つまらない

休日のプチうつの原因を浮き彫りに。つまらない人生を吹き飛ばせ!

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

プチうつを感じない人と感じる人の違いは?
プチうつを感じない人と感じる人のメンタルの違い
プチうつを感じる人が何としても身に付けたいメンタル
プチうつを感じているあなたが証明していること
プチうつが教えてくれる、充実した人生とは?

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約5分です

 

「俺みたいに、40年サラリーマンやってる人間でも月曜日はつらいのよ。」
「信じられる?40年間、ずっと辛い月曜日を過ごしてきたんだから。」

定年退職までもう間近だった会社の人が、お手洗いで一緒になった時に話されていたことです(^-^;(正直、そんな風にはなりたくないものですね・・)

あれから数年たち、その方はもう定年退職されました。

月曜日が憂鬱という点では、僕の娘もそんな様子をみてとれます。

高校に入学して、

「学校が楽しい。」
と言ってくれてはいるのですが・・・。

それでも月曜日は少しだけ休みたいという気持ちがあるみたいですね。

僕だって、人のことは言ってられません(-“-)
月曜日というよりも、日曜日のお昼過ぎからだんだんとプチうつになってきてしまいます。

月初に行われる会議の時期には特にです・・・。

一方で翌日が仕事の休日であっても何ら影響されることなく、楽しく過ごせる人も世の中にはたくさんいらっしゃいます。

『勝ち組』・『負け組』といった言葉を僕は使ったことはありませんが・・。

休日に思い切り楽しめて、『つらい月曜日』を知らない方々こそが本当の【人生勝ち組】のひとたちだと思います。

そんな人生がもし現実となるのであれば、それって本当に理想的な人生ですよね♪

そんな理想を現実とするために、この記事を読んでみて下さい(^^♪

休日を楽しめなくするプチうつ

一番嫌なのは、休日にまでその気持ちが影響してしまうことです。

仕事の日だけであればまだわかりますが、自由に過ごせる休日から既に憂鬱な気持ちに襲われてしまうことですね。

ただ公平に観察してみると・・、

仕事の日であっても休日前の出勤日は何となく楽しい気持ちになったりもしますよね(^.^)

金曜日や長期休暇が始まる最終日。
そんな日は時計が終業時間に迫って来ると、何となく社内もソワソワした雰囲気になってきます♪

そのように考えると、休日最後の日に多少の影響を受けてしまうことは仕方のないことなのかもしれません。

でも、出来ることなら憂鬱な気持ちで月曜日を迎えることは避けたいですよね?
休日はフルで活用したいですよね?

仕事だって憂鬱な気持ちで取り組みたくはないはずです。

仕事や学校に行きたくない?

ただ完全に学校や仕事に行きたくないのかというと、そうでもないという人が大半だと思うんですよね。

僕も確かに、日曜日の夜には少し憂鬱な気持ちにも襲われます。
それでも、休もうとは思えないのですよね。

娘もそうみたいです。

休みたいとは言うのですが、1週間も2週間も休みたいのかというとそうでもないみたいです。

(ただ、中学生の時は学校に行けなくなる時期がありました。そのようなケースも当然あります。不登校になった娘の中学時代は⇒コチラ

1つの原因として考えられるのは、世間体です。

僕は30代の頃に、転職の時に2週間くらい無職の期間を経験しています。

「ゆっくり休みをとって、リフレッシュしよう!」
そんな風に思っていたのですが、すぐにお酒の美味しさも半減してしまい飽きてしまったことを覚えています。

『平日にブラブラしているところを近所の人に見られたくない』
という心理も、確かにありました。

一方で、在宅ワークの期間中は当然ですが平日でも自宅にいることが多いです。そんな時って、近所の人の目は全く気になりません。

どこかで、「無職ではない。」という自信があるのでしょうね(^-^;

仕事のちょっとした合間には、堂々とお散歩に出て楽しんでいましたから♪

休むと気分は良くなるのか?

『人の目なんて気にするな』
『他人との比較で苦しむなんて馬鹿げてる』

なんてことを散々言っている僕ですが、

「どこかで世間体を気にしてしまっているのかな??」
と考え込んでしまいました(^-^;

でもテレワーク中は外出することをためらうような心理は働かなかったことを考えると、原因は自分自身からくる『後ろめたさ』にあるようです。

社会人であれば、仕事をしていないという後ろめたさ。
学生であれば、学校に行かないという後ろめたさ。

良心の呵責のような気持ちをどこかで感じているからだと思うのです。

まぁ中には罪悪感とは無縁の状態のまま、無職の生活をされている大人の方もおられるでしょう。

学校に行かずに、何も感じることなく過ごしている方もいるかもしれません。
(行けない方ではありませんよ。)

そのような方は、自分自身を見つめることの練習から始める必要がありそうです。

ニート人生よさらば!つまらない生活から抜け出す、効果的な行動ニート生活をしながら、人生がつまらないと感じている方が少なくないようです。働かず、毎日好きなことを出来るからと外目からはそのように見えるかもしれませんが、当人はとても辛い生活であるはずです。人生をつまらなくさせるニートから抜け出す方法と考え方を紹介します。...

