辛い

仕事が辛いあなたへ。目からウロコの発想の転換で不動の人生を!

 

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

同じ仕事を長く続けている人であっても必要な変化とは?
自分の適性を知りたいときに、目を向けるべき視点とは?
仕事が辛いあなたに意識してみて欲しいこと
人生の勝負どころで必要なものとは?
日曜日の憂鬱から逃れたいときには?

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約9分です

 

人生と仕事の悩みは尽きることがないように思える時があります(-_-;)

日曜日の夕方に感じるちょっと憂鬱な気持ち、僕にもよぉ~く理解できますよ(笑)

「会社に行くのが楽しくてしょうがない。」
と言い切れる人を羨ましくも感じます。

ただよぉ~く昔の自分を思い出してみると、学生の頃の自分だって日曜日は似たような気持ちになっていました。

「あぁ~、学校がめんどくせぇ。あんな集団行動ばかりのしょうもないところ早く卒業したいわぁ。」

そんなことを思っていたなぁと、思い出します(;^ω^)

高校生の頃は、早く大学生、社会人になって自由になりたいなぁと思っていたのです。

そして大学生になっても、
「あれっ?何だか楽しくない・・」
と戸惑いを感じたものです・・・

あれから30年・・・。

あの頃と同じことを感じている自分がここにいます。

社会人になっても、こうして会社が面白くない気持ちを抱えているままなのです。

「情けないなぁ。このままずっと変わらず、同じ気持ちを引きずってしまうのだろうか?」

恐怖心の混じったそんな感情に襲われてしまいました。

自分にとって、ここは大きな試練だと感じています。

戦いですね。

「仕事が面白くない。」

そんな気持ちを抱えたままで、残りの人生を過ごすことを断固拒否します!

仕事の辛さばかりを感じていた私のこと

試練を目の前にしていることが判明した自分ですが、それが自覚出来ているだけでも良いことです。

まずはそのように、納得することにしました(^.^)

自分自身と、しっかり向き合えている証拠ですからね。
自分と向き合うことって、言葉でいうのは簡単ですが結構難しいことなのです。

人のことはよくわかるのですが、自分の事となると途端に見えなくなってしまうものだからです。

見たくないところを無意識に避けようとする心理が働きますからね(^-^;

自分への厳しさが必要になるってことです。

会社に行くことが嫌に感じる自分は、間違いなく存在します。

そんな自分の一面を乗り越える為にも、今日は徹底的に自分を見つめてみたいと思います。

恥ずかしい過去を思い出してみますね(^-^;

勤めた先はブラック企業

外国に行くことが好きだった僕は、就職前の学生時代に語学留学を経験しています。

そのおかげで、履歴書に記入できる程度の英語力を身に付けることが出来ていました。

「外国に行けるような仕事がしたいなぁ。」

それだけの気持ちで入社した会社は、海外出張のある小さな会社でした。

確かに海外出張に恵まれた環境ではあったのですが、1年の大部分は国内での業務です。

貿易関係の担当として、1名のみの募集だったことは後で知ったことでした。

かなりの人数の応募があったとのことで、他の社員たちからの『試すような』視線も少なからず感じてはいたんですよね。

とは言っても、社会人としての経験も無くて、右も左もわからない自分です。

そんな無防備な僕に、容赦なく詰め寄って来る先輩社員の方も結構いましたねぇ(^-^;

「英語は必要だが、必然ではないからな。大切なのは普段の業務だ。忘れるなよ。」
そのつもりで、一生懸命やってはいるのですが・・・(*_*;

そのようなことを言ってくる先輩は、一人や二人ではありませんでした。

負けず嫌いな部分もあった僕でしたが、ファックス・電話で襲ってくる注文や問い合わせに加えて、そうした営業社員からの要求にいつも一杯一杯でした。

当然ミスも起こします。

「ちょっと、ミスが多いよ君は。」

なんて口だけ動かしてくる営業社員たちへの恨めしい気持ち。

抑えることが難しかったです・・・あんたが、次から次へと色んな仕事押し付けてくるからやろ!少しは自分で動けよ!

