つまらない

人生つまらないと感じていた大学生。当時の僕が知らなかったこと

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

楽しい大学生活が必ずしも価値があるとは限らない理由
つまらないと感じる大学生に考えて欲しい一つの問い
孤独の期間があなたの人生に有利に働く一面とは?
新しい人間関係を求める前に必要なこと
目標やゴールを設定する時に信じて欲しいこと

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約9分です

僕が大学生の頃に感じていた憂鬱については、他の記事でも既に何度か書いてきました。

記事の最後に案内しておきますので、よろしければ読んでみて下さい(^^♪

中学・高校と学校が楽しくないと感じていた僕にとっては、大学は一つのゴールでもあったんですよね。

「大学に入ったら、遊べるぞ。自由な時間はたくさんあるから。」

「大学は、自由で楽しいぞ~。」

そんなことをずっと聞かされていましたし、高校の先生も同じようなことを言ってましたから(笑)

でも、そんな期待は見事に裏切られたんですよね・・。

どちらかというと、人見知りで内気なタイプだった僕には新しい友人もできません。

大学では同じクラスの人といった人間関係は無くなりますから、内気なタイプだと余計に友達もできにくいものです。

学生アパートでの一人暮らしだったんですけど、高校生の頃から密かに憧れていた夜遊びもすることなくずっと部屋で過ごしていました(^-^;

1人で夜の街を歩き回っても、お金もないし楽しくありませんからね。

そんなつまらない学生生活ではありましたが、今にして思うんです。

閉ざされていた感覚。
息苦しさや孤独。

そんな時間すら、僕の人生には大切であり必要な経験だったと。

現役の大学生。
期待を裏切られて、つまらないと感じている学生の君へ。

25年以上前につまらない大学生を経験してきた先輩の僕から、今日は激励のメッセージを贈ります♪

楽しい大学生活が価値のあるものとは限らない

つまらないと感じている大学生のあなたに、1つだけ断言できることがあります。

それは、4年という学生生活の期間、あなたの人生にとって何も得るものが無いということは絶対にないということです。

あなたが大学生活に悩まれているということは、それだけ敏感な感性を持ち合わせていることの証拠です。

鈍感な人であれば、疑問に感じることもありませんから。

疑問に感じるべきところを、楽しさで無意識に覆い隠してしまっている人も絶対にいるはずなんです。

つまらないと感じているあなたは今、楽しい大学生活に憧れを感じているはずです。

でも楽しい学生生活だけが、価値あるものではないんですよね。

今感じているあなたの気持ちも、必ず意味のあるものなんです。

あなたの人生にとって必要な経験だから、つまらない学生生活を経験させてもらっているという一面もあるのです。

つまらない学生生活をおくった僕から、ここはお約束できます。

『楽しさ』にも種類がある

周りをみると、学生生活を満喫している人ばかり。

「1時間くらいしたら、お前の部屋に行くから♪その後で飲みに行こうか。」

ゼミが終わったら、そんな会話が聞こえてきます。

なのに自分は・・・。

自分の部屋に戻って、冷凍餃子を焼いて食事済ませて・・。

あとは、テレビを見て過ごすだけ。
眠くなるまでひたすらテレビをつけたままで・・。

そんな現実を直視しながら、

「なんてつまらない学生生活なんだ・・。」

惨めな気持ちばかりが強くなって、せっかくの4年間という時間の中で焦りを感じてしまっているのではないでしょうか。

そんな環境の中で、今書いてきたような気持ちを抱えながら、25年前、僕もまさにそんな気持ちで過ごしていました。

でも・・、

楽しい学生生活って、どんなものなんだろう?

眩しく目に映る周りの学生たちが、楽しく見えるのは当たり前のことです。

今のあなたが持っていないものを、その人たちは持っているのですから当然ですね。

でも、

当時は悶々としたやるせなさを抱えていた僕ですが、そんな『楽しさ』にも種類があることに気付いたんです。

一つ目は、『今だけの楽しさ』。

そしてもう一つは、『未来に繋がる楽しさ』です。

一括りに『楽しい大学生活』と言っても、その中味には大きな違いがあるんですよね。

つまらない気持ちの対極にある心境

学生アパートで、朝方まで友人との酒盛り。

夜中のドライブ。

麻雀、パチンコ、ゲーム・・・。

うるさく言ってくる親もいない環境で、好きなように過ごすことのできる時間。

そういった学生生活に僕も憧れていました(汗)

でも、どこかで小さな不安というか、納得できない小さな気持ちも確かにあるんですよね。

そんな楽しさだけを求めて過ごす4年間。
卒業後に待っている社会人としての、長い人生。

つまらないと感じている、あなたの気持ちは間違いのないものです。

でもその後に待っている、『虚しさ』というものに対するかすかな予感がその不安の原因だったんですよね。

そうした虚しさが待っている楽しさを単純に求めていくだけでは、得るものは少ない。

つまらない生活の中に隠れている楽しさ。
それでも、未来の自分に繋がっている楽しさ。

同じ楽しさでも明るい未来へ繋がる楽しさであれば、つまらないと感じている今の時間の中から見つけることのできるものなんです。

その為には、『対極』の気持ちを知ることです。
つまらないという気持ちの対極にあるもの。

それは楽しさではなく、『充実感』なんです。

充実した大学生活。

あなたにとっての充実は、どんなものですか?

