暇つぶし

暇つぶしの人生で終わらない!どうして仕事があなたを変えるのか?

 

この記事からあなたが得られる人生の祝福

人生を暇な状況から脱する唯一の方法
本当に暇な状況では、人は耐えがたい辛さを感じるもの。それは・・
人生を暇つぶしと表現してしまう落とし穴とは?
仕事でのストレスや辛さは、あなたを苦しめたいわけではなく・・
仕事を通して、いや人生を通して手にするもの

これらの新しい祝福を得られるための所要時間は約7分です

僕のイメージでは、人生は『綺麗な瓶』です♪

透明で透き通っていて、中が空っぽの瓶。

形は人それぞれ、個性があります。
でもどの瓶も、流線型の美しい形です。

小ぶりな瓶もあれば、大型のどっしりとした瓶も・・。

ただし、中にはまだ何も入っていません。
生まれたばかりの赤ん坊の頃は、例外なく空っぽのままです。

人生は瓶。美しい瓶。

行動や思考を通して、その瓶の中に砂が入れられます。

産声をあげるという『行動』。
母乳を飲んで眠る時間。
考えるという『静寂の時間』。

そうした小さな行動、時間を重ねながら瓶の中味が入っていくのです。

何もしなければ、中には何も入らない・・。

『人生』という美しい透明の器

『人生は暇つぶし』

このように言われたりします。

実際、暇という表現はこの瓶の中味が補充されない状態のことなんです。

要するに、何にもしていない状態のことなんですよね。

色んなものを入れることができる瓶なのに、なぁんにも入って来ない暇な時間。

これは人生にとって、一番辛いことだと言っても過言ではありません。

『悩む』、『考える』、『眠る』。
そういったことも、もちろん行為の一つではあります。

瓶に何かを入れていく行動と言ってもいいものです。

なぜなら・・、

悩むにしても、原因があって解決したいという目的を抱えています。

考えるにしても、何かしら原因があって最適の結果を得たいという目的があります。

眠るという行為であっても、明日への活力を養うといった目的があります。

本人ですら、強く自覚していない目的があるものなんです。

そうした目的があるものは、たとえ地味で小さな行為であっても確実に瓶の中味を補充している行動だと言えるものなんですよね。

瓶の中味を埋めたいという根源的な欲求

人生は暇つぶし。

この表現の裏に読み取れるのは、『人は暇な状況から抜け出したい』という欲求です。

何もしない、何も変化しない。

瓶の中に何も入ってこない時間を過ごすことを苦痛に感じる存在なんです。

常に何かをしていたい。行動していたい。

大げさな表現を使えば、【人生で何か事を成したい】という欲求の裏返しでもあるんですよね。

別に他の誰もが称賛するような、大きな事ではありません。

小さな個人には、小さな個人なりの人生の『事』もあるはずです。

そんな事を全うしたいという、根源的な欲求を持っているものなんですよね。

人に認められたい。

感謝されたい。

退屈は嫌だ。

趣味に没頭していたい。

色々な形として目に見える欲求は表れてきますが、根っこの部分には

【人生で事を成したい】

という共通した欲求を持っているものなんです。

人生に色を与える瓶の中味

事を成す。

今回の話しの流れで言えば、『瓶の中に何を詰めていくか』という行為にあたりますね♪

何色の砂を、何層にわけて入れていくのか?

シンプルに単色だけで勝負するのか?

カラーのバリエーションを増やして組み合わせで個性を出すか?

この中味に何をどのように入れていくのかで、人生の美しさが決まっていくのです。

それがあなたの人生、あなたの個性となってくれるものなんですよね。

この世に生まれてきた瞬間に与えられた、空っぽの瓶。
透明な美しい瓶。

この瓶に色々なものを詰めていく作業が『生きる』ということなのかもしれません。

悲しみや喜び、絶望や幸せ。

全てが美しく組み合わさって、最終的な人生を創りあげている。

もし、瓶の中が空っぽのままで人生を終えてしまったら・・・。

ずっと何もしない、暇な状態で人生を過ごしてしまったら・・。

それこそ、何のための人生だったのか?

と後悔の念に苦しむことになってしまうと僕は思います。

せっかく与えられた、透明の美しい瓶。

どうせなら、綺麗なものを詰め込んでいきたいと思いませんか?

人生は暇いかし(活かし!)

