やり直し

やり直しの舞台は仕事から人生へ。仕事も人生も、大切なことは同じ

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

経営者と雇われの立ち位置によるマインドの違い
雇われの人であっても、マインドの持ち方で仕事への思いが変わる
評価するのが最も難しい人は?
仕事が出来る人の特徴とは?
最も大切にすべき商品、売るべき商品は?

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約5分です

エア
エア
仕事を辞めたい。人生が楽しくないのは、今の仕事が自分に合ってないからだ。そんな時ってありますよね。
読者さん
読者さん
今の仕事が辛いのは確かですが、転職もリスクゼロではないので・・・。転々と職を変えて、見習いを続ける人生も嫌ですね。
リトルエア
リトルエア
今の仕事を続けるのもリスク。転職への道もまたリスク。どちらを選ぶにしても、その前に仕事への視点を見直すことが大切なんだよ。
エア
エア
僕も仕事への悩み、どうしても愚痴が出てしまいそうになる気持ちをずっと抱えていました。そして結局、一番の近道は一番地味な道であることを実感したんです。
リトルエア
リトルエア
この記事で紹介する仕事への視点は、あなたにとって新鮮かもしれないよ。人生もやり直せる、必ず好転させてくれるアイデアだからね!

 

人生と仕事には密接な関係があります。

仕事を見直すということは、人生のやり直しを意味すると言ってもいいと僕は思います。

多くの人は、人生の大半を『仕事』のために費やすことになるからです。

だからこそ毎日の仕事が嫌で何のやりがいもないということは、耐えがたい苦痛でもあるんですよね。

それはそのまま、人生が辛いということに繋がりますから・・。

 

人生をやり直したい。

仕事が面白くない。

 

それは今のお仕事が、あなたの適正に合っていないからであるのかもしれません。

マンネリ化してしまい、面白みを感じなくなってしまっているのかもしれません。

人間関係に悩みを抱えていることが原因かもしれません。

 

その理由がどのようなものであっても・・、

仕事が嫌で仕方がないという状況は何が何でも改善したいところです。

 

日々普通に自分の『仕事』と付き合いながら過ごしている僕も、

「仕事が嫌だなぁ~」

と思ってしまう日もあります。

 

でもその度に思うことは、

【ただ待っていても面白い仕事が転がって来ることはない】

ということです。

人生やり直しの為に必要な仕事への意識とは

『幸せな人生』

あなたにとって、一番幸せな人生ってどんなものですか?

 

それを考えてみると僕の場合、どうしても『仕事』が絡んできます。

仕事が面白くなければ、人生の大部分も我慢の連続。

逆に「仕事が好き」であれば、毎日がバラ色になってくれます。

だからこそ、『仕事が面白くない』という難題を何とかして解決したいと思うものなんですよね。

 

好きな仕事であれば、どんなことだって熱中できます。

やり直したいなんて思うことなく、充実した毎日を過ごせます。

収入や、休日、残業の有無・・・。

そのようなことを考える必要も無くなって、仕事そのものが楽しい人生。

人生のやり直しです。

 

好きな仕事に打ち込めて、情熱を傾けることが出来て・・・、

それによって生活が営めること。

これって、人生の一番幸福な姿ではないでしょうか。

僕にとっては、究極の理想形ですね♪

 

仕事への思い一つで、天と地ほどの差が人生に生じてしまいます。

少しくらいの違いであれば軽く無視することもできるのですが・・・、

天と地ほどの差があるのです。

ここは、何としてでも『仕事が面白くなる』メンタルを身に付ける必要がありますよね!

【仕事への意識】雇われ社員と経営者の決定的な違い

経営者という立場と、雇われて働いている人たちの決定的な違い。

一番大きな違いは、『お金』への考え方に表れると僕は思います。

 

決まった時間働けば、ほぼ100%お金を得られるサラリーマン

稼がない限り、何カ月働こうがお金が入って来る保証のない経営者

 

もちろん、華やかに見えるのは経営者の方ですよね。

普通なら、収入も多いはずですから。

でも・・、

 

根本的に、

『自分が稼ぐ手段を考えないと収入がなくなる』

というマインドを持っているのが経営者です。

 

だからこそ、一番勉強するのも経営者

お客様が一番喜ぶことを考えているのも経営者

社員に気持ちよく働いて欲しいと、色々と考えているのも経営者です

 

