楽しくない

病気・・、楽しくない出来事に寄り添うことで見えてくる人生の宝

 

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

「健康に不安を抱える人をリーダーに立てるべきではない」という言葉の真意
病気を経験して良かったと思えることとは?
病気を経験したことで得られた一番の宝
苦しい時がやってきた時に採用したい考え方

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約6分です

 

健康体に恵まれている僕は、病気らしい病気の経験は殆どありません。

入院経験も殆どなく、小さなころに交通事故の治療で1ヶ月強程入院しただけでした。

そんな僕だったのですが、男性の厄年と言われる年齢に達した時に体調の変化を感じた時期があります。

それまでの不摂生や生活習慣の積み重ねもあったのでしょう。
立て続けに、病院のお世話になってしまった年がありました。

病院が好きではない性格なので憂鬱で仕方がなかったのですが、それでも痛みを我慢することに耐えきれなくなってしまったんですよね。

病院嫌いの感情をも上回ってしまい、病院へ直行したのです(*_*;

何の病気??ときっと思われているでしょうね。

あまり言いたくないのですが・・・、痔と脱腸で苦しんでおりました(-_-;)

病気になって気付くこと

病気になると、健康である時には決して気付くことのなかった多くの事に気付きます。

月並みですが、当たり前のように過ごしている日々がどれ程ありがたい日々であるのかということです。

どこか一部でも体に不調が出てしまうと、簡単な仕事上のことでも判断を間違えたりしてしまいます。

何だか、どうでもよくなってしまうのですよね(*_*;

「今は仕事どころではない。」
そんな気持ちになってしまい、健全な判断が出来なくなるのです。

『健康に不安を抱える人をリーダーに立てるべきではない』
というのは真実だと思います。

健康であるからこそ、物事を正しく見ることが出来るのです。

そして大切な判断や決断は、

『どのように物事が見えているのか』
ということにかかっています。

体の不調には、積み重なった習慣が原因となることが多いのではないでしょうか。

そしてその習慣こそが、あなたの『考え方』を表していることなのです。

健康体の自分に欠けていたもの

年に1~2回、風邪をひく程度しか体調を崩すことのなかった僕は、病気で辛い経験をするということがありませんでした。

だから頻繁に病院に行ったり会社を休んだりする人に対しては、とても冷たい視線を送ってしまっていたことを今になって感じます。

以前の自分は、そのことに気付くことはありませんでした。

もちろん口に出して言うことはしませんが、

「肝心な時に体調を崩すような人には、大事な仕事も任せられないだろうな。」
そんなことを冷酷に考えているところが確かにあったのです。

そんな自分でしたが、いざ体調の異常が自分にやってきた時・・・

「健康を失うことが、こんなに辛いことだったんだ。」
そのことを痛感することとなりました。

病気がちな人に向けていた冷たい視線や考え方が見事に変わってしまったのです。

突然襲ってきた体調不良

何の病気だったかは、冒頭でお伝えしたのでもう申し上げることは致しませんが・・(^-^;

出張先で感じた突然の痛みを感じたことを覚えています。
その日以降、長い苦しみの時期を過ごすことになったのです。

病院には絶対に行きたくない。
食事や薬で何とかならないものか・・・

悶々と誰にも相談できずに過ごした2ヶ月程でしたが、一人で抱え込むことも出来なくなってついに、妻に羞恥心を捨てて言いました。

「ちょっと、お尻が痛くてね・・・」

それからの食事にはヨーグルトやキノコ類をつくってくれるようになったのですが、毎朝の時間が来ると恐怖を感じるようになっていました。

痛みの時間がやってくるからです。

毎日欠かすことのなかったお酒も、飲まない(飲めない)日がポツポツと出てきたほどでした。

食事も何もとらず、おトイレにも行かなくていい状態が1週間ほど続けば良くなってくれるのだろうか?

でもその前に、体力が持たないだろうな・・・

そんなことを考えるようになり、体重はどんどん減っていったのです。

毎日の仕事が辛かったですね・・・
車の運転中に突如痛みが発生すると、運転もままなりません。

出張が多い仕事なので、宿泊先のホテルの設備は必ずウォシュレットがあるところを事前に確認したりしたりしていました(^-^;

身に染みる人の情け

そうしてついに病院に行くことに決めました。

時期は確か6月くらいだったと記憶していますが、お正月も痛みに耐えながら過ごしていたので結構我慢し続けたんだなぁと、自分をいたわりたい気持ちです(^-^;

