辛い

辛い別れ。避けることのできない人生の悲しみが教えてくれること

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

別れにも嬉しいものがあり、出会いにも辛いものがあるが・・
辛い別れの中にいるあなたの人生の転機とは?
相手のわがままに合わせ過ぎることが、別れに繋がる理由
辛い別れの中で学べる、本当に大切なこととは・・
辛い別れの中、孤独の苦しみから抜け出したとき・・

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約8分です

人生には出会いがあれば、別れもあります。

いつまでも続くと思っていた、恋人との別れ。

卒業後もよろしくと、約束しあった同級生たちとの自然な別れ。

両親との死別。

信じあっているはずだった相手の心変わりによる別れ・・。

人生で辛い別れを経験しない人なんて、一人もいないでしょう。

辛い別れは誰もが経験するものです。

一人孤独な寂しさと辛さに、強く襲われる時でもあるでしょう。

そんなあなたは今、人生の転機にあることはもう間違いのないことです。

何らかの意味が、必ずあるはずなんですよね。

あなたの感じている別れの辛さ、この痛みにも大きな意味があるのですよ。

人生には辛い別れもあれば、辛くない別れもある

人生には出会いがあれば、別れもある。

この表現からは、『出会い』は望ましいもので『別れ』は辛いことといったニュアンスを感じますよね。

でも実際には、辛い出会いもあれば、嬉しい別れというのもあります。

僕が中学生の頃に両親が離婚しているのですが、母なんて嬉しそうに離婚届の用紙を記入してましたからね(^-^;

同じように、本人が望んでいない出会いというのもあります。

「こんな人と、出会いたくなかった・・。縁を切りたい。」

そう感じる出会いを経験する人だって多くいます。

結局、出会いであっても、別れであっても、嬉しく感じるものがあれば辛いと感じるものもあるということです。

そうしたこと全ては人生に意味のあるものだと、僕は思うことにしています。

辛さとか、嬉しさ、あなたの感情に大きな影響を及ぼしている出来事から、必ず何かを問いかけられているのです。

今あなたが感じているその辛さから、新しい何かを掴んで欲しいと問いかけられているんです。

必ず来ることがわかっている辛い別れ

今あなたが直面している別れとは、おそらく違う種類のものでしょうが・・、

同じく辛さを感じる別れであっても、その先にある希望を含んだ別れもあります。

それは、別れがやって来る日がわかっている種類のものです。

卒業式や、一人暮らしの為の引っ越しの時にある別れですね。

高校生の一人娘がいる僕は、そのうち彼女が結婚して同じ屋根の下では生活しない日がやって来ることをどこかで感じています。

寂しくなるだろうなぁ・・。
妻と二人だけになったら、どう過ごしていけばいいのかなぁ・・・。

高い確率でやってくる未来の別れのシーンを薄っすらと想像しながら、今から戸惑ってしまっています(笑)