「このような環境じゃないと、働く気がしない。」

「ボーナスの減額があるなら、書面で説明するべき。」

そのように要求する気持ちが強いのが、社員という立場の特徴でもあります。

 

与えようと考える傾向にあるのが、経営者

要求する立場に傾きやすいのが、雇われ社員

 

かなり乱暴な説明になってしまいましたけど・・。

基本的な立ち位置の違いは、このようなものなんですよね。

 

『経営者は搾取する側。雇われ社員は搾取される側。』

という考えとは相反しています。

 

どちらの考えを取るかは、各人の自由ですが・・。

『経営者は基本的に、社員に幸せになって欲しいと考えている』

そう考える方が、社員にとっても望ましいと僕は思います。

 

そして社員は「もっと欲しい」と要求し易い立場の中で、働いている・・・。

それもまた、事実なんですよね。

そのような環境の中で、僕たちは生きているんです。

それぞれの立場で、『人の喜ぶ仕事』を考えながら成長を続けていく存在なんですよね。

【人生やり直しのために】やらされ仕事感からの脱却

立場の違いは当然あります。

 

だからと言ってただ待ちの姿勢で、

『面白い仕事』が目の前に転がって来てくれないかなぁ~

と望んでいても無理です。

それは、人生やり直しのマインドではありません。

 

ただ待っているだけでウエイトレスが美味しいお仕事を持ってきてくれるのであれば、誰も苦労はしませんからね。

 

ここはやはり、『自分自身を鍛える』気持ちや『自分の気持ちを改革する』思いが必要です。

 

【自分自身の力で、仕事を面白くしてやろう】

と決意することです。

 

絶対的に美味しい料理が、この世に存在する訳ではありません。

あなたが美味しいと感じる料理が、あなたの好きな料理です。

 

同じように、

『面白い』仕事も、あなたが面白いと感じる仕事であるというだけなのです。

 

そして・・、

あなたの力で仕事を面白くする方法も存在します。

それを今から、書かせて頂きます♬

人生のやり直しを助ける仕事への新しい視点

仕事が面白いと感じる時は、その仕事に情熱を傾けられるはずです。

熱意を持って取り組むことが出来る仕事であるとも言えますよね。

 

逆に仕事が嫌だという日々であれば、その反対の状況を考えてみれば簡単です。

どうでもいい、情熱なんて湧いてくるはずもない、仕事が面白くない・・・。

 

まさに天と地の違いです・・。

 

キーワードは、『情熱』『熱意』ですね。

当たり前のことを言いますけど、

こういった気持ちを持てるようになれば、毎日が充実できる人生となりますよね(笑)

ではどうすれば、自分の仕事への情熱や熱意を感じることが出来るようになるのでしょう?

 

それは、自分自身を達観する視点を持つことです。

 

これこそが、人生のやり直しに必要な視点なんですよね。

『達観』なんてあまり聞かない言葉を使ってしまいましたが、要はあなた自身を2~3m上空から、ドラマか映画を観ているような感覚で観察するということです。

 

離れたところから自分自身を達観して、観察する習慣を身に付けることを目指してみて下さい。

好きな映画やドラマを観ている気持ちで・・・、

今こうして、このブログを読んでいるあなたの姿を達観してみるのです(^.^)

 

「あっ、この主人公は今こんな気持ちなんだ・・・。この後どうなるのかな?」
(主人公とは、あなたのことですよ♡)

 

他人の顔を見るのは簡単ですが、自分の顔を見るには鏡が必要です。

同じように、自分を観察することって、難しいことなんですよね。

鏡のような道具や、技術が必要なんです。

 

自分を観察する技術の一つが、達観視することです。

達観する癖がついてくると、それまでの自分とは違った視点を得ることが出来ます。

 

この『違った視点』があなたにとって、とても大きく活きてくるのです。

今現在のあなたの『仕事』へのやり直しに役立ってくれるからです。

あなたの人生、あなたの仕事を遠くから眺める

事務所にいるあなた自身を達観しながら、過ごしてみて下さい。

2~3m上から、自分自身を観ているような状況を想像して、ドラマを楽しんでみるのです

「なぜそこで、コピーをとるの?今は、この書類を仕上げることが先でしょ。最初からやり直しだ!」

なんて気持ちになるかもしれませんよ。

 

