目的

お答えします。学校では学べない人生の目的。目的、あるvsない?

 

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

人生を〇に例えると、人生に目的があるのかないのかがわかる
人生の醍醐味とは?
人生を充実させるための知恵の絞りどころとは?
「自分の心に正直に、自分に嘘をつかない」の言葉にある落とし穴は?
人生の目的を考えることよりも大切なこと

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約8分です

 

人生の目的ってなんでしょうか?
そもそも、人生に目的は必要なのでしょうか?

このことについて、『人生の目的は幸せになること』という内容の記事を既に書いています。

人生の秘密を読み解く。目的だったはずの幸せを掴めなかった理由誰もが幸せになりたいはずです。ですが幸せになるために生きているはずなのに、幸せの道から外れてしまう方もいます。人生の目的が幸せになることなのに、なぜ道を外れてしまうのか?自分の人生を愛することが出来るようになるための考え方を紹介しています。...

 

心から幸せだったと思える人生を送ることが出来ること。それが、人生の目的であると言ってもいいと思うのです。

一方では、『人生には目的は無い』という意見もあることも事実です。

地球上に生きている人、万人全てに共通した『人生の目的』となるとちょっと広すぎるテーマになってしまいますね(汗)

全ての方に当てはまる『人生の目的の答え』一つとなると、確かに回答を出すことは難しいかもしれません。

ですがほとんどの方々は、『幸せな人生を送りたい』という欲求は持っていると思います。

不幸になりたいと願っている方は、あまりいないでしょうしね・・・。

また、『ただ生きていること』そのものを目的にしてしまうのも欲求の段階としては下の方だと思っている自分もいます。

『ただ生きていること』、言い換えれば『死んでいないだけの状態』とも言えるわけですしね。

人生に目的は持つべきか、持たざるべきか?

今日は、そのことについて書いていきたいと思います♪

人生を一つの『旅』と考える

個性溢れる社会に生きることが出来ることは、素晴らしいことだと思います。

一人一人がそれぞれの個性を持つことが許される人生を送ることができるからです。

人の性格って、千差万別ですからね(^.^)

人生の目的について考える時にも、この個性を無視することは出来ません。

ここでは、『人生』を一つの『旅』と考えて進めてみたいと思います。

『人生に目的は必要なのか?』

という問いかけに対して、『旅』に目的は必要なのか?という風に考えてみるのです。

ある人は、旅の準備段階で訪問地や出発時刻、夕食の場所まで詳細に計画を立てながら準備していきます。

一方で、その時の気分で旅を進めたいからと事前に計画を立てることなく旅に出る方もいます。

性格が分かれるところですよね(^^♪

どちらが正しいかというよりも、種類が異なると言うだけです。

充実した旅、幸せな旅だったと思えることが出来れば、何も方法論にこだわることは無いということです。

旅に目的はあるの?

最終的にとても良い旅だったと思えるものであれば、それが目的と言ってもいいはずです。

では、良い旅として終えるためには何が必要なのでしょうか?

『旅』の目的地

いくら旅の計画を立てない性格の人であっても、行先くらいは決めるはずです。

アメリカでもヨーロッパでも、アジアでも、どの国に入るかといったことは少なくとも前日には決めるものでしょう。

旅の目的地です。

目的地に到着後、何をするかはまた別の話しです。
でも、大前提の目的地を決めることは必要なことだとは思います。

では、人生の目的地とは?