このような別れは、辛いと言うよりも寂しさですよね。

別れの後に新たな道がある、希望をも同時に含んでいるものだからです。

寂しいけれど、なければないで、もっと困ることになる・・

そんな別れもあるのですね。

辛い別れ~ずっと続くと信じていたものとの別れ~

別れの先に新たな道があればいいのですが・・、

愛した恋人との別れとなると、これは全くの別ものです。

代わりが効かない存在。
いつまでも続くものと、信じて疑わなかった関係。

そうした別れは、身を裂かれるほどの苦痛を感じるものです。

想像もしたくないでしょうが、誰か別の人の手に渡ってしまうことを考えるだけで、食欲なんてもうなくなってしまうものです。

信じてきたものが崩れていく時ほど、精神にダメージを受けることはありません。

何も信じられないし、信じたくない。

そんな風に感じてしまうことだってあります。

また、いつかこの日が来るとわかっている別れに、死別もあります。

ご両親との死別。

わかっていても、この辛さだけは次元の違うものがあります。

死別だけは、もうどんなに涙を流しても再会の可能性は完全に断たれているからです。

辛い別れや出会いがあなたをより魅力的に

上に書いてきたように、出会いや別れにも種類はあります。

今この段階でこのようなことをお伝えしても、何の慰めにもならないことはわかっているのですが・・・、

辛い別れ、望まぬ出会い、誰もが人生で必ず経験する辛さ。

そういったものは、間違いなく『人生の転機』となるものなんです。

今まさに、あなたは人生という転機の中にいるのですよ。

その転機とは、あなたの魅力を最大限に大きくしてくれ、深みある人にさせてくれるものなんです。

果物であれば、糖度はこの位のものが上質だという目安がありますよね。

あなたには、あなたの人生の目安というものがあるものなのです。

糖度をここまで増やせるという、上限の目安があるものなんですよね。

増やせるはずの糖度を引き出す為に必要なものが、辛い別れでもあるんです。

恋に苦しんだこともなく、別れの辛さも知らず、好意を抱いた人と何の障害も無く結ばれる。

こんな人は絶対にいないでしょうが・・・、

もしそんな人がいたとしても、僕ならお近づきにはなりたくないですね(笑)

おそらく人の悲しみも知らず、恵まれていることにすら気付けない、上げ底のような人生しか歩めない人であるからです。

深い魅力のある瞳を持った人。

目の奥から物事を見ているような雰囲気を持った人。

何とも言えない魅力を感じる人。

そうした人は、人の悲しみや辛さの経験から何か光るものを見出しているものなんですよね。

避けては通れない、避け続けることに成功した人は誰もいない。

人生には、約束されたかのような別れもあるものなんです。

人生の辛い別れから学んできたこと

もう遠い昔のことで、自分で思い出すだけでも何だか恥ずかしい気持ちになってくるものなのですが・・(^-^;

僕も何度か、そうした別れの辛さを味わってきました。

もう記憶としては、かなり古くなってしまっていますけどね。

これは当事者ではない僕だから言えることなのですが・・、

今ならハッキリと、僕が経験してきた別れの意味も分かるものなんですよね。

実は人生で何か、大きな新しいものがやって来ようとしている時に、何らかの別れがあることって少なくないことなんです。

価値のある新しいものを手に入れるために、何かが手元から離れていくような感覚なんですよね。

それはあなたの人生が大きく変わる前兆でもあります。

「この悲しみを糧に、更に大きな器をつくっていきなさい。」

「あなただけの魅力を引き出しなさい。」

「そして、次に待っている良きことをしっかりと受け止めなさい。」

人生がそのように言ってくれていたのかな・・、とそう感じるんです。

恋人との別れで学ぶ、自分らしく生きること

わがままな彼女、彼氏との関係に悩まされながら、結局は別れの日が来てしまう。

そのわがままに振り回され、必死で答えようとした挙句に別れを切り出されてしまう。

もしかしたら、よくあるパターンであるのかもしれません。

 

本人からすると、

「あれだけ頑張ったのになぜ?」

と原因がわからないものなのですが・・、

相手に合わせようとし過ぎたことに原因があることが多いんですよね。

 

相手はわがままに振る舞っているのですが、それを受け止めて聞いて欲しいとは本心では思っていないことってあるものなんです。

自分らしく生きるあなたを見たい。

そんな気持ちから、わがままに振る舞っていることって実際にはあるんですよね。もしかしたら、当人にも気付いていない欲求なのかもしれません・・。

その場合、相手が望んでいることは・・、

「わがままな自分を叱って欲しい。この性格の歪みを矯正して欲しい。」

そうした隠れた欲求があるんです。

そんな相手に、わがままを無条件に聞いてあげることは逆効果です。

あなた自身の意思を尊重し、別れの可能性に怯むことなく叱るべきなんです。

君のわがままを聞くことよりも、我が道を歩くことの方が重要なことだ。

そのくらいの態度が必要だったんだなと、後から学べたんですよね。

相手に合わせることが大切だと言っても、自分らしく生きる思いまで犠牲にすることではなかったのです。

辛い別れを客観的に見れるようになること

大きな新しい価値が自分にやってくる前兆?

それはいつやって来るの?