一つの作業に入っている時に、タイミングよく入って来る複数の電話。

よくある状況ですよね・・。

 

あなたをイライラさせるのに、十分な条件が揃っています。

そんな時にも、『あなたが主人公』のドラマを観ているあなた自身がいます。

「ここは踏ん張りどころ。知恵の絞りどころ。的を絞ることを学んでいるところ。」

「頑張れ!」

そんな気持ちで、ハラハラしながらスクリーンを観ているかもしれませんね。

同じ仕事でも毎日見つかる、やり直し・改善点

そのように自分自身を客観的な視点で観てみる、『想像上の遊び』を習慣化することによって・・・、

当たり前のように行っている毎日の仕事が、必ずしも100点満点のやり方ではないことに気付くことがあります。

 

「いつも朝一でやってる、ファックス確認って本当に効率的なのかな?」

「いや待てよ。いつも慌ただしい気持ちで、書類整理から始めているけどその前に落ち着く時間をつくってみよう。」

 

そんな風に、いつものルーティンに変化を加えて見たくなります。

そうすると、新しい発見があったりするんですよね。

 

「これが自分のやり方。一番慣れていて、しっくりくるルーティンだ。」

と思っていたことでも、完璧ではなかったことに気付かされることもしばしばです。

 

新しい発見をし続ける限り、同じ仕事であってもあなたは成長し続けているのです。

 

ちなみに僕の場合、朝事務所に着くとまず、手帳に今日すべきことを確認してリストアップします。

「今日はここまで終えることが出来れば、上出来かな。」

というところまでリストを書いた後、優先順位を付けていきます。

その作業だけで10~20分ほどかけることも珍しくはないですね(^-^;

 

リストが出来た後は、ロボットのように機械的に作業を順番に行っていく。

作業している時は、作業以外のことを考える必要のない環境をつくることで、驚くほど効率が良くなるものですよ♪

人生にも仕事にも欠かすことのできない大局観

仕事が出来る人というのは、決まって『優先順位』の見極めが上手な方です。

今日1日でやるべき仕事の中から、重要な仕事と補助的な仕事を瞬時に判断してしまいます。

『重要な仕事』をいかに間違いなく終わらせるかを考え、優先的に『今するべきこと』をピックアップするのです。

 

その辺の『優先順位』がどうしてもわからない人もたくさんいます。

大切な仕事に限って、先延ばしをしてしまう人も少なくないんですよね。

 

本人なりの理由があるのでしょうが、

【枝葉的な仕事ばかりを選んで、そればかりに時間を消費してしまっている】

ように見られてしまいがちです。

 

「ここは外してはいけない。いい加減な仕事はしてはいけない種類だ。」

「これは、後回しで大丈夫。やり直しの効く仕事だ。」

「今すべきこの作業次第で、明日にするかどうか判断しよう。」

 

幹と枝葉を見分ける能力と言ってもいいと思います。

 

その能力は、『自分本位』の考え方では身に付けることは難しいでしょう。

判断の軸を『お客様』や『上司』へ持ってくることです。

(参考 ⇒ 『仕事が楽しくない自分』への挑戦とは?人生のエリートになれ!

人生やり直しの時、決して犠牲にすべきでないもの

自分目線ではなく、お客様や上司といった相手目線で物事を考えてみることは大事なことです。

自分を達観視することも、そのような目的があるんですよね。

あたかも自分が他人であるかのように観察しながら・・・、

あなたが感じている気持ちを確認しながら、ドラマを鑑賞している。

 

主役はあなた。

あなたの人生。

 

だからこそ、絶対に犠牲にしてはならないものもあります。

『相手目線』が大切と言ったばかりなのに、少し矛盾しているようですが・・・、

絶対に犠牲にしてはならないものは、あなた自身なんです。

やり直しの時でも失ってはいけないあなたの個性

人生やり直しの時に、絶対に犠牲にしてはならないもの。

それは、あなたの個性です。

これだけは、絶対に犠牲にしてはいけません。

抑えつけてはいけません。

 

あなたと全く同じ個性の人がもう一人いたとしたら、どちらか一方はその組織には必要が無いのです。

あなたの個性を最大限に活かすこと。

 