『暇をつぶす』と言う表現ではちょっと寂しいと僕には思えるんですよね。

人生はそもそも『暇』なもの。

何もしなければ、瓶に何も入らないので暇なものであることは間違いのないことです。

空っぽの瓶をただ眺めているだけでは、暇のままなんですよね。
そんな瓶の意味をただじっと考えているだけの人生なんて・・(笑)

そもそも私たちは、瓶の中に何かを入れないと気が済まない存在なんです。

だからといって、汚れた砂や泥ばかりを入れてしまうのはもったいなさすぎます。

『暇つぶし』と言ってしまうと、

「瓶の中は関係ないからとにかく何でも入れてしまおう!」

という方向に傾いてしまう可能性もあるんですよね。

人生に価値はない。暇なものだから、何でもやってしまおう。

自分の人生なんだから、やりたいことをやっていけばいい。

もしその『やりたいこと』が、瓶に泥を詰めるような行為だったとしたら・・

僕は、人生には『制御する心』も学ぶべき大切なことだと思うんですよね。

何でもいいから入れてしまえという発想を制御する心です。

幸せや楽しさ。

そういったものは、人生という瓶の中に綺麗な七色の砂を入れていくことなんです。

与えられたせっかくの器。

そのままでは暇な器のまま。

だから、その『暇が秘めている可能性』をあなたの砂で活かしていくこと。

これが、あなたらしい人生を創っていくことだと思えるんですよね。

暇をつぶすのではなく、暇を活かす。

人生は暇活かし。

僕の勝手な造語ですが、こっちの方がしっくりときます♪

既に発信している人がいたらすみません・・(汗)

『仕事』という色とりどりの砂たち

人生という瓶にどのような砂を入れていくのか?

この問いの答えに大いに関わってくる要素が、仕事です。

主婦という仕事。

子育てという仕事。

社会人としての仕事。

ここで言う仕事とは、会社で働いて報酬を得るだけのものではありません。

形態は様々です。ですが、

【どんな人生をおくったか】≒【どんな仕事をしてきた人生なのか】

この2つには、強いつながりがあることは間違いのないことなんです。

仕事という表現を使ってしまうと、『仕方なくやっている』というネガティブな響きを感じてしまうかもしれません。

そんな場合は、

あなたが果たしてきている、役割のようなもの。

人と人との関わりの中で、あなたが人の役に立ってきたもの。

このようなものです。

どれだけの対価を得てきたということではなくて、どれだけの人の役に立ってきたのか?

たとえ僕の人生が終わった後であっても、僕が生きている間に詰め込んできたこの瓶の中味が僕の子どもや縁のあった人たちへ役に立つことができるのか?

そういったことが、仕事の持つ本当の意味です。

でもそんなことは、綺麗ごとのように聞こえることもあるでしょう。

僕自身、普段の仕事でストレスも感じることは毎日のようにありますし、辛さを感じることもあります。

それでも、仕事を楽しんでいる人だって確実に世の中にはいるんですよね。

良いストレスと悪いストレス

確かに、仕事にはストレスを感じることもありますし、辛いと思えることが多いように僕にも思えます。

ただし、こういったものはあなたを苦しめることが目的ではないんですよね。

ストレスや辛いことを通して、あなたが選ぶべきことをあなた自身で決断することを要求されているようなものなんです。

転職も一つの決断。

独立も一つの決断。

今の仕事をやり抜いて、あなたの力で楽しくしていくことも一つの決断です。

どのようなものであっても、決断し続けている時だけが瓶に砂を入れることができている時なんです。

成長できている時は、決断している時だけです。

ストレスにも、良いものと悪いものが実際にはあります。

外から抑圧されて感じるストレス。

嫌々ながらも「やらざるをえない」という必要性から感じてしまうストレス。

そんな押し付けられるストレスではなく、自分で覚悟したストレスであるべきです。

これをやらなきゃ、罰を与える。

そんなプレッシャーには、耐えがたい苦痛を感じてしまうものなんですよね。

でも自分で選択したストレスはそうじゃありません。

苦しみや不快を感じることは同じなんですけど、その先に希望を描けているからです。

たった一つのこの違いが、天と地ほどの差を生むものなんですよね。

やりたい仕事が見付からないあなたへ

人生と仕事って、本当に大きなテーマだと僕は思います。

というのは、僕自身が身をもって仕事の辛さを感じ続けてきたからです(^-^;