会社に病名を告げるのが嫌だったので、日帰り手術が可能な病院を探して診察を受けました。

念のために金曜日に有給を1日取り、その日に手術を入れたのが正解でした。

翌日、翌々日は痛みで動けなかったからです。とても仕事など出来る状態ではありませんでしたから。

そんな中、ありがたかったのは身内の存在です。

寝ている以外何も出来なかった自分です。

病気がちな人に冷たい視線しか投げることが出来なかった自分。
やるべき責任があるなら、這ってでも来るべきと思っていた自分。

そんな自分が、着替え1つ行うのにも必死になってしまっている。

お世話をしてくれる身内の情けが本当に身に染みました・・・

病気になって変わったこと

命に関わるような大病ではありませんでしたが、そのような小さな手術であっても激痛で大変な思いをすることになることを身をもって理解できました。

クシャミなんてしてしまうと、体中に激痛が走るので鼻を押さえて必死で我慢していましたから(^-^;

「こんな小さな手術でこれなんだから、大手術をされる方は本当に大変な思いをされるんだろうな・・・」

想像出来ないほどの苦痛をきっと耐えておられるはずです。

術後すぐは、
「大したことなかったな♪」
と感じていたのですが麻酔が徐々に切れてくると・・・。

「痛い・・・、痛み止めもらえますか(泣)」
そんなことを言っていたのですからね。

「自分は痛みに弱い人間だったんだ。」

と初めてその時に感じました。

普通の健康でいることのありがたさを身に染みて感じていたのです。

前と後で生じる変化

仏教では『生老病死の四苦』として語られているように、病気は人生の一つの苦しみであることは間違いのないことです。

人生は苦しみから逃げることが出来ない。

その苦しみの代表としてこの『四苦』が挙げられているのだと思います。

生きることは楽しい。幸せ。

そして苦しいものであると、正直に認めているのですね。

でもそんな苦しみであっても、決して『意味のない苦しみ』ではないことがわかりました。

僕自身の病の経験は客観的には大したことはありませんでしたが、それでも痛みの苦しみを経験した後と前では明らかに気持ちの変化があったからです。

いや、気持ちの変化だけではありませんね。

食事に対する欲求というか、ありがたさも心底感じていました。

美味しいものをずっと食べられなかったので、

「この痛みが取れた後は、あそこの味噌ラーメンと唐揚げを絶対に食べよう!」
と誰かがラーメンを食べている動画を何度も見ていましたから(^-^;

愛犬が食事を前にして待ちきれない表現を体中で行う気持ちが、僕にも十分に理解できたのです(笑)

健康は当たり前ではない

そのような食に対する欲求が増していた変化とは別に、健康のありがたさもまた痛感していました。

「当たり前のように生活出来ていたあの環境は、実は恵まれていたんだ。」
そのように感じるようになったのです。

毎朝、何の悩みも持たずにおトイレに行けること♪

寝てる間も心臓は休むことなくしっかりと動いてくれている。

嫌なことがあった日も、夜があるおかげで翌朝は新しくスタートできること。

美味しいものを何の気兼ねも無く食べられる喜び(^^♪

手足を伸ばして、何の痛みもなく横になれること♫

当たり前のように過ごしていた日常は、いつ崩れてしまうかもわからない大切なものだったんだと気付かせてくれたのです。

明日なくなってしまってもおかしくはない、平凡な日常。

それこそが、一番ありがたいものだったんだと感謝の気持ちが強くなってきました。

感謝の気持ちが与えてくれるもの

休日の朝の愛犬とのお散歩。
いつものように風に揺れる木の葉。

感謝の気持ちが強くなると、そんな当たり前の光景にすらありがたいものだったんだと感じさせてもらえます。

刺激が足りない。平凡過ぎる毎日がつまらない。

ついついそんな愚痴が出そうになるような平凡な毎日にも、感謝したくなる幸せがたくさんあることに気付かせてもらえました。

病気を経験することによって、感謝することへの訓練の機会を与えられていたのかもしれないとすら思えるのです。

感謝できる方は、例外なく幸せそうな方ばかりです。

病気になって苦しい思いをすることになった僕ですが、何気ない日常にたくさんの『感謝』の種を見つけることができるようになりました。

ただ苦しむことを経験するだけの時間ではありませんでした。

↓ 不幸は実はチャンス♪

「人生やり直しは何歳まで?」の答えと、やり直しのプロセスとは人生のやり直しに年齢が関係ないことは、既にいくつかの記事として書いています。今回の記事では、人生やり直し完了までのパターンとして多くの方が経験する道をお伝えします。目標に向かって精進されている全ての方が、困難を乗り越えようという気持ちになれるよう願いながら書きました。...

