つまらない

趣味を超える本気の趣味とは?つまらない人生を一気に解決しよう

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

趣味を仕事にしても楽しめないことが多い理由
趣味と仕事の楽しみの違いとは?
趣味のある人生が素敵だと思う理由
人生を豊かにする趣味が持てるコツ

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約7分です

エア
エア
趣味のない自分の人生はつまらないのか?人生に趣味は必要なのか?楽しい趣味を見つけられない人だって、たくさんいますよね
読者さん
読者さん
私は何をしても長続きしません。どんな趣味も、すぐに面白くなくなってしまうんです
リトルエア
リトルエア
私の趣味はこれです!と即答する人からは、人生を楽しく生きていて、それだけで何だか自身に満ちた人のように思えるよね
エア
エア
趣味と自分の仕事が同じだったら、どんなにいいいだろうと思っていた時期がありました。そんな悩みの中で、飽きがくるものと、いつまでも飽きがこないものの違いに気付いたんです
リトルエア
リトルエア
仕事でも、料理でも、子育てであっても、何かが好きで打ち込んでいる人生は素敵なものなんだよ。趣味であっても、仕事であっても、それは同じことなんだ

 

「人生には趣味が必要だ!仕事と自宅の往復だけの人生なんてつまらない。」

打ち込める何かを持っている人は素敵です。

 

僕自身、「これが好きだ!」と言えるものが持てない期間を長く過ごしてきました。

だから没頭できる【趣味】を持っている人をカッコいいなと思っていたんですよね。

 

でも世の中、楽しめる趣味を持てない人も多くいます。

「別に趣味なんて無くても、同じ人生じゃないか。」

僕もそんな風に、少しひねくれていました(笑)

 

「仕事のようにお金になるものでもないし、無理して趣味なんて持つ必要はないよ。」

自分自身に無理やり言い聞かせていた部分もあるんですよね(汗)

 

「仕事のない休日は、ゆっくり過ごしたり家族サービスした方がいいんじゃないの?」

これも一つのライフスタイルです。

 

人生と趣味。

あなたは、【趣味】が必要だとお考えですか?

【つまらない人生からの脱却】仕事と趣味について

好きなこと、趣味の延長のような仕事があれば、人生バラ色だろうな~♪

僕はずっとそう考えていました。

 

仕事が楽しいと思える人をとても羨ましいと思っています。

そんな人生は、僕の理想でもあります。

 

いかに、仕事を楽しく感じられるか?

これが人生を豊かにするための大きなポイントだと僕は思っているので、仕事と人生について考えることは多かったんですよね。

(仕事と人生) ⇒ 人生を変える仕事はあなたのすぐ近くにある。伝えたい不変の原則

 

正直、『趣味』について考えることは、ほとんどなかったんです。

 

そんな僕ですが、正直な告白をしますと・・・、

毎日の仕事にワクワクして出勤するなんてことは、今でも出来ていません(汗)

むしろ、休日を楽しみに待ち望んでいるところがあります。

 

まぁ、仕事が大嫌いってわけでもありませんけど・・

『仕事=趣味』というライフスタイルの基で、生活出来ている人を心から羨ましく思えるんですよね。

 

『天職』とはきっと、このようなものなのでしょう。

一方で没頭できる『趣味』を持った人をカッコいいと感じていることは、先ほど述べた通りです。

 

時間を忘れて没頭できることを持っている人は、きっと人生退屈しない人だと思います。

 

仕事からのストレスから解放される手段の一つとして、趣味は大いに役に立ってくれることでしょう。

このように考えてみると、趣味を持った人の方が人生の楽しみ方が上手であるとも言えるかもしれませんね。

イチロー先生が説く、プロとアマの違い

僕は道を究めた方のお話を聞くのが好きです。

 

野球の道を究めたイチローさんがお話されているYouTubeを最近観ていたのですが、

「プロになることを『辛い』こと」

だと言っていたことが印象に残っています。

 

アマの時は、野球を楽しめる。でもプロになろうとすると、その楽しかった野球を楽しめなくなるようになる。だから、野球を楽しむように練習している若い後輩選手をみていると、まだプロになりきれていないと感じることがある。

 

このようなっことをおっしゃっていたのです。

 

このお話を聞いた時、僕はさっき羨ましいと言った『仕事=趣味』のことを考えていました。

仕事が趣味のように楽しめている人もいることは事実でしょう。

 

でもイチローさんの言うように、プロの道を歩んでいく時それが楽しめなくなることもまた事実らしいのです。

 

なぜそのようなことが起こるのでしょうか?

