楽しい

人生楽しいことばかりだと言う人に学ぶ目からウロコな人生の真相

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

私たち人間の能力の限界とは?
私たち人間に許された能力は?
人を花に例えるならば、私たちの使命は?
人を花に例えるならば、私たちの限界は?

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約5分です

 

いつも顔に笑顔を浮かべて、人生を楽しんでいるように感じる方っていますよね。

「不安や愚痴を感じることってあるのかな?」
と疑問に感じてしまうことすらあります(^^♪

いつも『人生を楽しんでいる』かのようです。

人生を楽しんでいるその振る舞いが自然過ぎて、嫉妬すら感じそうです(^-^;

「このような方を人生の達人と呼ぶんだろうな。」
と思ったりもします。

彼らは、努めて『人生の達人』になろうとしているわけではありません。
もし努めてそのようになろうとしているのなら、どこかに不自然さが出てくるはずです。

ただ没頭できる何かを見つけて、それに取り組んでいるだけであるかのようです。

没頭できる好きなこと。
忙しいけど、楽しく生活出来ている人。

仕事が苦にならず、そもそも『仕事』という意識すら持っていない人。

そんな方たちを見ながら、心の底から羨ましいなと思っていました。

「思っていました」と過去形で表現したのは・・・、

今では、僕もその部類のお仲間に入りつつあるからです(*^^)v

『人生は楽しいことばかり』

そのように感じる方と、そうでない人の違いとは一体どこにあるのでしょうか?

まず知るべきは、一つの間違いのない前提です。
当たり前ですが、私たちは皆同じ状況・時代の中を生きているということ。

同じ国、同じ時代の中に生きて同じような環境の中で生活をしています。

それなのに、『楽しいことばかり』と実感できる人生を掴んでいる方もいれば、そうでない人も出てくるのです。

楽しいことばかりではない私たちの人生

現実の世界は、『辛いこと』・『苦しいこと』・『醜いこと』だってたくさんあります。

それが現実というものです。

もちろん楽しいこともたくさんありますが、表と裏の面が必ず存在している世界で生活していることは事実です。

そんな世界で生きている私たちですから、生きている間は『光』と『影』の両方を必ず見ることになります

両方とも存在している以上、それは必ず経験や学習を通して確認することになっている事柄ですよね。

万人が経験する、楽しいことや辛いこと。
光と影。表と裏。

両方を確認出来る世界に住んでいるという条件は同じ。

それなのに、
「人生は楽しいことばかり。天国のような世界だね♪」
と実感しながら生きている方もいれば・・・。

「生きることは苦しい。身動きの取れない地獄のようだ。」
と感じながら生きている方もいる・・・。

そこが、人生の興味深いところでもあると僕は思います。

この世の全てを観るのは不可能なこと

この世の中が、天国のような素晴らしい世界であること。
これは事実です。

この世界が、苦しく辛いものでいっぱいであること。
それも事実です。

両方とも、事実なんですよね。
ただ一つ、僕たちには能力の限界があることも事実としてあります。

それは何かと言うと、
『一度に両方の世界を認識することは出来ない』
という限界です。

例えば、私たちが持っている5感。
視覚、聴覚、嗅覚、触覚、味覚。

この5感のどれか一つにフォーカスするとどうでしょうか?
外を歩きながら、聴覚だけに集中してみます。

普段聞こえない様々な音が耳に入ります。普段は聞こえてこない音です。
鳥の鳴き声。ご近所さんの窓から漏れてくる会話。葉っぱが風に揺れる音・・・。

視覚にフォーカスしてみるとどうでしょうか?

