変化してきているんですよね。

今には今の楽しみ方がある。

人は過去に生きることは出来ない。
未来に生きることも出来ない。

だったら、今の良さを十分に感じる能力を身に付けてもいいのでは?

そんな風に感じられるようになってくるんですよね。

今と未来を貫く幸せ。

そんなことを考えるようになったのは、若さという一つの宝を失ってきているからとも言えます。

そのかわり、別の宝が僕の手元に引き寄せられてきているのです。

有限の人生だからこそ

人間が持っている習性の一つに、『無いものを求める』というものがあります。

今持っているものがどんなに価値あるものであっても、どんなに人から羨まれるような環境に生まれた方であっても・・・、

決して満足できないという人はいます。

その人が持っていない物を欲しくなるという性質があるからです。

人生だって有限だからこそ、永遠への憧れがあるわけです。

永遠の若さ、未来永劫決して色褪せることのないもの。

決して手に入らないものへの憧れ。

そういったものを求めることで、苦しみをつくってしまうこともあります。
叶わぬ恋の相手であればあるほど、切なさが強くなるのと同じです。

でもそんな性質も、きっと必要なものだから私たちに与えられているものなんです。

持っていないものが欲しい。手に入れた瞬間色褪せるものもあるけど・・

現実と理想とのギャップ。
そのギャップが成長へのパワーとなってくれるものなんですよね。

そのパワーが外側に行ったときは、グングンと芽を伸ばし発展していく時期です。

内側に行ったときは、今この瞬間の宝に意識が向いていく調和の時期と言ってもいいでしょう。

そんなサイクルを繰り返しながら、一つの有限の人生を終える時がやって来る・・。

有限だからと言って、悩んだり喜んだりすることよりも大切なことは、

『今のあなたはどの季節にいるのか?』

それを考えて過ごすことの方が大切なことであるのかもしれません。

人生の課題、上級編!理想と現実のギャップをチャンスに変える活用法理想と現実とのギャップに苦しんでいるあなたは、人生をひっくり返すような逆転を経験できる可能性があります。少なくとも、理想を持っているということは事実です。あとは正しいアプローチの仕方を知ること。物を手に入れる現実的な方法論もそうですが、それ以上に重要なポイントが実はあります。...

いつかは終わる一度きりの人生だから

絵画や音楽と言った芸術作品にも、根本にはそういった『永遠への憧れ』があると思えるんですよね。

ピカソの絵も満足に理解できない僕が言えることではありませんけど・・。

自分の人生はいつか終わる。

それでも後に続く人たちがこの作品をみて、永遠に続くものを感じて欲しい。

そんな欲求から生まれてくるものが、芸術と呼ばれるものなんだと思います。

僕がこんな確信に近い原則を感じたのは、昔テレビで見た鮭の産卵の姿からです。

産卵のために川を上って上流へと向かっていく鮭の姿を見ながら、

「この鮭たちは、死に場所を求めて必死に上っているんだ。」

「命を繋ぐ。その一つの欲求を満たすために、必死で行動しているんだな。」

「誰かが敷いたレールではない、ただ自分の中の欲求に従って死ぬために向かっている。そしてそれを望んでいる。」

そんな風に感じたんです。

無事に卵を産卵して、力尽き浮かんでいる鮭の姿。

それを見ると、

『死というものももしかしたら天から与えられた恵みのようなものであるかもしれない。』

そんな風に感じさせてくれる映像でした。

心に響く言葉や出来事を大切にする

そのような鮭の姿をみていると、ともすれば他人の人生を生きていこうとする自分への大切な教訓となってくれます。

限りある時間なんです。

自分を殺して、他人の人生を生きている場合ではないんですよね。

その言葉。
その行動。
その決断。

それらの起源は、あなた自身の欲求でなければなりません。

それが全ての始まりです。

『有限の人生』という限界を背負っている私たちだから、無限とか永遠といったものへの憧れもまた持っているものなんですよね。

自分の人生を生きているあなたの姿に影響を受け、共鳴してくれる人たちもきっといてくれるものだと思うのです。

あなたの身内の方たち、家族、大切な友人・・・。

そういった方たちのためにも、まずはあなた自身の人生を生きていくことが大切です。

その為の道しるべとなるものが、あなたの心です。

心に響く言葉、心に響く状況、映画、スポーツ・・・

どのようなものであっても、あなたの心に響くことがあなたの個性です。

あなたらしく生きていくための手がかりとなってくれるものなんです。

全てが終わる日が来るから自分の人生を生きる

有限の人生をカバーしてくれるもの。

それが私たちの持っている、想像力や好奇心です。

日々の生活、現実の中での葛藤ももちろんあるはずです。

でもそんな泥臭い日常を超えるだけの力も私たちは持っています。

楽しい時間も、苦しい時間も、悲しみの時間も全てが終わる時がやって来るのです。

それが現実。

それでも、そんな現実を超えさせてくれる橋もまたあります。

自分の内なる声に耳を傾けて限りある時間の中であなた自身を解放させてあげることです。

あまりに浮世離れした危ない奴になってしまわない程度にですね(^^)/

自分の人生を生きてあげてください。

人の為に生きることも自分の人生を生きること

本当の成功者とは、自分の人生を生ききった人です。

そして逆説的ですが、自分の人生を生きている人ほど他の人に喜びを与えようとしているものなんです。

それが、自分自身を豊かにする一番の方法であることを知っている人たちだからです。

わが身を犠牲にし、自分を殺して人の為に生きるということとは少し違います。

人を活かし、自分を活かす。

大切なのは、満足感。
ご自分の人生への満足感です。

人生の最期にどれだけ穏やかな気持ちでいられるか。

「人生の最期に満足するために生きているのではない」
「大切なのはその時、その時の一瞬のはずだ」

そのように反論したい気持ちもあるかもしれません。

でもその場その場の満足を積み重ねた結果、語るべきことが何もない人生だったと空虚感に苦しむ可能性も考えてみるべきです。

最後は穏やかな満足感に包まれて。

微力ではあっても、自分なりに人に喜ばれる人生を生きてきた。

そして今、残された家族が僕を見守ってくれている。

これ以上の祝福は望めない。
ありがとう。

人生の祝福をありがとう。

既婚の人も、独身の人も、たとえ一人孤独に最期を迎えようとも・・・、

どんな境遇の中で生きている人であっても、そんな心境になれると僕は思います。

与えることで生きがいを見つけ続けてきた人生であれば、誰しもそのような満足感を得ることができることを僕は信じています。

 

まとめ

この世の避けられない苦しみから解放されるためには?
感謝。感謝できる能力を鍛えること

僕が不老不死を望まない理由
若さを失う代わりに得られる、別の喜びがあるから

持っていないものを欲しがって苦しむよりも・・
大切なのは今あなたが生きていて、そしてどの季節にいるのかを考えて過ごすこと

『死』というものが天からの恵みだと感じたきっかけ
死ぬために川を上り、永遠の命の代わりに命をつなぐ鮭の産卵を見て感じた生からの解放

本当の成功者とは、自分の人生を生ききった人。そして・・
他の人に喜びを与えることで生きるエネルギーを得ている人

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。