やり直し

人生をやり直したいあなたへ。誰も教えてくれなかった勉強の本質

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

人生には、3つの志向で生きる時期がある
「勉強をしておいた方がいいよ」という助言に、耳を傾けない理由
それでもほとんどの人は、時間が経って『勉強不足』への後悔をする。では・・・
『勉強』は世の中でも数少ない貴重なもの。なぜなら・・・
勉強が苦にならなくなるコツ

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約5分です

 

「今この時期にしか、勉強は出来ませんよ。」
「あの頃もっと勉強していればよかった、と思う時が絶対に来ますよ。」

小学校や中学、高校の先生をされている方は、生徒さんたちにそのようなことを絶対に言っていると思います(^.^)

もうかなり昔のことですが、僕も生徒だった頃は何度も言われ続けてきましたから。

勉強は出来る時にやっておいた方が絶対にいい。

そのことに異論は全くございません(;^ω^)
全くもって正しいことです。

でも・・・、

当事者の人たちにそれを言っても、本当に理解できる方はほとんどいないと言ってもいいでしょうね(^-^;

「あの頃勉強しておけば良かったと、後悔する時が来るよ。」

とアドバイスをしても、

「そうか、なら今のうちに勉強しておこう!」
とは、なかなかならないものです(汗)

そのようなアドバイスを聞いて素直に勉強を始める方は、元々が勉強好きな方であるはず。

多くの当事者にとっては、響くことのないアドバイスであるような気がして仕方がないのです。

未来志向で生きることよりも、過去や現在を生きる方が簡単であるからです。

学生時代に戻り、人生やり直したいという気持ち

学生の方は学生の今を充実させようと生きているのが、自然な姿だと思います。

社会人である方も、現在ただ今の『社会人』としてのあなた自身を充実させたいと考えているのです。

多くの人にとって、大切なことは『今現在』です。
そして『過去』経験した失敗や、思い出したくない出来事に悩まされたりします。

また人生のある期間、『未来志向』で生きる時期もあります。

それは目標を抱いてそれに向かって頑張っている時期、離陸前の大変な時期です。
受験生や、資格取得の為に頑張っている特殊な時期とも言えますね。

大変でもあり、変化の時期でもあり、一番成長している時期でもあります。

でも一生を通じて、この『未来志向』を続けることは難しいことです。
短距離走のスピードで42.195㎞走ることが出来ないように、エネルギーの消耗が激しいからです。

たいていの人は今を生きているので、『その時にやりたくないこと』をあえてしようとは思えない。

それが多くの方にとっての現実だと思います(^-^;

貴重な時間であったことに気付く

もしこれを読まれているあなたがまだ学生であれば、一つだけ予言をさせて下さい(^.^)

あなたが社会人になった時、このように感じる日が必ずやってくるでしょう。

「あぁ、あの学生時代は本当に贅沢な時間だったんだ。」

「勉強したいと思う時には、時間が無いということを予想していればよかった。」

そのように思うことがきっとあるはずです(^-^;

そのような『後悔』の気持ちも、時間が過ぎて初めてあなたが感じること。
当時の心境に戻ってみれば、そのような発想は中々出てくるものではありません。

「色々なやりたいことを犠牲にして今勉強しても、それが役に立つかどうかわからないから・・・。」

僕はそのように思っていました。

純粋に読みたい本を読んで楽しんだりはしていましたが、『勉強』とはまた違うものですよね。

役に立つかどうかわからないものに、時間を割くことはしない。

無駄な努力になるかも知れないことに、余計なエネルギーを使うことはないじゃないか。

そんな心境でした(笑)

過去に戻れるとしたら

今の意識のままで、過去に戻れるのであればきっと色々な勉強をするでしょうね(^_^)/

『今の意識のままで』、ですよ♪

「こんなの役に立たないから、やらない。」
と考えて当時は何の興味も示すことなく、後になって後悔することは多くあります。

僕のことで言えば、

『中学、高校生の頃に部活を頑張っていればよかった』
という後悔ですね。

「学生の頃何やってたの?」
と、20代の頃は新しく知り合う方たちから必ず受ける質問。

そんな時に、

「野球やバスケ、ラグビー・・・、」
何か返答できる打ち込んでいたものがあれば良かった。

そんな後悔を何度も感じました。

「読書してた。」
なんて答えても、そこから会話続きませんからね(^-^;