そんなのいらない。
この別れさえ嘘であれば・・。

別れの直後には、そんな風に思うのは当たり前のことです。

信じていた関係であればあるほど、傷もまた深いものだからです。

月並みですが、時間が必要です。

暫しの時間、涙が止まらない夜を過ごすこともあるでしょう。

でも時間は万能薬でもあります。
少しずつであっても、癒されるものなのです。

そして、その別れを他人事のようにあなたが観察できるようになってきた頃・・、

辛い別れを通してあなたに問いかけていた人生の秘密が明らかになって来るのです。

 

これは、愛する人との別れではありませんが・・、

僕にとって欠かすことが出来なかった習慣との別れの後にも、新しい大きな価値が僕に与えられました。

禁煙の辛さ。
断酒の辛さ。

これは、人と人との別れの辛さに似たものがあります。

別れの辛さは、心にぽっかりと大きな穴を空けます。

断酒の辛さは、習慣にぽっかりと大きな穴を空けるからです。

新しく生じた穴には、何か別のもので必ず埋まるようになっています。

空いた穴は何かで埋まるようになっているからです。

生じた真空には、何らかの気体や液体が流れ込んできます。

その真空には、どんなものが入って来るのか?
いつ入って来るのか?

あなたが、その辛い別れを客観的に判断できる頃にわかってくるのです。

別れの辛さがあなたの魅力を奥深いものにする

人生を一緒に歩んでいくことを強く信じていた人との別れ。

もう自分ではどうすることも出来なくなった、相手の気持ち。

何が間違っていたのか?

いや、この出来事すら起こるべくして起こった事なのか?

残酷すぎる・・。

こんなことから何かを学べと言われても、そんな残酷な人生なんて・・。

辛さを受け入れた後は、もう何も考えずに過ごすことしか術がないのかもしれません。

そんな時、普段なら気にも留めなかった歌や詩が心に染みてくることがあります。

本当の意味で、他人の痛みがわかることを実感するのです。

現実にもがき、苦しみ・・。

詩や映画、小説の世界に慰めを求めても癒されることなく。

最後にはいつも一人。
孤独な戦いとなります。

本当に大切なことは、学校で学ぶことはできません。
親からも学ぶことはできません。

孤独な学びの中から、宝物が見えてくるものなのです。

ここから、あなたの人生に何が求められているのか?

それだけを考えることに、今の時間を過ごすことも必要なことなのかもしれません。

別れの直後で辛い人生に打ちのめされているあなたへ

時間は平等に過ぎていきます。

今は1日1日が長く長く感じることでしょうが、確実に時間は流れています。

古傷と呼ぶには、まだ早すぎるこの辛い別れ。

今はただ休む。

私の人生に、あの人の代わりとなれる人はいない。

そう思っているあなたにも、確実に時間は過ぎています。

その気持ちを今は抑え込もうとする必要はありません。

悲しみを抱きしめる時期だって、必要だからです。

あなたの心の痛みが求めているものは何?