 

ただ、この記事に辿り着いている方にそのような人はおられないと思います。

休みたいけど、本当に休むと何だか楽しめない。
月曜日は嫌だけど、だからと言って仕事や学校を完全に辞めたいとも思えない。

本心では、そんな気持ちなのではないでしょうか?

『楽しい』と『つまらない』

同じ仕事や学校であっても、『楽しい』と『つまらない』を分けているものは一体何なのでしょうか。

現在会社勤めをしている僕であっても、正直な気持ちを先程言ったように、憂鬱な気持ちを感じてしまっています(笑)

でも会社の社長である立場の方は、おそらくそのような気持ちは感じていないと僕は思うのです。

学校であっても、教師。
特に校長先生
になると、月曜日に学校に行きたくないと感じる方は少なくなると思います。

憂鬱な気持ちに襲われるのは、会社員や生徒たちが圧倒的に多い。
社長や上司、校長先生など重役を担った方々は、そのように感じることは少ないはずだと、想像します(^-^;

それには、僕なりの根拠もあるんですよね。

そこにある違いは、ポジションとか立場の違いから生じる心構えの差です。

 

指導する側
指導される側

給料支払う側
給料受け取る側

教える側
教えを受ける側

指示を与える側
指示を受ける側

雇う側
雇われる側

そういった立場の違いがあるので、心境にも差が出てくるのは当たり前のことです。

この心境の差によって、『楽しい』と『つまらない』の差が生じてくるのではないでしょうか。

仕事や学校を我慢と捉えている

『雇われている』方や、親に学校へ『行かされている』方にとっては、会社や学校の時間は『我慢』以外の何ものでもありません。

我慢して耐える時間なのです。

耐えた報酬として、給料を頂いたり、卒業証書をもらうという発想になってしまいやすいんですよね。

ところが、会社の社長や学校を動かしている人たちはそうではありません。

自分の立ち位置を違った形で認識されている方は、『我慢の時間』といった感覚は持っていないはずです。

もっと、能動的で主体的だからです。

自分の会社だから、もっと良くしていかなきゃならない。
学校を動かしているのは自分だから、良い生徒を出していきたい。

自分が何とかしようという気持ちなのですね。

『やらされる』とか、『される』といった受け身的な立ち位置ではないことがわかります。

自分で決めると視点が変わる

「それは立場が違うのだから、当たり前。自分がどうやって能動的になればいいのよ?」

「世の中は、雇われる側や通う生徒の方が多数派だから、受け身の人数が多いのは仕方ないよ。」

そのような至極まっとうな疑問が、当然浮かんでくることでしょう。

でも、工夫次第でこの『立ち位置』に変化を与えることが出来るとしたら・・・。
素晴らしい発明だと思いませんか?♪

指導される側
指導されて、やり方を選べる側

給料受け取る側
給料受け取って、使い方を自由に選択できる側

教えを受ける側
教えを受けて、自分流に使いこなす側

指示を受ける側
指示を受けて、やり方を考える側

雇われる側
雇われて、雇う側に立つための準備をする側

学校行かされる側
学校行かされて、将来の道を自分で決める側

どうですか(^^♪

少し印象が変わりませんか?

【自分で自分の人生を動かしている】

そんな考え方をどうにか工夫して身に付けたいものです。

『やらされている感』からの脱却!こちらの記事もあわせてどうぞ。20代の方だけの為に書いた記事ではありませんので。

選ばれる20代はここが違う!つまらない人生とは無縁の生き方20代は、忙しい年代です。そしてあっと言う間に過ぎ去る年代でもあります。この時期に手抜きした時間を過ごし続けてしまうと、30代になっても人生がつまらないと悩み続けてしまうかもしれません。20代をいかに過ごして、つまらない人生とおさらばするべきか?一つの視点から見た、有効な考え方を紹介します。...

