変える

【7つの習慣】に学ぶ、人生を変える最強のメソッドをあなたに

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

名著『7つの習慣』から学んだ、僕が最も大切にしていること
「~してはいけない」と口走ってしまった時に注意すること
何かを始める前に必要なこと
軽視されがちだけど、とても大切な習慣

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約6分です

 

『7つの習慣』という本を読んだことがない方であっても、その名を聞いたことのある方は多いのではないでしょうか。

スティーブン・R・コヴィー氏の著書です。
僕はこの本を通してしか、彼のことは存じ上げません(^-^;

この本を読まれて、何の参考にもならないという方はまずいないと思います(^.^)

そのように断言できるほどの名著です。

最近はこの本を開くことはあまりなくなりましたが、昔は定期的に『7つの習慣』を開いては自分のものにしようとしていたものです。

何度読んでも、その度に新しい発見が得られてきた本です。

繰り返し読むに耐えうる本に出合えることは、それ多くはありません。そんな数少ない本の一つです。

僕の人生に大きなインパクトを与えてくれたこの本。

今日は完全な僕の主観に基づいて、この本についてのご紹介をさせて頂こうと思います。

ご了承下さいませ<m(__)m>

『7つの習慣』との出会い

この本との出会いが、僕に『ものの見方、考え方』の大切さを教えてくれました。

「環境のせい、人のせい、親のせいであり、政治のせいだ」

いつも条件反射のように、自分以外の何かに不満の原因を求めていた自分。

そんな頑固な僕の考え方を改めるよう促してくれた本です(^.^)

不思議とこの本を読んだ直後はエネルギーと自信に満たされます。
翌日の仕事はいつもと違った心境で次々と処理していましたよ♪

やってることは同じだったんですけどね(笑)

注文書を作成してファックス、電話対応、伝票作成・・・

いつもの事務処理であっても、

「これが自分にできる今の仕事なのだ。」
と自信を持って出来ていたものです♪

この本に書かれていることは、カンフル剤のような一時的なテクニックや表面的な知識ではありません。

人』に焦点をあてながら、普遍的な王道を説こうとしている本です。

自分自身を磨いていくことで、自分も周りも最適な環境にしていこうという意思を感じるのです。

最初の出会いは20年以上前

初めてこの本を読んだのは、僕が20代前半の頃でした。
当時はブラック企業に勤めていたので、朝は早く夜は遅くまで勤務していた頃です。

あまりに若かった僕は、まだ出世欲も旺盛で

「こんなところでは絶対に終わらない!自分は成功出来る人間なんだ。」
とメラメラと炎を燃やしていた時期でもありました。

すぐにブラック企業の過酷な労働に、愚痴を吐く日々に転落してしまいましたけどね(^-^;(その頃の様子を少し書いている記事⇒コチラです

それでも、

「この世に生を受けたのだから出来るだけ命を燃焼させたい。」
と言った気持ちも完全には消えることはありませんでした。

でもそんなことを思っているだけでは、ただの夢追い人間です。
そのようなことを思えるだけの根拠が何か必要だとも感じていたのです。

だから読書の習慣だけは失わずにいようと考えていました。
(お酒をやめることは出来ませんでしたが(-_-;))

そんな時期に本屋さんで手に取った『7つの習慣』。

20代の若かった僕に、将来の夢を見させてくれるに十分な読み応えのある本でした。

手帳を頂いた思い出

1つ思い出に残っているのは、抽選でプレゼント企画していた手帳を頂いたことです。

本を購入した時についていた応募ハガキに感想を書いてポストに投げ入れていたら、なんと当選したのです(^.^)

低所得のブラック企業に勤めていた僕ですから、当時使っていたのは取引会社から頂く小さなメモ手帳のようなものでした(^-^;

革手帳への憧れを抱きながら、安っぽい手帳を使っていたんです(笑)

仕事から帰った時に届いていた荷物。

中には手帳のセットが入ってあり、

「適当に抽選したわけではありません。厳選させて頂きました。」
といった内容のお手紙まで入っていました。

感激した私は、すぐにメールでお礼を伝えました。

「大切に使わせて頂きます。」
そのような簡単な連絡をさせて頂いたのですが、それに対しての返信まで頂いたことを覚えています(^.^)

適当に選ばれた訳ではない。

そのことが若かった僕の自尊心を大いに刺激して、狭い部屋で舞い上がっていたことを思い出します(;^ω^)

結局、この手帳を20年弱仕事で使うことになります。
1年ごとに中味のリフィールを購入して、使用していくタイプです。

数年前に新しい手帳に買い換えていますが、いまだに同じタイプのリフィールを購入し続けています♪

この手帳についてのエピソードはこちらの記事に書いていますよ♫

モノに込められた物語。あなたの人生を変えるストーリーは?普段の生活で何気なく使うモノたち。そんなモノも私たちの人生を変える力があります。ポイントは『物語』です。大切なのは、モノの市場価値ではありません。目に見えないものに本当の価値は隠れています。人生を変える力と、身近なあなたのモノたちとの関係を書いていきます。...