充実した大学生活とは?

つまらないと感じているのは、あなたの中に何かが生まれようとしている大切な時期なんです。

決して無駄にすることのできない時期を、今のあなたは過ごしているのです。

その為に、意識を向けるべき場所。

それは、あなたの感性です。
素っ裸の、あなたの感性です。

どんなことか、あなたの心に『カ~ン』と響くのか?

透明な音がいつまでも響くようなこと。

それは、各人の個性によって様々です。

ひな鳥のような危うさがありながらも、そうした感性の中にあなたの人生の可能性があるんです。

社会人になって、複雑な人間関係の中で多くの時間を過ごすようになってくると、そうした贅沢な時間を多く持つことはとても難しくなってきます。

たった4年しかないこの期間。

この時間は、あなたの裸の感性に迫って、大切に育てていくための絶好の時になり得ます。

未来へのはしごをかける時期。
出発前の、ナビをセットする時間。

充実した楽しさを感じられることのできる時期へと変身するのです♪

人生という視点からみる大学時代という期間

80年~100年という人生の時間の中の4年間。

学生から社会人になるまでの4年間という時間。

この4年間という時間の意味を僕なりに表現すると・・・、

『鎧(よろい)の中味を鍛える時期』

もちろん例えの中でのお話しです(^^)

社会人になるということは、もう実践の場に出ていくということなんです。

実践の場と言うのは、競争の場でもあります。

守りも攻めも必要な社会人。

それは、周りとの人間関係や環境に気を配るためのエネルギー消費が多くなるということなんですよね。

そういう場所では、鎧をまとって身を守る必要があるものなんです。

素っ裸だと、ちょっとしたことで出血してしまい危険だからです。

でも学生時代は、鎧を脱いで自分自身に直面できる貴重な時期であると言えます。

鎧を脱ぎ、新たに鎧をまとうための準備期間。

例えがわかりにくかったらすみませんが、そんな超貴重な時期だとも言えるわけです。

変化・成長の前に必ずある孤独

人生を変える為に必要なことは何だ?

何が人生を変えてくれるのか?

そんなことを検索した時に、必ずと言っていいほど出てくる要素ってありますよね。

『人間関係を見直したり、住んでいる環境を変えること、新しい習慣を取り入れること・・。』

確かにそういったことは欠かすことのできない視点であり、人生に変化が起こる時にはそれらの変化も起こってくるものです。

でも、ここには一つ問題があります。

それは、こうしたことって意識的に変えようとしても難しいことであるということです。

例えば、僕の人間関係を思い起こしてみると・・・。

学生時代に休学して、語学留学のためにアメリカにいた頃のことです。

1人で不安だった僕がまず求めたのは、同じ日本人たちでした。
まずは、同じ日本人を探してしまうんですよね。

そしてしばらくすると、その中から更に居心地のいいグループとばかり付き合うようになってきます。

それは必ずしも、僕にとっての理想の人間関係と言えるものではありませんでした。

それは、僕にとっての居心地の良い人間関係だったんです。

僕にとって必要であり、理想的な人間関係。

それは、英語を自由自在に使いこなして、向上心に溢れ、日本に戻っても海外を行き来する仕事に就こうと頑張っている人たちの輪。

そうした人たちの中に溶け込めたらなという、理想は漠然とあったんですよね。

でもそのようなグループには、僕にとって居心地がとても悪かったんです。

場違いというか、話の合わない次元にいる人たちだったんですよね。

当時の僕に必要だったのは、人間関係を変えようと居心地の悪い場所で我慢することではありませんでした。

まずは、自分自身を変えることだったんです。

人間関係って、変えるものではなく変わるものだったんですね。

あなた自身が、変わっていく過程が必要なんです。

その為に必要なこと。

それが、孤独です。

孤独を必ず経験することになっているのです。

孤独の時期にみえてくるもの

大学生活がつまらないのなら、新しい人間関係の輪に飛び込もう!

新しい恋愛をしよう!

すぐに行動しよう!