仕事で売り込むべきは『あなた自身』であることです。

商品を売る前に、事務処理を行う前に、売るべき商品は『あなた自身』なのです。

 

(あなた自身を大切にすることで、環境も変わる ⇒ 『人生を変える100の質問』によって浮かび上がるあなたの原点

人生のやり直しの時に表れやすい抵抗勢力

ただ組織と言うのは、一般的に個人の個性を抑えつける方向に進みがちです。

上司だって、楽をしたいという気持ちを持っていますから。

手に負えない部下など持ちたくはないはずです。

コントロールしやすい人材を求めているところは、絶対にあるものなんですよね。

 

部下を持つようになるとわかることですが、事あると意見してくる若い社員を

「面倒な奴だな・・」

と思うことだって、やっぱりあるんです。上司だって人の子ですから・・。

 

それでも上司の扱いやすい人材しかいない組織は、もう末期の組織です。

イエスマンしかいないような組織であれば、もうそこは長くないことは知っておいた方が良いでしょうね。

 

だからこそ、あなたの自信に裏付けられた個性が必要なのです。

自信は日々の小さな成功体験によって築かれます。

個性を最大限に活かす。

自分自身が納得のいく生き方をするためには、あなたに与えられた個性を最大限に活かすことです。

【人生も仕事も】やり直しの継続で磨かれ続ける

『日々の退屈な仕事であっても、慣れたやり方が完全であるとは限らない』

それは、あなたにまだまだ成長の余地があるということを意味しています。

 

その成長の余地を知るために、『自分自身を達観』する。

ドラマを観ているように・・。

そして優先順位を考え、幹と枝葉を見極めて仕事を進めていく。

 

そんな工夫を重ねながら自分磨きをしていくと、あなたの周りの環境もきっと変わってきます。

 

不思議ですが、新たなチャンスを与えられたり、次に起こすべき行動が明確になってくるんですよね。

世の中って、努力している人には優しいものです(^^)/

多少の時間差はあっても、絶対に裏切ったりしませんから。

 

考えてみると『仕事』というのは、本当にありがたいものです。

自分自身を成長させてくれ、周りの方々も喜んでくれるものだからです。

 

仕事を通して自分磨きをすることができる。

すると周りからの『助けてやろう』という手が必ず伸びてきます。

今の仕事のやり方は、完璧ではない。

それを理解して見直してみると、新しい道が拓けることもあるところが面白いところです。

 

たとえ今の会社でなくても、お声がけがあったり新しい出会いがあったりするものですよ♪

自分の力を信じて、今できることをやっている人には、道は必ず拓けます。

それを信じて、今のお仕事に磨きをかけてみて下さい!

 

 

まとめ

経営者と雇われの立ち位置によるマインドの違い
給料や環境を与えようとするマインドと、要求するマインドに傾きやすい雇われの立ち位置

雇われの人であっても、マインドの持ち方で仕事への思いが変わる
料理のように、仕事も自分で美味しくつくってみようと考えてみる

評価するのが最も難しい人は?
自分自身。鏡を見ないと自分の顔が確認できないように、達観する技術が必要となる

仕事が出来る人の特徴とは?
幹と枝葉を瞬時に見分ける。枝葉にとらわれない

最も大切にすべき商品、売るべき商品は?
あなた自身。あなたの個性

 

TOPに戻る

【P.S.】
面白くない仕事を、面白く変えてやろう。

与えるマインドを身に付けて、達観する習慣も手にしよう。

そして、豊かな自分だけの人生を歩んでいきたい。

自分の心の声だけを信頼して、人生のやり直しを決意したあなたへ。

良かったら、僕のメルマガをぜひ読んでみて下さい!

ブログとはまた違う、簡潔なメッセージを毎日配信しています。

登録者だけが読むものなので、時にはブログには書けない内容も書いてしまっていますが・・

毎日が退屈で、未来への光が見えない・・。

そんなあなたであっても、少しずつ明るい考え方をインストールして人生を切り拓いて欲しい。

僕のメルマガで意識していることです。
※合わないと思ったら、すぐに解除もできますよ

続きはぜひ、メルマガでお会いしましょう♪

メルマガ登録はこの下のご案内からどうそ
↓ ↓ ↓

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。