本当に最終的な目的地となると、『死』ということになってきます。

人生の最終的な目的地はそこですよね。

1日長く生きるということは、1日『死』に近づいているということです。

人生という旅路を歩んでいるということは、最終目的地に向かって日々歩みを進めているということなのです。

目的地までの移動手段

では、目的地まで向かう移動手段はどんなものでしょうか。

船の旅、飛行機の旅、キャンピングカーでの旅・・・

色々とあるでしょうが、最終目的地は変わりません。

だからと言って、一気に最終目的地に着いてしまうことが旅を充実させることでもないはずです。

どんな移動手段を使うにしても途中の経由地を通り、最終目的地の前にある多くの小さな目的地を旅しながら進んでいくのです。

徒歩の旅と飛行機の旅の違いは『移動距離』くらいです。

ある人は徒歩の旅を100年続けて、またある人は飛行機の旅であっても30年程度の時間で終えてしまう方もいます。

時間的な制限は人によって様々です。
移動距離と時間の差は人によって異なります。

それでも、最終目的地は一つです。

そして最後には『幸せを感じられた良い旅だった』と言いたいわけです。

『旅』の醍醐味

そうして考えると『旅(人生)』の醍醐味は、『移動そのもの』の中にあるように思えます。

最終目的地に到着するまでの、途中の段階全てが旅の醍醐味であるのです。

飛行機であっても、船であっても、徒歩であっても、自転車の旅であっても・・・

それらの旅の醍醐味は、最終目的地に着くままでの期間どんな経験をしてどんな心境を感じていたのかというところにあるということです。

目的地まで一足飛びに時間を短縮して進みたい。

すぐに目的を達成したい。

そんな気持ちを持ちながらも、移動中の時間そのものが旅そのものであるということです。

そして目的地に着くまでのそれぞれの期間、私たちは泣いたり笑ったり、感動したり悲しんだりするのです。

充実した旅だったというたった一つの最終目的を達成するために、人それぞれの移動手段と時間を費やしているとも言えるかもしれません。

『旅』を楽しく、実り多きものに

『旅(人生)』を実り多きものにするためには、その移動中の経過そのものをいかに充実させるかということを考える必要があります。

目的地に着くまでは、どんな苦労もいとわない。
目的地に着きさえすれば、そこにユートピアが待っている。

そのように考えるのも、一つの側面ではありますが・・・

最終目的地が一つであれば、その途中経過を十分に楽しんで行きたい(生きたい)という気持ちもありますよね(^-^;

苦しいだけ、我慢だけの『旅』に魅力を見つけることは難しいことです。

目的地に着くまでの旅の醍醐味の時間を十分に、楽しみながら充実させる。

時には苦い思いも経験して、最終的には『素晴らしい旅』だったと思えるようにしなければなりません。

人生を充実させるためには・・・、

目的地までの経過全てが悩みしかなかった、苦しみしかなかったと思ってしまう旅にすることは出来ないのです。

私たち自身でつくる旅です。

事前に詳細な計画を立てる方もいるでしょう。
風の向くまま気の向くままの旅を好む方もいるでしょう。

全てが、あなた自身でつくり上げるあなたの人生となるはずです。

そうであるならば・・・、

あなたの『旅』を実り多くするためのコツ。
それを知りたいでしょ? (^^♪

目的に執着するなかれ

一つは、目的地に執着し過ぎないことです。

目的地にばかり気を取られると、どうしても一足飛びに『結果』だけを求めたい気持ちが強くなってしまいます。

旅の醍醐味は、その途中経過にあります。

目的地に着くことは大切ですが、それまでの経過こそあなたが色々な経験値を積む為の大切なプロセスなのです。

全てを犠牲にして、目的地に辿り着こう。
目的地に着くまでは、全てを我慢しよう。

目的地にしか目が行かなくなると、肝心の部分が犠牲になってしまうのです。

そして皮肉なことに、最終的な目的すらも願っていた結果が手に入らないことになってしまいます。

努力は大切。我慢も大切。

そして、バランスが何より大切。

努力しながらも、楽しいと感じる道は必ずあります。

我慢しながらも、自己の成長を感じながら幸せを感じることの出来る道があります。

途中経過の旅路と最終目的地に着いた時の結果、その双方を貫く道が必ずあるのです。

両方を満たすことの出来る道を選ばなければなりません。

この辺りが、私たちの課題の一つ。
知恵の絞りどころでもあります。

  • 途中経過にしか目が行かないようでは、最終的につまづいてしまう危険性が大いにあります。

  • 最終結果にしか目が行かないようでは、肝心の旅の醍醐味を得られない危険性が大いにあります。

 

やはり、バランスは非常に大切なものであることを強く感じますね。
近くを見る目と遠くを見る目、両方とも私たちには必要であり大切なことなのです。

二種類の目的

最終目的地に向かう為の手段は、各人それぞれの人生が異なるように人それぞれです。

しかし、目的地へ向かっている目的。
なぜ、最終目的地へと向かう旅を我々はしているのか?

それについては、2種類の目的があります。
私たちが注意すべき点が、実はここにあります。

一つは、今まで書いてきた『最終目的地』に着いた時に『良い旅だった』と思えるような旅にすることです。

そしてもう一つ。旅の途中経過を楽しもうとする目的です。

  1. 旅そのものを良い旅だったと言えるようにしたい。
  2. 旅の途中そのものも、楽しみながら歩んでいきたい。

この二つの目的を両立させることが大切なのです。

誤解されやすい落とし穴があるのは、2つ目の目的の方です。
よく聞きませんか?