今あなたは、ご自分の本質に迫っている時なのですから。

新しいことのために、全ては終わる運命にある

望まぬ出会いがあれば、清々しい別れもあります。

素晴しき出会いがあれば、悲しき別れもやってきます。

永遠の出会いなんてこの世にはありません。

もしそんなものがあるとしたら・・・、

可能性があるとしたら、それは心と心の繋がりの中だけです。

平凡な人生を夢見て教育を受け生きてきたはずなのに、荒々しい人に惹かれ出会ってしまった・・。

安定した生活を求め公務員になったはずなのに、自分の可能性に挑戦したいという思いを抑えきれなくなってきた。

人の心は移ろい変化するものなんです。

その時に別れはやってきます。
そして、新しい出会いも・・。

全ては自然の摂理。
変化無しでは生きていけない存在なんです。

たとえ夫婦の間であっても、お互いを全て分かり合えるということなんてあり得ないこと。

何十年同じ屋根の下で暮らしている間柄であっても、知ることのできない互いの闇を持っているものなんです。

だから別れが来た時には、そこから学び、あなた自身を成長させ・・・、

あなたと関わりの深い人たちの笑顔の為に生きていくしかないものなんですよね。

文明にすら辛い終わりはくるもの

別れという名の終わり。

これは別に、人と人との間のだけのことではありません。

この世の全てが、このルールから出ることはできないのです。

文明や国家というものにも、栄枯盛衰があることは平家の時代から言われていることですからね。

ギリシャが貿易で永遠の繁栄を楽しんでいた時代にも、終わりはやってきました。

遠い昔の繁栄、全盛期の溢れるエネルギー。

僕が知る由もない時代のことですが、ギリシャ神話にあるような、どこまでも青く神秘の物語。

若々しく勇敢な国。透明な風。エーゲ海。

何とも知れぬ魅力はずっと残っていることを感じます。

終わりはやって来ても、その魅力、国の心はいつまでも人の心を魅了する何かをしっかりと残しているのです。

あなたが経験した辛い別れも、同じです。

たとえ終わりが来たとしても、辛い時を過ごしているとしても・・、

どこかあなたの内から出てくる新しい魅力を隠すことができなくなるものなんです。

この辛さに腐ることなく、安易な慰めに逃げることなく、いつまでも続くあなただけが持つ魅力を大切に育てていくのです。

エーゲ海に吹く透明な風のような、何にも粘着することのない純粋な魅力を。

別れで辛いこの時間すら今しかない時間

50代になろうとしている僕であっても、別れを辛いと感じることはあるのですよ。

若い頃のような、異性との別れとかではもちろんありませんが・・。

時間との別れです。

具体的には、娘との別れ。

高校生になった娘を見ながら、幼くて無邪気で小さかった頃の彼女を思い出すんです(^-^;

抱っこをせがんできて、お店でお菓子をおねだりして大泣きしていた娘です。

もう二度と会えないあの頃の娘。

これも人生が経験する別れの辛さなんだなぁと、ふと感じる瞬間があるんですよね。

そのように考えると・・、

昨日という日も、もう二度とやって来ない時間なのです。

明日になれば、今日のこの時間とも永遠のお別れです。

結局、今しかないということなんですよね。

別れを悲しんでいる今。

その今を楽しむなり、充実させるなりして過ごしていくしかないんですね。

感謝できる時、人は今を楽しむことができます。

そして時折、記憶の中で遊ぶこともいいものです。

幼い頃の娘との別れを寂しく思っていましたが、高校生の娘の姿だって今しかなかったんです。

川のように流れ続ける時間の中で、全てと別れ、全てと出会いながら生きているのですね。

もう何にも執着することなく、この流れの中で今という時間をただ過ごす。

悲しみの涙が止まらない、今なのかもしれません。

その止まらない涙を職場では必死に隠しながら、社会人として生きているのでしょうか。

そんな時間すら、川のように流れています。

今を過ごしていくしかない。
そしてこの今から、何かを掴むしかない。

あなたの心は今、とても強くなっています。

 

まとめ

別れにも嬉しいものがあり、出会いにも辛いものがあるが・・
あなたの感情に影響を及ぼす出来事は、必ずあなたに何かを問いかけている

辛い別れの中にいるあなたの人生の転機とは?
あなたの魅力を増して、深みある人にさせてくれるための転機

相手のわがままに合わせ過ぎることが、別れに繋がる理由
あなたらしく生きることで、相手は自身の性格の歪みを叱って欲しいと思っているから

辛い別れの中で学べる、本当に大切なこととは・・
学校でも、親からも学ぶことはできない。全てはあなた一人の孤独な戦いとなる

辛い別れの中、孤独の苦しみから抜け出したとき・・
時間との別れにも辛さがあり、今という時間を楽しむしかないことを知る

 

TOPに戻る

【P.S.】

辛い別れが、1日でも早く過去に流れていってくれたら・・

この別れを転機として、変わっていく。

新しい自分を発見して、人生を切り拓いていこう。

心の革命を起こし、あなたらしい人生を現実にしようと決意されたあなたへ。

良かったら、僕のメルマガをぜひ読まれてみて下さい!

ブログとはまた違う、簡潔なメッセージを毎日配信しています。
登録者だけが読むものなので、時にはブログには書けない内容も書いてしまっていますが・・

もう何にも縛られることなく、心を思い切り解放させてあげたい。

少しずつ明るい考え方をインストールして人生を切り拓いて欲しい。

あなたの望む人生を引き寄せるためのヒントを散りばめています。

※合わないと思ったら、すぐに解除もできますよ

続きはぜひ、メルマガでお会いしましょう♪

メルマガ登録はこの下のご案内からどうそ
↓ ↓ ↓

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。