残業は当たり前。
もちろん手当なんてありません。

休日出勤(手当なし)もしょっちゅうです。

年に数回の海外出張だけが、その会社に勤務し続けている理由でした。

それでも、給与の低さに

「ちっと割に合わないな。」

と感じながら愚痴ばかり漏らし続けていましたね。

出社拒否するほどまではいきませんでしたが、会社に行くことが楽しいとは到底思えなかったです。

一生勤められる会社ではないことをどこかで感じていました。

理想とのギャップに苦しみながら転職

仕事で海外に行ける魅力は捨て難かったのですが、妻と子どもが出来た環境と収入を考えると、先が見えなくなってきてしまい、将来への不安も感じるようになってきました。

入社当時の他の社員からのプレッシャーは、ある程度の実績を積むことで無くなってはいたのですが・・・。

自分より10年先輩の方々の姿を見ると、どうしても自分の理想とはかけ離れていたんです。

営業部への配属となっていた僕は、毎週月曜日の19時以降から行われる会議に疲弊しきっていました。

「この先10年先も同じように、売り上げが足りない、足りないと言われ続けるのか・・・」

そのようなビジョンを持つことに、もう耐え切れなくなってきました。

そうして退職を決意します。一方で独立心も旺盛ではありましたが・・・

次の会社は、身内だけで経営していた小さな環境でした。そんな環境で、とても貴重な経験をさせて頂くことになります。

仕事嫌い、会社嫌いだった私が仕事を通して楽しい人生を掴んだ理由仕事が楽しくなれば、人生も楽しいはずです。でもいきなり楽しい仕事にありつけることは無いと思った方がいいでしょう。それは見つけるというよりも、育てていくものだからです。人生を楽しくするために、どのような考えを仕事に向けたらいいのかを紹介していきます。...

 

この会社に勤めている時は、『日曜日の憂鬱』を感じることはありませんでした。

自由に色々なことをさせて頂いていたので、以前ほどのストレスは感じてはいなかったですね♪

それでも結局は、退職することになります(-_-;)

仕事の辛さというよりも、人間関係に問題が生じてきていたのです。

僕自身の問題もあったのですが、色々と新しいやり方を提案して実行していっても、なかなか思うように理解されることがなく限界を感じてしまっていたんですよね(-_-;)

曲解されてしまったり、事が進むスピードが極端に遅かったり・・・。

そして良い結果が出たとしても、美味しいところは全てそこの社長が持って行ってしまう・・(*_*;

そんな風に感じてしまっていたので、たとえ口に出すことは無くても雰囲気って伝わってしまうものです。

自分の中にあるそんな曇った気持ちが、人間関係にも表れていたのでしょう。

仕事が辛いというよりも、不満を感じて退職する形でした。

ホワイト企業でも消えない辛さはある

そうして今勤めている会社は、ホワイト企業と言ってもいいと思います。

残業もほぼありません。有休も問題なく取得出来ます。

こんな今の僕の状況は、第三者が見ても、

「こんな状況で、愚痴を言っていたらもうどこでもやっていけないよ。」

きっと、そのように思われるような環境です。

僕自身、今の状況に不満を漏らすことは『ちょっと贅沢過ぎるのでは』と思います。

それでも、『日曜日の憂鬱』を感じてしまっている自分がいるのです(*_*;

これは今の僕にとっては、重大な事実です。

今までは見てみないふりをしていたところはあったのですが・・・(^-^;
徹底的に自分を分析する必要がありそうですね。

今のままでは、この先もこのままと言うことですから。

収入への強い不満はありません。
仕事の方もそれなりに出来ていると思います。
人間関係に問題があるわけでもありません。

なのに感じる『日曜日の憂鬱』・・・。

この問題解決への糸口を考えなければなりません。

休日のプチうつの原因を浮き彫りに。つまらない人生を吹き飛ばせ!休日前には、学校や会社へ行くことが嫌になるプチうつの状態になりやすいもの。そんな日々が当たり前になると、人生がつまらなくなってしまいます。そんなプチうつへの対抗策としての心構えを書きました。人生つまらない、月曜日にはプチうつになるという方に是非読んで頂きたい記事です。...