このことを考えながら、僕は趣味が仕事に変わる状況を想像の中でイメージしてみました。

 

例えば、サーフィンがあなたの趣味であったとします。

暑い日も寒い日も波乗りを楽しんで、普段の仕事のストレスを吹き飛ばしているあなた。

 

そんな趣味のサーフィンが、ある日あなたの『仕事』へと変わります

つまりプロサーファーとなったのです。

 

毎日毎日、サーフィンを究めるために海に出る日が続きます。

趣味だった頃は、休日に出かける海のことを楽しみに仕事をしていたことでしょう。

でも今は、朝から晩まで毎日海に出かけることの出来る環境となりました。

 

海に出ていない日は、仕事を休んでいる日ということになるのです。

休日に仕事をするのも、サーフィン以外のことをするのもあなた次第。

 

どうでしょうか?

 

このような状況でも、サーフィンを楽しんでいるあなたをイメージ出来ますか?

仕事と趣味の違いとは?

おそらくですが・・・、

プロサーファーとして生計を立てることになった時、

サーフィンを楽しむという感じは、かなり減少してしまうのではないでしょうか。

 

もちろん、人にもよるでしょうけど・・・。

 

少なくとも僕であれば、サーフィンが仕事となった時、以前のように楽しむことは出来なくなると思うのです。

 

僕はここに、『仕事』と『趣味』の最大の違いが存在すると思っています。

 

サーフィンが仕事へと変わった時、それは自分だけのことではなくなってきます

『自分だけが楽しめればいい』ということではなくなってくるのです。

 

あなたのパフォーマンスにお金を払う方たちが出てきます。

あなたにとっては、お金を払って頂くお客様です。

お客様を満足させるために、あなたはサーフィンをする必要が出てくるということです。

 

そして、あなたのサーフィンする姿を楽しんでくれる、新たなファンも多く集める必要があります。

一般的な仕事でいえば、新規開拓営業です。

自分だけではなく、あなた以外の方を喜ばせ、満足させることが大切な要素となってくるんですよね。

 

だからこそ、報酬が得られるのです。

 

仕事ってそうですよね。

お客さまへの満足を提供することによって、リターンが得られているのです。

サーフィンが仕事となった時から、あなたはサーフィンを究めようと、その道を追求する毎日です。

 

自分ではなく、あなたを応援してくれる他の方々が喜んでもらうためのサーフィンを追求することになるのです。

 

イチローさんの言う、『プロの辛さ』とはこのようなものではないかと僕は思います。

『仕事』と『趣味』の違いについても、同じようなものだと思うんですよね。

 

(趣味と仕事の違いについて) ⇒ 仕事嫌い、会社嫌いだった私が仕事を通して楽しい人生を掴んだ理由

つまらない人生をも包み込む幸福

仕事になると、自分だけの問題ではなくなってきます。

自分だけが楽しめる世界。

 

失敗しても、

「すみません、てへっ(^-^;」

で済ますことの出来る趣味とは違い、重い責任を感じることになるでしょう。

 

さて、ここからが大切なところなのですが・・・

 

プロに転向したサーファーは、仕事を辞めたいと感じるでしょうか?

楽しさが無くなった『サーフィン』を手放そうとするでしょうか?