そうしたアドバイスに安直に従ったとしても、多くの人は挫折してしまうと思います。

というより、挫折することが目に見えているので、いきなり恋愛しようと行動してしまう人って少ないと思うんですよね(^-^;

今のあなたに本当に必要なのは、孤独を大切にすることです。

今感じている孤独としっかりと向き合うことです。

そうすることで、あなたの感性を大切にしてあげることなんです。

孤独って、辛いものです。
トンネルを抜け出せる時期がいつになるか見当もつかない時期ですからね。

それは、鎧を脱ぎさった状態とも言えます。

同時に、傷つきやすい状態とも言えます。心が裸になっている時ですから。

でも孤独であると言うことは、むしろ好都合なんです。

傷つきやすい状態から、あなたのことを守ってくれますから。

そうした状態の時に育てるあなたの感性こそが、本当に欲しいものなんです。

今はまだ、ひな鳥のように弱弱しい状態であるかもしれません。

それでも、わずかながらに向かうべき方向が見えてくれば大成功♪

それを紙に書きだしてみて下さい。
言葉にして、音として耳に入れて下さい。

なんらかの形として残してください。

あなたにふさわしい出会いや新しい人間関係、新しい環境。

そういったものは、その後で必ず与えられるものなんです。

物事に必ずある2つの視点を見逃さない

講義と学生アパートとの往復の毎日。

つまらない大学生活。

孤独。

そうした気持ちで今は一杯一杯であるかもしれません。

そのことしか見えずに、孤独に苦しんでいる状況であれば無理もないことです。

でも一つだけ忘れて欲しくないことがあります。

それは、どんなことであっても物事には必ず2つの視点があるということです。

苦しみの分だけ、その対極には大きな希望が必ずあるということです。

苦しみの少ない時にある、その対極には小さな希望のみ。

大きな孤独の向こうには、大きな希望が生まれようとしているということです。

あなたの中で、変化が必要だと叫んでいる潜在意識がそうさせているのかもしれません。

むしろ、孤独を喜ぶべき。

残酷に聞こえたら申し訳ないのですが、僕の正直な気持ちでもあります。

孤独を感じているその対極にある光を必ず掴んで欲しい。

あなたを応援したい気持ちで一杯なんです。

人生に意味のある大学生という時期

大学生になると、外から与えられるルーティンというものが大幅に減ります。

外部から与えられる『~しなければならない』ことが減って、自分自身でやることを決める範囲が大きくなってくること。

それが、高校生までの学生時代と異なる一番大きな点です。

あなた自身で決断することが増えるので、より主体性が求められるようになるのです。

これも社会人になるための、大切な準備運動みたいなものだと僕は思います。

会社で働くようになって、まずふるいにかけられるのは、

『指示待ち族か否か?』

といったモノサシだからです。

自分でやるべきことを自分で探せる能力が大切になってくるんです。

ただ、ここから僕が言いたいことはこの主体性のことではありません。

そういったことは、他のサイトで嫌と言うほど書かれていることなので、この記事ではちょっと違った視点を提供させてください。物事には2つの視点が必ずありますからね♪

僕が投げかけようとしている、1つの視点。

それは、どんなに主体性を求められるようになっても、

『与えられた環境の中で生きていく』

というルールは変わらないということです。

根本的な環境は変わらないもの

外部から与えられた『やらされること』が少なくなってくる。

その代わり、自分でやりたいと思うことを見つける必要が出てくる。

これは事実です。

でも、中学生であっても高校生であっても社会人であっても、割合に差はあれ、同じような状況に生きているという事実もまた変わらないものなんですよね。

究極まで言ってしまえば、

この地球という与えられた環境で、主体的に生きている存在なわけです。

生きるということと、
生かされているということ。

やらされていることと、
やっているということ。

自分の為に生きるということと、
他人の為に生きるということ。

今の為に生きるということと、
未来の為に生きるということ。

どちらを優先すべきとか、どちらが優れているとか言った関係ではありません。

一見、矛盾するように見えるものが見事に同居している世界。

その中に生きている以上、自分のために生きていることが他人の為に生きることに繋がる道を見つけなければなりません。

孤独に生きることが、豊かな繋がりを感じられるような道を選ぶ必要があるということです。

今すぐに解決できないことを受け入れる

抽象的な表現で、何言ってるかわからないと感じられているでしょうね(汗)