人生の段階で異なる学びの内容

同じ仕事をし続けている人であっても、学びの内容は人生の段階で異なってくるものです。

時間が流れ続けている世界では、同じ視点・同じやり方がいつまでも通用することは決してありません

ヒットを打ち続けることが使命だったイチローだって、バットを持ち続けてきた仕事は同じであっても、フォーカスする点はどんどん変化していたのではと思うのです。

ある時は足の動き。
ある時は肩の動き。
ある時は、視線の方向・・・

野球のことはよくわかりませんが、絶えず違うテーマを追求しながら『一つの道』を求めていたのではないでしょうか。

これは会社を経営する方々や、勤めている方々にとっても同じことです。

例えば、20代は自分の才能をどんどん伸ばしながら、頭一つ出ようと突っ走る時期です。

でも40代、50代となるにつれて追い求める内容に変化がやってきます。

包容力であったり、心の豊かさのようなものが価値あるものとなってきます。

50代になっても20代の方々に交じって営業成績を競い合っている姿は、どこか違うような気がしませんか?

少なくとも僕の価値観ではありません。

自分だけの成績を追い求めるというよりも、後輩たちの力を見極めたり、力を引き出すことに注力する方向へ学びを求めたいと感じるのです。

まぁ、この部分は人によりけりだと思いますけどね。

第二の人生を切り拓こうとする方もいらっしゃるかもしれません。

そんな人生も、素敵ではありますすよね(^.^)

人生がつまらない40代の方へ。第二の人生の幕開けは今!40代で多くの方が、人生の転機となるような出来事を経験されるみたいです。人生がつまらないと感じている世代は様々。10代から60代の方までも、つまらないと感じている方はいるのです。豊かな人生を歩む為にはどこかで変わる必要があります。人生の転機を前に、私たちが取るべき行動を記事にしました。...

職場を変える選択をすべき時

別の記事にも同じことを書いていますが、僕は『転職』には慎重である方です。

アドバイスさせて頂くときも、簡単に『転職』を進めることはあまりありません。

そんな僕であっても、転職先を探した方が絶対にいいと思える方もいます。

合わない職場に勤めてしまうケースもやはりあるからです。

自分の適性にどうしても合わない環境もあります。

また時間の経過によって、生きるスピードがその組織内の人たちとは違ってくることもあるでしょう。

『第一希望の会社からの内定がもらえず、仕方なく入社した会社が実は性に合っていた』ということがあるように、その逆のパターンもあるのです。

要求されている能力と、自分が発揮できる能力がどうしても違うという場合、仕事自体が辛くて仕方がないはずです。

そうした根本的に合う合わないという問題がハッキリしている場合は、転職への選択肢を考えるべきです。

『仕事が楽しくない自分』への挑戦とは?人生のエリートになれ!仕事が楽しくないと、人生もつまらなくなってしまいます。そんな時に、退職や転職を考えることは自然なことです。でもその前に少しだけ、あなたの側にも改善の余地がないか考えて頂きたいのです。そうすれば、転職も自分磨きも成功できるからです。仕事能力を上げて、転職への道も開けるようになるための方法を書いています。...

短所にも目を向けてみる

自分の適性を知ることは難しいことです。

自分で思っていることと、他人があなたに求めていることは一致しないことの方が圧倒的に多いからです。

そうした時に、案外盲点となるところが『あなた自身の短所』です。

長所や得意な点はわかりやすいものですが、短所にもあなたの個性や特性が隠されていることがあります。

この短所、使い方次第で大きな武器となることがあるのです。

英語が苦手だった受験生が、それを克服しようと英語だけを集中して勉強していたところ、英語の点数が一番良くなった。僕が高校生の時の実話です(^.^)

自分の短所だと思っていたものが実はただの『食わず嫌い』だったということってよくあることです。

小さな子どもの頃から『本当に大人しいねぇ』と言われ続けていた僕は、営業が出来るとは決して思ってはいませんでした。

それでも、打ち込んでみると案外やれるものだったのです(^^♪

「苦手だから出来ない。私には向いていない。」

自分ではそのように思っていることでも、他人からの視点からは逆であることもよくあることです。

「あの人は、上手にこなしているじゃないか。」

そう見られていることも珍しいことではないのです。

勝手に自分で制限をつくってしまう方がとても多いように思います。自分と客観的な評価にギャップがあるのです。

好きな分野ではなかったことが、得意になることってよくあることですよ。

人生を変える仕事はあなたのすぐ近くにある。伝えたい不変の原則人生を変えたいときに、仕事を変えようというアドバイスをされる方は多くいます。でも、安直に転職すれば人生が変わると考えるのは危険です。この記事では、仕事への見え方が変わるときにあなたの人生も変わるということを色々な例を出しながら書いていきます。...