 

これも『人による』でしょうが、おそらくサーフィンをやめる行動はとらないと思うのです。

 

イチローさんが、プロとしての立場を限界まで手放すことがなかったように・・・。

 

そしてここから先もまた、僕の推測でしかありませんが・・・、

 

おそらく、アマという立場で感じていた楽しさ以上の喜びや幸福感。

そんな喜びを得られるものであるからこそ、イチローさんは限界まで現役選手を続けていたのだと思います。

 

辛さの先にある、より大きな喜びがそこにあるのではないでしょうか。

仕事としての喜びもまた、同じようなものなんですよね。

 

確かに、人に満足してもらえるようなパフォーマンスを求める日々は、辛いものがあることでしょう。

ですがそのような辛さを大きく包み込む、その立場の方にしか決してわからない『喜び』もまた存在するはずなのです。

趣味はつまらない人生への解決策となるのか?

このように考えを進めてみると、人生を楽しむために『趣味』が絶対に必要だとも言えないような気もしてきます。

 

イチローさんが、現役選手の頃に何か趣味があったとは考えにくいですからね。

いや、もしかしたら野球以外のところで気晴らしとなる何かを持っていたのかもしれません。

このあたりは、ご本人にお聞きしてみたいことですね♪

 

だからと言って、人生に趣味はいらないと言い切ることもまた乱暴な意見でしょう。

 

イチローさんのようなストイックな人生を送ることは、僕にはとてもできそうにありません(汗)

張りつめたような仕事の時間から解放された時、ホッとさせてくれるような趣味もまたいいものであると思うのです。

【趣味の事例①】釣り好きだった同僚

これは、僕の同僚のお話です。ワンフロア下の階で今もお仕事している男性です(^^♪

彼の趣味は『バス釣り』。

 

お邪魔したことはありませんが、彼の住んでいるお部屋の一室は林のように釣り竿が置かれているとのことです。

釣りを楽しむために、船舶の免許も取ったとか・・・(^-^;

 

いつも周りの人からは、

「食べることの出来ない魚なんて釣らずに、もっと役に立つ趣味に変えたら。」

と言われているようです。僕も何度も言いました(笑)

 

週末のバス釣りを気持ちの支えとしながら、つまらない平日を頑張っていると本人は言っていました(笑)

 

そんな彼ですが、結婚後に少しずつ変化が表れてきたんです。

『ぽっちゃり体型』だった彼は、お嫁さんの影響で食事制限を受け、生活の内容がガラリと変わっていきました。

 

そうしていつの間にか、バス釣りから遠ざかってしまいたんですよね。

 

「海釣りのことはわからない。似ていると思われるでしょうが、全く違うものだから。」

とバス釣りのことを熱く語っていた彼は今、海釣りに励んでいます(笑)

 

奥さんや親せきの人が喜んでくれると、嬉しそうに言っていました♪

【趣味の事例②】釣り好きだった男性の定年後

この人もまた、釣りが大好きな方でした。

もう定年されている人ですが、会社員でいる時も仕事の合間に暇があれば海に出ているような人だったのです。

 

色々と雑用が入っている休日であっても、30分ほどの時間があれば釣りに出るようなことは当たり前だったそうです。

 

「定年後は、好きなだけ釣りが出来ますね。」

「うん。それだけが唯一の楽しみかな。家の手伝いも少しはして機嫌取らなきゃいけないけどね♡」

そんなことを話していた方でした。

 

ところが・・・、

 

定年後バッタリと道で彼に出会った方から聞いた話によれば・・・、

その人は、もう釣りをすることが、めっきりと減っていると言っていたそうです。

 

「忙しい合間の時間を縫って、海に出るあの釣りが楽しかった。」

「今みたいにいつでも釣りができるような環境だと、釣りの楽しさを感じなくなってしまった・・・」

 

と言っていたというのです。

あれほど大好きだった釣りだったのに・・・。

僕もちょっと信じられない気持ちでしたが、どうやら本当のことみたいです。

つまらない人生を変える趣味とは

『趣味』に対して、ネガティブな印象を与えかねない事を書いてしまいましたが・・(^-^;

それでも僕は、趣味のある人生って素敵だと思っています。

 