それぞれの7つの習慣

『7つの習慣』という名の通り、大切な習慣『7つ』について書かれている本です。

当時の僕が一番新鮮に感じたことは、『インサイドアウト』という概念でした。

『内側から外側へ』ということですが、この本のポイントを究極まで短くした表現だと思います。

本当に一言だけで、この本の内容を言おうとすれば、

【インサイドアウトの習慣を身に付ける為】

について書かれた本だということです。

外側の環境によって自分が変えられることを拒否する。

自分自身の内側からの力によって、自分を変え周りに環境にも影響を与える。

今まで当たり前のように『アウトサイドイン』で過ごしてきた方にとっては、大きなパラダイムシフトを与えるものであるはずです。

あくまでも、自分自身の責任と決定によって物事を考えていく姿勢ですね。

どんな光景が目に映っても、『自分で見て判断する』というマインドを知った時。

その時に見ていたいつもの光景が、全て違って見えたような新鮮な感覚。

それを懐かしく思い出します♪

 

インサイドアウトと外部の環境についての記事は、こちらもご参考にされてみて下さい。

自分の人生、誰の責任?運に見放される人たちの残念な間違い「自分の人生は自分の責任だ」という考え方を受け入れた時、世の中の見え方が変わってきます。衝撃ともいえる視界の変化を感じられるはずです。そして、間違いなく安定した幸せな人生をおくるために欠かすことの出来ない考え方でもあります。さらにその先に待っている新たな気付きとは?...

僕が最も大切にしている第一の習慣

第一の習慣は、『主体的であること』です。

あなたが主体的であるかどうか?

それは、ちょっとした言葉使いでわかってしまいます。

「~しないといけない。」「~でないとだめだ。」

そのような言葉が頻繁に出るようであれば、注意信号ですよ(笑)

主体的な方であれば、「~しないといけない。」とは考えません。
自分自身で、「~する。」と決めているからです。

「~でないとだめだ。」とも言いません。

誰かが決めたルールではなく、自分の主体性に従えば

「~の方がいいと思う。」
という言葉になるはずだからです。

一言でいえば、『自分の人生の責任は自分にある』ということを理解するということです。

人や環境に原因を求めるようでは、主体性を発揮する習慣を身に付けているとは言えないでしょう。

表現が変えられた第二の習慣

何度か改訂されているせいでしょう。
この第二の習慣の表現が少し変更されているみたいです。

僕が手元にある本には、『目的を持って始める』とあります。
ですが、今の本には『終わりを思い描くことから始める』と表現されているようですね。

僕的には、『終わりを思い描くことから始める』という表現の方が好きですね♪

要は、何かを始める前にゴールを設定せよということです。

ブログを始めることのゴールは何?
ダイエットの終わりを思い描けていますか?

この世の全ての事には、始まりがあり終わりがあります。

始めるということは、終わるという宿命も一緒に背負うことになっているということです。

だから、

最後をイメージせよ。最後が描けた時点で、スタートせよ。

そのように言えるのではないでしょうか。

例えば、もしあなたが『生きている目的』を知りたいのであれば・・・
こんな質問を自分自身に問いかけてみればいいのです。

「あなたの墓標に何と刻まれたいですか?」

【家族を誰よりも愛した人、ここに眠る】
【挑戦を生涯忘れなかった人、ここに眠る】
【美と食を求め続けた人、ここに眠る】

何かを始める前に、終わりを思い描く。

深い、第二の習慣ですね。

時間管理の最高峰、第三の習慣

第三の習慣は、人生の質を最大限に深めるための習慣です。

『最優先事項を優先する』

人生に与えられたそれぞれの時間を最大に活用するための、不変の考え方。

こう言うと、ちょっとちょっと大げさでしょうか(^-^;

第三の習慣が身に付くということは、『緊急ではないけど重要なこと』を常に意識して生活していることを意味します。

この習慣が身につくと、『重要でない緊急なこと』や『緊急で重要な出来事』の遭遇が自然と少なくなってくることでしょう。

急なクレーム等で時間を奪われる出来事を、最小限にとどめることができるようになるはずです。

目の前の対処すべき出来事に振り回されることを少なく出来る。
自分にとって、将来本当に大切なことの為に今を過ごすことが出来る。

時間の使い方を習得することは、人生達人への道を知ることと同じことであることが理解できるはずですよ♫

他者との関わりである、第四~第六の習慣

第四~第六の習慣までは、他者との関わりのなかで有効となる習慣です。

第三の習慣までがベースとなっている方でないと、うまく働かない習慣とも言えます。

第四の習慣「Win-Winを考える」
第五の習慣「理解してから、理解される」
第六の習慣「相乗効果を発揮する」

主体性を持っている方であるからこそ、他者の意見も尊重できる気持ちになれます。

そのような方であれば、罰則や肩書で人をコントロールしようとする気持ちは小さくなるはずです。

力を借りることは、弱さをつくりだすこと。

力を借りたほうも、それを受けるほうも弱さを生み出してしまうものであるということを学ぶことが出来ます。

特に僕が「なるほど~♪」と思ったところは、第六の「相乗効果を発揮する」箇所でした。

グループでの相乗効果を発揮するための例として、家族をあげていたところです。

相乗効果=【1+1が2】以上の結果をだすこと

一組の男女が結婚し、家族が増え『1+1』が2人以上のメンバーとなること。

私たちが一番身近に感じることの出来る『相乗効果』の一つです(^.^)