『あなたが、本当にやりたいと思うことをするべきだ』
『自分の心に正直に生きるべき。自分に嘘をついてはいけない』

この言葉を誤解してしまうのです。

あなたの欲望を正当化するために、この表現を都合よく解釈してしまうことがあるからです。

「自分の気持ちに正直になるべきだ。」
と言いながら不倫に走るようなドラマがあったりしますよね・・・

それが旅の途中を満喫させるものにはならないことは、少し考えるとわかると思います。最終的には苦しみをもたらす行為だからです。

一つの欲求を満たしても、次から次へと新たな欲求が生まれてきて決して満足できないものです。

この二つの視点。こちらの記事では『鳥の目と虫の目』と表現しています↓

人生が楽しくない30代の方へお届けします。効果的な二つの視点人生が楽しくないと感じてしまっている30代の方の為に、30代という年代の特徴と20代との違い。そして大切な人生の30代を楽しく過ごすための方法を紹介しています。30代に限らず全世代の方にとっても、きっとご参考頂ける内容にも触れています。...

決断を下すために絶対に必要なこと

旅の目的、人生の目的をテーマに書いている記事ではありますが、いつまでも目的探しに時間を取られるべきではありません

目的を見つけることが人生の目的になってしまわないように注意すべきです。

大切なことは、旅を続けること。

移動手段は何であれ、旅を続けながらあなたの道を歩んでいくことです。

そうして歩み続け、あなたの旅路を進みながら目的が明らかになって来ることもあるからです。

あなたが目的を求めなくても、達成されるべき目的があなたの前にクリアになって表れてくれるものなのです。

人生の目的を求めるという考え方をいつまでも抱きしめていては、結局どこへも行けないままです。

むしろ旅を続けている、

『今の自分が全力を尽くすべきことは何なのか?』

それを考えて行動することで、あなたの旅の目的もハッキリとしてくるものだと思います。

あなたという存在を通して、どのような旅の目的が達成されるべきなのか?

どのような生き方、旅が自分を最大限に活かせるものなのか?

自分の旅を完結させるために、今の自分がやるべきことは何なのか?

目的は、誰かが教えてくれるものではありません。
図書館の本に書かれていることもないでしょう。

欲望に囚われることなく、二種類の目的を満たすことの出来る道を歩いていく中でパッと現れてくれるものでもあるのです。

求め過ぎることによる罠とは・・↓

人生を変える出会いに偶然はない。欠かすことの出来ない真実人生を変えるには、出会いが必要です。でも出会いだけでは人生を変えることは出来ません。人生の出会いを得るためには、ある条件を満たす必要があります。いくつかの共通点があるのです。本記事では、人生を変える出会いを経験するための共通点について書いています。...

『旅』の終わりにあるもの

人生は有限である以上、旅の終わりは確実にやって来ることになります。

大きな意味での終わりと言えば、終着駅である『死』による完結ですよね。
万人に訪れる旅の最終目的地です。

ただその最終目的地にたどり着く前にも、小さな目的地がたくさんあります。一つの大きな旅路の途中に、いくつもの小さな旅があるということです。

10代の旅、20代の旅、30代の旅・・・・・終着駅までの旅。
別に、年齢だけで分ける必要はありません。

いくつもの目標や超えるべきハードルを経験しながら、小さな旅を続けている存在なのです。

旅の先には、また次の新しい旅が待っています。

新しい旅は、以前の旅の名残を残した道であることもありますし、全くの別次元の旅となることもあります。

人生の転機というものですね。

人生は小さな『旅』の繰り返し

そのように小さな旅を繰り返しながら、旅(人生)は回り続けます。
くどいようですが、全く同じ旅ではありません。

一つ一つの旅と全力で付き合うことで、旅の醍醐味を楽しむことが出来るのです。そして次の旅への期待も膨らむことになります。

そうして小さな旅を繰り返しながら、人生の最終地点まで歩を進めていくのです。

一つ一つの小さなレンガを積み上げながら、一つのお城を築くような感じでしょうか(^^♪

旅ではなくて、人生を『戦い』に例えて表現する方もおられます。

戦いには、小さな戦いもあれば大きな戦いもあります。

大きな戦いは、決して負けてはならない主要な戦です。
小さな戦いは、たとえ負けることはあっても経験値として学べることもあります。

多少のダメージは負うことはあっても、致命的なところまではいかない戦いです。

一つ一つの小さなレンガ、小さな『旅』では失敗もあります。

丈夫なレンガが上手く作れない日もあるということです。
それでも先に活かすことの出来る経験となってくれます。

休息が必要な時もあれば、試行錯誤が必要な日々も当然ありますからね。

でも決して外すことの出来ない大きな戦とも、旅の途中で絶対に遭遇することになっています。

全力で向き合い、乗り越えなければならない正念場があるということです。

最終的にしっかりとした頑丈なお城を築くために必要な、要所要所の失敗の許されない大事な工事もまたあるのです。

『旅』の繰り返しの目的とは?