同時に、趣味のない人生であっても充実した人生をつくりだすことは可能であることを言いたかったのです。

 

そもそも、ご自身が『趣味』であると認識していないことであっても、

「なんだ、立派な趣味を持ってるじゃないですか。」

という方も結構いますからね。

 

仕事と違って、趣味であれば気楽な気持ちで楽しむことが出来ます。

そしてそこから『趣味以上』のものになってくれる可能性だってありますよね♪

 

プレッシャーから解放される、自分自身の居場所。

そんな場所を趣味は確保してくれます。

(参考) ⇒ 趣味への取り組みが、楽しくない独身人生を変える

趣味を探す必要は無い

僕は特に誇れるような『趣味』というものは、持っていません(^-^;

ブログや読書を趣味と言っていいなら、それが趣味ですと言う程度です。

 

そんな僕なので、

「何か趣味はありますか?休日は何をしていますか?」

といった質問をされるといつも困っていました。

 

正直、あまり聞かれたくない質問でしたね(^-^;

 

「特にありません。」

そんな返答をする自分が、何だかアイデンティティーを持てない『つまらない人間』であるような気がしてしまっていたからです。

 

でもよく考えてみると、趣味ってステータスでも何でもないんですよね。

人からカッコイイと思われるような趣味を探す必要なんて全くなかったのです。

 

別に『ボーッ』としていることが趣味だって良いわけですから。

「私の趣味は、マインドフルネスです。」

って言ってもOKってことです。

 

上にも書いたように、状況が変われば趣味への思いが冷めてしまうことだって多くあります。

 

新しい趣味との出会いだって、あるかもしれません。

なので、人生を楽しむために趣味が絶対に必要であるとは言えないと思っています。

趣味は人生を楽しめる助けをしてくれますが、絶対に必要なものでもないということです。

趣味を心底楽しむコツ

趣味を心から楽しめるコツがあるとすれば、『全力で取り組む』ということだと思います。

没頭してしまうほどに、全力で取り組むことです。

 

仕事ではないので、飽きた時はいつでもやめることは可能です。

それでもそれが趣味である間は、本気で取り組むことをモットーとすること。

それが趣味を楽しめる最大のコツであり、つまらない人生を変えてくれる秘訣だと思います。

 

本気で取り組めない方は、どこかで他人の目を気にしている可能性があるのです。

今の趣味を選んだ理由が実は、他人から『カッコイイ』とか『魅力的』な趣味と思われたいからといったものだとしたら・・、

他人の目を気にしたそのような趣味を本気になり、真剣に取り組むことは難しいでしょう。

 

もしあなたがジョギングを趣味に選んだのであれば・・、

手に入れられる最高のジョギングシューズを買って、自分のベストを尽くしてみることを心掛けてみて下さい。

そしてタイムも計り、自分自身の進歩を確かめながら走るのです。

 

本気で取り組むことによって、新しい可能性が拓けることもあります。

大会に出たいと思うようになり、新しい人間関係ができてそして・・・。

 

「今の自分に出来る100%の力で取り組んでみよう。」

そう意識するだけで、趣味の世界であっても段違いに楽しくなってきます♪

つまらない人生を豊かにする趣味

本気で取り組む趣味は、人生を豊かにしてくれます。

2km走っただけで体力が限界に来ていたはずのあなたが、1ヶ月後には10km走っていられうようになっています。

 

間違いなくあなたは、その8㎞の差をあなた自身の本気の取り組みで埋めることが出来たのです。

 

10km走れるようになるために、あなたなりの努力は必要だったはずです。

楽しいだけの趣味は、飽きが来るものまた早いもの。

そうして趣味として始めたジョギングが、本気で取り組むことによって数年後にはトライアスロンの大会に参加しているかもしれません。

 

あなたの趣味が、あなたの人生に豊かさを与えてくれているのです。

あなたの本気の取り組みが、充実感と楽しさを教えてくれることを知ることが出来る。

 

あなただけの素晴らしい趣味です。

 