焦点を近くにしてみると、普段意識していなかった並木道の1本の木に誰かが彫った文字が目に入って来ます。

焦点を広げてみると、それまで意識していなかった高校生が自転車で走っている姿が確認出来たりします。

味覚や嗅覚もそうですが、ちょっと意識して集中してみるとそれまで感知していなかったことまで脳が拾ってくることがわかります。

更に面白いのは、一つの感覚に集中すると他の4つの感覚が認識出来なくなってしまうことです。

フォーカスしている感覚以外は全て閉じてしまうのです。

おそらく、全てを同時に感知できないようになっているのでしょうね。

『一度に感知出来るのは一つだけ』という原則の中で私たちは生きているのだと思います。

何をピックアップして観るのかが、私たちの個性

世の中には、裏も表も矛盾するようなことが多くありますが、私たち一人一人が認識出来るのは一つの世界観のみであるということです。

同じものを見ても、何を感じてピックアップするかは私たちに任されているのです。

「どんな世界を観たいのですか?」
「どのように感じながら人生を過ごしたいのですか?」

さぁ、お選び下さい。あなた方の自由です。

それはまるで、宝石やガラクタがごちゃごちゃになった世界に投げ出され、

「さぁ、あなたの好きなものを見つけて拾ってきなさい。」
と言われているかのようです。

「あなたの個性で、あなたの感性で自由に何でも拾っていいですよ。」
「あなたの人生の彩を添えてあげて。あなたの人生なのだから、あなたが選んでいいのですよ。」

そのように、言われているかのように感じるのです。

「楽しい生き方とは?」を知りたい方は、こちらの記事もどうぞ。

人生が楽しくない社会人のあなたに伝えたい。思いを現実化するコツ社会人になって自由な時間が少なくなり、出会いの場もなく、仕事に縛られて人生が楽しくないと感じてしまう方は本当に多いです。社会人は人生で大切なメインの時期であること、人生を楽しむために必要な考え方のシフト、そして望む人生の引き寄せのコツについて書いていきます。...

善も悪も、楽しみも苦しみも

善いことも悪いことも、同じように存在している。
楽しいことも苦しいことも、同じように存在している。

そして、私たちは同時にその相対するもの両方を選び取ることは出来ない。

同じ食べ物を口にしたときに、味覚に集中して『苦味』を探すのか、『旨味』を探すのか?

どちらを探して感じることも出来ます。
選択の自由が与えれれている私たちですから。

でも、二つ同時に選び取ることは出来ません。

『人生楽しいことばかり』という道を歩んでいる方は、その道を選んだからです。
『人生苦しいことばかり』という道を歩んでいる方は、その道を選んだからです。

上は星空、下は泥水

上を見上げると星空。
宝石箱の中の宝物を全て散りばめたかのような光たち。

下を見つめると泥水。
雨の後の泥に交じった水たまりがその目に映ります。

同じ道を歩いていてもある人は美を感じ、ある人は汚れを感じてしまいます。

同じ世界に住み、同じ光景の中を歩いているというのに。

どちらを見てもそれはあなたの自由。

確かなことは、星を見れば『美』をこの世界に感じることが出来る。

そして、泥水ばかり見つめてしまうと世の中の汚れたものばかりを確認することになるということです。

どちらの光景を観たときに、『感謝』の気持ちが湧いてくるでしょうか?

『不満や愚痴』が出てしまいそうになるのは、どちらの光景を観たときでしょうか?

星も泥も混在している世界に住んでいる私たち

上を見上げれば、星しか見えない。
下を見つめると泥しか見えない。

星だけの世界でもなく、泥だけの世界でもない。
美も醜も混ざり合った世界に私たちは住んでる。

何度も書いていますが、対極の2つを同時に確認することは出来ません。

どちらかを選んでいるのです。

長い人生の途上で、ずっと『星』しか見ないまま生涯を閉じた人はいないはずです。
同じく、『泥水』しか見ないままで生涯を閉じた方もいないはずです。

人生の総決算は、もしかしたら『世界のどの側面』をあなたは多く見てきたのか?
それで判定されるのかもしれません。

人生が辛い時期、デキる人の乗り越え方、考え方とは?人生が辛い時期は誰にでもやって来ます。レベルもタイミングも異なりますが、例外なく生きている全ての人が経験する辛い時期です。その乗り越え方を知るには、辛い時期の意味をまずは知ることが必要です。なぜ辛い時期が人生に与えられるのか?この記事を読み進めてみてください。...