旅と人生という言葉をミックスして使ってきてしまっていますが・・(^-^;

1つの人生の中で、私たちは小さな人生のサイクルを何度も繰り返して経験し続けている存在です。

一つ一つのサイクルは全く違ったものではあります。

ただ、違ったサイクル、違った挑戦とはなっても経験値としてはどんどん積み重ねってくれているものです。その為に、しっかりとした小さなレンガが必要なのですね。

新たな挑戦を何度か繰り返すことで、小さな生まれ変わりを経験し続けているのかもしれません。

人生は一度きりですが、その一度の人生の中でも小さな人生を何度も経験しているのです。

例えば転職という形によって生まれ変わり、新しい挑戦が始まります。

引っ越しすることによって新しい環境で生まれ変わり、それまでとは違った旅が再び始まります。

1つの道を追求し続ける職人さんのような生き方であっても、細部をよく観察していくと小さな生まれ変わりを何度も経験されていると思うのです。

一度の人生で色々な経験が出来るという点では、とても効率的なシステムかもしれませんね♪

1つの手に5本の指があるように、一つ一つの指を経験しながら大きな一つの手を作り出すようなものとも表現できます。

目的を手放して得られるもう一つの軸

一つ一つの小さなレンガを作り上げる日々では、大きなお城をイメージすることは難しいかもしれません。

日々の平凡な日常の中で旅の最終目的を常時意識することなど、そもそも無理な相談であるとも言えます。

ただ・・・、

小さなレンガを積み上げながら、一つのお城をつくっていく。
自分の人生というお城を。

そんな漠然としたイメージの向こうに、実はもっと壮大なスケールの『目的』が隠されている可能性もあるのです。

なぜなら、私たちは人との関わり合いの中で生きているからです。

色々な方々との出会いがあり、時には切磋琢磨し、時には励ましあいながら旅路を歩んでいます。

『自分だけの旅路。自分だけのお城。』

そう思っていたものが、実は自分だけのお城ではなくて、もっと壮大な超ビッグなお城を築いている一員に過ぎない存在であるのかもしれません。

自分だけのお城と思っていたものは、実は超ビッグなお城の中にある一つの蔵に過ぎないものである可能性もあるのです。

人との関わり合いの中で生きている存在ですから♪

そのように考えると、ただ『旅の目的』を考えるだけであるよりも『歩みを進めて行動していく』ことの方が大切であるとも思えます。

そして人との関わり合いの中で更に大きな『目的』がある可能性があるとすれば、もう『目的』への思考は手放してもいいのではないかとも思ってしまいます。

その時に別の軸となるものは、『感動』であると今の私は考えています。

  • 自分が感動出来て、他人に感動を与えられるような『旅』とはどんなものなのだろう?
  • 今日1日、自分は感動出来るようなレンガを積み上げることは出来ただろうか?
  • 他人に感動を与えられる、自分に出来る仕事ってどんなものだろう?

 

そうしたことを考えながら楽しめる旅こそが素敵なものなんだ。
そのようにも思えます。

今日も一日、頑丈なレンガを積み上げることが出来そうです♬
そのように感じながら過ごす一日もまた、いいものですよ(^^♪

人生に意味を与えるには?こちらの記事もあわせてどうぞ。

人生とは何か?崖っぷちの時に浮かぶヒント。人生は奇跡の贈り物大きなテーマですが、「人生とは何か?」という問いへの答えを見つける為に書いた記事です。あまりに大きなテーマなので、答えも無数にあるはずです。そうであっても、原則を求めていくとその答えの数も限りなく限られてくるはずです。人生への問いの根源を掴むことは難しいことですが、一つのヒントを提供できればと思います。...

 

まとめ

人生を〇に例えると、人生に目的があるのかないのかがわかる
『旅』。目的の有無は人それぞれ。計画的な人、気ままな放浪を楽しむ人・・

人生の醍醐味とは?
最終目的地までの小さな目的地。途中の移動時間そのものが醍醐味

人生を充実させるための知恵の絞りどころとは?
途中経過と最終目的地、双方を満足できる道を求める

「自分の心に正直に、自分に嘘をつかない」の言葉にある落とし穴は?
間違った欲望を満たすことを正当化させるために、都合よく解釈してしまう

人生の目的を考えることよりも大切なこと
『感動』を軸に、歩みを進めて行動していくこと

 

TOPに戻る

 

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。