中学、高校の頃は、「放課後にそんな面倒な事したくないよ」と思っていた僕です。

何の役にも立たないと思っていたことでも、卒業後に色々なところで活きる経験もあることをそこで学んだ気がします。

私が感じていた『勉強』への後悔

そして勉強への後悔もやはりあります。

僕自身も、

「学生時代には勉強中心の生活をしていれば良かったなぁ」
と後悔を感じていました。

もうさすがに40代になるとそれ程でもないのですが、20代後半~30代にはそのように感じることも多かったです。

それが当事者になると、難しい数学の教科書を開くたびに

「こんなこと、社会生活で役に立たないよ!」
なんて思うものです。

「自分がこんなもの勉強したところで、もっと頭のいい人がしっかりと勉強して社会の為に活用してくれるものだから。」

凡人の僕は、そんな気持ちになっていました(^-^;

やるべき時に精一杯努力をしてきた方々からは、『自信』という見えない財産を自分のものにされているような気がしましたね。

成績が急降下した中学後半の時期

こんな僕ですが、それでも中学2年生頃までは成績優秀な生徒だったのです・・(;^ω^)

塾にも行かされて、家庭教師までつけられていましたからね・・・。

周りからは『出来る人』というレッテルを貼られていた気がして、苦しかったことも覚えています。

このレッテルのおかげで、テストで悪い点を取ることが出来なかったからです。

自分が勉強したいからと言うより、周りの自分に対する印象を壊すことは出来ないという『恐怖心』から勉強をしていたところがありました。

そんな僕も、ある時期を境に急に勉強をしなくなりました。
元々、勉強嫌いだったのでしょう(*_*;

言い訳としては、両親の離婚や転校、引っ越しなどがあります。

僕の中学時代のことは、こちらの記事に書いています。

辛いばかりの人生に疲れた。そんな経験が奇跡の贈り物となる真実ただ「辛い、疲れた」ではなく、「人生に疲れた」という時はとにかく休むことが大切です。決して、焦らず誰かと比べることもせずただ休むことです。今必要なのは、その疲れを癒して辛い時期が過ぎ去るのを待つことです。人生に疲れていた私の経験をもとに、そんな時期の過ごし方を書いていきます。...

転校して成績優秀だったイメージを気にする必要の無くなった僕は、面白いように成績が急降下していきました。

『やるときにやれば自分は出来るから大丈夫』
というかすかな気持ちを保ちながら・・・

勉強しなかった高校時代に感じる後悔

何とかして普通高校には入学できたのですが、高校に入っても真剣に勉強することはありませんでした。

この時期の勉強不足を後になって、僕はかなり『後悔』しながら、長い期間を過ごしました。

と言うのは、大学在学中に休学してアメリカに語学留学していた時、周りの方々の学歴と比較してコンプレックスを感じることが多くあったからです。

「自分も頑張れば、もっと名のある大学へ行けたはずなのに・・・」

そんな気持ちを隠しながら、周りと接することがよくあったのです。

僕が高校生でまともに勉強した時期は、3年生になってしばらくしてからです。

「さすがに、どの大学にも行けないぞ・・・」
と焦りを感じてからでした。

努力が一番報われる時期

高校1年生の段階から、少しずつでも毎日勉強する習慣をつけていれば・・・

社会人になってから、そのように感じることが何度もありました。

もちろん、名の知れた大学出という『看板』が欲しかった虚栄心もありますが(^-^;

そんなちっぽけな気持ちは別にしても、やはり学生の頃は本当に貴重な時期だったと思うのです。

それは朝から晩まで勉強が出来る、一生の中で唯一とも言える時期であるとのこと。

そして何より、学生の時期はあなたの『努力』がストレートに表れるとても純粋な時期なのです。

勉強した分がそのままテストの点数に表れ、そして評価される時期。

社会人になると、それ程シンプルにはいかないことばかりです。報われない努力はありませんが、ストレートには評価に表れないことばかりだからです。

過ぎ去った過去への清算

若い頃にもっと勉強してればよかった・・・

そのような後悔を感じる方は、あなたに限ったことではないことを知って頂きたくて長々とここまで書いてきました(^.^)