揺れない気持ちを確立するために

仕事が辛く感じるのは、自己確立の部分にも原因があるような気がします。

自己確立がしっかりと出来ていないので、気持ちが右に左に揺れてしまうのです。

苦手意識を持っているものについても、

「期間を決めて、全力で取り組んでみよう。ダメだったらまた別の選択肢は山ほどあるじゃないか。」

と意識して腹をくくってみることが必要です。

結果よりも、『全力で取り組んだか否か?』という点にフォーカスするのです。

結果ばかりにとらわれて、あっちに流されこっちに流されている状態では、何を挑戦しても気持ちはいつまでも揺れたままです。

どっしりとした、『不動の心境』を得ることをイメージしてみて下さい。

川面に浮いている枯葉のような姿とは真逆の状態のことです。

しっかりとした自分の土台。

そのような強固な基礎は、どのようにして作っていくものなのでしょうか?

突き詰めていくと、『自己イメージ』ということに尽きると思います。

自分自身に対して、どのようなイメージを抱いているのか?

それに全てがかかっていると言い切ってもいいくらいです。

難しいのは、表面的に持っているイメージと奥深い意識の部分で持っているイメージが違うことが多いということです・・・。だからこそ、潜在意識の土台をしっかりとつくりたいわけです(参考はコチラの記事をどうぞ⇒『夢を叶える引き寄せレボリューション』(岡野真)感想レビュー

 

人生に勝つための考え方

人生には、それぞれの『勝負どころ』が必ずあります。

ご自分の過去を振り返ってみて下さい。大小は問わず、あなたの人生の過去に『勝負どころ』はありませんでしたか?

「今から考えると、あそこは本当に踏ん張りどころだったなぁ。」
そのような過去を認識できるでしょう。

どうしても見つからない方は、この先必ずあなただけの戦いの場はきっとやって来ます。負けられない戦いです。

泣き言を言ってられない時がやって来ます。

僕にとっては、

「学校が嫌だった、仕事前の前日に憂鬱な気持ちになる。」

このような気持ちになってしまうことへの打開も『一つの勝負どころ』として捉えているのです。

あなたが学生であっても、僕のような人生折り返し地点を過ぎた社会人であったとしても・・・

僕みたいに、

「明日は出勤かぁ・・、嫌だなぁ。早く週末が来ないかなぁ。」

と未だにボヤいているような人生は嫌ですよね?

僕は絶対に嫌です(笑)
豊かな人生とは真逆の姿であるからです。

このような勝負どころで必要なのは、『発想の転換』です。常識に縛られずに、真っ白な頭で自由に考えてみることです。

例えば、仕事前の憂鬱を感じる自分が嫌だという気持ちを強く持っています。

そしてそんな状況からの『出口』を探し続けています。

出口を探し続けて、もう何年にもなります。
それでも、何も変わらないままです。

だから、発想を転換させてみるのです。
『出口』ではなく、『入口』を探して入っていくのです。

お答えします。学校では学べない人生の目的。目的、あるvsない?人生に目的はないのか?あるのか?持つべきなのか?結論は、目的はあるもの。でも求めるものではないと思っています。今のあなたに出来る全てを行動に移すことで、あなたに人生の目的が与えられるものなのです。目的を探すことよりももっと大切なことが、人生にはあります。...

仕事が辛いという考えを捨てる戦い

大体、仕事が好きでたまらないと言っている方々の言葉を額面通り理解すること自体が間違っているのかもしれません(^-^;

仕事って、辛くて当たり前のことです。

リングに上がるボクサーだって、試合前は恐怖を感じるはずです。

「3R以内に倒してあげますよ!」

なんて威勢のいいことを言いますが、それだって自分自身と必死で戦っているのだと思います。

出来ることなら、リングに上がることなく普通の生活が出来たら・・・なんて気持ちもきっとあると思うのですよ。

それでも、戦いの場を避けるべきではない。そのことをどこかで知っているのです。

「やりたいことをやれ!やりたくないことは一切するな!」
「やりたくないことをリストアップして、それを全てやらなくてもいいライフ設計を立てろ!」

そんな言葉の表面だけを都合よく理解することが、そもそもの間違いだったんですよね。

自由な生活を満喫しているような方であっても、きっと半泣きになりながら努力してきた苦難の時期はあるはずなんです。

あなたの見えない部分で、普通の方には真似出来ないようなことをきっと実行しているはずだからです。

『やりたいことをやって、生きていく。』

耳障りの良い言葉ではありますが、何の努力もせずにそんな生活を実現させようなんてちょっと甘すぎるとは思いませんか?