病気になって見直した考え方

四つの苦しみ、生老病死。
そんな苦しみも、ただ苦しむためだけに存在する法則ではないと考えるようになりました。

  • まれることができたから、幸せな人生を創るチャンスがある(^.^)
  • いることを避けられないから、一日一日を大切にしようと思える。 
  • を経験することによって、平凡な日常に詰まっている感謝が見えてくる
  • を必ずむかえる有限の時間だから、人生は貴重なものなのだ(^_^)/

この世にある苦しみは、私たちが「苦しい」と感じる為のものではなかったのです。

ちょっとした応用問題みたいなものです。

『苦しみを通して、その奥にある喜びの種を見つけなさい』
と、私たちに応用問題を与えてくれているものかもしれないと思えるようになりました。

肉体を鍛える時には、ある程度の負荷をかけながら強くしていきます。

心だって健全に鍛えていくためには、そのような負荷が必要なんだと思えるようになったんですよね。

与えられていることに無関心だったこと

普通に朝目が覚めて、朝食を普通に食べることが出来る。
そしてやるべき仕事があり、その後で家族との休息がある。

そんな普通の日常は、もしかしたら奇跡の毎日なのかもしれません。

空気が吸えて呼吸が出来る。

日の光で布団を干して、夕陽の顔に
「綺麗な空だね。」
と話す家族との会話。

病気を経験したことによって、それらが当たり前のようにそこにあるものとは思えなくなっている自分がいたのです。

自分自身が苦しい思いでいる時には、もうこの痛みから解放されたいという思考で一杯になってしまいます。

他の事には何も関心が無くなってしまうものなんですね。

自分の事しか考えることが出来なかった状況から解放された時に、やっと外へ目が向けられるようになりました。

今まで感じることの出来なかった事実を発見することができたのです。

当たり前のように今ある環境は、実は与えられている貴重なものであるかもしれないと思うようになりました。

当たり前のことなんてないということ

この世は『幸せ』で満ち溢れている。

当たり前のようにその辺に転がっているから、そのことになかなか気付けないのかもしれません。

発見できる人はどんどん幸せになっていけるというのに・・・

そんなどこにでもある『感謝の種』を発見させてくれる手助けとして、病気やピンチが訪れてくれているという考え方もあります。

「あなたの足元にあるその『幸せ』をまだ見つけられていないみたいだね。」

「この病気をきっかけに、ぜひぜひ今のあなたに見えていない『幸せ』を発見して欲しい。」

「苦しみに負けてはいけないよ。苦しみだけに引きずられてはいけないよ。」

そのように語りかけてくれているように感じるのは、意識過剰でしょうか(^-^;

仕事での評価や、自己顕示の欲求。
以前の僕の人生で、優先順位の高かったこれらのこと。

今では結構、どうでもよくなってしまっています(^-^;

そのかわりと言っては何ですが、自分への自信は以前よりずっと大きくなっているのです。

病気を経験してからは、僕の中の人生の優先度に変化が起こりました。
健康や、心のストレスを抱えながらの『成功』には関心が無くなってしまったのです。

今の僕が欲しいのは、『本物の成功』です。

人が羨むような生活環境ではありません。

当たり前ではない幸せに気付けて、豊かさを更に満たしてくれる人生です。

そのような心境になると、不思議なことに以前は欲しくても手に入らなかったものが入ってくるようなこともあるんですよね♪

『幸せは幸せを呼び、富は富を呼ぶ。』

あぁ、今日も笑顔で1日を終えることが出来そうです。

最後まで読んで頂いてありがとうございました(^^♪

あなたの1日が今日もハッピーでありますように♫

感謝こそ最強の幸せへの道・・。当たり前の中にある真実のお話しです↓

主婦の人生が楽しくない?魅力あふれるママ、大切な宝に目を向けてこの記事を書くまで、主婦の方々の大変さを今ほど知ることは出来ませんでした。人生が楽しくないと感じてしまうのも無理は無いでしょう。でもそんな中でも、いやそんな中でこそ本当の喜びって見つかるものなのです。その理由を書いていきます。人生を楽しむ主婦へ、変身してください!...

 

まとめ

「健康に不安を抱える人をリーダーに立てるべきではない」という言葉の真意
体の不調には『習慣』が原因となることが多く、習慣はあなたの『考え方』を暗示している

病気を経験して良かったと思えることとは?
身内のありがたさ。健康の大切さを心から理解できた

病気を経験したことで得られた一番の宝
些細な日常のありがたさ、大切さ。一日は宝で埋め尽くされていることを知ったこと

苦しい時がやってきた時に採用したい考え方
『苦しみ』を感じさせるための『苦しみ』ではない。その奥にある喜びの種を見つけよう

 

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。