一言で言ってしまうと、

『主体的であるのも大切だけど、受け身の姿勢も大切ですよ』

ということです。

僕自身、大学では同じ高校からの生徒がほとんどいなかったこともあり、友人はいませんでした。

だからと言って、主体的にバイトしたりサークルに入って友達を求めようとはしませんでした。

出会いって、別に人との出会いが全てではないんですよね。

本との出会い。

僕にとっての学生時代は、この本との出会いが大きかったです。

夢中になって読める小説との出会い。

そんな本との出会いに恵まれた僕は、古い6畳の部屋で寝転びながら空想の世界で遊んでいたんですよね。

自分の感性、感情が自由自在に空を飛んでいた時期でした。

心だけは、小説の中の自由な世界を飛び回っていたんです。

友人が少ないことなど、僕は全く気にしていなかったし何の問題もありませんでした。

人間関係も、自分の投影であり自分の責任と言ってもいいものです。

親しくしている友人は、自分が映っている鏡でもあります。

そうした友人に恵まれていないと言うことは、身近にあなたと似たような傾向を持った人がいないというだけのことです。

それは、受け入れるべき環境とも言えるものなんですよね。

受け入れることで、主体的になれるものなんです。

孤独であるということを受け入れることで、あなたが個性に満ちた希少な人であることにも気付けるのです。

理解できない奥深くの意識を信じる

若い年代ですから、性欲も旺盛ですよね(^-^;

金銭欲だってたっぷりあるはずです。これは僕の年代になってもなかなか小さくなりません(汗)

そのような欲求は、頑張れる大きなエネルギーとなってくれるものです。

異性との素敵な出会いを求めているからこそ、自分磨きにも労力を惜しまないものであるはずです。

それ自体は否定できないものであり、必要なものであることは事実です。

でも・・、!

漠然とではあっても、その先にあるものを意識して欲しいのです。

僕のような落ち着いてくる年代になってくると、そうしたことがわかってくるようになるものなんですよね。

入口は、金銭欲や性欲、名声なんかを求めたとしても・・、

出口には違うものが用意されていることを信じていることです。

その出口が、人生の充実感であったり、生きがいと呼ばれたりするものなんです。

今のあなたには気付いていない、あなたの真の欲求が出口にあることを信じて欲しいのです。

あなたにとって、本当に大切なもの。

今はそれがわからなくても、今出来ることをやっていくことで、それが見えてくるものです。

自分の人生の答えがわかる日は、必ずやってくる。

今はハッキリと意識できる場所には無いけれど、奥深くに本当の気持ちは眠っている。

そんな自分創りの時間、人生という時間のほんの一部を大学生という形で過ごしているだけなんです。

つまらないと感じる時期も無駄ではない。

このことを信じていて欲しいと、切に願います。

 

最後になりますが、冒頭でお話ししていた大学生に関する関連記事をご案内します♪

「楽しくない大学生」その疑問を大切に!浮かび上がる人生のヒント感性の鋭い方であれば、自由で楽しいはずの大学生活に疑問を感じることがあるかもしれません。楽しくないと感じてしまうのです。そのように感じるあなたの感性は間違っていません。あなた自身であなたの人生を楽しくするという、課題を与えられているのです。自分自身の経験を紹介しながら、充実した学生生活を送るヒントを紹介します。...

 

紆余曲折の時期こそが人生の輝きとなってくれた僕のリアルな物語人生は紆余曲折。でも僕はどこかで、人生の出来事には偶然はないと信じているところがあります。紆余曲折の出来事が、あなたの人生を輝かせてくれるもの。本当の幸せを教えてくれるものだと思うのです。今回は僕が実際に経験してきた出来事をお伝えしながら、そのことをお伝えしたいと思います。...

 

まとめ

楽しい大学生活が必ずしも価値があるとは限らない理由
今だけの楽しさの為に未来への不安を代償としている場合があるから

つまらないと感じる大学生に考えて欲しい一つの問い
あなたの人生が充実感を得られる大学生活とはどのようなもの?

孤独の期間があなたの人生に有利に働く一面とは?
外の人間関係に意識を向ける必要がなく、あなたの感性のみにフォーカスできること

新しい人間関係を求める前に必要なこと
新しい人間関係に居心地の良さを感じられるために、あなた自身を変えること

目標やゴールを設定する時に信じて欲しいこと
そのゴールの先に、当初見えなかった大切な発見が用意されているということ

 

TOPに戻る

【P.S.】

つまらないと感じている大学生活に疑問を感じているあなたへ。

良かったら、僕のメルマガをぜひ読んでみて下さい!

ブログとはまた違う、簡潔なメッセージを毎日配信しています。
登録者だけが読むものなので、時にはブログには書けない内容も書いてしまっていますが・・

もう何にも縛られることなく、心を思い切り解放させてあげたい。

つまらない学生生活を意味のあるものにしたい。

少しずつ明るい考え方をインストールして人生を切り拓いて欲しい。

あなたの望む人生を引き寄せるためのヒントを散りばめています。

※合わないと思ったら、すぐに解除もできますよ

続きはぜひ、メルマガでお会いしましょう♪

メルマガ登録はこの下のご案内からどうそ
↓ ↓ ↓

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。