聞こえのいい世界ほど、現実は甘くはないということです。

理想的な生活をしているように見える方であっても、甘くはない世界で戦って掴み取ってきたはずなのです。

心が折れるという言葉の罠

仕事が辛いという状況から逃げ出そうという発想では、いつまで経っても出口に辿り着くことはありません。

受け入れることです。

リングに上がるボクサーのように、辛さや恐怖、厳しい練習は当たり前のことなんです。

そして・・・、

そんな真剣勝負の試合であるからこそ本当の楽しさもまた与えられる

それもまた真実です。

こちらもしっかりと受け入れたいと思います(^^♪

「心が折れそうだ。もう嫌だ。」

そのように思ってしまう時期も絶対にあるということです。

そもそも、心って細い枝のようにポキッと折れるようなものではありません。

綺麗な球体をイメージしていれば、それが折れることは無いのです。

あなたの心の強さを甘く見ないで下さい。

そして心には強い復元力もあります。

どんなに潰そうとしても、内側に入っている空気の力であっという間に復元して元の綺麗な球体に戻ってくれるものなのです。

自分を信じられるベースとなる努力を

社会人になると、そんなあなたの球体の心を潰そうとする勢力もまた実際にはあります(^-^;

「一度、ガツンと潰しておこう」
「君はあれが出来ない、これが出来ていない・・・」

まぁ、色々なことを言ってきてはあなたの心を潰そうとしてくる力が働いてくるかもしれません。

理由は、その方があなたをコントロールしやすくなるからです。

ガチっと一度潰してしまえば、その後は「ハイハイ。」とYESの返答ばかりで、動きやすい人材になってくれるからです。(ぶっちゃけ、無能な上司ほどこのような傾向が強いです(^-^;)

それでも、あなたはしっかりと復元しなければなりません

一度潰されて、ハイハイとなってしまう人材が出世していくような組織はもう下り坂です。

そんな組織であれば、こちらからサヨナラしてあげるくらいの強い気持ちを持って下さい。

その為には、自信が必要です。

自信を得るには、あなた自身の努力がどうしても必要です。

あなたの努力が、自信を支えてくれる土台となるのです。

「自分に自信が持てない。」

そのような悩みを抱えておられる方は、厳しい言い方をしてしまえば

「自信が持てるほどの努力が足りていない。」

とも言えてしまいます。(少しの努力しかしていないのに、出来上がってしまう方もいますけどね・・・。人それぞれに能力の差があるということです(^.^))

自分に厳しい方であるほど、自信を持つことが難しいものではあります。

だから自信が持てない方は、本当は眠っている隠れた能力がまだたくさんあるはずです。

努力に支えられた人は、自分を信じる力が強い。

そうして不動の心境を持ち続けることが出来るようになれば、その時にはもう『日曜日の憂鬱』を忘れているはずです。

今日も一日、自信をつけるための時間を僕も過ごしていきます♪

 

こちらの記事も、ぜひ読んでみてください↓

仕事がつまらないあなたへ。人生の輝きまで失ってはいけない!「仕事がつまらない。」「こんな会社、もう辞めたい。」そんな風に思いながら、嫌々会社勤めを続けている人も多いんじゃないでしょうか?でも惰性で仕事を続けていっても、状況は悪化するばかりです。あなたの人生を輝かせるための、シンプル&パワフルな考え方をお伝えします。...

 

まとめ

同じ仕事を長く続けている人であっても必要な変化とは?
時間の経過とともに必要とされることも変化する。変化に対応できる視点の変化

自分の適性を知りたいときに、目を向けるべき視点とは?
あなたの短所。異なった視点からみると、それが長所へと変わることがある

仕事が辛いあなたに意識してみて欲しいこと
仕事の結果ではなく、『全力で取り組んだか否か?』

人生の勝負どころで必要なものとは?
『発想の転換』。今の悩みへの『出口』ではなく『入口』を探してみる

日曜日の憂鬱から逃れたいときには?
逃げ出そうという発想ではなく、懐に入り込む発想を受け入れてみる

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。