「そのような後悔をしたことが無い」と言い切れる人を探す方が難しいかもしれません。

大人になり、社会人になってもっと勉強してればよかったと後悔することは、いたって普通のことなんです。

問題はそこから先です。

勉強はいつからでも出来るということ。

勉強をしたいと思ったその時こそ、あなたが勉強を始めるベストのタイミングであるということです♪

勉強したくなる時期はやって来る

「別に勉強したいというタイミングが、12歳から22歳の間に来なくてもいいじゃないか。」

社会人になってしばらくして、僕はそのことを感じるようになりました。

勉強したい時期は誰にでもやって来る。

それが若い頃かもしれないし、30歳を過ぎた頃かもしれない。
そして40を過ぎた今の僕は、勉強を楽しんでいます。

勉強適齢期をとっくに過ぎている今、やせ我慢かもしれませんが僕はそう思っているんですよね。

その人にとって、必要と感じるタイミングは必ずやって来るものです。

その時に始める勉強は、学生の頃とは違って『嫌々する勉強』ではありません。

「絶対に身に付けたい、習得したい。」
と、未来志向になっているあなた自身を描きながら輝けている時です。

人にやらされる勉強や、嫌々する勉強よりもずっと吸収できる種類の勉強です♪

勉強を楽しんでいる今の自分

元々が勉強嫌いだったから、ちょっとした環境の変化で僕の成績は急降下していきました。

そんな僕であっても、30代半ばから勉強への欲求が出始めた時期があります。

マーケティングや営業スキルなどを勉強して、仕事に活かしたいと思うようになったからです。

そうして勉強を進めていくと、営業という仕事の奥の深さに更にのめり込むようになりました。

  • 「表面的なところばかりをかじっても意味はない。見えない部分こそが大事なんだ。」
  • 「何百人という人を説得する必要なない。一人だけ。一人だけに納得してもらえる文章を目指してみよう。」

勉強は人生を豊かにしてくれるものです。

やればやるほど、面白くなる数少ないものの一つだとこの年になって気付いたのです(^.^)

あなたが、学歴にお悩みであればこちらの記事をどうぞ♪真のステータスとは何かを書いていますので。

学歴社会への逆襲!社会人からでも全然遅くない人生のやり直し学歴が無いことでお悩みの方へ。「低学歴だから、人生をやり直したい。」信じがたいことかもしれませんが、有名大学の方であっても自分の頭の悪さに悩んでいる方は多くいます。一方で、低学歴であっても大きな業績を残した方はたくさんいます。その違いは何でしょうか?その答えをお伝えいたします。...

これからを変えていけばいい

過去は既に過ぎ去ったもの。
たとえ過去の過ちに苦しむことはあっても、もう元に戻ることは出来ないのです。

それでも私たちには、未来が残っています。
その為に今があります。

過去のことをウジウジと悩み苦しむために今があるのではありません。
未来を引き寄せるために、今があるのです。

『未来志向』は人生の一時期にあって、大変で有意義な時。
そのようにこの記事の冒頭で書きました。

でも出来ることなら、僕は常に『未来志向』でありたいと思っています。
過去のことを考えるのではなく、未来のことを考えて過ごすことです。

1日の時間の大半を未来のことを考えて過ごしていくことです。

そうすれば、自然と勉強への意欲もわいてきます。
社会人になってからの勉強は楽しく、そして何倍も有意義なものです。

学生だけの特権ではないことを彼らに教えてあげましょう(笑)

いつの年代であっても、勉強はあなたの人生を豊かにしてくれる。

そのように断言して、今日の記事を終えたいと思います♪

こちらの記事は、『未来志向で生きるとは』どういうことかについて書いています。ぜひあわせてお読みください。

人生がつまらない時、ありふれた助言を聞き飽きているあなたへ人生がつまらない時、色々なアドバイスをネットに求めることもあるかもしれません。でもほとんどが、毒にも薬にもならない、ありふれた助言ばかりです。人生を楽しく生きている人と、つまらないと感じながら生きている人の違い。その視線の違いを理解すれば、楽しく生きられるようになります。...

 

まとめ

人生には、3つの志向で生きる時期がある
『過去志向』・『現在志向』・『未来志向』。最も成長できるのは、『未来志向』で生きている時期

「勉強をしておいた方がいいよ」という助言に、耳を傾けない理由
将来、役に立つかどうかわからないから。好きでもない、役に立つかわからないことに時間を費やすリスクを感じる

それでもほとんどの人は、時間が経って『勉強不足』への後悔をする。では・・・
勉強はいつからでもできる。今がそのタイミングだ!

『勉強』は世の中でも数少ない貴重なもの。なぜなら・・・
やればやるほど面白くなる、数少ないものの一つだから

勉強が苦にならなくなるコツ
『未来志向』。できるだけ多くの人生の時間を「望む未来のあなた」を描きながら過ごす

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。