「仕事が楽しい!」

このように言い切れる人を心の底から羨ましいとも思いますしね。

1つ確信できることは、楽しい仕事は人から与えられるものではないということです。

レストランで席について、出されてくる料理を待っているような受け身の気持ちでは楽しい仕事に出会えることはないんですよね。

楽しい仕事とは、『料理をつくる側』の人のことです。

あなたがつくった料理を美味しいと食べてくれる他の人を見て、喜びを感じるものなんです。

座って食べることではないんですよね。

生産することが、仕事なんです。

仕事の楽しさは、生産や与えるといったものにあるものなんです。

こういったものが、綺麗な砂となって瓶の中の一部となってくれるものなんですね。

暇を活かすには、そのための仕事への考え方が必ず必要です。

収入とか、他人から認められるとかといった方向ではなく・・、

あなた自身が与える立場となって、何を提供できるのか?

そうした考え方が、人生の暇を活かすものなんです。

そして、時々はレストランで食事を楽しむ(^^♪

消費も人生を豊かにしてくれる大切な要素です。

仕事という生産もまた、大切な要素です。

消費ばかりの人生はつまらない。

仕事ばかりの人生もまた、つまらない。

お仕事に悩まれている方は、世の中たくさんいます。だから僕もこのブログで何記事か仕事についての記事も書いていますので、参考にしてみて下さい。

暇な人生を活かしていく生き方とは

人生という空っぽの器、瓶。

その器に綺麗な砂を詰めていく、仕事、行動。

そうして出来上がるものが、あなたの人生です。

あなたの人生という時間が出来上がるのです。

『人生は時間でできている』

と言われることがありますが、大切なのはこの時間という言葉にどんな表現がつくかなんですよね。

辛い時間。

楽しい時間。

幸せな時間。

空虚な時間。

有意義な時間。

同じ時間であっても、暇を活かすのは有意義な時間。

あなただけの有意義な時間でなければなりません。

時間という幻想。でも・・・

人生という時間をいかに有意義にするかが、大切なこと。

ただこれは、時間が長ければいいというわけではないんですよね。

時間は幻想に過ぎない。

超天才のアインシュタインのお言葉ですが、確かに時間の長短にあまり意味を感じないのは僕だけでしょうか。

意味があるのは、私たちの感情の方です。

地球が太陽の周りをぐるりと回る時間を基準にした長さなんて、宇宙の遥か遠くの文明がある星では意味の無い基準ですよね。

あるいは・・、

近い未来、人の寿命が200年に伸びたとしたら今の時間的な基準も変わってくるのは当然のことです。

「屁理屈なんていいから・・。」

と思う読者さんもいると思うので、時間のお話はこの位にしておきますが、

僕が言いたいことは、人の感情や気持ちだけは変わらないということです。

私たちの胸の内から生まれてくるのが感情。

感情を生みだすのは、私たちの行動であり仕事。

暇を活かす基準も、時間の長短ではなくあなた自身の心だけを頼りにすべきということです。

楽しい感情、幸せという感情

人生は時間でできている。

これは真実ですが、時間の長短よりももっと大切なことがあります。

それは、有意義な時間を過ごすことで『人生の暇活かし』が可能になるということです。

あなた自身が楽しいと感じる仕事。

あなただけの人生という瓶にピッタリな仕事。

充実した感情を生みだす手助けをしてくれるものが、仕事なんです。

仕事はあなたの人生の暇活かしの手段としては、ピッタリのものだということです。

あなた自身に適した仕事。
それはどうやったら見付かるのか?