一輪の花のように

『最後にもう一花咲かせたい』
という表現があるように、僕は人生を一つの花に置き換えて考えることがあります。

せっかく生まれてきたのだから、出来るだけ多くの季節を生きてそして花を咲かせたいという欲求です(^.^)

生まれて初めて咲かす花は未熟であっても、次の季節には以前より綺麗な花を。

そして次の季節にはもっと美しい花を♪

最期まで花を咲かし続けて、散るべき時に散っていくのかな・・・
悲観しているわけではないのですが、そのような気持ちです。

例外なく、全ての方が通る道ですからね。

花として生まれたのであれば、自分にできる最高の花を咲かせたいときっと願うでしょう。

それを観てくれる方の目を少しでも楽しませることの出来る花を。

どこに根をはるかを選べない

野に咲いている花たちは、種の時代に

「この場所に落として欲しい」
とお願いできることはありません。

落ちたその場所に根をはって、花の人生を全うするしかないのです。
その場所が、その花の運命と言ってもいいでしょうね。

種が落ちたその環境を受け入れるしかないのです。

そこで一番の花を咲かせていくだけです。

環境の不満を感じたところで、それを変えることは出来ません。
足元ばかり見ても、土とその下にある自分の根っこしか感じることも出来ないでしょう。

出来ることは、太陽に向かって花を咲かせていくことだけ。

そのような姿が、その花を観る人の心を和ませてくれるのかもしれません。

私たちは一輪の花

私たちもそんな一輪の花みたいなものです。

地球に住み、日本に住んでいる一輪の花。

この世に生を受ける時に、どんな環境でどのような親から生まれたいとかを選んできたのであれば話は別ですけど・・・

生まれてきたその環境、その場所が私たち一人一人が背負う運命みたいなものなんです。
いくら泣き言を言っても、変えられないものだってあります。

受け入れるべきは受け入れ、そこで星を見上げるように一輪の花を咲かせるしかないのです。

どのような環境であっても泥の中から一輪の花を咲かせ、見る人の目を喜ばせてあげることです。

時には、勇気を。
時には、慰めを。

たった一輪の花であっても、与えることは出来るのですから。

人生楽しいことばかり

たとえコンクリートのわずかな割れ目に落ちてしまった種であっても、そこから咲いている花は私たちに強さを教えてくれます。

花園に咲く一輪一輪の花たちは、集合体の美を教えようとしているかのようです。

どのような環境であっても、咲かせる花は同じです。
そして私たちの目を楽しませてくれています。

泥水に落ちてしまった種でも、そこから見事な一輪を咲かせている姿は私たちに感動を教えてくれます。

たとえこの世の中が泥だらけ、泥水だらけの世界であってもそこから咲かせる一輪の花。

星空を見る選択をされた方だからこそ、咲かせることの出来る美しい花なのだと思います。

『人生、楽しいことばかり』
そのように感じることの出来る方は本当に素晴らしい。
心からそのように思います。

 

花をイメージして書いた記事は↓にもあります。記事の最後の方で書いています

人生を変える出会いに偶然はない。欠かすことの出来ない真実人生を変えるには、出会いが必要です。でも出会いだけでは人生を変えることは出来ません。人生の出会いを得るためには、ある条件を満たす必要があります。いくつかの共通点があるのです。本記事では、人生を変える出会いを経験するための共通点について書いています。...

 

まとめ

私たち人間の能力の限界とは?
『楽しいこと』・『辛いこと』、『表』・『裏』、一度に両方の世界は認識できないこと

私たち人間に許された能力は?
美も醜も混在する世界で、どちらを見るか選ぶことができる

人を花に例えるならば、私たちの使命は?
できるだけ多くの季節を生き、できるだけ美しい花を咲かせること

人を花に例えるならば、私たちの限界は?
咲く場所を選べない。種が落ちたその環境で、花を咲かせるだけ

 

 

TOPに戻る

PS
「星も泥もあるこの世に、星を見上げるような人にどうしたらなれるのだろう?」
そう思われる方は、この記事を読んでみて下さい♪⇒コチラ

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。