目に見えるという形での相乗効果を一番わかりやすい例で説明されています。

もちろん、子宝との縁に恵まれない方々もいらっしゃるかと思います。
でも『相乗効果』は、このような目に見えることばかりではありません。

自分自身の『インサイド』に、相乗効果を起こすことも出来るのですよ。

新しきスタートの前に

『主体性』
『終わりを描く』
『優先事項』
『win-win』
『まずは理解する』
『相乗効果』

これらの習慣は、【一度身に付けたら終わり】というものではありません。

扇風機のように同じグルグルと、自己点検しながら日々の生活で繰り返し繰り返し身に付けていくものです。

継続は力なり。

この言葉の重さをどれだけの方が感じることが出来るでしょうか。

僕自身もこの『継続・繰り返しの大切さ』を痛感していながら、軽んじてしまう時もあります。

何度も何度もグルグルと繰り返す習慣ですが、同じ場所に決して留まることはありません

車輪が回ると前に進むように、扇風機が動くと空気が動くように、変化をもたらします。

そして環境にも影響を与えることになるのです。

らせん状のスタートに戻る第七の習慣

そして、第七の習慣『刃を研ぐ』

車でも定期的なメンテナンスや点検が必要なように、反省や自己点検を行いながらバランスよく磨き続けることです。

日々の生活で、グルグルと何度も点検すべき大切な習慣たちです。

一つの習慣を終了したらそれで終わりということではない。

第一から第六までの習慣は『刃を研ぐ』習慣と重ねながら循環して磨いていくことになります。

活動していると、疲れは疲労も出てくるものです。
油をさして、良い循環を保つことが必要です。

その為に、最後の第七の習慣『刃を研ぐ』があるのです。

温泉に行く。南の島の風に吹かれる。波の音・・・。

最近の僕は、クラシックを聴いたりマインドフルネスを行ったりしています。
地味ですが、効果抜群ですよ♪

(マインドフルネスのやり方は、お手頃価格のこれで十分です♪)

錆びた刀では、せっかくの習慣もその効果を最大限に発揮することは出来ません。

『刃を研ぐ』時間がもったいないと考えることは間違いです。

次のスタートに入る前に、『刃を研ぐ』時間が必要だ。
そのように自信を持って主張出来るようになって下さい(^.^)

 

マインドフルネスの効用については、こちらの記事に少しだけ触れています♪

人生を変える秘訣は『片付け』にあり!伝えたい驚くべきメリット『片付け』が人生を変えると言っても、ピンとくることはないかもしれませんね。片付けには身の周りやお部屋をスッキリとさせること以上に、あなたの想像をはるかに超える可能性があります。『片付け』というシンプルなドアを開けた向こうの世界には、驚くべき人生の変化が待っているのです。...

そして再びインサイドアウト

最後の第七の習慣の章には、アーサー・ゴードン氏の素晴らしい再生の物語が紹介されています。

感動的でいつまでも心に残る表現で書かれているお話です。

ここで詳しく書くことが出来ないことが歯がゆいですね(*_*;

仕事に行き詰った彼が助けを求めた医者から受け取った処方箋とは?

一番幸せだった場所に行き、ラジオも本も人とも会わずに4つの処方を順番に実行すること。

最初は冗談かと思った彼だったが・・・、

9時・12時・3時・6時になり最後の4つ目の処方を実行に移したとき・・・。

そして抱えてきた不安を砂に書いた彼は・・・

『刃を研ぐ』ことによって、新しきスタートを再び始めるエネルギーを得られることを教えてくれます。

きっと、あなたの心にも何かしら得るものがあるはずです。
よろしければ、一読されてみて下さい(^^♪

 

長い文章を読むのが苦手な方は、漫画版もありますよ♪

 

まとめ

名著『7つの習慣』から学んだ、僕が最も大切にしていること
インサイドアウトの習慣

「~してはいけない」と口走ってしまった時に注意すること
主体的になれているかどうかチェックする。主体的な人は、外的要因からではなく自分で「~する」と決める

何かを始める前に必要なこと
終わりをイメージする。最後が描けたらスタートする(第2の習慣)

軽視されがちだけど、とても大切な習慣
『刃を研ぐ』第7の習慣。新しきスタートの為にはエネルギーが必要だから

 

TOPに戻る

 

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。