若い年齢の時点で、「これが自分が本当にやりたいことだ!」という仕事を見つけるような人はほとんどいないと僕は思っています。

見つけるというよりも、受け入れる。

『自分の仕事、人生を育てながら天職としていく』という表現の方が適切かなと、今の僕は感じています。

ただ、どんな仕事であっても突き詰めていくと一つの大切な共通点はあるんですよね。

それは、『他の人たちとの関係』を無視することはできないという点です。

趣味のように、自分の中だけで完結するものではありません。

自分の中での楽しみもありながら、同時に他の人たちへも何らかのお役に立てるものが仕事。

仕事を通して道を求めることは、どんな境遇の人であっても可能なものであると思います。

仕事を通して手にする宝物とは

仕事というのは、あなたの人生を活かしてくれる一つの手段にすぎません。

手段に過ぎないのですが、多くの人は人生の大部分を仕事に費やします。

それは、仕事が占める意味が人生にとって大きなものであるからです。

ただ食べるため、ただ遊ぶためだけに仕事をしていると感じてる人もきっといるでしょう。

でもどんなに経済的に裕福であっても、何らかの人との関りを通して仕事を続けている人はたくさんいます。

それは結局、仕事が本人を幸せにしてくれるものであることを当人は気付いているからだと思うんですよね。

この世界が美しく見えるのも、泥水のように見えるのも、全てはあなたのレンズにかかっています。

この世界は傷つかない。
この世界は汚れたりしない。

もし汚れているのなら、それはあなたのレンズが傷ついているからです。

光は傷つくことはありません。

傷つくのは、レンズの方です。

出来る限りピュアな、傷のないレンズを維持していくことで、私たちの人生は最高の暇活かしができるものなんです。

僕は、仕事というものがあなたのレンズをつくってくれる大きな手段であると思います。

この世界を美しく見る為に、仕事というものが与えられている。

そんな視点もまた、人生の真実の一つの側面なのかもしれません。

 

まとめ

人生を暇な状況から脱する唯一の方法
地味で小さなものであっても、目的を持った行動が人生を充実させる

本当に暇な状況では、人は耐えがたい辛さを感じるもの。それは・・
その人なりの人生で【事を成したい】という欲求があるから

人生を暇つぶしと表現してしまう落とし穴とは?
暇をつぶすための行動の中味まで考えないワナ

仕事でのストレスや辛さは、あなたを苦しめたいわけではなく・・
あなた自身で決断することを要求している

仕事を通して、いや人生を通して手にするもの
世界を美しく見せる、あなたのレンズ

 

TOPに戻る

 

人生は変えられる

 

誰もが、

人生を豊かにしたい。
そして幸せな人生を送りたい。

そんな思いを持っていると思います。

でも実際には、色々な悩み、そして壁にぶつかって・・・

夢を小さくしながら、年を重ねていってしまう。

「人生って、そんなもんだから。」

そんな風に、思い込んでしまっていませんか?

そんなあなたへ、僕からのプレゼントがあります。

仕事の悩み、恋愛の悩み、主婦であることの悩み、独身の方の悩み、学生の悩み、社会人としての悩み・・・

このブログの記事一つ一つは、僕が心を込めて書いているものではありますが・・・

どの記事が、今のあなたのお悩み解決のお役に立てるのか?

ボリュームが増えてくるにつれて、書いている僕でも正直わからなくなってきています(汗)

そこで、このブログ内の記事をギュッと凝縮して僕がまとめあげた、

『人生を飛躍的に変えた7つの秘密』

をプレゼントさせてください。

僕自身が大切にしている、
自分らしい人生をおくっていくための『心構え』をまとめたものです。

ちょっとボリュームが増えてしまいましたが、効果実証済の内容ですよ(^^♪

もちろんですが、無料です。

この機会にぜひ、僕からのささやかな応援の気持ちを受け取ってください。

 

 

※メルマガが不要な場合は、ワンクリックでいつでも解除できます。

登録後すぐにメールが届きます。

もしすぐ届かない場合は、「迷惑メールボックスの確認」をお願いします。
(※hotmail・icloudメールは届きにくいので、できれば他のメールでご登録ください)

この記事を書いている人

読者さんからの温かいメッセージにいつも元気を頂いている、平凡なアラフィフ・ブロガー。

雇われサラリーマンだが、仕事よりもブログの方が楽しい毎日。

「いい文章、書くね。」
「時々、感動させるよね。」

若い頃、友人・知人から言われた何気ない一言を思い出し、心の欲求に従うままに本ブログを書き始める。

 

学校が辛かった中学生。

集団行動にどうしても馴染めなかった、高校時代。

楽しくなるはずだった期待を見事に裏切られ、
孤独に苦しんだ大学時代。

やっと見つけた就職先での挫折、退職、転職の繰り返し。

愛する家族との別居生活・・・。

 

幸せな今、全ての挫折が僕の宝。

 

苦しかった全ての経験が今、読者さんたちの悩みを解決できるヒントとなってくれていることに感謝を感じつつ・・・、

とても幸せな第二の人生をスタートさせている。

今では、本ブログを通して築けている読者さんとの信頼関係が何よりの喜び

読者さんの心に少しでも届くメッセージを考えながら目覚める朝が続いている♪

 

エアの詳しいプロフィールはこちらから

恥ずかしいことも、たくさん書いてしまいました(-_-;)

お悩み解決へのヒントがきっとある



テキストのコピーはできません。