生きることは自分が決断すること

人は、飲んだり食べたりする為だけに生きているわけではないと僕は思います。

それだけで満足出来るのであれば、休日前のプチうつで悩むことなんで決してありません。

食事や住む場所の欲求が満たされると、更に次元の違う欲求が出てくるものです。

仕事もしない。学校にも行かない。
そのような状態に悩んでしまうのは、自分自身の欲求が満たされないからです。

飲んだり食べたりする以上のこと。
それは大げさに言えば、『決断』するということです。

日々の生活でも、私たちは『決断』の連続に直面しているはずです。
小さな決断から大きな決断まで様々。

そのような日々で、

【自分自身で決断する時間】を多く持てる人は人生が豊か

であると僕は信じています。

指示される、教えられる・・・・、そのような時間を少なくしていくと言い換えてもいいかもしれません。

指示されても、最終的には自分が決断する。
教えられても、最終的には自分が決断する。

それが、生きているということであると思うのです。

↓の記事は、『自分で決める人生』について触れています。僕の学生時代の頃を思い出しながら書いたものですが、ぜひ読まれてみてください♪

後悔しない人生やり直し。どうして彼は大学時代の悔いがないのか?大学時代に戻ることが出来たら、どんな人生やり直しをしたいのか?ということを考えてみました。今だからこそ、「こんなことを学生時代にやっておけばよかった。」と思えることはたくさんあります。そして、僕が学生時代への後悔がない理由も述べました。ポイントを外さない意識を持つことの大切さについて書いています。...

人の役に立てている自分

会社や学校に行くことに辛さを感じてしまうのは、『やらされている感』の割合が多いからです。

それを限りなく小さくするには、『人に喜んで頂ける仕事』をしているという実感を得ることです。

学生の方であれば、学生生活を楽しく過ごしているあなたの姿を見て喜んでくれるご両親のような存在ですね(^^♪

視点を自分以外の方に向けることによって、それまで見えてこなかったものが見えるようになってきます。

自分に出来ることで、喜んでもらえていることを探してみるのです。

今この瞬間に、自分が出来ることは何だろうと問いかけてみるのです。

戦うべき時もある

視点を自分以外へ向けると、先程僕は言いましたね。

でも、何でも全てを受け入れればいいという訳ではありません。

例えば、職場であなたが頑張っている姿をみて嫉妬を抱く方が出てくるかもしれません。

学校で成績が上がっているあなたをみて、引きずり下ろしたいと思っている人も出てくるかもしれません。

いくら人の望むことをしようとしても、そのような方々の邪な望みに対しては距離を置くことです

あなた自身が強くなり、戦わなければならない時もあるということです。

「そんな考え、決して受け入れることは出来ないぞ!」
「そんなことより、私はずっと自分を大切にしているんだ!」

「何でもかんでも人の言いなりになろう」ということではありませんので、その辺の見極めには智慧と言う武器も必要でしょうね♪

『楽しくしよう』と決断できる

自分で決断できる範囲を出来るだけ大きくしていくことが、成長の証とも言えるかもしれません。

会社でも、入社したての頃は自分で決断出来ないことだらけです。

それでも、年月が経ち経験も増えてくると責任も増えてきます。
そうなると、仕事が面白く感じる時期がやって来るものです。

それは、自分で決断し物事を進める範囲が広くなってきたからです。

その責任は、あなたの上司が肩書として与えるものではありません。

あなた自身が、決断して得ることの出来るものです。
(普通の会社であれば、そんなあなたに肩書の一つも与えないようなことはあり得ません)

自分の人生を『楽しく』しようと決断することが出来るのです。
月曜日の朝を『ワクワク』させようと決断する能力も備えているのです(^^♪

今日は何だか自分自身へのメッセージになってしまいました(^-^;

来週の月曜日、元気に学校・会社へ行きましょうね(^.^)/~~~

 

運に見放される生き方にさようなら!こちらの記事もあわせてお読みください。

自分の人生、誰の責任?運に見放される人たちの残念な間違い「自分の人生は自分の責任だ」という考え方を受け入れた時、世の中の見え方が変わってきます。衝撃ともいえる視界の変化を感じられるはずです。そして、間違いなく安定した幸せな人生をおくるために欠かすことの出来ない考え方でもあります。さらにその先に待っている新たな気付きとは?...

 

まとめ

プチうつを感じない人と感じる人の違いは?
立場の違いから生じる心構えの差にある

プチうつを感じない人と感じる人のメンタルの違い
自分が何とかしようという主体的なメンタルと、『やらされている』という受け身のメンタル

プチうつを感じる人が何としても身に付けたいメンタル
自分で自分の人生を決断して動かそうというメンタル

プチうつを感じているあなたが証明していること
飲んだり食べたりするためだけに生きているわけではなく、次元の違う欲求を持っている

プチうつが教えてくれる、充実した人生とは?
『やらされている感』を少なくし、自分で決断する人生

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。