おススメの趣味や、流行りの趣味をネットで探す時間があるのなら、

「自分が全力で取り組めそうな趣味は何だろう?」

そんな視点から問いかけてみるといいかもしれません。

 

まずは、趣味として気楽に色々な可能性を探してみる。

その中から継続できるもの、本気で取り組めるものが見付かればお宝の発見です♪

 

本気で取り組むと言っても、仕事のようにずっとやるべき強制的なものでもありません。

短期間であっても、本気で取り組んだものは、あなたにとって一つの経験値として大きな財産になってくれるはずです。

 

楽しく真剣に(^^♪ 矛盾しているかもしれませんが、バンランスって大切ですよ

『趣味が自分の人生を充実させてくれている』

そのように感じることが出来るでしょう。

つまらない人生を解決!趣味を超える本気の趣味

何か趣味を持ちたい。

そんな気持ちが入口となることも、少なくないことでしょう。

 

入口はどうであれ、そこから

『飽きがきてしまう趣味』があれば、『人生を豊かにさせてくれた』

と感じさせる趣味も出てくるのですね。

 

その大きな違いは何だと思いますか?

それはズバリ、あなた以外の人たちに何らかの影響があるかどうか?

という部分なんです。

 

昆虫の観察が好きで、いつも地面や木の枝を眺めている人もいるかもしれません(笑)

そんな人でも、昆虫学者になる人も出てくれば、ちょっと変わり者の虫好きで終わる人もいるわけです。

昆虫が好きという、同じ根っこを持ってはいるのですが・・・、

 

その面白さ、奥深さを多くの人に発信するかしないか?

他人様に何らかの影響を与えるものか、自分の楽しみだけで完結するものか?

 

ここに、一番の大きな違いがあると僕は思うのです。

自分だけが楽しんでいたバス釣りだったが、家族が喜ぶ海釣りが好きになる。

趣味で始めたジョギングが、今では多くの人たちとタイムを競うことが楽しい。

 

どこかに必ず、人と人との関りがあるんです。

 

アウトプットを意識する。

他人への影響を意識するだけで、世界は一気に広がっていくんですね。

 

本気で取り組む趣味は、将来的な『発信』の可能性があり、自分の世界だけで完結するものではない。

どんな些細なことであっても、あなたが没頭している趣味が誰かに小さな影響を与えられるとしたら・・、

 

これは趣味なの?それとも仕事なの?

そんな人生を歩んでいるかも知れませんよ♪

(爽やかな成功の人生を叶えるためには?) ⇒ 引き寄せの法則を信じた結果、叶ったこと、叶わなかったこと

 

 

まとめ

趣味を仕事にしても楽しめないことが多い理由
趣味は自分が楽しめればいい。仕事は人に喜んでもらうもの

趣味と仕事の楽しみの違いとは?
やがて飽きのくる趣味と、飽きのこない仕事

趣味のある人生が素敵だと思う理由
本気で取り組むことで、人生の新しい扉が開く可能性が・・

人生を豊かにする趣味が持てるコツ
一つ上の目標を求めて自分を向上させ、その趣味で周りの人が喜んでくれる可能性を考えてみる

 

TOPに戻る

【P.S.】

つまらない人生を吹き飛ばしたい。

仕事も趣味も、日々を充実させながら夢を必ず叶えてやる!

人生を変える為に、行動の全てを投資と結び付けようと決めたあなたへ。

良かったら、僕のメルマガをぜひ読んでみて下さい!

ブログとはまた違う、簡潔なメッセージを毎日配信しています。

登録者だけが読むものなので、時にはブログには書けない内容も書いてしまっていますが・・

もう何にも縛られることなく、心を思い切り解放させてあげたい。

少しずつ明るい考え方をインストールして人生を切り拓いて欲しい。

あなたの望む人生を引き寄せるためのヒントを散りばめています。

※合わないと思ったら、すぐに解除もできますよ

続きはぜひ、メルマガでお会いしましょう♪

メルマガ登録はこの下のご案内からどうそ
↓ ↓ ↓

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。